まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2013年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『カルマルカ*サークル』の感想

 正直いつものエロゲレヴューと比べて少し辛口かもしれませんが、
それもメーカーへ対する期待の裏返しなのです。

 四季シリーズの最後の作品として人気を博した『はつゆきさくら』、
『Coming×Humming!!』から始まったこのシリーズにより、
SAGA PLANETSは好きなメーカー投票の上位に上がる、
人気エロゲメーカーへの仲間入りをした。
 そんな人気作後一発目の新作、
しかもそのシリーズを手掛けた新島夕さんがいない新体制、
そんな中で作られた『カルマルカ*サークル』は、
今後のSAGA PLANETSの方向性を見極める作品として期待をしていた。
 そして全シナリオをプレイしての全体の感想としては、
シナリオ・原画・キャラクターのどれをとってもよく出来ていて、
非常にクオリティの高い作品になっていた。
昨今低迷しているエロゲー業界で、
ここまでのものを作れるところはそうはなく、
流石はサガプラだと納得の出来。
特にキャラ造形はしっかりしていて、
それぞれの個性が出ていてよかった。
 但し並のエロゲメーカーとしては非常によかったが、
『ナツユメナギサ』や『はつゆきさくら』のイメージもあってか、
「なんか普通にキャラ萌えの落ち着いたシナリオの作品だなー」
ていう感じがして、
サガプラ作品としては物足りなさは否めなかった。
代表のふるさんがいう「ハッピー&スマイル」というテーマ、
それがしっくりくる話にはなっていた。
でもそれがサガプラに求めていたものかというと、
正直他の作品群に埋没してしまうんじゃないかって、
そういう感じがしてしまうくらいで、
突出したものがもう少し欲しかった。
「カルマルカ*サークル」応援中!

<シナリオ>
 あらすじとしては、
“「魔可」という制御不能な力を持った7人が集まり、
 その力をなくすために奔走する話”
かな。
 シナリオの構成としては、
5人のヒロインエンド後にトゥルーが見れる形で、
ヒロインの話と物語の主軸を切り分けている。
それがよかった点としては、
キャラ萌えでハッピー&スマイルだった本作は、
好きなキャラのヒロインエンドで満足できる。
ちゃんと個別がコンパクトにしっかりまとまったいい話で、
別にトゥルールートの必要性を感じないくらいよかった。
 そういう感じだったから、
確かにトゥルーは他のルートでは明かされなかった、
この物語の秘密を解き明かすもので面白かったものの、
あーそうだったのねーて感じで。
このルートのよかったところは、
唯一未来ちゃんのいろんな表情が見れたり声が聴けるとこ、
ヒロインじゃない彼女のためのシナリオといってもいいものだった。
 これがゆずソフトさんの作品だっていうなら納得したけど、
あの四季シリーズのサガプラとしてみると、
どうしても物足りなさがあって、
Mじゃないげどサガプラに対してはMになれるところあったから、
もう少し攻めたシナリオでもよかったかな。
「カルマルカ*サークル」応援中!

<キャラクター>
 キャラに関してはサブを含めて非常に魅力的でした。
ヒロインの中ではデレた後の晴の破壊力がやばかった、
普段言葉が荒いだけに余計にグッときたわー。
それに彼女に関して前作ネタが微妙に入ってて、
「サクヤ呼ぶぞ」
とか本作屈指のネタ要員のニコルが
「バニー」
てしてみたり、
そんなファンサービスがいろいろありました。
キャラ的にはニコルが可愛かった、
巨乳で先輩慕ってくれる後輩でテンション高いし、
とにかく巨乳だし。
 でもヒロインもいいがサブがまたいいんだ、
杏なんて普通なら完全にメインどころのキャラデザなのに、
ちょっとおいしいCGがあるだけの完全サブで、
幼馴染キャラが多すぎたんだよなー。
未来ちゃんは個別ではきっついだけの嫌なキャラで、
だからこそトゥルーでの彼女はヒロインのようで輝いてるけどサブで、
メインでもいけるくらいの属性持ちなのになー。
しかも彼女は1人だけガーター網タイツという、
かなりのセクシーなおみ足で、
いろいろぐっときただけに悔しいです(泣;
南々見さんも可愛いけど主人公じゃー攻略できないよね。
「カルマルカ*サークル」応援中!

