まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2013年06月

みとせのりこソロバンドLive「雨ニモ負ケズ、ど平日ニモ負ケズ」

 6/25に高円寺Highにて行われた
みとせのりこソロバンドLive「雨ニモ負ケズ、ど平日ニモ負ケズ」
に行ってきました。
DSC00085.jpg
DSC00082.jpg

 これまで様々なライブへ行ってきましたが、
そのどれとも違う、
何とも言えぬ癒しの空間でした。
 もうみとせさんの歌声はマイナスイオン全開で、
聴いてると凄いリラックスして、
ライブでこんなに眠くなったのは初めて。
曲はセットリスト
DSC00107.jpg
+アンコールが2曲で、
正直どれも知らない曲でしたが、
みとせさんヴォイスを生で聴けたってことで、
そんなの関係なく盛り上がれました。
 ライブ時間は予想以上に長くて、
てっきり2時間ぐらいと思いきや、
3時間近くもやってたんですよね、
しかも休みなく。
これもそれもバックバンドの方々が荒ぶっていたからで、
特にヴァイオリンの壺井さんとギターの太田さんが。
壺井さんの紹介の時は気付きませんでしたが、
太田さんの名前を聞いた時、
どっかで聞いたことある名前だなーて思ったら、
昨年のRitaさんと組んでライブをしていたオオフジツボのお二人で、
どこでどういう縁があるかわからないもんですね。
 アンコールラストの曲では
DSC00114.jpg
こんな歌詞カードが配られて、
みんなで一体となって歌ってました。
こういうライブっていいですよね、
ライブって歌を聴きに行く場所じゃなくて、
みんなで同じものを共有して楽しむ場所、
一緒になって盛り上がるところだと思うんですよね。
ただ曲を聴くだけならCDでもいい、
でもその場でないと得られないものがある、
だからわざわざ高い金を払ってこういう場所へ行くんだと、
そういうもんじゃないですかね。

 みとせさんは今年全国ツアーをするそうで、
7月も8月もライブをやるそうなんで、
また行ってみてもいいかなーて思ってます。
スポンサーサイト
[ 2013/06/28 16:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2013年夏の新アニメ

 春アニメがもう終わっちゃうんだなー、
今年はかなり豊作で、
いろいろ見ていたから寂しい限り。
でも終わりの先には始まりがある!
2013年の折り返し地点となる7月は、
新たな出会いの季節でもある。
 という訳で先日買ったアニメディアや、
各アニメのHPなどを見てチェックアニメの選定中。
今のところの予定だと絞ってこんな感じ。

<安牌の続編もの>
◎『<物語>シリーズセカンドシーズン 』
…スタッフ陣が最強すぎて何も怖くない、安定の『物語』シリーズ。
◯『神のみぞ知るセカイ 女神篇』
…実はまだ2期を見てないから急いで見ないと(汗;
 でも面白いはず、3期までくるアニメにハズレはない。
◯『たまゆら~もあぐれっしぶ~』
…竹原にまた行きたくなる♪
 みんな可愛いけど、麻音ちゃん派です。
△『戦姫絶唱シンフォギアG』
…正直二コ動だからネタアニメとして見れたのであって、
 当たるかどうかは1話次第というところ。
 ただ1期以上に実力派の声優さんを集めてるから、
 急にどんな歌を歌いだすのか楽しみにはしている。

<女の子一杯夢一杯♪>
◯『きんいろモザイク』
…ゆるそうなところがいいなー。
◯『恋愛ラボ』
…華やか-。
◯『ステラ女学院高等科C3部』
…女の子とミリタリーというだけでいい。

<よく分からない>
◯『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』
…ネタアニメっぽくて面白そう。
◯『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』
…可愛いイリヤたんが見れるなら後はどうでもいい。
△『サーバント×サービス』
…カリノ先生原作だから見てみるか。

