まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近見たアニメ

 はぁー4月病かな、
そして来月は5月病。
月の初めの頃は今年度は頑張ろーて息巻いてはいたけど、
半ばを過ぎた辺りからダレ始めて、
今じゃネットをぼけーと見てばかり。
これじゃーいくら時間があっても、
積みゲーがなくならないじゃないか!
 という訳で最近ゲームの進みが悪いのです。
4月の前半はシナリオが良作なのに当たってサクサク進んでたのに、
後半に入ってやったのが微妙で、
ノリノリとはいかず、
つい違うことをしてしまう。
ヒロインは可愛いから最後までいきたいけど、
他のゲームに浮気しちゃうかもなー。

 そんな感じにゲームが微妙なので、
ここ2週間で一気に積みアニメの消化が進んで、
どれも感想を書きたくなるぐらいには面白かった。

ガールズ&パンツァー
…放送終わって大分経つので今更感はありますが、
 みんなが面白いっていうのも納得の出来でした。
 戦車の描写が格好良くてメチャクチャ欲しくなった、
 昔から戦車には憧れがあって、
 乗りたくて陸自の試験を受けたことがあるくらいには。
 こういう戦車アニメで思い出すのが『戦場のヴァルキュリア』、
 劣勢な状況を戦車と戦術を駆使して覆していくところが面白くて、
 後半のもう戦術関係ない異能バトルになったのが残念だけど、
 『ガルパン』に通じるものがあるなー。
 まだ大洗のほうではいろいろやっているみたいだから、
 GW中には探訪してきます!
 好きなキャラは沙織も好きだけど、
 主人公のみほがお気に入り♪

たまこまーけっと
…たまこも可愛いけどキャラ的にはみどりちゃんで、
 でもあんこは別格の良さがあったなー、
 いつまでも愛でていたい。
 そんな感じでこの作品を語るならキャラ描写の丁寧さが一番、
 京アニの作品はいつもそうだけど、
 今回は日常系のオリジナル作品ということで、
 特に強調されていた感があったかな。
 要は女の子の可愛さをお楽しみ頂くアニメだったということで、
 ネットでの評判がイマイチなのは、
 これまでのようなサブカル的ヒット要素がなかったからじゃないかなー。
 キャラの可愛さを見せるという点では益々良くなってると思う、
 特にあんこのユズキくん絡みの話はヤバかった、
 あんなに可愛いJSならいいかも♪
 まーあくまで健全な妹とかに欲しい的な意味ですが、
 人物描写は確かなもので、
 このアニメを見たら絶対行きたくなるなーて商店街でした。
 という訳で今度京都の出町桝形商店街へ行ってきます!
 作品の舞台へ行きたくなったという点で、
 地域の活性化には一役買ったアニメになるんじゃないかなー。

 他にも『ひだまりスケッチ×ハニカム』と『ささみさん』も見たけど、
この二つは特に言うことないかなー、
いつも通りのシャフトアニメ乙って感じでよかったし、
『ひだまり』に至っては4期目となれば、
もう安定感が半端ないから乃莉ちゃん可愛いってところで。
 それにしても82か、
結構みほってスタイルいいよなー、
さおりんもいいし、
たまこはまだまだだけどみどりちゃんはちょうどいいかなー。
今期だとみさきと維緒ちゃん、
アクションものは程よく揺れるのがいいよねー、
揺れすぎるのは露骨でどうかと思うけどさ。


スポンサーサイト
[ 2013/04/26 22:41 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

インターネットはちょっと不自由なぐらいがちょうどいい

 美琴はビリビリカッコ可愛いなー、
今回の『シスターズ編』はシリアスだっていう話だから心配もあるけど、
そのずば抜けた正義感でそんな空気をブチ破って欲しい。
あと注目すべきは新キャラの巨乳ちゃん、
これまでの常盤台といえば婚后さんだったけど、
みさきちゃんのパイスラは規格外だわー、
ぬふふ、楽しみが増えました。

 おっぱい繋がりということで、
本日は好きなエロ漫画家を紹介します。
『ひだまりスケッチ』で乃莉ちゃんが、
勉強に集中できずネットサーフィンしていたっていう話がありましたが、
私もよくやることがあるのに集中できず、
ネットばかりしています。
そういう時はいつも同人誌漁りをしていまして、
同人誌からいいエロ漫画家さんが見つかることが多々あるので。
ただ今回紹介するのは、
とらのあなの売り上げランキングの上位の作家さんばかりです。