<声優>
 VA作品でお馴染みの涼森ちさとさんや、
山羽みんとさんに声の似た人の起用はあったもの、
四季シリーズからのイメージは一新され、
昨今の活躍が目覚ましい声優さんたちを揃えたって感じがした。
夏野さんや六花さんは言うに及ばず、
上原あおいさんは他の名義を含めよく聴く声だ。
メインの澤田さんの声は久々に聴いたが、
『HHG』のメフィストとか好きなキャラが多く、
ふわっとした声の中でキリっとしたトーンがよく通ってよかった。
「カルマルカ*サークル」応援中!

<原画>
 メインのほんたにかなえ先生はもちろんよくて、
これが本作最大の売りといっても過言ではない。
でも他のメインのとらのすけ先生、
サブヒロイン担当のちまろ先生、
サブ担当の有末つかさ先生と茉宮祈芹先生もよかった。
前はメインはほんたに先生だけでいいよなーて思ったこともありますが、
他の原画家さんが非常に良くて、
中でも今の有末先生ならまたメインをやってもいいって感じがした、
今の画風は『カミハミ』の頃とは少し変ってるし。
きせり先生も次はメインありかも?
ていう期待をさせてくれるものはあった。
まあ面子だからこそのバランスもあるんだろうなー。
「カルマルカ*サークル」応援中!

<最後に>
 『はつゆきさくら』後の一発目だから落ち着いたなーて感じはあるが、
これは
「まあ四季シリースで疲れただろうから一休みしようや」
ていうワンクッションだっていうなら一服の清涼剤としていいかも。
インパクトに欠けるとはいえ面白い話だったし、
同じような作品ばかりではなく多種多様なものを作るのは大事だ。
これはきっと次に繋がる作品になると思うので、
次はもっとキャラもシナリオも心に残る一本を見せてくれると、
期待を残してくれた。
スポンサーサイト
[ 2013/10/26 20:28 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『劇場版 空の境界 未来福音』

 奈須きのこ先生作品に初めて触れたのは『Fate/stay night』から、
そしてその繋がりで小説の『空の境界』を読み、
最初は叙述トリックにまんまとハマって式を男だと思い込んでたなーて、
あの驚きは一度しか味わえないものだから今でも鮮明に覚えてる。
それから月日が流れ、
2007年12月、
ついにアニメ化、
しかも劇場7部作として!
聞いたこともない企画だから当時はビックリしたが、
まああの作品を1本にまとめるのは不可能だから、
そうなるよなーて納得しつつ大混雑のテアトルへ行って、
「なんで単館でしかやらないんだ」
と憤慨しつつ鑑賞、
そのクオリティーの高さに一度ならず通い、
同じ映画を複数回見たのはこれが初めてだった。
 その後は上映劇場が増えたので行きやすくなったものの、
7部全部を見に通うのは結構大変だった。
そして終章が公開されて約3年、
『空の境界』としては映像化されてないラストエピソード
『未来福音』が公開された。
DSC00489.jpg


