まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2014年06月

ツギアニ!2014 夏に参加してきました

 春アニメはどれも良作揃いでしたね、
15本以上チェックしてた中でハズレはなかったと思えるぐらい、
どれも楽しませてもらいました。
そしてやってくる新しいシーズン、
今年も夏のアニメが熱い!
 
 という訳で夏の新番組をチェックしてみまして、
今のところ15本ぐらいに絞り込みました。
あとは見てみないと分かりませんが、
最近は原作を知らないことが多く、
見るかどうかの判断が難しいことがよくあります。
そこで今回はアニメ選びの参考にするため、
新番組を紹介するイベント「ツギアニ」に参加して、
情報収集してきました。

 イベントはスカパー主催のもので、
司会の方もスカパーの人だったんですかね?
ちょっと分からなかったです(汗;
アシスタントはA応Pとかいうアイドルユニット、
彼女たちの歌でOPはアキバライブ風にスタートしました、
会場が狭い地下なこともあってそれっぽかったです。
 それでメイン6作品他を紹介してたんですが、
一番の注目はなんといっても『ハナヤマタ』。
先日参加した「きららフェス」にも出てた作品で、
安心安定のきらら枠、
そして舞台が鎌倉ということで、
気になっていたアニメです。
唯一1話の先行上映がありまして、
いやーこれまでとはまた違った感じで、
女の子たちが可愛らしく描かれていてよかったです。
ただ舞台探訪的には厳しいですね、
先行で出ていたPV以上の情報はなかった感じ。
場所別に見ていくと

①ハナとなるが出会う神社は稲荷っぽいけどモデルがあるかどうか
②『ねらわれた学園』でも出てきた岩のトンネルは切通しなのかな?
③祠っぽいのはもう一度よく見ないと分からない
④踏切り沿いにあんな長い石段はないな
⑤石橋は見覚えある気がするけど
⑥踏切りは鎌倉高校前と御霊神社

漫画と合わせてチェックしてみましたが、
お馴染みの踏切り以外はさっぱりでしたね、
これは2話以降に期待したいです。

 紹介コーナー終了後の2部はLIVEコーナー、
これが思いの外よくてよかったです。
セットリストは大体こんな感じ

ayumi
「Apocalypse of Destiny」『トータル・イクリプス』挿入歌
「Brand New World」『Re:␣ ハマトラ』ED
+2曲

かなでももこ
「赤いメモリーズをあなたに」『革命機ヴァルヴレイヴ』ED
+1曲

飛蘭
「Dead END」『未来日記』OP
「優しさの蕾」『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』ED
「東京ゼロハーツ」『東京ESP』OP
「Errand」『聖痕のクェイサー』OP
「mind as judgment」『CANAAN』OP

ChouCho
「優しさの理由」『氷菓』OP
「夏の日と君の声」『グラスリップ』OP
「あの空に還る未来で」『バディ・コンプレックス』ED
「DreamRiser」『ガールズ&パンツァー』OP
「starlog」『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』OP

前の2人で場が温まったところで飛蘭さんの登場、
会場が一気にヒートアップ!!
でも個人的にはChouChoさんの歌を始めて生で聴けたのがよかった、
名曲のオンパレードで鳥肌ものです。
『ガルパン』とか『プリマ』とか、
好きな作品の曲ばかりで最高でした♪

 このイベントで取り敢えずチェックするアニメは絞り込めました、
以外と『月刊少女野崎くん』がコメディ色が強くて面白そうでしたね。
「ツギアニ」は秋にもやるそうなので、
また都合がついたら来てみたいです。
スポンサーサイト
[ 2014/06/29 05:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

「アユタリスク 2nd Season “喫茶フェアリーテイルズ” Vol.2」に参加してきました

 今月はいろんなイベントに参加してまして、
先週は『BLAZBLUE ALTER MEMORY Special Event』に行きました。
生アフレコとか朗読劇とか、
貴重な体験が出来て凄いよかったです。
でも一番印象に残ったのは朗読劇の合間にやっていたクイズ対決!
なぜかドラえもんネタを言う流れになって、
そこで杉田さんが流れに逆らうかのように
「黒猫と別れた」
という回答。
ドラえもんの流れできていたので一瞬なんのことか分かんなかったのですが、
すかさず空気を呼んだ中村さんがそのパスを拾って
「黒猫ぉおおお!!」
て叫んだのであー『俺妹』かってピンときて、
イベントで一番ニヤニヤしたのがそこでした。

