まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2012年10月

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ 前篇・後編』を見に行ってきました

 先週末前編・後編を一辺に見に行ってきました、
もちろん来場特典はありませんでした。
いやー初日でなくなるとか早すぎですよ、
余程数を用意してなかったのか、
別に映画が見れればいいんですけどね。

 さて『まどマギ』です、
TVシリーズ放送時は録画はしていたものの当初はスルーしていましたが、
ニコ動にあまりにもMADが上がっていたので、
MADを楽しむために見たのがキッカケです。
DSC06746.jpg
DSC06749.jpg
それで1年と何ヶ月か振りに映画として見たわけですが、
あぁーこんなアニメだったけなーて感じです。
TVより絶望感は増してるような気がしましたね、
マミさんがマミるまでの魔法少女ものって感じのドキドキと、
マミった後の緊迫感や焦燥感からくるドキドキと、
前編終了時の「あぁーあ」っていう後味の悪さ、
前編はアップダウンがあって、
後編は最終目標で向かって進んでいく感じで落ち着いてたかな。
たださ、
TVシリーズの展開を知って見ていると、
あぁーこの一つ一つがフラグなんだーて改めて気づいて、
特に最初のほうからのほむらの空回りっぷりというか、
マミさんとのやり取りとか、
その後のことが分かっているだけになんともね。
TVの時は何も知らないからまどか目線だけど、
結末を知った今はほむら目線で見るから、
そういう見方の変化がまた面白かったかな。
新規のカットとかもあったそうだけど、
正直違和感なかったので見比べないと分かんないな、
まどかの私服とかどこで出てきたっけ?

 後編まで見終わるとよくこんなオチで納得したようなーて、
何がなんだか解決したのかなーて感じで。
魔法少女の成長じゃなくて、
成長して魔法少女になるっていうのは新鮮だけど、
次回作は変化球でなく直球で作るみたいだから、
なんかほむらが主人公みたい。
どんな予告かは是非劇場で見て欲しいですね、
本当に直球の話で、
しかもそこでもまだ物語は完結しないそうで、
彼女たちにとっての平穏っていつ訪れるのかなー、
おとぎ話は終わらないってことですか?
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 09:43 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『恋夏~れんげ~』の舞台探訪 in 前橋

 ここのところ溜まってたデータの整理ということで、
少しずつこの夏に行って来た舞台探訪の更新をしているんですが、
今日のは久々にやること多くて面倒だったなー。
なんせ群馬の探訪は初というか、
群馬に行ったのが恐らく生まれて初めてなので、
新規でいろいろ作らなくちゃならなくて。
という訳で今回はCircusの『恋夏~れんげ~』の舞台の話です。

<群馬県前橋市>(詳しい舞台探訪はHPで)
 『恋夏~れんげ~』はCircus作品ということで発売された時から知ってて、
当時はフェティッシュ作品をいろいろ出してたなー。
この作品の舞台については前からニコ動の動画で見て分かってたものの、
群馬は関東の奥地で気軽に行くにちょっと遠いので、
ちょっと行きづらかったんだよね。
まあでも新天地開拓ということで前橋へ。
 一つ目のポイントは駅前、
ここは事前の調査で変わっていることが分かっていたものの、
せめてイトーヨーカドーがまだ入ってればーなーと、
寂しい思いでビルを見上げる。
それから駅のレンタサイクル(200円)で前橋市内をグルっと回る。
まず北を目指し弁天橋商店街へ、
平日の昼間なのに人がほとんどいなくて、
中央通り商店街も含めて、
ほとんどシャッター街だったのがなんとも言えない。
DSC04213.jpgDSC04218.jpg
DSC04215.jpg
そこから利根川のほうへ行き、
DSC04241.jpg
県庁の前を通り利根川沿いを南下
DSC04269.jpg
そして群馬大橋へ
DSC04278.jpg
そのままサイクリングロードを南下
DSC04281.jpg
DSC04282.jpg
確かこんなカットが劇場版の『まどマギ』であったはず
DSC04283.jpg
ここまで来たら後は駅のへ戻るだけ。

