まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2013年09月

9/28 ALcot 10th Anniversary Live ~Happiness Day's~

DSC00460_201309292319464f2.jpg

 ついについにこの日がやってきました。
当選発表から約2カ月半、
図らずも会場は、
2か月前に行ったCeuiさんのライブと同じ東京キネマ倶楽部でした。
そこで行われたALcotファンが待ち望んだイベント、
10人のアーティストが10周年記念のALcotを祝い、
今まで支えてきたファンへの感謝を伝える、
節目の年を迎えたALcotにとって記念すべきイベント!
“ALcot 10th Anniversary Live ~Happiness Day's~”
に参加してきましたー。

 いやーもう最高でした、
アーティストさんもスタッフさんも、
そしてALcotファンもみんなが楽しめた、
文句なしの感謝祭でしたわ。
この場にいられるだけでも幸せなのに、
さらにA組の80番台だったのでかなり前のほうに陣取れて、
まあその分過激なファンの中で大変でしたが、
いつものライブ以上に激しく盛り上がれてよかった。
 詳しい感想の前にまずセットリストの紹介から

1「ロケットラブパニック!」『幼なじみは大統領』OP 真理絵さん
2「ENGAGE LINKS」『ENGAGE LINKS』OP 真理絵さん
3「Triptych」『Triptych』OP 真理絵さん
4「ひまわり」『なつぽち』ED 霜月はるかさん
5「晴れのち曇り、時々雨」『FairChild』ED 榊原ゆいさん
6「FairChild」『FairChild』OP 榊原ゆいさん
7「木漏れ日フレネル」『1/2 summer』OP naoさん
8「Aliare」『春季限定ポコ・ア・ポコ!』OP 葉月さん
9「Summer days rhapsody」『キッキングホース☆ラプソディ』OP 民安ともえさん
10「your little sister」『リアル妹がいる大泉くんのばあい』OP 片霧烈火さん
11「Dear My Precious」『リアル妹がいる大泉くんのばあい』ED 片霧烈火さん
12「SIGNAL」『あえて無視するキミとの未来』OP tohkoさん
13「刃に残るは君の面影」 『Vestige ―刃に残るは君の面影―』OP Ritaさん
14「Distant Promise」『死神の接吻は別離の味』イメージソング Ritaさん
15「Le baiser de l'ange-天使のくちづけ-」『死神の接吻は別離の味』OP Ritaさん
<そよぎと六花のRadio de ALcot!(宮蔵さんのトークコーナー)>
16「百花繚乱ファンタズム」『鬼ごっこ!』OP 真理絵さん
17「SHINE RING」 『中の人などいない! 』OP 真理絵さん
18「Rebirth ∞ Impact」『中の人などいない! 』OP2 真理絵さん
19「Clover Heart's」『Clover Heart's』OP 真理絵さん
<アンコール>
20「Clover Day's」『Clover Day's』OP 真理絵さん
21「アンコール」『幼なじみは大統領』ED 真理絵さん

 こうして見ると、
改めてALcotにおける「真理絵さん率」の高さがよく分かる。
というか本家の主題歌はほぼ真理絵さんだよね、
ゆいにゃんが例外なだけで。
もし本家だけでライブしようとしたら、
もう
「真理絵さんの単独ライブでいいんじゃね?」
となってたことでしょう、
姉妹ブランドがあってよかったわー。
まあ結局真理絵さんで始まり真理絵さんで終わるライブだった訳でですが、
『幼なじみは大統領』のOP~EDという流れですし。
ブランドとしてもまた真理絵さんと共に続いていく、
アンコールでつい一週間前に完成したばかりだという
『Clover Day's』の主題歌が初披露され、
ALcotファンにとってはこの曲を真っ先に聴けたことは、
何物にも代えがたい最高のプレゼントでした、
実際メチャクチャ嬉しかったし。
 個々の曲についてはどれも素晴らしく、
甲乙付け難いけども、
ALcot作品に触れるキッカケになった「FairChild」を聴けたのは嬉しかった。
あとはRitaさんの歌は相変わらず力強く鳥肌が立つものがあったし、
たみーの歌は楽しくて、
しもつきんは可愛かった、
そんな感じかな。
 イベントとしては、
開始前の注意や合間のトークパートで、
Alcotではお馴染みの遠野そよぎさんと北見六花さんの二人が、
声で出演して会場を盛り上げていました。
どちらも好き過ぎる声優さんなので、
生の声を聴けてニヤニヤが止まりませんでしたわ。
檀上で1人ALcotの設立秘話について語る宮蔵さんに、
容赦なくツッコミを入れ弄り倒すそよぎん最高!
そんな中孤軍奮闘する宮蔵さんの話がまたよくて、
ALcot設立の話は他でも語られていることなので書きませんが、
これからも支えていかなきゃと思わせるいいお話でした、
エロゲ業界って大変なんですね。