<たかやki先生>萌え度☆☆☆

なんといってもキャラ絵が可愛くて一番好み、
そしてライト内容と絵だけどエロい。
エロ漫画では『恋糸記念日』がアニメ化までしていて、
一般誌ではやっぱりエロい『ひょうい☆ドン!』と、
ただただ女の子の可愛さをお楽しめる
『ユカとマリと委員長』が連載中。

<Hamao先生>萌えエロ度☆☆☆

最高にエロ可愛くて一番のお気に入り。
ヒロインが魅力的。

<Hisasi先生>エロかわ度☆☆☆

表情がエロい。
エロ漫画としてのクオリティはかなりのもの。

<鬼月あるちゅ先生>エロエロ度☆☆☆

初めて買ったエロ漫画、
モンハンの同人誌が堪んなく良いんだよなー、
今のクオリティでまた書いて欲しいな。


<らんち先生>ヒロイン度☆☆

話のテンポというかヒロインの見せ方がいい。

<キチロク先生>肉度☆☆
 まだ単行本はだされていませんが、
女の子が肉感的で好きです。

 どの作家さんも個性があっておススメです。
エロ漫画って短いからこそ話のもっていき方に個性が出ていて、
それがまた可愛さやエロさとかに繋がるんだよね。
あとエロ漫画とは関係ありませんが、
森圭治先生の『こまらぶ』 はいつ連載が再開するのかな?
単行本が出るのをずーと待ってるのに、
忘れた頃に調べても全然出る気配ないし。
まあメインのお仕事が忙しいんでしょうから、
気長に待つしかないですけどね。
[ 2013/04/22 17:05 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

『黙って私のムコになれ!』の舞台探訪 in 旧前田侯爵邸

 『はたらく魔王さま』はいいね、
話の展開がさっぱりだけど期待通り面白そう。
これからの流れを予想すると、
タイトルの“はたらく”てところが深い意味を持つのかな?
そうなると魔王が働いていることが重要になってくる訳で、
でも魔王が働くことで何が起きるのか全く分からない、
他の魔王ものみたく経済の話って訳でもないよね?
まあ先が分かんないからこそ期待できるんだけどさ、
オチが読めてしまうような作品を面白くするのは難しいよ。

 こういうラノベってタイトルから内容が想像しやすくていいよね、
どういう話か頭に浮かぶから。
エロゲも同じで、
分かりやすいタイトルのやつとそうじゃないのがあって、
今日紹介する舞台探訪した作品
『黙って私のムコになれ!』は前者のほう、
タイトルのまんまの話で、
「ムコになれー」て迫られる話です。

 この作品は背景のモデルにバラつきがありまして、
その中で今回はメインヒロインの玲央奈な会長を務める、
星人会の建物のモデルの旧前田侯爵邸に行ってきました。

まず井の頭線の駒場東大駅で降ります
DSC07902.jpg
写真は東口ですが西口の東大側からが近いです、
最寄駅は他にも小田急の東北沢駅があります。

東大側から出て歩くこと数分で駒場公園南門に到着
DSC07922.jpg
公園内を少し歩くと
DSC07936.jpg
こんなに桜の綺麗な広場に出て、
右手を見ると
DSC07927.jpg
美しい桜に彩られた前田侯爵邸の洋館の姿が見えます。
ただ撮影ポイントは正面玄関なので、
表のほうへ回り込んで
DSC07937.jpg
今回の目的地に着きました、
実際の撮影ポイントはこの反対側になります。
この屋敷は他の作品でもよく出てくるし、
中の撮影も出来るのでおススメの場所です。

<旧前田侯爵邸グルメ>
 特に何か特別なものが出る訳ではありませんが、
屋敷内の一部がカフェとなっているので、
そこでコーヒーを頂けば貴族気分を味わえるかも?
DSC07996.jpg
コーヒーの他にヨーロッパっぽい外国お菓子が付いてきます、
右のパンは来る途中のパン屋で買ってきたものなので、
甘さ控えめでコーヒーの苦みとよく合っておいしかったです。
 
[ 2013/04/21 07:16 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

春の新作アニメをチェック開始!

