まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2015年07月

『ワルブレ』、『アブソリュート・デュオ』、『プリヤ』関連イベント

 ここのところ微妙に忙しくて全然ブログを更新できてない!
夏アニメはチェックする作品が多いし、
週末はイベントがいろいろあって時間がないし。

 そんな訳でここ10日間で行ったイベントをまとめて紹介、
仙台旅行は舞台探訪記事を更新する時になりそうだなー、
今年は撮影に行っても行くだけで記事に出来てないの多いので。

<「思い…出せない」な『ワルブレ』イベント>
 6月の『アブソリュート・デュオ』イベントと同じニッショーホールで、
『ワルブレ』の集大成となるイベントが行われました。
DSC01114.jpg
主演者は
石川界人くん、あやち、あおちゃん、小倉唯ちゃん、
まれいたそ、上田麗奈ちゃん、小見川千明、
の6人と中々のメンツが集まり、
これだけでも参加した甲斐がありました。
OPライブでのあやちとあおちゃんの浴衣っぽい衣装が可愛く、
名戦闘シーンを振り返るコーナーで「思い…出せない」なあやちが可愛く、
小見川千明の「おっぱい対決」押しで皆が困惑し、
綴るクイズコーナーでなぜか綴らない界人くんが、
ジェスチャーヒントで一番体を張って頑張るというそんなイベントでした。
 まあ正直アニメのバカみたいな盛り上がりを生かしきれなかった、
そんな消化不良な部分もありました。
でも「思い…出した」と「綴る」を生かそうとしているのはよかったですね。
ただラストの掛け声は「来いよ、サラティガ!」じゃなくて、
「We are the"Saviors"」で一体感を出す締めでもよかったかなーて気がする、
直前までてっきりそれがくると思ってました、
なんせイベントタイトルも「We are the・夏」になってるぐらいですし。

<『アブソリュート・デュオ』原作者サイン会>
 『ワルブレ』とは別の日、
『アブソリュート・デュオ』の原作者の柊☆たくみ先生のサイン会に行ってきました。
柊☆たくみ先生といえば、
まだエロゲを始めたばかりの頃、
『カラフルBOX』でラブコメの楽しさ体感させて貰い、
次の作品の『君と恋して結ばれて』も良作で好きなエロゲの一つになりました。
RUSKがいつの間にか新作を出さなくなっていて、
活動停止していた時は非常に残念でしたが、
『アブソリュート・デュオ』で、
また柊☆たくみ先生と浅葉ゆう先生の作品に出会えて嬉しかったなー。
DSC09707.jpg
先生の前に立つまでに話すことをいろいろ考えていたけど、
いざとなると緊張して全然言葉が出てこなくて、
でも伝えたいことは言えたのでそれだけで十分です。
 またお二人が作るゲームをプレイしてみたいですね、
いろいろな経験を積んできた今なら、
RUSKの頃とはまた違うものが見れるんじゃないかって、
期待感が持てるので。

<「プーリナイっ!」なバースデーイベント>
 サイン会の後は、
門脇舞以さんと 名塚佳織さんがメインパーソナリティを務める、
『イリヤと美遊のプリズマ☆ナイト ツヴァイ ヘルツ!』
の公開録音イベントに行ってきました。
イベント内容をよく確認せずに申し込んだので、
司会の方が出てきて話をするまで、
「イリヤのバースデーだから何か特別なイベントをやるのか?」
と思い込んでの公録参加でした。
 いざ始まるとまだアニメ本編の放送前ということでネタバレが出来ない状況ながら、
OPドラマでは美遊による設定の改編(ただの間違い)があったり、
士郎役の杉山紀彰さんの熱いネタ読みがあったりしたのもよかったし、
何より『プリヤ』ファンとしてはイリヤや美遊がしゃべってるの聴けるだけでも最高でした。
また『プーリナイ』の初公録ということで編集点を作る番組構成とか、
いろいろ指示だししてる様子なんかも見れたのは新鮮で面白かった。

 こんな感じにアニメ系イベントにはいろいろ行ってまして、
また機会があったら行きたいですね。
今度は夏アニメの感想をまとめたいなー、
せっかくたくさん見てるので、
本当に今期は良作だらけなので忙しい。
スポンサーサイト
[ 2015/07/22 22:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

7/4 『がっこうぐらし』先行上映会

 先日仙台まで行ってきて、
いろいろあったのですが、
その辺の話は長くなるので明日以降にしまして、
本日は明日から放送が始まる『がっこうぐらし』の先行上映会の話です。

 このアニメ、
先月末に行われたきららフェスタにも参加している、
れっきとしたきらら系列の作品なのです。
きららフェスタといえば、
『ゆゆ式』、『きんモザ』、『ごちうさ』、『ハナヤマタ』など、
女の子の可愛らしさを楽しむ作品が一杯で、
きらら作品というだけでその期待感が膨らみます。
ましてメインキャラが
DSC01038.jpg
こんなかわいいキャラばかりで、
さらに主人公を演じるのが『ごちうさ』でチノ役だったいのりんとくれば、
もう楽しくニヤニヤの癒しアニメしか想像できません。
 まあニトロプラスが原作というところや、
ちらほら「ニトロだから何かある」っていう不穏な噂はあったもの、
いつも癒し系の女の子可愛いアニメを送り出し続けるきらら枠で、
「もしも」なんてあるはずがないと思い込んでの上映会、
何も知らないで見ることの面白さを久々に体感させられました。

 確かに微笑ましい学園生活で、
元気いっぱいのゆきちゃんが可愛かったー。
館内に展示されていた、
DSC01044.jpg
このくるみちゃんのシャベル、
がくえんぐらしだから自由自足で農業とかしてて、
くるみちゃんは肉体労働担当かなーとか、
楽しい想像とは違う使い方があることを暗に示していて、
いろいろ考えさせられる1話でした。
 1話を見ているとなんか変だなーポイントがいくつかありまして、
それがこの作品に何か裏があるなーて匂わせてて、
そういう違和感を気にしながら何があるんだろうって予想しながら見るのもいいですね。
ただ何も知らずに見て想定するのはどうしたって不可能な展開になっまして、
上映後の挨拶でいのりんは、
みんなを驚かせられて「してやったりー」な感じだったみたいだけど、
本当にこんな感覚を味わったのは凄い久し振りで、
これがただの女の子たちがきゃっきゃうふふなアニメだったならば、 
絶対にありえないと言い切れるぐらいの異質な感情が湧いてました。
 
 ラストが凄い先が気になる終わり方だったから2話が楽しみです。
原作とはちょっと時系列的に異なるところがあるらしく、
その辺もどう影響していくのか、
まあシリーズ構成をニトロの人がしてるから、
アニメ用にうまくまとめるんだろうなーてwktkが止まりません。
この作品は間違いなく今期の本命ですね、
おススメです。
原作をよく知らない方は、
公式サイトやメイン声優4人の可愛いMVやアニメPVをチェックして、
きゃっきゃうふふな学園ライフを想像してから見るともっと1話を楽しめます。
[ 2015/07/08 20:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