 夢のような一時をありがとう、
いろんな人にありがとうを言いたいです。
このメンバーが再び集まることはあるのだろうか?
1年後? 5年後? 10年後?
Ritaさんは「50年後に」とか壮大なことをおっしゃってましたが、
ALcotがあり続ける限りきっとまた機会があるはず!
個性的な作品でファンの心を離さず惹き付けていくALcotなら、
50年は言い過ぎかもしれないけど、
きっと大丈夫だって期待させてくれる。
取り敢えずは11月発売の『赤さんと吸血鬼。』と、
その後に続いていく『Clover Day's』を楽しみにしていよう。
スポンサーサイト
[ 2013/09/30 00:30 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

『ガリレイドンナ』特別試写会&トークショー他

 秋アニメの本編チェック第一弾は、
まさかの試写会からのスタート!!
ということで本日はお台場のフジテレビで行われた、
『ガリレイドンナ』の第一話の上映会のレポです。
この作品は数々のオリジナル作品のヒット作を出している、
ノミタイナ枠期待の新作アニメで、
スタッフやアニメ制作会社的にも話題性は抜群!

<1話を見た第一印象>
 でも正直実際に見るまで舐めてましたわ、
HPの情報をちらっと確認しただけで、
「あーなんかイタリアに住む可愛い3姉妹の話かぁ~」
という程度の認識で行ったものだから、
冒頭からいきなりロボアクション全開でビックリ!
もっと大人しい話だと想像してたのに、
全編通して
「これクオリティーもつのか?」
と心配になるくらいメチャクチャ動いてる。
監督の梅津さんは
「1話は設定を語るより勢いを大事にした」
的なことをおっしゃっていた通り、
世界観どうこうより、
「なんだよこれぇー?!」
てまんまと釣られてしまいました、
いやー凄かった。
本放送は10月10日ということですが、
これはかなり先が楽しみですよ。

<ざっくりとしたトークパートの話>
 本編後のトークパートでは、
ゲストに3姉妹役の日高里菜さん、
大久保瑠美さん、真堂 圭さん、
そして監督の梅津泰臣さんを呼んで、
たくさんの興味深い話が聞けました。
中でもこの作品に登場するキャラには、
監督の経験談が生かされてるという話では、
まず星月は内気で天才肌なところ、
神月はナイーブで少林寺をやってるところ、
葉月はどちらかというと理想の女性像といった感じでしたが、
検事という設定については生かされてるそうで、
家の周りの治安が悪かったところとか聴き込みをされたこととか。
非常に面白くて楽しいお話ばかりでした。

<具体的な作品の感想>
 足立さんのキャラデザによるキャラの可愛さはもちろん、
第1話での注目ポイントは主に4つ。
一つ「3姉妹を誘拐しようとしたやつらは何者か?」
二つ「彼らが狙う物は何? ガリレオ・ガリレイに纏わるもの?」
三つ「謎のハイテクマシーンの数々」
四つ「バラバラの姉妹と両親の関係」
ここで特に要チェックなのが姉妹やその両親の関係性だ、
たった1話でありながらその噛み合わなさ振りがよく出ていた。
きっとこの要素は、
事件の謎解きやアクションと共に作品を盛り上げる大きな柱となるはず。
きっと心がバラバラだった家族が一致団結して乗り越えていくという、
熱い展開が待っているハズ!
最初は会話してても視線さえ合ってなかったのに、
いつの間にか目と目で通じ合ってるって。
そしてこの家族を変えていくキッカケを作れるのは、
内気だけどいざという時はやりそうな末っ子の星月でしょ!
小さい子の頑張る姿にはグッとくるものがありますから。