 そして今週は明日が「きららフェスタ」に参加で、
本日は「アユタリスク 2nd Season “喫茶フェアリーテイルズ” Vol.2」です。
DSC09653.jpg
大橋歩夕さんがトークと歌と朗読をしてくれるイベントで、
大橋さんが出るイベントなんて珍しいなーと申し込んだのですが、
いやー完全にアウェーでした(汗;
なんせ30人未満の少数イベントだったうえに、
その半数以上がファンクラブの人たちで、
一体感が半端なかった。
正直『ストパン』のエイラぐらいしか出演作を知らない身としては、
中々にハイレベルな集まりで、
大橋さんのトーク相手の声優さんも全然知らない人だし。
でもイベント自体は興味深い内容で、
ジョジョネタばかりのトークから、
「青い鳥」の朗読で1人何役もやってみたり、
歌を歌ったり、
宣伝がいろいろあったりで、
1時間ぐらいの不思議な空間でした。
なんかラジオみたいな感じだったなー、
というかまんまラジオでした。
なんというか、
大橋さんを愛でるイベントでしたね。

<下北沢グルメ>
 当初はメロンパンを食べるつもりで行ったら売り切れだったので、
『極黒のブリュンヒルデ』の奈波が幸せそうに食べてたのと、
「しあわせになれる」というキャッチコピーに釣られて
DSC09646.jpg
cafe use のチーズケーキを食べてきました。
実際に奈波がたべていたのは長野のチーズケーキですが、
ここのチーズケーキも濃厚で、
酸味の効いた珈琲と合っておいしかったです。

[ 2014/06/21 23:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『ロボットガールズZ』の舞台探訪 in 大泉学園

 先週『ロボットガールズZ』の舞台挨拶のために、
大泉学園へ行ったばかりですが、
また行ってきちゃいました。
今度は舞台探訪をするために。

 舞台探訪の詳しい情報はHPに載せてますので→ まほろんの星屑
ここではそれ以外の事を紹介します。

<ロボットガールズZ展>
 大泉学園にある東映アニメーションでは、
DSC04672.jpg
施設内のギャラリーでいろんな展示しています。
メインで展示するものは毎回変わるそうで、
今は6月15日までの間
DSC04676.jpg
『ロボットガールズZ特別展』を開催中です。
館内は撮影禁止のため撮ることはできませんでしたが、
主な展示は
①各キャラの原画の設定資料(原画家への指示がいろいろ書き込まれている)
②本編各話のサブタイで使われた本多真梨子さん直筆の書(9枚)
③本多さん、いのりちゃん、荒浪さん3人のサイン入りポスター
④メインキャラ3人の声優さんが描いた自キャライラスト
 (本多さんと荒浪さんは結構うまい、いのりちゃんは可愛い♪)
の四つ、
まあ他にもマジンガーZのおもちゃとか設定資料とか、
興味深いものがたくさん展示されてます。
案内係のお爺さんがアニメ作りについて詳しく解説してくれたりします。

<『ロボットガールズZ』グルメ>
『ロボガ』にまつわるグルメといえば、
その筆頭にくるのが
DSC04709.jpg
パティスリーカミタニの
DSC04724.jpg
DSC04707.jpg
学園ロールでしょう、
グレちゃんの好物なんだそうです。
他にもこのお店は作中に登場することもあってか、
『ロボガ』とコラボしてまして、
DSC04730.jpg
DSC04708.jpg
こんなスウィーツセットを売っていたり、
DSC04710.jpg
DSC04750.jpg
学園ロールを2個以上頼むと、
ポストカードが貰えるキャンペーンをしていたりします。

同じようなスウィーツ繋がりで、
TVで紹介されたこともある有名店が
DSC04693.jpg
西洋菓子おだふじです。
ここは
DSC04685.jpg
この大泉シュークリームが人気で、
ここのロールケーキもおいしそう。

最後はここ
DSC09608.jpg
老夫婦が営む甘味処 華樓です。
ここで人気なのは
DSC04741.jpg
大きな金時豆を使った宇治金時、
この豆が凄くおいしい♪
他では味わえない宇治金時がここにはあります。
あとお薦めということなので、
DSC09607.jpg
ホットケーキも頂きました♪

