まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  『ef - a fairy tale of the two.』の感想

『ef - a fairy tale of the two.』の感想

 もう衝撃でかなり頭と心をやられていて、本当は違うことやゲームについての話のつもりでしたが、『ef-the latter tale』の話をする以外にどうしようもなくなりまして(^▽^;) 『first』をやっていたからか、逆に反動が大きかったというのもありますかね、もう支離滅裂になるの必死ですが、書かずにはいられないという心境でして。正直もはや何もやる気がなくなるくらい、ゲームもアニメも、何もかもやめてしまおうかと、そのくらいのレベルですよ(^▽^;) それでも感想を、最近やってきた作品というか、今年やってきた作品には理不尽だと思うことや、どうしてそうなってしまうのかと嘆きたくなるようなものが多かったが、一応心で受け止めきれるエンディングを迎え、秀作と言えるものばかりでした。
 しかし、次元が違いましたよ…。元々わたしは『first』のことを臨場感のある会話や場面演出がいいなーと評価してました、だからこそ『latter』に期待したわけですが、期待を遥かに飛び越えて、“これは名作だ!!”などというありきたりな言葉では言い尽くせないものが押し寄せてきた感じで。もしも私の心が冷め切っているか、ヒロインが好みでないとかだったら大丈夫だったのかもしれません。でも実際、彼女の魅力を前にしてはそんなことは無理でして、とても心地よくて愉快なキャラでしたからね。minoriのHPの発売日のカウントダウンボイスで彼女は自分が真のヒロイン、と冗談のように言ってましたが最初からそうでした、というか私は『ef』の登場人物の中で彼女が一番で好きでしたからね。ミズキに関してはヒロインというよりサブキャラの位置がいいのではないかと『first』をやった時の感想ではずっとあり、『latter』をやってみてもその考えは変わりませんでしたが、彼女が火山夕と雨宮優子に並んで全編を通して登場する意味を知り、彼女が内包するものを垣間見て、なんともいえぬ複雑な心境にさせられて、困りましたね(^▽^;) 
 ただやはり雨宮優子の存在感に他のどのキャラも適わない、これだけは間違いないかなーと。『first』の時点ではマジメな時もありますがどちらかというと面白いお姉さんという立場だったことが、ちょっと効きましたね(^▽^;) 二つの作品は、別々ではなくて、やっぱり二つで一つだったんだと、ふぅー、涙が止まりせんでした、ここまできたものはハッキリいって初めてで、どうしたらいいのやら(^▽^;) もしも私に選択肢を与えられていて未来を決めることができるのならもっと違う世界へいけたかもしれない、でもそれは許されてなく、ただ傍観者で、第三者の立場で、その物語の結末を見つめ続けることしかできなかった。BADENDではけしてないのはわかっている、ただ納得はできず自分にはちょっと重たくて背負えないかなーと、そういう感じで。作中の登場人物に尊敬してしまう、そのくらい引き込まれる、そういう演出の作品なんだと、それがminoriクオだと理解していたものの、もう名作と傑作とかそういうのではなく、文章も、絵も、シナリオも、作品の全てが芸術だとしかいいのようのない感動、生ぬるくはないよね。
 ということでこれから『ef』をやる方は注意してください、まず『first』からやらないと、『latter』から『first』だとかなり厳しい、重さが違いますし、なんでこんなに違うのかなーてくらいで、問題が違いすぎるというか、『first』からでは想像できないものになったますし、とてもじゃないが全体像を把握できないし、あー思い出してまた泣けてくる(;へ:) 暫くこんな状態続くかもな、次どうしようかなー、緩いのにするか、本当に休もうかなー…。
スポンサーサイト
[ 2008/06/15 12:35 ] ゲーム | TB(0) | CM(1)
なんとなく言いたいことわかります
「ef」はアニメもゲームもやってないですが、私的には大きな波がすごい衝撃と共に自分を飲み込んでゆくような、そんな感覚だと思います。
とにかく言いたい、伝えたい、色んな人に知ってほしい。
そのなんとも言えない焦燥感が、今までの人生で経験したことないくらい大きな渦となって。
もう何もしたくない、このまま消えてしまってもいいと思わせるほどその世界が自分の中心になってしまう。
そのどうしようもない感情のやり場がリアルにはなくて、しかしそれが今自分のいる世界で、こんなことしてる場合じゃないのに、何かしたいのに何もできなくて、そんな自分にまた焦りを感じ、本当にどうしようもなくって・・・

・・・すいませんm(_ _)m
支離滅裂ですね。
とにかく、アレって本当にすごい衝撃なんですよね。
これは経験した人にしかわからないです。

なんだか、まほろんさんの感想を見ていたら私も「ef」を感じたくなりました。

あぁ、でも、また立ち直れなくなったらどうしよう・・・
[ 2008/06/19 00:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