他には『ミルキィ』とか『ロウきゅーぶ!』かな、
でもこのままだとおっぱい分不足なんだよね。
一応『サーバント×サービス』はメインおっぱいだけど、
カリノ先生原作だからなー。
『ガッチャマン』のメインがおっぱいさんだし、
声が内田真礼さんだから気になるものの、
作品として面白いのかなーうむむ。
まあおっぱい見たきゃ『ハイスクールD×D』があるじゃん!
て話ですが、
おっぱいおっぱいしてないアニメで、
ぼーんと出てくるのがいいのであって、
せっかくの夏だっていうのにね。
しょうがないからこの夏は、
小っちゃい子を愛でるほうで楽しもうかな。



[ 2013/06/22 22:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

最近の購入物

 もうすぐ夏の新番組が始まりますね。
どれを視聴するか決めるため、
雑誌を買って読んだり、
ニコ動の夏アニメ紹介を見て選定していますが、
春より圧倒的に選びにくくて困ります。
まあ取り敢えず1話を見てから判断というのも手ですから、
気になるアニメは全て見るのがベストかもしれません。
 でも20以上あるんですよね(汗;
知らないからこそ選びにくかったりして、
優先的に見るのは女の子たちが
「キャッキャウフフ」
してるような可愛いのがいいですね。

 アニメ選びの参考にしてる雑誌は、
改編期の四半期ごとに買っているのですが、
そのついでにいろいろな書籍を買い込みました。
DSC09981.jpg
基本的に漫画は買わない読まない派なので、
本屋に行っても雑誌だけというのがほとんど。
「えつ」は毎号買っています、
でも隔月のせいか今回は買い忘れてました。
アニメ雑誌は表紙で選んでまして、
今月はアニメディアが創刊記念号だったのでチョイス。
 そしていろいろ買った中でも注目は
『ジンカン~人の間はおもしろく生きる~木谷高明物語』
DSC09986.jpg
です。
この方は業界の名物社長で、
萌え文化の発展にも大きく貢献してると思う。
この人がいなかったらオタクになってなかったかもってくらいは、
影響を受けているかなー。
 漫画の内容としては恐らく2巻構成で、
1巻は山一証券をやめてブロッコリーを起業し、
ブシロードを作るまでの話。
これを読んでいると、
でじこの部屋で社長のことを知ってからの十数年間が思い起こされて、
社長にはそこに至るまでとその後にもいろいろなことがあったことを知れて、
さらに業界の歴史も感じられる面白い一冊でした。
 でもどーせならブロマイドはミルキィーよりでじこか、
ブロッコリーキャラの集合絵のほうが良かった気がする。
でじこほどブロッコリーにも、
オタク文化にも貢献してるマスコットキャラはいないと思うし。
当時でじこはゲーマーズというより、
アキバのマスコットで感じだったぐらい、
存在感が半端なかった。
 オタクになったキッカケはまた別のアニメだけど、
アニメショップがアニメイトだけで、
ゲーマーズやブロッコリーが存在していなかったら、
また違う道を歩んでたかもしれない。
平坦ではなく波のある人生、
成功して上ってる時、
失敗して落ちている時、
両方を経験してる話だからこそ面白い。
偉人伝としては一読の価値ありです。

[ 2013/06/19 18:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

はたらく魔王さま!カフェ!に行ってきました

 今期のアニメで一番面白いのは?
と聞かれれば、
『俺妹』が思いの外よくて気に入っているけど、
一番といわれたらやっぱり、
『はたらく魔王さま!』
かな。
 そのぐらいハマってるので当然アキバのグッスマカフェでやっている
「はたらく魔王さま!カフェ!」
にも行ってきました。
でも呪われてるんでしょうかね、
期間中にもう一度行ってチャレンジしたくなる結末が待ってました。

