まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2013年07月

Ceui東阪ツアー聖地巡礼~センティア祭~in東京

 いやー大興奮のライブでした。
ここ数年で注目度が鰻登りなceuiさんの単独ライブ、
しかも曲がこれまでのベスト盤的なセレクトということで、
名曲のオンパレードでテンションはアゲアゲ↑
ceuiさんのライブは4年前に参加してたものの、
複数アーティストだったし2曲だけだったから、
3時間ずーとceuiさんというのは堪らなく嬉しかった♪

 ceuiさんの曲で好きなのはいろいろありますが、
中でも聴きたかったのはオーガスト関連の楽曲。
「トラベリング・オーガスト」に参加できない分、
どうしても聴きたかった
「Asphodelus」(『穢翼のユースティア』)
「ストレイトシープ 」(『大図書館の羊飼い』)
を両方とも聴けたのは最高だった。
特に「Asphodelus」は重厚な世界観を想起させる曲だったから、
鳥肌立ってヤバかった。
 
 他だとメジャーデヴュー曲の
「微睡みの楽園」(『京四郎と永遠の空』)
や、
ceuiさんが凄い押してる
「奏愛カレンデュラ」(『八犬伝―東方八犬異聞― 第2期』)は、
アンコールと合わせて2回も歌ってたなー。
衝撃だったのは14分間の長さの「奏愛カレンデュラ」のカップリング
「花になった少年の神話」。
他の曲はみんな立ってノリノリで聴いてたけど、
これだけは流石に静かに座ってたわ―。

 あとテンションが上がったのは、
「mellow melody」(『sola』)

「Jewelry Time」(『恋と選挙とチョコレート』)
だね。
どちらも神曲過ぎてヤバかった。
個人的にceuiさんと言えば、
『ヴァルキリーコンプレックス』の主題歌なんだけど、
ED系の曲は神々しいというか、
癒される優しい感じがしていいなー。

 3時間という長丁場のライブ、
最期はツーショット写真も撮れて大満足でした。
また何かしらのイベントでお会いしたいなー。
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 04:50 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

テックジャイアン2013年9月号注目記事

 アニメもいいけどやっぱりエロゲ♪
とTGを読んでるといろいろなゲームをしたくなるし欲しくなる。
でもたくさんあり過ぎてどれをやるか迷ってしまう。
好みのヒロインが出てくるゲームをやりたいけど、
ヒロインだけで決めてしまうと地雷を踏む可能性が大。
かといって話の面白さやゲーム性で選ぼうとすれば、
好みのヒロインと出会えないかもしれない。
「好きになった人が好みのタイプだ」
という言葉の通り、
自分の好みはこうだと決めつけず、
多種多様なジャンルに手を出すときなのかもしれない。
正直やり過ぎてマンネリ化してる感がなきにしもあらず、
ここらで新しい世界を探しに行くのもいいかなー。

<新作スクープ記事>
『アストラエアの白き永遠』FAVORITE
…冬の雪国が舞台だからか、
 これまで以上にふわふわした感じがする。
 ビビビッとくるものがまだないな。
『あまたらすりドルスター』seal-QUALIA
…おっぱいはいいねー。
 でもおバカ要素が薄ければただのおっぱいエロゲーになる!
 そんな予感がするけどなー。
『ましかりっく⇔スカイハイ』Whirlpool
…ファンタジーものいいねー、あとおっぱい。
 魔法がどうシナリオに絡んでくるかが肝。
『新世黙示録 Death March』ザウス
…まさはる先生原画作品を心待ちにしていた身としては複雑な心境、
 なんせホラーは大の苦手で『バイオ』さえ無理。
 くぅーヒロインが可愛いだけに悔しいけどやっぱホラーは無理(泣;

<美少女ゲーム抱き枕カバーコレクション>
…どこのメーカーも抱き枕カバーを作り過ぎ(汗;
 絵柄的にリッカちゃんのが欲しいけど、
 抱き枕カバーを集めようっていう気には一切ならないなー。
 そろそろこういう布もの製品に変わる、
 新しいコレクターズアイテムが出てきてもいいと思う。