 この話は2008年のコミケ頒布された同人誌が元で、
もちろんチェックしていましたが、
まさかこれまでアニメ化されるとは、
嬉しい誤算でした。
 映画の感想としては、
『Fate/Zero』の後だからか、
キャラデザが原作絵に寄っていて、
以前の絵に慣れている身としては少々違和感はあった。
劇場というスクリーンで武内絵をそのままアニメにすると、
こんなに淡泊になるのかなーて画面のインパクトは弱まった感はあったが、
原作の絵が好きなのこのバージョンが見れたのは素直に嬉しかった。
キャラの可愛さという点では倍増していたし、
その中でも未那の可愛さは強烈過ぎたぐらいで、
もうこれは完全にしてやられました。
 キャラの可愛さでは文句なく、
話の展開も奈須先生らしさがあってとてもよかった。
でもやっぱり本編を補完するエピソードなんだなーて感じがした、
あくまで式と幹也の物語は終章で終わっているものなんだって。
まあ実際時系列的にはも3章後と1章の間ぐらいなのかな、
まだ5章の『矛盾螺旋』前くらいのところ、
本当の未来の話は『未来福音 序』がそれに当たるんだろう。
でもそれはもう二人の物語ではなく、
新たなる物語なんだよなー。
 あとは武内先生の漫画のアニメ化もよかったなー、
これこそキャラの可愛さ全開で。
もちろん本編の静音もよかったけど、
一番見たかったのは鮮花だったので、
本編では優等生な彼女が見れたし、
それがまた『忘却録音』とも繋がって嬉しくて、
とにかく鮮花は最高でした♪
 
 これでもう『空の境界』のアニメ化は最後になると思うと、
かなり寂しいものがある。
だかしかしufotableのTYPE-MOON作品アニメ化企画はまだまだ続く。
『Fate/Zero』に続いて『Fate/stay night』も再アニメ化!
ユーフォ版『Fate/stay night』がどんなものになるのか非常に楽しみ、
ディーン版も悪くはなかったけど、
ユーフォならではの『Fate/stay night』が、
アニメ史に残る傑作になることを期待して待っていよう。
[ 2013/10/20 16:53 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『コードギアス亡国のアキト第2章-引き裂かれし翼竜-』を見に行ってきました

 今期のアニメは非常に当たりが多く、
それは1年を通してもいえることで、
2013年は粒揃いのアニメ大豊作な年だった。
さらにTVアニメだけでなく、
劇場作品も良作揃いで、
何度映画館に足を運んだか分からない。
そんな数ある作品の中の1作、
『コードギアス亡国のアキト』を見に行ってきました。

 第1章公開から約1年、
第2章は待たされた甲斐のある、
ロボットアクションやシナリオ展開の、
非常に見応えあるものになっていました。
DSC00500.jpg

 まずアクションは、
いやー戦闘シーンでよく動くこと動くこと。
恐らくナイトメアとアレクサンダーの機体構造の違いもあってか、
アクロバティックで変幻自在な動きで相手を翻弄、
気持ち悪いぐらいの動きを見せてくれます。
1章の時のアキト無双とは違い、
今回はリョウたち3人を加えた4機によるチーム戦とあって、
圧倒的戦力を誇るはずのブリタニア軍を、
たったの4機で追い詰めていくのは見ものです。

 それから物語的には、
相変わらず劣勢なEU、
もう状況は覆しようのないほど悲惨。
しかもブリタニア軍はEUにトドメを刺すべく、
スザク卿に警護させ極東の天才的中二病軍師まで引っ張り出して、
もはや勝てる要素はどこにも見当たらない。
ギアス本編でならルルーシュという絶対的なリーダがいて、
こいつがいれば勝てるという安心させる存在があったのに対して、
レイラやアキトではどう足掻いてもシンたちに勝てる見込みがなく、
この絶望的状況で先がどうなるのか読めず気になる。

 2章に関してはアクションやシナリオも大事だが、
もう一つ極めて重要なポイントが、
エロ過ぎるレイラのパイロットスーツ姿だ!
ジッパーを上げていくシーンのエロさったら半端ない。
しかもエロいのはレイラだけではない!
彼女以上にグラマーな設定なのがアヤノという事実、
本章で見せた彼女の少女らしさに、
今までレイラ派だったのがアヤノ派へ鞍替えするほどぐっときたわ。

 これでこの番外編も残り2章、
このシリーズの結末がギアス本編とどう繋がり、
そしてシリーズ自体がどうなっていくのか、
まだまだギアスは終わらない。
[ 2013/10/17 16:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コンプティーク2013年11月号『艦これ特集』ほか