かにかにかにかに かにかにかにかに ふーらいあうぇー♪

 この春の覇権アニメってなんでしょうね?
ニコ動での盛り上がりの感触を見る限り、
ニャル子』か『進撃』かなー?
個人的には『ニャル子』のほうが好き、
理由は変更した作画が思いの外よかったから、
あとはパロネタをもう少し頑張ってくれたら文句なし。

 『進撃』は見るならミサカを愛でて我慢だな、
これからどう面白くなるのかなーて、
今のところさっぱりさっぱり。

 『惡の華』も一応見たものの、
これは求めているアニメではないかな、
可愛い女の子が鑑賞できないとダメ!

 『むろみさん』が案外面白かったから、
ニコ動でなら継続して楽しめそう、
ゆかりんの方言が可愛くてもっと聴きたい♪
 
 とここまでいろいろ見てきて、
覇権アニメがどれかなんてまだ分かんないけど、
一番期待しているのは『あいうら』です。
もちろんネットで1話の評判が微妙なのは知ってるし、
OPやEDの歌は確かにひどかったけど、
声優さんが新人で下手なのは最初から分かってたし、
これはこれでいい味が出ていい。
重要なのはそこじゃなくて、
1話の1分少々の本編だけでも引き付ける、
期待通りの作画の良さ!
そこがもっとも大事なところでしょ!
声優さんの演技の拙さを補って余りあるいい作画っぷりで、
歩子が可愛くって堪んなかったわ―。
まあぶっちゃけ日常系作品なら感情表現豊かじゃなくてもOK、
むしろ新人の初々しさ全開で無問題ですよ、
優しく穏やかな心で今後の成長を見守りましょう。

 
[ 2013/04/14 21:56 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2013年5月発売の注目のエロゲー

 昨日までバンダイチャンネルで、
ガンダムシリーズの無料配信をしていたんですが、
そのお陰で前々から見たいと思っていた『ガンダムUC』を、
1話から5話まで見ることができました。
やっぱり『ガンダム』は宇宙世紀が面白いな、
続き物っていうのが歴史を感じさせていいし、
前作の登場人物がどうなったかを知られるのは嬉しい。
『UC』だとすっかり指揮官として成熟したブライトさんとかね、
昔と比べると落ち着き過ぎているぐらい、
まあ経験値が半端ないから当然といえば当然かな。

 そうやってアニメを見つつもゲームをプレイ、
早く攻略しないと積みゲーが増える一方だから(汗;
そして今月の積みゲータワーに加わる作品候補は、
ついにエロゲーに昇格した『DCⅢ』!
が加わる予定だったけども、
延期したから5月の楽しみにとっておきます。
でも他にも一杯あるので、
ギリギリまで粘って予約ゲーを決めているところです。

<大本命>
『LOVELY×CATION 2』hibiki works
…やっぱり名前を呼んでくれるのがいいなー、
 ヒロイン可愛いしたくさんラブラブイチャイチャしたい。
<設定的に注目>
『ひとつ飛ばし恋愛』ASaProject
…最初の距離感からどう変わっていくのか気になる、
 個人的には姉の友達という設定が一番リアルで出会いがありそう。
『逃避行GAME』Ex-iT
…逃避行という言葉からロマンの香りがする。
<舞台探訪的に注目>
『少女神域∽少女天獄 -THE GARDEN OF FIFTH ZOA-』Lass
…設定や世界観へのこだわりが見えるので、
 きっと選ばれている背景のモデルにも意味があるはず。
<中二病的に注目>
『幻創のイデア~ORATORIO PHANTASM HISTORIA~』3rdEyes
…昔からここの中二ゲーは気になっているものの未だ手が出せてないから、
 そろそろ一本や二本やっておきたいところ。
<注目メーカー作品>
『魔導巧殻 ~闇の月女神は導国で詠う~』エウシュリー
…やり込み度が高くて時間ドロボーなところが困る。
『百花繚乱エリクシル』AXL
…今回はみんないいおっぱいだし久々のファンタジー、
 これでAXL作品のノリの良さがあればかなり期待できる。

 どれも良さそうで判断に迷う、
あとはどこを判断基準に選ぶかっていうところ。
「ヒロインとのイチャラブか」
「シナリオ重視か」
「ゲームとしての面白さか」など、
全てが揃っているのが一番なんだけどなー。
[ 2013/04/10 15:53 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『LOVELY×CATION2 』の舞台探訪 in 高崎

