まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2015年01月

提督ですか? 殿ですか? いいえ、社長です♪

 冬アニメが大体2話まで放送されたけど、
大抵の作品がまだ物語の導入のところなんで、
ここで切るかどうか判断するのは時期尚早!
3話目からどういう流れになるのかが重要。
まあ余程見るに堪えないものじゃない限りは切りませんが、
今期は結構期待させてくれるレベルのものが多いので、
多分全部最後まで見ますね。
一番気になるのは『冴えない彼女の育てかた』かな、
あの存在感のないヒロインがどうなっていくのか凄い気になる。

 アニメのチェックがメインになっている一方で、
最近別のものにもハマってきています。
それはDMMのブラウザーゲー!
もちろん以前から『艦これ』で提督業はしておりますが、
年末年始で冬イベが来なくて暇だったので、
副業にも手を出してしまったのです。
一つ目が最近よく広告バナーで見かける
『城プロ』
です。
MAPにキャラ配置して陣地を守るディフェンスゲーで、
システム的には『艦これ』と似てるところもあるのでそんなに難しくはない。
城娘たちもかわいいし、
最初の城娘は
2014y11m29d_233614398.jpg
おっぱい的にこの娘にしました。
ただ今は殿様業はほぼ休業中で、
また別のゲームに手を出してまして、
それが『かんぱに』です。
 このゲームは異世界に飛ばされた主人公が、
なんか情報集めるのに傭兵を派遣する会社をやるゲームで、
伊藤静の名前に釣られて始めたらこれが結構面白い。
2015y01m18d_151020071.jpg
今のところ主力がこんな感じで順調なんだけど、
パーティがイマイチなんだよなー。
いい娘が中々来てくれないし、
同じ声優で固めるか全員バラバラにするか、
非常に迷う。
でも声優に関しては困ったことになっていて、
最初に5つのキャラかシナリオだかを一つを選ぶんだけど、
それで仲間になるキャラが変わってくるみたいで、
その出てくるキャラが現在主力のモニクと声被るんだよな、
背中に釣られて選んだけど失敗したかなー(汗;
とかいったどうでもいいことで悩み中、
同じ伊藤静キャラでも声は違うだろうし、
別にいいといえばいい気もする。
それよりごまちゃん声のキャラにもっと会いたいな、
全部で何人声優さん使っているのか知らないけど、
まだ声を聞いてない人はいるんだろうか?
その辺は『艦これ』みたくwiki見てないから分からないけど、
何はともあれこのゲームはまだ当分続けそう。

 こんな感じに2月の冬イベ開始前に殿や社長業といった副業始めて大変だけど、
『艦これ』ほどハマる感じはしないんだよね。
他のDMMゲーをやって、
改めて『艦これ』の凄さを実感している今日この頃です。
スポンサーサイト
[ 2015/01/18 20:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2015年冬アニメの初回感想

 昨年はかなり視聴するアニメが増えて、
毎期10本以上は見ていました。
そして2015年になって最初の番組改編期、
この冬も良作アニメが大漁です。

<期待枠>
『アイドルマスターシンデレラガールズ』
…非常に丁寧にキャラ描写をして作っていていいですね、
  元々とときんとしまむらさん押しでしたが、
  健気に頑張る姿とあの笑顔で益々ファンになりましたわ。
  1話からキャラの魅力がしっかり出せていたので、
  今後も彼女たちのいいところをもっと見せて欲しいです。

『艦これ』
…戦闘シーンとか出撃のところなんかは、
  映像化の一つのイメージということでこれはこれでOK。
  期待したいのはキャラクターをどう見せていくか、
  赤城さんは凛々しいまま吹雪の憧れでいるのか?
  それとも普段はすきのある可愛いところを見せてくれるのか?
  吹雪さんが運動音痴の問題児から、
  一航戦の直衛を務められるほどまでに成長する話なんだろうけど、
  そういうシリアスパートじゃないところに期待したいなー。
  取り敢えず1話では睦月ちゃん株が急上昇!