<試写会イベントを通しての感想>
 まあなんといっても主演のお三方が可愛すぎた (o´∀`o)
よくここまで綺麗どころを揃えたなっていうくらい、
しかもそれぞれが担当キャラのイメージカラーの服を着てて、
里菜ちゃんが着てたのが葉月っぽくてもう堪らなくて、
いやーいい目の保養になりました。
そして女性陣に負けずに目立っていたのが、
スーツでびしっと決めた梅津監督、
「2人ぐらい殺ってそう」
なんていうコメントもありましたが、
個人的にはダンディでクールガイって感じで格好よかった。

<サプライズ上映>
 そしてイベント後には予定にはなかった
『サムライフラメンコ』の上映!
このイベントのためにギリギリで間に合わせたということで、
OPこそまだ出来てませんでしたが、
本編は最後まで楽しめました。
正直上映前の主演の増田さんと杉田さんからの、
コメントというよりコントが頭に残っていたせいで、
本編でのやり取りもなんかコントっぽく見えちゃって、
というか完全に笑いを取りにきてますよね!
実際面白くて笑っちゃったし。
まあそんな感じのアニメでした、
ノリが軽いから気楽に楽しめそうで、
でも芯は真っ直ぐ通ってるかなって、
真面目に現代でヒーロー目指したらそうなるわなって。

 どちらの作品も毛色は違うものの、
それぞれの面白さがあってよかった。
最後に梅津監督が『ガリレイドンナ』の1話について、
「最終話に繋がるキーワードが隠されている」
とかたくさんの伏線が貼られているということをおっしゃっていたので、
放送が始まったら何度もリピート再生して、
探してみるのもまた一つの楽しみ方かもしれません。
こうしたオリジナルものはどんなオチがあるが分からないから、
いくらでも想像する余地があって面白い、
未知との出会いは心躍るものがありますね。
[ 2013/09/28 01:32 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2013年秋の新アニメ

 夏から始まったアニメ、
春から始まったアニメが続々と終了する中、
またこの季節が巡ってきました。
秋の番組改編期、
秋のアニメ大収穫祭の始まりだ!
 という訳で今期の新番組をチェックすると、
なんとその数45作品!!
とても見切れる量じゃない(汗;
なのでビジュアルと内容で大幅にカットして11まで絞りました。

<アニメ制作会社でチョイス>
○『境界の彼方』…京アニ信者なので当然見る。
○『凪のあすから』…PAの背景は美しい。
どちらも作画は間違いない。

<オリジナル枠>
○『ガリレイドンナ』…キャラデザが『SAO』の人。
HPとかの印象だけで決めた。

<ミリタリー枠>
○『蒼き鋼のアルペジオ』…ミリタリー×美少女は来てます。
『艦これ』ではお馴染みの名前ばかりなので気になります。

<エロゲ原作>
○『ワルキューレロマンツェ』…ノエルが好き過ぎるので。
○『リトルバスターズ!~Refrain~』…感動間違いなし。
『ワルロマ』は本当にキャラの可愛さだけ、
『リトバス』は1期で姉御以外の個々のエピソード消化したので、
もうシリアスな泣きルートしかないでしょ。

<地雷枠>
○『WHITE ALBUM2』
…正直アニメ化が一番怖い作品、
 ゲームなら雪菜かかずさかを選べるけど、
 アニメで描くなら物語を決められてしまうから。
 圧倒的な雪菜派としては、
 かずさを選ぶなら一切見る気がしない。
 でも雪菜を選んでも彼女の辛い姿を見ることになると思うと、
 もう今から胃が痛くなってきました。