 先日深夜に放送していたフジテレビのボカロ特番
『ボーカロイド歌謡祭2013(春)』
を見ました。
番組のもろもろのクオリティーは置いといて、
今までネットで楽しんでいたものを、
テレビで見るっていうのはなんか新鮮でしたね。
よっぴーの司会っぷりだけは流石でした。
これでもう少し映像のクオリティが高ければ、
“プロの犯行”とみんなも納得できたのかもしれない。
問題はたくさんありますがいい復習にはなりました、
GUMI可愛い♪

 それで今日の話はボカロとは全く関係のない、
『LOVELY×CATION2』舞台探訪についてです。
ゲームの探訪って、
中々町全体がモデルといえる作品を見つけられないもので、
背景1枚単品で終わっちゃうことが多いのですが、
今回も現状これしか分かっていません。
seiti372.jpg
これは高崎駅西口をバスロータリー外から撮って反転したもので、
細部の合致点からここで合ってるんじゃないかと。

<細部>
DSC08120.jpg
ロータリーの中
DSC08122.jpg
右奥の階段
DSC08123.jpg
右側のビル
DSC08124.jpg
右奥のビル
DSC08118.jpg
右奥から手前へのロータリーの曲がり具合
DSC08125.jpg
正面の駅舎

とか、
駅だけで他の背景もあるのかは不明、
群馬に海はないからなー。

<高崎グルメ>
滞在時間が早朝の30分しかなかったので、
駅のホームにあるたかべんにしか寄る時間がありませんでした。
DSC08128.jpg
こちらがたかべんの定番メニューラーメンです、
朝からでもするする入るさっぱりしたお味です。
 
<ゲームについて>
 『ラブリケ2』についてはかなり楽しみにしています、
なんせ数百本エロゲをやってきて初めて名前を呼んでもらいましたから♪
名前で呼んでもらえるって最高だなー、
これは絶対ハマりそう。

[ 2013/04/07 19:58 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『少女神域∞少女天獄』の舞台探訪 in 鹿島神宮

 今年は忙しくて全然ゲームができていませんでしたが、
4月になってやっと2013年1本目のゲーム
『夏空のペルセウス』
をプレイしてフルコンプできました。
長く感想を書く気はないので一言だけ
「ドラマ性のあるエロ漫画のようでよかった」
です。
この技術力で作られるminoriの次回作に期待しています。

 さて今日の本題は先日行ってきた、
『少女神域∞少女天獄』の舞台探訪についてです。
この作品の舞台のモデルについては、
初報で“鎌倉”だと匂わせていたので、
背景絵が公開された時、
すぐに鎌倉だと判断できるところには行ってきました。
でもどうもそれだけじゃないぞってことで、
茨城県の鹿島まで遠征してきました。

まず東京駅から鹿島行きの高速バス「かしま号」に乗り
DSC07722.jpg
2時間ほどで
DSC07725.jpg
鹿島神宮前のバス停に到着。
ここから歩くこと数分で
DSC07796.jpg
鹿島神宮に到着です。
そして本日の目的地はこのまま表参道を進んで門の近くまで行ったところです
DSC07733.jpg
時季がよかったので桜と一緒に撮れて得した気分♪

 これだけで帰るのは勿体ないのでついでに境内を散策。
撮影ポイントから真っ直ぐ進み
DSC07745.jpg
朱色が鮮やかな楼門、
祭神が武甕槌大神なこともあり中には
DSC07787.jpg
こんなものが。
門を潜ってすぐ見えてくるのが
DSC07747.jpg
拝殿、
そのまま奥参道へ入っていくと
DSC07754.jpg
“鹿”島なだけにシカがいました、
こっち見んな(笑)。
シカの前を通り過ぎると
DSC07755.jpg
奥宮、
そのまた奥に
DSC07776.jpg
DSC07775.jpg
小さくて分かりにくいですが要石です。
どうやら大部分は地中に埋まってるようで、
本当はとても巨大なんだとか。

<鹿島グルメ>
 鹿島神宮を歩き回って疲れたなら、
DSC07757.jpg
みたらし亭で一休み。
ここは
DSC07768.jpg
DSC07763.jpg
店脇で焼かれているお団子が名物で、
DSC07767.jpg
いくつかある中でみたらし団子をたべました、
食べ応えのあるもちもちっとしたお団子でした。

駅への帰り道に寄りたくなるのがここ
DSC07801.jpg
かしま甘太郎、
ここの名物が大判焼きで
DSC07812.jpgDSC07815.jpg
あんことクリームを頂きました、
皮が軟らかくおいしかったです。