 グッスマカフェはK-BOOKが入ってるビルの上にありまして、
同時期に『ニャル子』と『ガルガン』のカフェをやってたので、
店内はかなり混沌としていました。
席は3種類あって、
座るところによってもらえるランチョンマットが変わるそうです。
 そしていよいよ注文、
頼んだのは1話で印象的だった
「カツドゥーン」
DSC09858.jpg
ドリンクはちーちゃん( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい
DSC09856.jpg
メニューが揃いました
DSC09852.jpg
味についてはまあ普通、
思ってたよりご飯が多目だったぐらいの印象。

 そして食後はお楽しみの缶バッチタイム!
メニューを頼むとコインで貰えるので、
それで店内にあるガチャでGETする訳ですが、
何が出るか分からないからドキドキです。
そして結果は…
DSC09994.jpg
よりによってこの二つ、
せめてメインキャラにしてくれよ(泣;

 次は何を食べようかな、
いろいろ注文して、
ちーちゃんをGETしたいなー。

※10話のちーちゃん可愛かった。
 
 
[ 2013/06/16 22:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

言の葉の庭 DININGへ行ってきました

キタァァ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

 という訳で雨が降ってたので新宿御苑に行ってきました。
目的はもちろん、
新海誠監督の最新作『言の葉の庭』の舞台探訪です。
まだブログは書いてませんでしたが、
先日映画を見て行きまして、
まあ感想はおいおい書きますが、
雨の日にわざわざ外出したくなるくらいはよかったです。

DSC09892.jpg
 勢い込んで出張ってきたものの、
現地に着くといろいろと問題が出てきました。
まず雨の中の撮影について対策を立ててなかったこと
DSC09937.jpg
結構降ってるし風もあって大変でした、
つい最近で水でコンデジが壊れたりしたので気を遣いました。
 そして考えるのはみんな同じということ、
雨の公園なんて普通人はいないものなのに、
DSC09933.jpg
この通りの人だかり、
しかもそれが途切れることなくひっきりなしに。
今日は平日だよ!
しかも昼間!
みんなニートなのかなーははは;
本当はここでユキノみたいに
DSC09927.jpg
夏目漱石の『行人』を読もうかと思ってたけど、
この人の多さじゃ落ち着かないわ。

 しゃーいかって気を取り直してufotable Diningへ
DSC09940.jpg
注文したのは映画を見て気になったオムライス
DSC09946.jpg
ミニトマトや細かいところまで再現してるのがいいね、
味はまあまあです。
ドリンクはRainとかいうの
DSC09948.jpg
爽やかな味わいで、
なるほど雨か…。
そしてランチョンとかタンブラーとかいろいろ揃って
DSC09951.jpg
静かで雰囲気が良くて内装はオシャレで、
中野のお店とは違った良さがありました。
映画を見た後に、
余韻に浸りながら食べるオムライスは最高だろうなー。



[ 2013/06/13 23:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

名古屋舞台探訪グルメの旅

 2013年も折り返しが近くなってきて、
今更気付いたのが、
今年はまだ注目のエロゲ声優さんを決めてなかったなーてこと。
いつもは1月か2月には目星を付けて選定してるところだけど、
その時期は忙しかったこともありそんな余裕がなかった。
それが原因かどうかはわからないけど、
最近はどの声優さんが出てるかでゲームを選んでなくて、
絵と内容で判断してるんだよね。
だからゲームをプレイしてから、
「おっこの声いいなー」
て気付くことが多くて、
徐々に脳内に気になる声ライブラリーが出来つつあります。
まあそれについては6月後半にでもまとめようかと思ってます。
ついでにこれまで活躍したエロゲ声優さんや、
それと比較で今活躍している人を調べると面白いかもなー、
メインをやっているかサブをやっているかとか、
夏野さんなんてメインばかりだろうなー。

 そして今日の本題はエロゲと少し関係ある話で、
先月名古屋へ舞台探訪した際に食べた名古屋グルメ紹介します。
本当は探訪記事と一緒にしたかったんですが、
まとめるのに時間がかかりそうなのでまた後日、
『恋騎士』他いろいろです。

<喫茶マウンテン>
DSC08807.jpg
名物の甘口抹茶小倉スパです。
名古屋に来たら一度は食べたかった一品、
この重さったら甘党でも大苦戦、
次はほかのメニューにチャレンジしたい。

<世界の山ちゃん>
DSC08875.jpg
お酒のお供としては最高のコショウたっぷりの手羽先、
ビールがうまい!