 一応この他にも少し見る予定なものはありますが、
選択基準は完全にビジュアル重視ですね。
それは面白いか面白いかではなく、
アニメのキャラの可愛さを求めているのですから!
そういうところからまた気になるのが中の人、
最近新しい人が増えていて把握しきれなくなってきてる。
これから放送が始まっていったら、
気になるヒロインと共に中の人にも注目していきたい。
特に今売出し中の娘。
[ 2013/09/23 16:50 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『フレラバ』の舞台探訪 in 川崎

 もうすっかり寝ても覚めても『艦これ』な日々、
駆逐艦が順調に成長してるからそろそろ3-2突破できそう。
 アニメは見る本数を半分に削って積む方向で、
まあ7割方見終わってるんですが。
というかそろそろ秋アニメをチェックし始めなきゃならない時期だな、
何が始まるのか全然知らないや。
 エロゲーは今月から年末へ向けて話題作が続くから、
その辺は確実に押さえておきたいね。

 はぁー何気にGET出来てない艦娘が多いのが辛いな、
この夏の覇権アニメ『きんモザ』を見て癒されよう。
『きんモザ』の娘はどの子も可愛いけど、
特にカレンちゃんいいよねー。
それで思うのは今年は奈央ちゃんの活躍が目覚ましいなーと。
『はたらく魔王さま!』とか『俺ガイル』とか、
メインキャラをやることが多いし、
『艦これ』でもいろんな艦娘の声を当ててる。
特に金剛型はよく使うからかなり耳馴染み、
秋アニメでもいろんな作品に出てるといいなー。

 話がいろいろ飛びましたが、
今日のメインは舞台探訪!
作品はSMEEの『フレラバ』です。
DSC00152.jpgDSC00153.jpg
場所は川崎駅西口にあるラゾーナ川崎プラザです。
ここは以前から何かの作品で出てこないかなーて目を付けていたので、
見つけた時はktkr!! って感じでした。
朝の6時半ごろに撮影したので人がほとんどいませんが、
営業時間には川崎駅と直結してることもあってか人でごった返します、
なので撮影は営業時間外じゃないと難しいです。
 作中でもここは駅前として登場していて、
待ち合わせやナンパをする場として利用されています。
施設の中には映画館があり、
東口のtohoとチネチッタと合わせて川崎の映画館の3強です、
複数あると時間に合わせて見れるのがいいですね。

 川崎は『まじこい』など様々な作品の舞台で、
映画館にライブハウスに大型商業施設と、
遊ぶ場もたくさんあるので、
何かのついでに探訪するのもいいですね。
[ 2013/09/17 20:07 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『ゾンビの同級生はプリンセス』の感想

 この頃『艦これ』ばかりで、
少々エロゲの進みが悪かったので、
新しい刺激を入れようと『天色』は一旦お休みして、
アーベルソフトの『ゾンビの同級生はプリンセス』をプレイしました。
 なんでこのソフトを選らんだかといえば、
摘み食いとしてやるのにちょうどいいプレイ時間だったし、
悪い意味であっても話題作には変わりなかったから。

 そもそもこの作品は発売前から知っていて、
楽しみにしていた期待作でした。
アーベル作品はあまりやったことなかったものの、
原画の七瀬葵先生は昔から知っていて、
それこそ二次元にハマり出した頃からのファンでした。
当時好きだった絵師のTOP3が、
七瀬葵先生、きみづか葵先生、西又葵先生の3大葵、
いい時代でした。
先生が描かれた漫画はいろいろ買い漁り、
『ぷちモン』は特装版を毎巻予約して、
『ANGEL/DUST』は置いてなければ取り寄せてGETして、
『気象精霊記』の絵も好きだったなー。

 そんな好きな絵師さんが原画をするとなれば当然注目する訳で、
先に発表されていた『ミステリート2』を楽しみにしていたところ、
発売されたのがこの『ゾンビの同級生はプリンセス』でした。
正直キャラデザ的には『ミステリート2』のほうが好みでしたが、
好きな絵師さんということで購入。
ところがまさかのクソゲーオブザイヤー受賞ということで、
あまりにひどい出来という評価だったがために、
今までずーと積みっぱなしでした。
ただどれだけ作品が悪かろうと、
応援しているクリエイターさんが作ったものなら、
やってみようといざプレイ!!