[ 2013/07/25 13:19 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

2013年上半期バナーキャンペン当選品

 この頃ビビビッとハマれるゲームを出来てないなー。
ゲーム選びの基準が
“好みのヒロインかどうか”
その1点に絞られてるからダメなのかもしれない。
ヒロインが可愛ければ内容がつまんなくても、
「仕方ないかー」
て諦めは付くものの、
満足はできなくて物足りない。
 そういう訳で最近やってるゲームはダメだから、
今は
「アニメ最高!!」
とアニメ三昧の日々です。
まだ全ては見てないものの、
これはいいなぁーと思う作品がいくつかあります。
純粋に女の子の可愛さを楽しむなら『きんモザ』、
それに+αしてギャグとノリの良さを楽しむなら『S×S』、
勢いだけなら『シンフォギアG』、
ガハラさんが好きなので『物語シリーズ』もいい。
他にも良さ気なアニメが多くて、
今期の大豊作っぷりには非常に満足してます、
暫くゲームよりアニメメインの日々が続きそう。

 そういうゲームからアニメにシフトするという話をした直後ですが、
今日のメインはどちらかというとゲームの話です。
先日バナーの入れ替えを行ったことに関連して、
今年の上半期で当選したバナーキャンペンの景品を紹介します。
 ここ数年での当選状況は、
年に一つか二つぐらい当たればいいほうで、
その分雑誌の懸賞の当選率が上がってるので、
釣り合いがとれてるかなーて感じです。
 でも今年は例年と比べたら、
当たっているほうかもしれません。

<かわしまりのさんサイン色紙/『ガンナイトガール』>
DSC08091.jpg
ガンナイトガール 応援バナー
 好きな作品で好きなキャラの声優さんのサインというのは、
かなり嬉しいです♪
実をいうとりのさんのサインを貰うのは初めてじゃないんですよね。
以前別名義でお仕事をされていた時にサインして頂いたので。
でもりのさん名義でのものは初めてなのでやっぱり嬉しいです。

<ジャスミン描き下ろし色紙/『百花繚乱エリクシル』>
DSC09967.jpg
AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26!
 エロゲーを始めた頃から瀬之本久史先生が好きだったので、
こういったものを頂けて感慨深いものがありました。
AXL作品は明るく楽しくノリが良くて、
なおかつドラマチックな恋愛ものばかりで、
好きな作品ばかりです。
一番好きなのは、
『エリクシル』と同じファンタジーテイストの『プリフロ』もいいけど、
『キミ声』でゆかり教育されたのはいい思い出。

 昨今エロゲー業界は低迷しているというから、
このバナーキャンペンのような企画で、
もっと作品の認知度を上げて、
少しでもお世話になってるメーカーさんに、
お返しができればいいですよね。
制作者とユーザーが一緒になって業界を盛り上げ、
お互いが幸せになれるのが一番です。
 まあユーザーとしては何はともあれゲームを買うのが一番でしょうから、
積みゲーの中に埋もれるきゃんでぃやAXLゲーを、
早くサルベージしないとな(汗;


[ 2013/07/22 19:03 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『ラブライブ』は2013年上半期でランクAのアニメだ!!

 夏アニメが始まって、
チェックする新作の多さに目が回りそう。
でもそうやって自分でいい作品を発掘するのもいいけど、
評価されたものを見るほうが安牌だし、
何より楽だ。
 そういう訳で今年は例年以上に旧作をよく見てる。
そんな中特によかったのは、
ネットでの評判がよくて話題だった、
『ガルパン』と『ラブライブ』だ。
 二つの作品に共通することは、
どっちも廃校の危機という逆境の中で、
その状況を脱するために大会目指して頑張るスポ根ものだってところと、
信頼され引っ張いくリーダーがいること、
そして可愛い女の子が一杯でるところだ!

 先日『ラブライブ』を見終わって、
すっごい楽しかったから、
印象に残った話数と共に紹介します、
そしてこれはあくまでアニメだけを見ての感想です。
<第3話「ファーストライブ」>
snapsnap2[1]
穂乃果の主人公力は最初から出ていたけど、
挫けず二人を引っ張って前進む姿が主人公だったわ、
かなり熱い話でよかった。

<第6話「センターは誰だ?」>
snapsnap[1]
そんなリーダーとしての牽引力をみんなが認めてるのがね、
また熱い!