<明治村 浪漫亭>
DSC09038.jpg
普通にオムライス、
これぞオムライスだなーていうオムライス。

エロゲーに出てきた!
という訳でもなく本当にただの名古屋グルメの紹介です。
次は久々にエロゲーグルメでもやろうかな。
[ 2013/06/10 21:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『大図書館の羊飼い』の感想

 オーガスト作品としては、
4本目(エロアニメを除く)となるアニメ化タイトル
『大図書館の羊飼い』
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
最近攻略するソフトは2012年度以前の積みゲーがメインでしたが、
アニメ放送前にプレイしときたかったので攻略しました!
今日はその感想です。

<全体の感想>
 オーガスト作品は『プリホリ』の頃から好きでファンでしたが、
学園ものを最後まで攻略できたのはこれが初めてです。
『はにはに』も『けおりな』も『FA』も、
半端にしかできてないからな。
その点だけでも評価としては合格点、
名作とまではいえないけど、
学園の日常ものとしては上々な出来でした。
特に良かったところは声優さんと演出面、
Hは回数はこれまで通りに多かったし、
あとはシナリオがもうちょっとってところかな。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<シナリオ>
 この作品のあらすじを大雑把にいうと、
「学園を楽しくしたい」
という白崎つぐみに惹かれた面々が集まり、
一緒に学園を楽しくする活動をする話
 かな?
シナリオの大きな柱は図書部での活動、
重要なのはそこに筧京太郎がどう関わって、
どんな影響を受けたかってこと。
 正直ヒロインエピソードは長さはちょうどいいけど、
なんか物足りなさがあって、
でも図らずも羊飼いの話にはほろりときちゃったんだよね。
シナリオで一番よかったところっていったら、
筧京太郎に関わる部分!
テーマとしてメインの話はいい感じだった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<キャラ(ヒロイン)>
 サブを入れて8人のヒロインがいて、
一番気に入っているのが誰か言うと難しんだよね。
保奈美とかフィーナ、
シンシアに瑛里華などのように、
すぐにパッとは決めかねるんだよね。
それだけ各ヒロインが魅力的で、
作品を象徴するキャラならつぐみ、
でも玉藻も凪も千莉もサブの面々もいいしな、
話的には会長が好きかも。
水結も可愛かったからな、
メインに負けない魅力があった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<声優>
 なんといって本作の第一の良さはここ!
まずはつぐみの中の人、
ずーと聞いていたくなる声で、
鼻歌のところが可愛かったなー。
玉藻の中の人もいいな、
凛々しいところと女の子らしいところがあって。
水結の中の人は男前だったな、
可愛いくて可愛くて。
佳奈の中の人はいいテンションで、
いろいろうまいなーて感じだった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<演出>
 この部分がアニメでどうなるんだろうなーて心配になる、
だってここがこの作品を魅力的にしてる最大のポイント!
だから。
CGを使わずうまい具合に立ち絵をいかしていたり、
細かなキャラ描写でコミカルさが出ていて楽しかった。
アップで迫ったり光を当ててみたり、
丁寧な演出がよかった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<その他>
 いろいろいいところはあったけど、
ちょっとこれはっと気になったところが2点。
 一つ目は共通ルートの長さや複数エンドのせいで、
ヒロインシナリオが薄まった感があるんだよね。
共通のなかでもヒロインの良さは見れるけど、
単独ルートでそのヒロインだけを見たいって気持ちもある。
一波乱ぐらいが長さとしてはちょうどいいものの、
二波乱ぐらいあってもよかった気はする。
 二つ目はHシーン、
回数は問題なくてエロさもあるけど、
もっと丁寧な描写をしてくれたほうが好みだな。
それとHシーンの挿入のされ方に違和感がある、
まるでコンシュマーゲーのように、
あとから追加されたかのような不自然さがあって、
あってもなくてもいいような入れ方のHが何度も。
回数があるのは嬉しいけど、
もう少し必要性を感じさせるような話の流れで、
しかるべきところにあればなおよかった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
 