『冴えない彼女の育てかた』
…最初タイトルを見たときは主人公の彼女が冴えないから、
  彼女をプロデュースしてイメチェンさせる話かと思ったけど、
  そんなパッとしない話ではなかったです(汗;
  1話はキャラ紹介と個々の関係性を見せる導入エピソードでしたが、
  丸戸先生自身が脚本に関わってるだけあって引き込まれる構成でした。
  最後にはタイトルの意味も理解できたし、
  物語を牽引していくキャラが立った娘とそれに引っ張られるモブのような娘とか、
  話はエロゲーにありそうな設定だけど、
  この面々でどんな物語を紡いでいくのかは興味が湧く。

<続編枠>
『デュラララ!!×2承』
…前作が面白かったので楽しみ。
 
『アルドノア・ゼロ』
…意表をつかれた2期の開幕でした。
  姫は引き続きキーパソンでも出番が減りそうなのが残念。

『探偵歌劇ミルキィホームズTD』
…1,2期はカオス過ぎて、
  3期は大人しすぎた。
 そして4期は 一部主要キャラを入れ替えて、
  原作とアニメの成分が合わさっていい塩梅になった気がする。
  G4もアルセーヌ様も好きだったから残念だけどね。

<テンプレ枠>
『銃皇無尽のファフニール』
…最近よく見る展開、
  「キャッ女の園に男が一人で…」
  ていうパターン。
  ツンツンしてる娘がどうデレるのかが一番の楽しみかな。

『聖剣使いの禁呪詠唱』
…前世の記憶とか主人公が特殊な力とか、
  中二全開な世界。
  原作絵をしっかり再現してるのがいいな。

<熱血枠>
『新妹魔王の契約者』
…前情報ではただのエロ枠かと思っていたけど、
  想像以上に熱いバトルものでした。

<空腹枠>
『幸腹のグラフティ』
…深夜に見るのはあまりに辛いグルメアニメ、
  無性にいなり寿司が食べたくなる。

<オリジナル枠>
『ローリング☆ガールズ』
…カラフルな色使いとか躍動感のあるアニメーションとか、
  ご当地ものとしても気になる作品。
  ほぼ初対面と思われる4人がどう仲良くなっていくのか、
  亜李ちゃん演じる望未が元気いっぱいでいいね、
  ただ団子屋の娘なのに好物がメロンパンってどうなの(汗;

『デス・パレード』
…アニメミライの一発ネタとしては面白かったけど、
  毎週やって面白くなるかは不安が残るところ。

『ユリ熊嵐』
…想像していたユリと違って唖然としてしまいました。

 今期はどれも面白そうだけど、
やっぱり触れておきたいお気に入りのおっぱいヒロイン♪
『冴えない彼女の育てかた』の詩羽は入浴シーンがよかったし、
『新妹魔王の契約者』の妹ちゃんはいいおっぱいだったし、
『アルドノア・ゼロ』はやっぱり姫だな。
でも正直ヒロインとしてビビッときてる娘がいないですね。
前期のアイーダさまもいるからまあいいんだけれど、
おっぱいを抜きにして考えれば、
『デレマス』のしまむらさんか、
『冴えない彼女の育て方』のモブみたいな娘かな。
 まだ見れてない作品もあるので、
そっちでのいい出会いを期待しつつ、
2話以降も要チェック!!
[ 2015/01/12 19:32 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『ローリング☆ガールズ』の先行上映会と舞台探訪

 あけましておめでとうございます、
今年もどうぞよろしくお願いします。
時が経つのは早いもので、
気づけばいつの間にか年が明けて、
2015年になってましたねー。
そして新年を迎えたと思ったら、
お正月からダラダラして初日の出を見逃し、
旅行を計画しても寒さのため布団から出られず、
なんだかんだで寝正月になっている今日この頃です。
 しかし1月4日!
この日は違いました。
三が日を過ぎた4日こそが本当の1年の始まりともいうべき日で、
動き出すべき時なのです。
そんな訳でまずは神社に初詣して、
それから今年初のイベント参加です。