<第8話「やりたいことは」>
snapsnap4[1]
手を差し出すという仕種が、
迷っている相手の背中を押す、
穂乃果のリーダー性を象徴するシーンだった。

<第11話「最高のライブ」>
snapsnap7[1]
ここぞという時にみんなを鼓舞するリーダー性を何度も見れた、
でもそうやって前を進んでいく穂乃果だって、
迷い戸惑うことはある。

<第13話「μ'sミュージックスタート!」>
snapsnap10[1]
幾多の経験を経てリーダーとしてまた一歩成長して、
再び前進むことを決意する穂乃果、
やっぱり主人公だなー。

 『ガルパン』のように逆境から大会に優勝する、
そういう展開がもっともよかったと思う。
ただμ's結成の話やキャラ描写を丁寧に描くなら、
1クールで足りなかったというのもしょうがない。
本当は最後まで熱い展開が最良だけど、
それは『俺妹』とかのように、
+3話とかないと難しいだろう。
だからこのまとめ方でよかったと納得してる。
 μ'のs結成と団結を深めてく過程、
そして穂乃果がアイドル活動する目標を見つめ直し、
学校を救うためでなく、
自分がやりたいからアイドルをしていく、
ラブライブを目指すと決意する。
みほじゃないけど自分だけのアイドル道というか、
これだけでも十分熱い展開だよ。
 2期があるからそれでじっくりラブライブの様子を描けばいいし、
原作の設定と辻褄の合わないところなんて、
ご都合主義でどうにかして、
面白おかしく楽しく可愛く熱くなればそれで良し!
話はそこそこよくてキャラが可愛い、
歌がいいしダンスシーンの作画もいい、
『ラブライブ』はどこもかしこも楽しめる良作だった。
[ 2013/07/16 21:55 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2013年夏アニメ初回感想その2

 アニメを見過ぎてゲームのやる気がしない(汗;
でも数十時間かかるゲームより、
24分の1話で小分けされたアニメのほうが、
取っつき易いのは当然なんだよね。
だから今日もゲームよりアニメ!
まあ新番組が始まる季節はこうなっちゃうって仕方ない。
という訳で夏アニメの感想その2です。

◎『きんいろモザイク』
…雰囲気が凄くいい癒し系。
 キャラクターがみんな可愛くて、
 ゆるふわな感じが気持ちいい。

○『サーバント×サービス』
…いいギャグとノリで面白かった。
 公務員ネタはあーあるねーて感じだったし、
 キャラそれぞれの個性が出てたのがよかった。
 ルーシーの跳ねっぷりが最高!

△『ガッチャマン クラウズ』
…主人公がおっぱいで残念な子っていうのは分かった。
 その残念さが可愛いいところだけど、
 テンションが普通じゃないから振り落とされそう。
 でもこれがオリジナルのタツノコクオリティかなーて気がする。

○『ブラッドラッド』
…やる気なさそうでも本気出すと強い主人公が格好よくて、
 ヒロインもおっぱい可愛いくていい。
 
○『Free!』
…アニメーションとしてのクオリティは相変わらず、
 ただやっぱり画面上が男ばかりなのが少々辛い。
 アニメとしては面白そうではあるけどね。 

 ここ数日で見たのは比較的安牌だった、
特に『きんモザ』は可愛い女の子たちを愛でられて、
眼福眼福な作品でした。
巨乳率も高くて非常にいい、
ルーシーも冬実も可愛くてGOOD!
他のアニメも楽しみだな。
[ 2013/07/14 10:59 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2013年夏アニメ初回感想

 暑い!
あつい、暑すぎるっ!!
 
 もうこれはヤバ過ぎるでしょ、
PCが熱でオーバーヒートしちゃうよ。
連日真夏日で気力が削がれる、
ここのところ舞台探訪も何も、
外出する気にさえならない。
 そんな引き籠もり状態の時に、
テンション上げさせてくれるのがアニメ!
アニメを見てる時は暑さを忘れ、
いくら汗をかいても気にならない。
夏の新作の中にそこまで熱くなれるものがあるのか?
まだまだチェックは始まったばかりだ。

◎『猫物語(白)』
…ガハラさんのおっぱいと泣き顔がインパクト大!
 そして相変わらずの会話劇でしゃべり通し。
 楽しめたけど前作から時間が大分空いてるから、
 少々分からないところがあったので要復習。