<作品の感想>
 まあ評判通りというところ、
話が途中で終わってるし、
情報サイトに載ってるシーンが丸っとなかったり、
ディテクティブADVとあるがシステムに推理要素がない、
と不完全なところが多いのは事実。
一応続きの3話がネットで公開されてますが、
アワードの紙がどっかにいってしまったので、
探さないとプレイできず、
あくまで製品版として出たものだけのみでの感想です。
 まずボイスがないのには驚きました、
これまでボイスなしゲーは『ランス』のような神ゲーでもスルーしてたので、
迷ったもののそのままプレイを続行。
しかしいきなり詰まる、
なんかテキスト中のリンクから飛ばないといけないようで、
探偵ハイパーリンクというそうですが、
正直面倒なだけでイマイチなシステム。
物語自体もイマイチでしたが、
登場キャラたちは魅力的で、
声はないのものそれは日頃鍛えたエロゲ力で脳内補完!
やっぱり紅雪かなー、
他のキャラも可愛いけどね。
1話と比べると2話はそこそこ面白い、
なんかミステリーぽくなっていてよかった。
 確かに微妙なところは多い、
声も歌もなくて絵とテキストだけ勝負してる割にはって。
ただ絵師さんのファンとしては出してくれただけでも有難いし、
未完なことを除けば1話と2話はそこまで悪くはないと思う。
選択肢でヒロインを選べず1本道っぽいが、
探偵ものならそういう形でOKだし、
√nukoの『イド』でもそうだったけど、
正ヒロインがいて個々の物語がありつつも、
大きな事件を解決してハッピーエンドであれば納得できる。
 結論としては、
絵とキャラが好みならプレイしてもいい、
ただ声なし歌なしでサウンド面は期待できず、
シナリオも未完ですが。
後はきっと3話で活躍する唄子ちゃんが気になるな、
立ち絵を見た限りでは結構好みだし。
 菅野さんが亡くなられた今、
『ミステリート2』の完成や『ゾンビ』の補完はもう無理なんでしょうね、
本当にそれが残念でしょうがない。
七瀬葵先生の名前を、
原画の欄に見かける日はまたくるのかなー。
[ 2013/09/15 00:07 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

連装砲ちゃんならここにいるよ

 ついにキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
我が艦隊にも艦これ屈指の人気者、
駆逐艦の中で随一の速さを誇り、
3つの連装砲ちゃんを引き連れたあの娘が!!
DSC00419.jpg
どーーーーん!!
……………………。
これは間違いなく連装砲だ、
しかも朝潮型一番艦、
朝潮ちゃんの連装砲だ!!
 とまあ冗談はさておきまして、
島風は本当にドロップしたんですが、
今日の話のメインは建造中の朝潮のことです。
 いやープラモ作りって大変ですね、
特に難しいのが塗装!
今日一日がかりで塗装にチャレンジしたものの、
結局上の写真の連装砲くらいしか完成しなかった。
せっかく塗ったこれでさえ、
綺麗に出来ずもう頭が痛い(汗;
こういうのは経験を積んで上達していくしかないので、
今はうまくいかないのはしょうがないものの、
もっと綺麗にできるやり方を学んでいかねば。
これでも一隻目の島風よりは大分マシになったほう。
普段うちの駆逐艦の主力として頑張ってくれている朝潮ちゃんのためにも、
丁寧に丁寧に作っていこう。
[ 2013/09/11 21:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

まほろん艦隊、2番艦建造開始!!