 先月のコンプ争奪戦には慢心ゆえに敗北いたしましたが、
今月はネットをくまなく探しなんとか予約でGETしました。
DSC00503_20131014190550360.jpg
でもそもそも11月号は10月号ほど倍率が高くなかったんだと思う、
どう考えてもあれは異常だった(汗;
今月号は内容的にみても巻頭特集とはいえ、
それほどのことが載っている訳でもないし、
付録もドラマCDと艦これ別冊小冊子ほどではなかった。
DSC00505.jpg
まあ未那のクリアファイルはメチャクチャ可愛くってよかったです。
他に気になったところは、
まず来月号が30周年の記念号で内容も付録も凄いという広告、
艦これストラップ×3と艦これコミック、
TM×ロードスのドラマCDとサイン色紙プレゼントなど、
いやー楽しみな内容だな。
だけどこれは今月号の見どころじゃないですね(汗;
それ以外だと艦これ特集の一航戦栄光の軌跡とか、
艦娘のバックボーンの話や用語解説は面白かったかな、
歴史好きとしてそういう話がもっと出てくると嬉しい。
「らき☆すた神輿」の登場した土師祭のレポもよかった、
未だに衰えることのない人気っぷりが凄まじい。
あとは全体的にみて、
コンプは初音ミクとTMの雑誌になったんだなーて、
本当にその二つのことばっかりな感じがした。

 コンプのついでに他の漫画雑誌も購入、
DSC00516.jpg
 『電撃だいおうじ』は、
いわさきまさかず先生の表紙に釣られて買ったら、
たまたま創刊号でゲスト漫画をヤス先生が描いてたり、
いわさきまさかず先生が『今日子さん』と新作のW連載してたり、
中々豪華な内容でした。
ギャグ漫画が中心で楽しい作品が多かった、
お気に入りは柚木涼太先生の『hshsさせろ!!』と、
大沖先生の『わくわくろっこモーション』です、
『なぎよん』とか新作アニメの4コマも面白かった。
 『きららキャラット』のほうは、
頭の4作がどれもアニメ化作品、
四コマとしても流石の面白さで、
この良さをアニメでも出来ていればと思ってみたものの、
これは四コマ漫画だからこその良さなのかもしれないなー、
このテンポ感をアニメでやるのは難しいんだろう、きっとそうだ!

 偶にはこういう漫画雑誌を買うのもいいですね、
定期的に買うと大荷物になるのでしませんが。
[ 2013/10/14 20:29 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

2013年秋アニメの初回感想

 秋の新番組が続々とTV放送される中、
それほど遅れずにニコ動でも配信がスタート!
早速いくつか第1話をチェックしました。

◎『WHITE ALBUM2』
…ぐぅぅー可愛い、くぁい過ぎる♪
 アニメのクオリティとしては申し分なく最高!
 構成・脚本を原作の丸戸先生自身がやっているとあって、
 導入となる1話のまとめ方としても言うことなし。
 ただ雪菜の描写に比べるとかずさがあっさりしすぎなのが、
 かずさファンにどう思われるかが心配だ。
 かずさのほうがエロゲのヒロインっぽくて好かれそうだからな、
 でもかずさと春希では物語が動き出せないから、
 動かしていく雪菜の登場は必須なんだよね。
 丸戸先生の脚本なら雪菜エンドの可能性もあるにはあるけど、
 それでも2話以降を見ていくのが怖すぎる。
 今の雪菜の元気な姿を見ると、
 これからの彼女の辛いあれこれが想起されて胃が痛くなるわ、
 可愛く動く雪菜をもっと見たいけど…でも怖い。

○『蒼き鋼のアルペジオ』
…昨今の3DCGアニメとしてはよく出来てると思う、
 流石は『009』の映画も手掛けたサンジゲンだ。
 話としては面白くなるかは微妙だけど、
 潜水艦ものの緊迫した戦闘シーンとか、
 登場する旧日本海軍の軍艦の勇姿に期待したいな。
 3DCGのキャラは恐らく何回か見れば慣れる程度にはいい感じ、
 サンジゲンならではのアニメ演出が楽しみだ。