△『犬とハサミは使いよう』
…要は死んだ本好き野郎が犬に化けて、
 「俺の好きな小説の続きを書け」
 と作家さんに迫る話でしょう、
 今のところどう面白くなるのかさっぱり分からない。

○『ダンガンロンパ』
…キチガイなドラえもんVS少し前向きで正義感のあるシンジくん
 ってところかなー1話だけの印象だと。
 あとは学生が一人二人と死んでいって、
 謎解きものならそこそこ楽しめるかなー。
 女の子たちはみんな可愛くていいね、
 葵とかさやかとか。

△『ファンタジスタドール』
…急展開にありがちな流れ、
 カード系のドールバトルものってことですかね。
 1話なのに作画も微妙だし、
 でも案外これから面白くなるかも…。

☆『戦姫絶唱シンフォギアG』
…不安をブッ飛ばす期待以上の盛り上がる開幕だった。
 歌がいい、バトルシーンがいい、
 新キャラから既存のキャラまで良くて言うことなし。
 このまま突っ走って欲しいなー、
 それとクリスちゃんが超絶可愛い♪

 ふうーよかった、
『D×D』や『S×S』以外にもちゃんとおっぱいさんいたな、
これで今期も一安心だ。
そういう訳で、
今のところ『物語シリーズ』と『シンフォギア』は要チェックだ。
[ 2013/07/10 18:24 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』を見に行ってきました

 例年と比べて今年は上半期だけでかなりアニメ映画を見れたと思う。
『ベルセルク』から始まり『禁書』に『シュタゲ』、
『聖☆お兄さん』に『言の葉の庭』…。
あれっ? 
意外とそうでもなかったかな、
同じ映画を2回見に行ったりしてるからかな、
思いの外多くなかった。
これなら多分下半期のほうが多くなりそう、
『ジブリ』に『銀魂』に『あの花』、
『まどマギ』、『ギアス』に『らっきょ』、
そして今回見た『攻殻機動隊ARISE』のborder:2。
DSC00140.jpg

 わざわざ劇場まで見に行ったものの、
実はTVアニメ版のほうは一回も見たことがない。
唯一見たのは押井守監督の『イノセンス』だけ、
だから内容について分かっていることは、
電脳もので義手が義体がっていう近未来系作品、
ということぐらいしかない。
なので先入観なく見れたし、
声優が一新されたことや、
キャラデザの変更による違和感は全くなく、
寧ろ若々しくてよかったと思う。
 この劇場シリーズは原作の話より前のエピソードで、
攻殻機動隊創設について語られるとか。
まあ1話でもぼちぼちメンバーに出会っていて、
そこも気になるところではあるものの、
1話単体でいえば他にもある。
まずまだ未熟で感情を表に出す草薙素子が見られること、
そして一番の見どころはミステリーテイストがある、
冲方さんのシナリオでしょう。
個人的にはアクションシーンより、
事件の謎に迫っていく探偵パートのほうが面白くて、
電脳ものという設定をうまく使った話でよかった。

 従来のファンの人にはどう感じるか分からないけど、
1話はあくまで導入で大人しい話と考えれば、
2話以降はもっとアクションに期待できるんじゃないかな。
今回はなんか近接格闘戦が多目って印象だったから、
もっとガンアクションが増えてくれると嬉しいところ。
もちろん次も見に行きますよ♪
[ 2013/07/07 16:37 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

一番くじは恐ろしい

 世の中にはギャンブル性のあるものはたくさんある、
パチンコ、競馬、宝くじ、競艇、競輪など。
個人的にはそういう類いのものを好んでやろうとは思わない、
基本的に堅実に確実に生きたいと思っているので、
確率性の運任せのことはしたくない。
 
 例えばパチンコは何回もやって研究すれば、
勝てるようになるかもしれない。
でもそれには時間がかかり、
そこに辿り着けるとも限らない、
そのうち冷静になり続けられなくなるだろう。
 競馬はレースそのものは一瞬で終わるし、
馬のことをよく知れば勝てるようになるかもしれない。
でもそこへ行くまで様々な経験と、
勉強が必要であり、
やはり冷静になってしまうだろう。
 宝くじには関しては確率が低すぎて、
夢を買うという言葉がぴったりくるくらい遠いので、
やはり無理だ。