 総合的な評価としてはいいキャラゲー、
キャラの良さがあってこそ紡がれていく物語がある。
どのキャラも胸の内に何かを抱えていて、
それを人と人との繋がり、
交流を通して先に進んでいく、
そして一番のいいキャラは筧京太郎くんだったということで。
 無事コンプできたので後はアニメ放送を待つだけ、
一つのメーカー作品でこれだけアニメ化してるってかなり凄いよね、
あとはいいスタッフに恵まれてくれればいうことなし!
「所詮はエロゲー原作かー」
て言われないような名作になって欲しい。
[ 2013/06/07 23:07 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

たまこまーけっとの舞台探訪 in 出町桝形商店街

 『はたらく魔王さま』でヒロインを選ぶなら、
やっぱりちーちゃんしかいないな。
勇者とは今のままなんでも言い合えるライバルでいて欲しいし、
鈴乃はまだフラグというほどのものはたってないし。
でも関係的には無理なんだろうなーて距離間あるよね、
魔王と普通の人間とかいう以前に、
先輩後輩関係で可愛い妹分って感じだし、
魔王的には恋愛対象には見れないだろうから。
 いやでもそういう壁をブチ破って恋に落ちる、
そこに燃えるんだよねー♪
相手が王女さまだったり、
天使だったり、
なんか手の届かない存在との恋っていいなー、
凄い好きなシチュエーション。
 この頃ゲーム攻略が進んでいて、
やっと『創刻のアテリアル』に手を付けて、
天使ちゃんを攻略出来たのは嬉しかったからなー。
これまで天使を仲間に出来ることはあっても、
天使の個別ルートというのはなかったし、
エウシュリー作品の天使がいいんだよねー、
高潔で凛々しく格好よくて、
デレた時とのギャップがまた可愛くて。

 まあ今日の話はそんなゲームの話とは関係なく、
京都での『たまこま』の舞台探訪の話です。
かといってキッチリ写真を撮ってきた訳でもなく、
ただ商店街の雰囲気を楽しみにいっただけなので、
どこが何かも確認せずに適当にパシャパシャしただけです。

DSC09193.jpg
DSC09197.jpg
DSC09201.jpg
DSC09205.jpg
DSC09400.jpg

本当に適当です。

<出町グルメ>
DSC09386.jpgDSC09385.jpg
お土産にちょうどいい阿闇梨餅のお店、
こういう和菓子に使われる餅の食感が好きです。

DSC09393.jpg
DSC09392.jpg
DSC09403.jpg
上が肉の忠よしの35円のコロッケ、
下が清水屋さんの50円のコロッケです。
どちらもその場で揚げ直してくれるので、
あつあつでヤバいです。

DSC09398.jpg
DSC09397.jpgDSC09395.jpg
作中で出てきた豆大福のモデルは出町ふたばさんでしたが、
この日は休みだったので、
商店街内にあるおた福屋の豆大福とかしわ餅を頂きました。

<出町グッズ>
ミドリちゃんのおじいさんのお店のモデルのイカワトーイさん、
店頭にはデラちゃんがいます。
DSC09399.jpg
そしてこのお店の店主のお姉さんは凄い話好きで、
マシンガントークに押されていると気付けばけん玉をGetしてます。
DSC09814.jpg

 かなり適当なレポでした、
アニメの探訪をガチでやろうとするとカット数が多すぎて大変、
少し大雑把なぐらいがちょうどいい。

[ 2013/06/01 20:21 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