 この一カ月ですっかり『艦これ』が日常に溶け込んでいて、
3艦隊を遠征させて資源を集めて、
第1艦隊で只管レべリングする日々です。
そのためエロゲがちっとも進まず、
一月前に始めた『天色』が、
未だ一人目のヒロインまで分岐したところで止まってて、
褐色肌のあの娘とはいつ会えるのだろう?

 そんなエロゲそっちのけでプレイしてる
『艦これ』の進捗状況ですが、
ついに初の撃沈艦娘を出してしまいました(´_`。)
いつもなら大破したら撤退しているところ、
操作ミスで進軍してしまい空母の艦載機による攻撃で…。
初陣だったのにこんなことになるなんて…。
まあその弔い合戦で、
第4艦隊編成の最後の鍵の榛名さんをGETできたわけですが、
逝ってしまったあの娘の分も榛名さんは大事に育てて、
今では榛名改としてバンバン41㎝砲をぶっ放しています。
ちなみに撃沈してしまったのは隼鷹で、
他の軽空母の龍驤、飛鷹、祥鳳は日に3,4隻、
嫌というほどドロップするのに隼鷹とだけは全く会えなくなった。
やっぱり艦娘は大事に育てないと、
誤操作も慢心もあかんわ。

 そして現実の艦隊製作については、
1番艦の島風が、
いくら最初とはいえあまりに雑な完成度になって反省。
そのせいで未だに島風をGETできないのかもしれないと考え、
2番艦は丁寧に鋭意製作中です!
DSC00411.jpg
この3隻が今後製作予定のもので、
上から重巡羽黒ちゃん、
駆逐艦雷(電)ちゃん、
駆逐艦朝潮ちゃんです。
正直重巡はパーツが多くて大変そうだけど、
軽巡でこれはって思うものを見つけられなくて、
北上さんはパーツが多くて大変そうだし(汗;
 
[ 2013/09/08 19:30 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

ガストプレミアムライブ&アニソンコラボLIVE

 2-4を突破して取り敢えず「艦これ」は落ち着いてプレイできそう、
ここまでくるとレベル上げや資源確保も楽だしね。
金剛さんをGETして、
赤城さん以来の正規空母として加賀さんも来たし、
あとは残りの艦も集めたいなー、
翔鶴や瑞鶴さんも欲しいけど、
取り敢えず金剛姉妹は揃えたいところ。

<ガストプレミアムライブ>
 先日渋谷で行われたゲームメーカーガストの、
アトリエシリーズの楽曲メインのライブに行ってきました。
でも実はアトリエシリーズは全くやったことなくて、
参加しているアーティストも、
霜月はるかさんといとうかなこさんぐらいしか知らなくて、
正直3時間半というイベント時間も長すぎて、
しかもオールスタンディングだから少々きつかった。
ライブの中身としては作品の雰囲気にあった癒し系の楽曲が多くて、
やっぱり座って落ち着いて聴きたかったかなー。

<アニソンコラボLIVE>
 ガストライブの翌日にアキバで行われた
「原由実&結城アイラのアニソンコラボLIVE Vol.1」
実はこちらのほうが本命でした。
イベント時間が1時間50分と短かったものの、
かなり濃厚な内容でした。
楽曲的には参加者3人が各4曲、
さらにラスト1曲がはらみーとアイラさんのコラボで、
計13曲。
まずアイラさんの『true tears』ED曲「セカイノナミダ」からスタート、
初っ端から名曲きましたわー。
あとはガンダムの新曲とかアイマス系。
それからお次の彩音さんは『劇場版シュタインズゲート』のED曲、
そして紅い月という言葉から連想される曲ということで、
『11eyes』系楽曲から「Endless Tears…」、
どれもよかったわー。
はらみーが歌ったのは何か知らなかったけど、
流石の歌唱力と可愛さでもうなんでもいい、
アキバ的には一番盛り上がってたし。
そしてラストははらみーとアイラさんによる
『ティアーズ・トゥ・ティアラ』のED曲「Weeping alone」、
もう言うことなしです。
物販ではサイン色紙をGET出来たし
DSC00402.jpg
2回目があるなら是非また行きたいなー。
[ 2013/09/02 19:39 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