○『キルキラル』
…勢いがあってアニメの楽しさを見せてくれて面白かった。
 ただの紙芝居とは違う迫力があって、
 これこそアニメだなぁーて感じがした。
 気になったところはマコのキャラも声も凄く可愛いが、
 『艦これ』の影響で雷とかの艦娘の声にしか聞こえないのがなんとも、
 ついこの間まで洲崎さんといえばたまこのイメージしかなったのに。
 まあこれを気にもっと売れて欲しいな、
 改めてこの人の声って可愛いなーて気付かされたし。

○『凪のあすから』
…絵がとにかく綺麗で一枚絵でもいけそうってくらい。
 恋愛模様が複雑なのはストーリー的に心配はするものの、
 キャラクターの感情表現が細やかで豊富で、
 見ていて楽しくなるぐらいいろんな表情してくれるのがいい。

○『リトルバスターズ!~Refrain~』
…1期をしっかり見といてよかったーて思える2期の開幕スタート、
 姉御が格好良すぎてヤバい。
 そして1期の時よりさらにはっきりしてくる世界の謎、
 ついに泣きゲーとして本番が始まる。 
 恐らくこれからの流れとしては、
 姉御ルートからの凛ルートでRefrainへ入っていくんだろう、
 どうまとめていくのか楽しみだなー。

 他にも新番組を多数視聴予定、
今のところ掴みとしては悪くない感触。
今期はアニメ黄金期になる予感!?
[ 2013/10/11 18:17 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』

 昨今の京アニ作品では一番のヒット作で、
特に面白かったのが『中二病でも恋がしたい!』。
DSC00494.jpg

これまで「中二病」という言葉を想起させる作品はいろいろあったが、
それを真っ向から扱ったものというのは珍しく、
本作によりこの言葉は一層広まったような気がする。
 このアニメの見どころはやっぱり「中二病」なところ、
高校生にもなって恥ずかしげもなく中二病台詞を言ったり、
そこから発展する妄想異能者バトル!
中二病の格好良さにいい年して再燃する人が続出!?
しててもおかしくないくらい。
 キャラ的には六花はもちろん可愛いけど、
丹生谷さんがいいキャラしててよかった。
この二人だけでなく本作は京アニ作品全体を通しても、
かなり個々のキャラが立っていると思う。
それはこの作品が『Kanon』や『CLANNAD』のような、
恋愛ものだからだろう。
『日常』や『けいおん!』のような日常系作品と違い、
恋愛ものはヒロインの魅力をみせていくものだから、
必然的にキャラが立ってくるんじゃないかなー。

 さて、この劇場版は今後放送される2期への繋ぎとなる話とあって、
本編の後日談的なエピソードも含まれている。
でもメインとなるのは、
六花の語りから始まる、
ダークフレイムマスターと邪王真眼の出会いの物語。
六花目線というのがいい試みだとは思ったが、
如何せんそのやり方が中途半端だった。
どうせならただの本編のいいとこどりじゃなくて、
完全に六花だけの目線での総括とかモノローグ、
難しいだろうけど新規カットを回想の前後にいれるだけじゃなく、
総集編の部分にも少しは手を加えて欲しかったなー。
冒頭のバトルシーンは力が入ってて見応えあったけど、
その分を回想を分かりやすくするために使って欲しかった。
正直シーンをチョイスするなら六花と勇太の話だけにして、
あとはなしにしてもよかったぐらいだよ、
あくまで二人の出会いとして描くなら、
他3人のキャラシーンはカットしたほうがまとまりが良かった。

 ただ新規カットがいろいろ見れたのはよかった、
2期で登場する新キャラも見れたし。
映画で続編への期待値を増加させつつ、
新しい六花たちの活躍が見れるのを楽しみにしていよう。
[ 2013/10/08 19:07 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を見に行ってきました