<『ローリング☆ガールズ』先行上映会>
 何の前情報もなく、
キービジュアルが女の子ばかりなのを見て、
「ああーよくある日常ものか」
と思い込んでいたので実際に本編を見てかなりびっくりした。
 まずこの作品がオリジナルアニメであったこと、
最近よくあるラノベとかのアニメ化じゃなかったんだね。
次にキービジュアルの4人が全員モブ(主人公)であること、
この辺はこの作品の世界観に関わってくる部分になる。
そしてこのアニメのお話が予想外過ぎました、
簡単にあらすじを書くと、
「東京であーだこーだあって政府がなくなって、
 各地方自治体が独立して国を建てて、
 戦国時代みたいになって争いあっている。
 主人公の住む所沢国は、
 隣の東村山国と領土問題で争っていて…」
とまあ大体こんな話で物語は始まる。
最初はなんで所沢と東村山なんだと思ったら、
この二つの都市は埼玉と東京の県境で接しているのね、
それで争っているんだ。
それからこの争いの決着はほぼモサという能力者同士の戦いで決まるんだが、
そこで主人公が敵をぶちのめして目出度し目出度し…となる訳じゃなく、
ここで先ほど書いたモブ(主人公)に繋がって、
主人公は争いの中心にいるモサじゃなくて、
その戦いに巻き込まれて吹っ飛ばされるモブなんです。
このアニメの主体は恐らく力ないモブたちだってやれるんだってところで、
4人が友情を育み様々努力をして成長していく物語なんだろう。
 そして2話連続で見て意外と面白そうなアニメだなーと衝撃を受けていたところに、
さらなる衝撃というかこの日のメインイベントが始まる。
メインキャストの4人によるトークショー、
2015年初たねりんキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
とテンションが急上昇してこころがぴょんぴょん♪
さらに久々の日高里菜ちゃんに、
初めましての小澤亜李ちゃんと花守ゆみりちゃん。
この4人によって織りなされる司会抜きのかしましガールズトーク、
夢のような1時間10分でした。
一番の先輩が里菜ちゃんで、
仕切るのが声優新人の亜李ちゃんとゆみりちゃんだから、
もうゆるゆるの微笑ましいトークイベントでした。
でもそんな雰囲気ではあっても、
作品や自分の演じるキャラについてどう思っていて、
どのように演じているかについてしゃべっている時は流石役者さんでした。
 こんな感じの上映イベントが今後まだ最低5回はあるそうで、
しかも会場がポニキャンで会場代がかからないのでたったの1000円!!
これからは参加する度に今回配布した
DSC07502.jpg
DSC07503.jpg
このスタンプ帳にスタンプを押してくれるそうだから、
出来れば毎回参加したいけど厳しいなー。
果たして全てコンプするモサは現れるのか?
そもそも予定が合うかどうかより、
チケット争奪戦でアウトになる可能性のほうが大きいのではないか?
どう考えてもコンプはムリダナ(汗;

 作品についてとかイベントについてとか、
語りたいことはいろいろあるけど、
最後にこの作品の舞台のモデルについて触れておきます。
所沢とか東村山とかの地名が出ている通り、
最初の舞台はその辺です。
主人公たちの出身が所沢だからまあそうなりますよね、
実際クレジットの中に協力として、
作中に登場したまぼろし軒の名前があります。
トークコーナーの中でも
「まぼろし軒って所沢に実際にあるお店なんだけどもう行った人?」
と聞いていたので間違いなく、
今日早速行ってきました
DSC07448.jpg
他の背景についてはもう一度よく見ないと何とも言えない。
主人公の家の団子屋のモデルとか、、
遊園地や公園も名前が出ていたハズだけど覚えてないなー。
 これで所沢のご当地アニメが誕生かーと思いきや、
今後の展開的に所沢の出番は当分なさそう。
だってこのアニメって主人公たち4人が旅する話で、
2話完結で進むっていうから最高5都市は回ることになる。
探訪者にとっちゃ全国回れて楽しいアニメになるけど、
昨今流行りのご当地ものにはなりそうにないね。
そして登場する土地は今回の所沢と東村山のような、
東京なんだか埼玉なんだかみたいな境の争いなのではないかと。
例えば富士山の領有権とか、
ネズミーランドは千葉か東京か?
みたいな感じになるのでは。
PVの映像では大阪とか愛知とか京都、
主要な大都市は出てたけどたった10話でどこまでいくのかな?
しかも2話完結ということは多くて5つの争い、
そう考えると短いなー短すぎる。
まあ何にしてもオリジナルものとしてはかなり面白そうなんで、
冬の新作の注目作として応援していきますよ。
[ 2015/01/05 18:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