もうすぐ駅というところでお土産を買うならここ
DSC07804.jpg
丸三老舗です。
いろいろな和菓子が売っていて、
80円の安いものから一個数百円もする高いものまであって、
かりんとうまんじゅう目当てで来たのに慌てて買ったために、
DSC07821.jpg
間違って利休という普通のおまんじゅうを。
これはこれでおいしいけどなんか物足りないということで
DSC07823.jpgDSC07826.jpg
カボチャバターどら焼きをGet&Eat!
バターの塩っけとカボチャの甘さが合ってGood!
次来る機会があったら今度こそかりんとうまんじゅうを食べたいな。
[ 2013/04/04 15:15 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

3/29 川田まみさんライブ BIRTH LIVE-ONE NIGHT POWERBOMB!-に参加しました

 マヨラー!!! 

 いやー大いに叫んで跳ねて腕振りました、
楽しかったー。
という訳で先日行われた川田まみさんのライブに参加してきました。
でもメインの話に入るその前に、
このことには触れておかなきゃならんでしょ。

 本日は4月1日、
つまりエイプリルフールな訳で、
今年も大いに手の込んだネタを楽しませて貰いました(笑)。
 手が込んでたのは
ムービーを作ったきゃんでぃそふとや、
ゲームを丸々作ったみなとそふと、
ねこねこは108人分の妹ネタで地味に大変そうでした。
そうしていろいろあった中で一番気になったのはAlcot、
『CloverHeart's2』って前もどっかで出るよって話を聞いた気がして、
「FD? もう本編発売されてたっけ」
て一瞬騙されてしまったじゃないか、
まあ希望が交じってたんでしょうけどね、
その出るよって話が去年のエイプリルフールネタっていうのがまた…。

 さて少々脱線しましたが、
ここからが今日の本題、
3月29日に行われた、
川田まみさんのBIRTHdayライブについてです。
昨年の電撃祭で初めて生歌を聴いて、
今年のリスアニで2度目、
そして今回で3度目です。
ただこのライブはそれまでの2回とは大きく違います!
それは川田さんの歌を聴くために、
川田さんの歌だけを思う存分聴くための参加だってことですよ。

<ライブセットリスト>
DSC08083.jpg
 ライブの構成はイベントタイトル通り、
2月に発売されたベストアルバム『BIRTH』の曲中心で、
それに+αで何曲か組み込んだものでした。
川田さんらしく熱い曲ばかりで、
もうヒートし過ぎて汗だくだく(汗;

間に名曲「radiance」を挟みつつの『インディックス』OP3連発、
前日に映画を見ていてテンションが上がった『劇場版インディックス』の後に、
「JOINT」を含む『シャナ』OP3連発、
さらに続けて「マヨラー」ときたらね、
楽しくって楽しくってしょうがなくなっちゃいますよ。
そしてアニメの歌だけでなく、
エロゲの名曲もしっかり入れていて、

「IMMORAL」(『IMMORAL』OP)
      と
「eclipse」(『燐月-リンゲツ-』OP)

の2曲を聴けたのはよかったー、
静かに感動しました。
 初めて川田さんの曲を聴いたのが『シャナ』だったから、
I'veはエロゲならKOTOKOさん、
アニソンなら川田まみさんというイメージがずっとあって、
だから偶にエロゲで川田さんの名前を見かけると、
珍しいなーて思ってたけど、
デヴューはCROWDの『miss you』って作品の主題歌で、
エロゲだったんですね。
ただ今回両方を聴けて思ったのは、
アニメの曲はバトルものが多いからか熱くて格好よくて、
反対にエロゲの曲は作品の雰囲気の影響か、
しっとりと優しいのや暗い感じのやつで上げ上げな曲ではなくて、
これまでのイメージ的にはアニソンがいいけど、
エロゲのほうも悪くないなと、
これはこれで「川田まみだぁー!」ていうのが伝わってきて、
美味しいとこどりが出来たいいライブ構成でした。

 ライブの合間にサプライズ企画として、
川田さんを中心とするバンドメンバーで、
『けいおん!』の「Don't say lazy」を聴けたのも、
イベントならではの良さでした。

 アンコールラストは『ハヤテ』の「Get my way!」、
最後まで上げ上げな曲構成で、
まだまだイケるぜーて気分のまま、
気持ちよくフイニッシュ!!
を決められる爽快なライブでした。


[ 2013/04/01 20:06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