 こういった理由からギャンブル性のあるものはやらないのだが、
先日書店で初めて一番くじを引いてから、
ちょっと当てるのが楽しくなってきていて、
ハマりそうになってて困っている(汗;
 初めて引いたのが夏キセの一番くじで、
当たったのがC賞の優香
yuuka.gif
一番欲しかったのは紗季ちゃんだったけど、
もうなかったし、
二番目に好きなキャラだったからまあよかったんだよね。
 そして先日SAOの一番くじをやって、
最初に当てたのが
rizu.gif
リズでさ、
本当はアスナかリーファがよかったんだけど、
好きなキャラなのでまあいいかと。
でもどうしてもアスナが欲しいから、
さらに三回ほどやったら
asuna.gif
アスナを引き当ててさ、
ここまで欲しいの当てると楽しくなってきちゃって、
でもここからが怖い。
安い600円くじのほうをやってるうちはいいが、
いいのが欲しけりゃ800円くじもあるしさ、
これ以上ハマるのは正直怖い。
パチンコとかのようなギャンブルとは違い一発で決まるし、
宝くじほど確率が高くはない、
安い運試しだとは思う。
あくまで当たるかどうか、
くじとして楽しみたいから全てを大人買いするつもりはないものの、
この一番くじを通してフィギュア収集を始めるのが、
今は一番怖いところ。
 これまでは一度買いだしたら止まらないからと、
フィギュアにだけは手を出さないようにしていたが、
このままではコレクター魂に火が付きそうで、
もうゲームが買えなくなるかも(汗;
気になってるフィギュア一杯あるからなー。
 今後町で見かけても一番くじをやるかどうかは、
よくよく考えないとなー。
それかいっそのこと我慢していたフィギュア収集を始めてしまうか、
悩みどころです。
[ 2013/07/04 20:37 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ClariS Cafe&DININGへ行ってきました

 毎週楽しみにしていた『はたらく魔王さま』がついに最終回か、
1話から最後まで面白くてよかったなー。
でも1クールで8巻のうち2巻までしかやってないから、
今の人気を鑑みるに絶対2期あるな。
というかたった2巻分しか消化してなかったのか、
いや小説ならこのくらいが普通なんだよな、
分量的に。
 これと比べると昨今のアニメは雑なのが多い、
もっと原作を丁寧に扱うべきだよ、
重要なところを端折ったり飛ばしたりさ。
失敗しないアニメ化のためには、
全てをアニメ化しようとしないことじゃないかな。
人気なラノベの1巻とかを読むとさ、
一冊で起承転結の物語としてまとまっていて、
なおかつ物語の奥行を感じさせる伏線を張られてて、
完成度が非常に高いと思う。
その辺をどう料理するのか、
脚本とか構成の人とかを要チェックだな、
別にその人たちだけが決めてるんじゃないだろうけど。

 そして今日は『魔王さま』とは関係ないけど、
同じくテレビ放送分の最終回を迎えた『俺妹』関連で、
先日行ってきたClariS Cafe&DININGの話。
 最近こういうコラボカフェによく行ってしまうけど、
こういうカフェって値段が高いだけで正直どうかと思ってる。
でもグッスマの『魔王さま』カフェは中々でした、
オマケが多いしね♪
 まずはDININGから
DSC00004.jpg
DSC00009.jpg
DSC00006.jpg
DSC00012.jpg
今回はランチョンマットが2種類あったので、
絵柄の好み的にデザートをチョイス、
相変わらずここは空いてて落ち着く店だ。

続いてCafe
DSC00080_20130701200857.jpg
DSC00064.jpg
DSC00072.jpg
DSC00078_20130701200900.jpg
店内にはClariSの曲のPVとClariS本人のメッセージが流れていて、
いい感じにClariSworldに浸れてよかった。
でもいくら本人のメッセージが流れていても、
現役JCだとけJKだとかいうユニットが実在するなんて、
正直眉唾だと思ってる。
なんかクララちゃんもアリスちゃんも絵のイメージが強いせいか、
2次元の存在ではないかって気になるんだよね、
まあそこがまたいいんだけどさ。
 次のコラボカフェは、
『未来福音』とか『3D』の関係でテレビ放送される
『らっきょ』のだから、
これは行かなきゃダメでしょ。
なんだかんだでこういうコラボには釣られちゃうんだよね(汗;
[ 2013/07/01 21:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