 ちょうど「めんまの全国舞台挨拶旅」がやっていたので、
気になっていたものの見れずにいた、
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を見てきました。
DSC00466.jpg

 
 気になってはいたんです、
でもTVシリーズとして完結したお話だし、
新作カットがあるとはいえただの「総集編」ではないか?
TVシリーズのイメージが崩れはしないかと、
続きものにありがちな不安があって、
劇場へ行く勇気が持てなかった。
それだけ『あの花』はよかった、
あそこまで感動的で、
生の感情をぶつけられたアニメは滅多になかった。
気に入ってる作品なだけに迷ってはいたものの、
めんま役の茅野さんから直接作品への話が聞けるとなれば、
行くしかないと。

 見終わった時は自然と拍手してました、
話の内容や流れが分かっていても自然と涙が流れた。
前日に『中二病』を見ていただけに、
こうやって綺麗に大事なところをまとめて、
1年後のエピソードへ繋げていけるんだと感心しました。
TVシリーズの頃と1年後、
昔と今の超平和バスターズの姿を交互に見て、
あの頃はあんなに感情爆発だったのにすっかり落ち着いてとか、
その辺は特に時の流れを感じさせられました。
 好きなシーンは子ども時代のめんまのところも可愛いくていいけど、
1年後の手紙をどう書こうか悩むあなるかな。
あなるにはじんたんと幸せになって欲しいけど、
そうなるとしても、
それは二人が大人になってからな気がする。
じんたんはやっぱりめんまが好きだし、
あなるから前には中々いけなさそう。
やっぱり時間の問題なのかなー、
この劇場版を見るとそんな感じがする。

 これは『あの花』が好きな人には是非見て欲しい、
やっぱりこのアニメよかったなーて思えるから。
そしてかやのん可愛すぎ♪
もっと前の席で見たかったー。
[ 2013/10/05 13:06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2013年夏アニメの感想その1

 続々と出撃する秋の新番組艦隊、
原作を知らない作品が増えてきたために、
未知数な作品が多くて内心ヒヤヒヤして見ることが増えてきた。
 そんな昨今の中では、
この夏はぼちぼちよかったと思う。
冬や春にも当たりはあったものの、
今期のほうがいろいろあった気がする。
 まだ全部は見切れてないけど、
取り敢えず最終回までチェック出来た夏アニメの感想です。

◎『きんいろモザイク』
…今夏では断トツの可愛さ爆発アニメだった。
 「問題なんか何もないよ~♪」
 という主題歌の歌詞通り、
 安心して女の子の可愛さを楽しめる作品で、
 話やキャラのノリも凄くよかった。
 このレベルの日常系アニメがもっと増えて欲しいな。

◎『恋愛らぼ』
…女の子同士のイチャイチャもいいけど、
 恋してる女の子はさらに可愛い♪
 まあ恋がどうこうという前に話は終わったので、
 そこへ至るまでの頑張る姿がよかったのかな。
 みんな可愛いけど特に暴走気味の夏緒がいい!

○『Free!』
…なんだかんだで最後まで見てしまった。
 まあ熱いスポ根ものって感じで普通に面白かった、
 水の表現も綺麗だったし。
 話の良し悪しはどうあれ、
 京アニの一つの挑戦として見応えはあると思う。

○『ダンガンロンパ』
…結局意味は分からなかったけど、
 妙なノリというか面白味はあったと思う。
 こういう話って序盤で死んだキャラが可哀そう、
 なんか地味なキャラが残ったなーて感じで、
 モノクマがいてくれてよかったわ、
 あのキャラの濃さは貴重。
 ちなみに気になってたキャラはさやかちゃん、
 残念な娘でしたねーいろんな意味で。

 今秋はどんな良作と会えるのかなー、
また奈央ちゃんの当たりキャラがあるといいなー。
でも今期はメインキャラを全然やってないっぽい。
そこで注目は種田梨沙さんかな、
京アニの新作に出てるし、
今伸び盛りな旬な声優さんって感じがする。
[ 2013/10/02 18:01 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