<コラボ企画>
 最後に紹介するのは、
『ロボガ』と西武鉄道のコラボグッズ
DSC04752.jpg
記念切符です。
大泉学園駅版が2種類と練馬駅版が2種類の計4枚、
それぞれ限定1000枚ですが、
発売から3週たっても余裕で買えたので、
結構余っているのかもしれません(汗;
一枚300円と安いので、
聖地へ訪れた記念に買うのもいいと思います。
[ 2014/06/08 12:13 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『ロボットガールズZ』初日舞台挨拶 in 大泉学園

 先日大泉学園のT・ジョイ大泉で行われた舞台挨拶に行ってきました。
作品は『ロボットガールズZ』、
正直名前は知っていたものの、
一部のネット配信のみだったため内容は知らず、
印象としてはただ過去のロボものを擬人化しただけの、
「あーよくある女体化ものねー」
という程度の認識でした。
舞台挨拶に行ったのも、
ゲストが多くていろんな人に会えるっていうだけで、
作品自体にはそんな期待していませんでした。

 でもいざ始まってみると、
これがただの擬人化とか女体化ものじゃないことがすぐ分かる。
なんせ作品を手掛けるのは歴史ある東映アニメーション、
元祖ロボものを作ってきた業界の最大手が、
自分たちが作ってきたものをパロるんだから、
生半可なものじゃない、
本物が本物を作るんであって、
よくある擬人化とは訳が違う。
本家本元によるパロディ、
機械獣やマジンガーを女体化することについて、
ロボットファンがどう思うかは分からないけど、
面白ければなんでもいいさ。
 全9話の一挙上映は想像以上の楽しさだった、
満員の劇場内ではあちこちから笑い声があがり、
お色気シーンが多々あって気まずいところもあったものの、
そんなものは笑いのブレストファイアーが全てを吹き飛ばす。
 アニメ本編の感想としては、
まず次から次へと新キャラが出てくるものだから、
声優さんが凄いたくさん出てきて豪華!
新人さんは結構多目だけどね。
それから東映が手掛ける全てのロボものをパロってるから、
いろんなロボットの豪華共演!
そして繰り出される必殺技!
動く動くアクションシーン!
原作エピソードや設定をいかしたストーリー!
まさかのいまいち萌えない娘との共演など、
見どころもりだくさんでした。
キャラはみんな可愛かったけど、
なんだかんだでZちゃんがお気に入りかな、
グレちゃんとかダブラスちゃんとかみんな可愛いけどね。

 そして肝心の舞台挨拶は、
ゲストが
本多真梨子さん、水瀬いのりさん、荒浪和沙さん、東山奈央ちゃん、
森下由樹子さん、喜多丘千陽さん、高岡香さん、辻あゆみさん
と8人の声優さんが集結する豪華なものでした。
ですが一言いわせてほしい、
2、30分も時間があったというのに、
その間一切作品の話をしないというのはどうなんでしょう、
舞台挨拶として斬新過ぎるでしょ。
1日に4回もやっていて、
その最後となればそういう風になることもあるのかもしれませんが、
司会の喜多丘千陽さんがいきなり「すき焼き」のネタ振りをして、
それからずーとすき焼きを賭けたクイズへの挑戦。
会場は凄い盛り上がったし楽しかったし、
楽しそうにクイズに挑む声優さんたちを見てるのも、
ほほえまーでよかったんですが、
少しくらい作品に関する話をしてもよかったんじゃないかなー。
クイズのあとは辻さんと森下さんの「ハッピバースディ」でしたし、
なんのイベントなんだかという感じがしました。
でもそれが『ロボットガールズZ』らしいさなのかも、
主演が本多真梨子さんですし、
これだけ女性の出演声優さんが多ければ賑やかにもなるだろうし、
マジめに「あのシーンがどうだった」とか、
作品について語るよりも、
声優さんたちがじゃれ合っているのを見て、
作品の楽しい雰囲気を感じるほうが。

 今回はいろいろ下調べ不足でした、
大泉学園が東映のお膝元で、
映画館のうらが東映の撮影所なことや、
作品の舞台が大泉学園なところとか、
もっと調べてから行けばよかった。
はぁーみんな可愛かったな、
個人的には奈央ちゃんに会えたのが一番かなー。
来てた出演者の中で一番小っちゃくて、
手につけてるパペットと相俟ってさらに可愛くて、
森下さんに抱きしめられてたところは眼福でした。
本多さんも弄られキャラとして見ていて面白かったし、
動きがなんか可愛らしかった。
またこんな機会があったらいいなー、
取り敢えず次は『ロボガ』の舞台探訪がしたいですね。

[ 2014/06/01 09:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