<前橋グルメ>
 走り回って疲れたら甘いものを補給!
DSC04203.jpgDSC04204.jpg
これこそ群馬の名物の焼きまんじゅう!
一串二串という売られ方をしていたので、
普通の団子みたいなサイズだと勘違いして二つ頼んだら、
山崎製パンの5個入りあんぱんサイズのまんじゅうが串に刺さってて、
味もあんぱんみたいでもうこれだけでお腹一杯です(汗;
あとは暑かったのでけやきウォークで
DSC04322.jpg
フローズンヨーグルトで涼んでました。

<埼玉県行田市>
 群馬で蓮で調べてもそれらしいのがでてこないので、
作中の蓮畑のモデルは他にあると予想して、
一番近くで有名だった行田の古代蓮の里へ、
なんとなく蓮花が似ているきがしたので。
DSC05434.jpgDSC05449.jpg
DSC05447.jpg
蓮花は似てるけど似てる場所はなかったなー。

<行田グルメ>
 行田には有名なB級グルメがあって、
それがこの
DSC05424.jpg
ゼリーフライです、まあポテトフライですけどね。
それと古代蓮の里で売ってた
DSC05465.jpg
はにわドック、ケチャップとマスタードで汚くなってますが、
近くに有名な稲荷山古墳群があるからはにわなんでしょうねね、
歴史好きとしては一度は行ってみたかった聖地です。
味はアメリカンドックをもっとモサッサリした感じ、少し甘め。

<埼玉県蓮田市>
 ほとんどの背景が前橋だけどここだけ離れてたので、
特定までに少々時間がかかりました。
群馬の沿線を調べてもないので、
蓮が有名なところで探したら埼玉が出てきたから
埼玉でCircusに縁がある場所はどこだろうと考えたら、
ここしかないよねーと判明
DSC05563.jpgDSC05565.jpg
ということで探訪のついでにCircus本社まで行ってきました♪
駅から歩いて30分以上かかって、
暑い中歩いたので少々心が折れそうになりましたが、
なんとか辿り着けてよかった。
 
 こうしてどんどん開拓していきたいなー、
次はそろそろ関東を飛びだしてもいいかなー。


[ 2012/10/27 21:40 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』の舞台挨拶に行ってきました

 先週末公開された映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』を見に行ってきました。
             DSC06745.jpg
この作品は昨年アニメ化された『GOSICK』の原作者の桜庭一樹先生が、
滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』を新解釈で書いた小説
『伏 贋作・里見八犬伝』を基に、
アニメ化した作品だそうです。
『八犬伝』の二次創作は昔からいろいろあって、
桜庭先生もそういった小説や映画の影響を受けて、
この小説を書かれたんだとか。
でもなんとなく室町時代ぐらいの南房総の話だよなー、
ていうくらいしか『八犬伝』を知らない身としては、
ちょっと分かりづらかったですね。
まあ知っていればなお面白いでしょうけど、
分かんなくても楽しめる人間ドラマ、
映像美やアクションシーンが満載でした。
なんで伏が人の魂を食べるのか説明不足だったり、
将軍がなんであんなに伏退治に執念燃やしてるのかとか、
気になっちゃうところはあるものの、
少年のようだった浜路の女への成長だったり、
それに絡んだ恋愛だったり、
色鮮やかな江戸の町や舞い散る桜、
上へ下へと激しく動くバトル、
見どころいろいろです。
 
<初日舞台挨拶>
 初日舞台挨拶にも行って来たんですが、
そこで出た話も二人の恋の行方や映像美の話、
時代劇のイメージにはない色合いの江戸の町は、
中々に新鮮でした。
まあ一番気になったのは話よりも、
役のまんまに小柄な冥土役の宮本さん、
多分150あるかどうかっていうぐらいで、
頭が宮野さんの顎の下でしたよ、
みなちゃんの後ろに隠れちゃいそうな可愛い方でした。

<舞台探訪>
 聖地的にはなさそうでありますね、
少しだけですが浅草の雷門が出てきたり、
東京タワーの近くにある愛宕神社は重要な場面で出てきます。
愛宕神社には作中の時代とどう変わってるから気になるので、
調査をしに行きたいなー。

 これを気にもう少し『八犬伝』について調べてみようかなー、
『伏』の前に原作を読んどいたほうが理解力が深まってよさそう。
[ 2012/10/25 23:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

10/19 キャララ!!東京に参加してきました

 もうイベントから一週間近くたちますが、
先日久々にキャララに参戦してきました。
このイベントは毎月やっているし、
参加人数がほどほどで行きやすく、
いつもゲストが来てるから結構お得なイベント、
まあ参加メーカーがあまり変わり映えしなかったりしますが、
その辺はしょうがないよね。
前は民安さんが歌を歌ってたりして、
声優としてより先にこのイベントで名前を知ったんだよね、
あと声優の御苑生メイさんが数年前キャララガールをしてて、
当時はただのコスプレスタッフだと思ってました。

 そんな懐かしさもあっての参加でしたが、
司会のキャララガールっぽい娘はいるものの自己紹介ないし、
いつものキャララKINGがいないし、
キャララ古参メーカーの北海道の雄KISSは相変わらずですが、
メーカーさんがプレゼンをやっているものの、
聴きたい人は聴いてねーというか客もそんな感じで、
なんかイベントのフリーさが増したなーて気がしました、
まあメーカーさんが話してる間にサイン会してるし、
マイクの音が小さくて聞こえにくかったりもするからなんだろうけど、
かく言う私もサイン会組でして、
まずD:driveの最新作
『ツゴウノイイ彼女~夏音編~』
でED曲を歌っている川内亜架音さん
DSC06743.jpg
川内さんは歌も歌ってくれて、
最後にこれが流れたらどんな抜きゲーも「いい話だった」
と思えるいい曲でした。
次はALcotハニカムの最新作『あえて無視するキミとの未来』で、
ヒロインの南先輩を演じている上田朱音さん
DSC06742.jpg
今年はロックンのイベントに数多く参加してるので、
朱音さんに会う機会がたくさんあったなー。

 それで肝心の各メーカーさんの話のほうはどうだったかというと、
まずD:driveは作品の紹介をしてくれているものの、
横で流れているムービーがHシーンばかりなため、
喘ぎ声をバックに話してるのがなんともいえなくて、
Hシーンが気になって話に集中できない、
まあエロシーンの多いエロそうなゲームだなーていうのはよく分かりました。
ALcotさんは、
朱音さんがヒロインとして採用されたキッカケが、
『中の人』で5,6人モブキャラをやったためというのが興味深かった。
モブとして参加してるというのも意外だったけど、
その中で演じたキャラが南のイメージに合ってたというのがね、
前に雑誌のインタヴューで、
オーガストが過去作で出演してる声優さんを、
新作のキャラと合えば採用しているって話があったからなるほどねーと、
モブで参加して声を知ってもらうっていうのも大事なんだなーと。
 あとは話が短かったけどりぷるかな、
前作がクソゲーオブザイヤーに選ばれたことをネタにして、
今度は大丈夫ですからーと話してるのがなんとも。
まあ確かに絵的にもSF的な近未来の設定も良さそうで、
某『サマー○ォーズ』のオズをイメージしたヴァーチャル世界とか、
普通にいい感じな気がするけどどうかなー。

 次のイベントがあったので終了まではいれませんでしたが、
内容はゲスト的にも割とライトではあったものの、
中々印象に残る作品紹介がいろいろと、
『ツゴウノイイ彼女』の喘ぎ声とか、
『サナララR』アニメムービーとか、
あれっ? ムービーのことばかりだ(笑)。
大事だよねー、映像による説明は言葉より雄弁だな。
また機会があれば行ってきます!

 
[ 2012/10/24 22:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

リトルバスターズ!カフェhe

 先日久々にCURE MAID CAFEへ行ってきました。
この1年の間、
気になるアニメやゲームのフェアがいろいろやっていたものの、
タイミングが合わなくて諦めてばかりいました。
でも今回はあのリトバスのカフェということで、
なんとか時間を作りお店へGO! しました。
 
 お店に来れたのはいいものの、
平日の昼間なのに入場待ちの列が出来てて、
でも6,7人しかいないし、
このタイミングを逃すともう来れそうになかったので、
初めてこの手のフェアで並びました。
でもカフェの行列って中々進むものじゃなくて、
しかも後で分かったことですが、
店内の半分の席を使ってないから余計に進みが悪くて、
時間制限はあっても最長90分だから、
結局入店できたのは1時間後でした。
 このロスがかなり大きくて、
当初の予定ではまず
DSC06728.jpg
祝勝会のホットケーキを味わって食べつつ『リトバス』1話を見て、
こまりんのパフェ食べて、
締めに
DSC06731.jpg
マグカップ付の苺大福ジュースを飲むつもりだったんだけど、
まずパフェが品切れで、
イベントとイベントの合間に来てたから、
1時間のタイムロスで滞在時間が20分しかなくて、
急いで食べることになり、
ホットケーキはまだいいとして、
苺大福ジュースは、
イチゴオレに大福を入れた感じのなんとも言えぬ後味で、
他のさっぱりしたドリンクも頼むべきだったと後悔(泣;
まあ
DSC06739.jpg
コースターは手に入ったし、
食べたいものは食べれたし、
『リトバス』の人気を実感できたし、
これはこれでよかったかなー。

[ 2012/10/23 20:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

DENGEKI MUSIC LIVE!!に参加してきました

 ライブが終わってもう2日がたちますが、
未だにあの興奮と感動の波が体にも心にも残っていて、
堪らない気持ちになります、
本当に行ってよかった。
物より思い出とはよく言いますが、
それを強く実感させてくれる最高のお祭りでした。
別に電撃祭の規模を甘くみて、
昼過ぎに行ったらサイン本が一冊もなくて、
狙っていた物が手に入らなかったからって訳じゃないんですが、
この3年間で参加した様々なライブイベントと比べて、
その全てを越えるかもしれない、
そう言っても過言ではないくらい素晴らしいイベントでした。

 当初は電撃だけのイベントでそんな大したことはないと考えてました、
でもアスキー・メディアワークスも20周年なんです、
そりゃーヒットコンテンツがいくつも増えて成長しますわ。
その凄さは10数年前に講談社のイベントに行って、
始発で行ったのに入場まで炎天下の中1時間半、
中に入ってまた行列で、
買えたのはイベント終了間際という、
あの初めて参加したアニメイベントを彷彿とさせるものでした。
そうなれば当然ライブのほうも大変なものになる、
電撃のヒット作のヒット曲の乱れ撃ち、
最初から最後まで神曲&名曲ラッシュになるのも当然の話なのでした。

 ライブは一発目からみのりんの「TERMINATED」でグィンッ!
と上げられて、
原作者繋がりで『SAO』の新OPとEDと続き、
どれもよかったけどやっぱりLisaさんの「crossing field」グググィン!
ときましたね。
その流れで今度は『AB』、
ガルデモの曲もいいけど一番はOP、
3年越しでやっとLiaさんの生歌が聴けました、
これを聴けただけでもこのイベントに来た甲斐があったというもの。
のびがあって心に響く、
パワーがあるけど優しい歌声に癒されたところ、
今度はangelaさんがヒット&新曲でドカーン!
「Shangri-La」を振り付きでやって汗だくで疲れたところに、
下川みくにさんがしっとりと『キノの旅』の曲を歌い上げ、
その後まさかの LiSAさん、藍井エイルさん、春奈るなさん、
3人の夢のコラボによる『俺妹』のOP「irony」が披露されて、
ここでこの曲を聴けるとは思わなかったので少しニヤニヤ。
そしてまったりモードはここまでと、
ここからは熱い曲でラストまでガンガンに突っ走る!!
まず『インデックス』の主題歌がどどどんと、
川田まみさんの「No buts!」はみんなで「マヨラー(迷え)」
と合いの手を入れて大いに盛り上がりました。
『シャナ』パートは神曲の中の神曲「天壌を翔る者たち」を、
電撃祭だけのSPなLove Planet Five、
本来のLPFもI'Veが誇るTOPアーティストのコラボで凄いんだけど、
今回はオリジナルメンバーのKOTOKOさんと川田まみさんの2人に加え、
黒崎真音さん、Rayさん、そして南條愛乃さんの3人による、
今宵だけの特別な「天壌を翔る者たち」を聴けて最高でした。
その後はもう『シャナ』の曲だけでお腹一杯っていうくらい、
テンションが上がり続ける曲ばかりでやばかった。
そして次はfripSideによる『レールガン』の主題歌3連発!
これでうおおーとなっているところいに、
トドメの「ヒィヤ! ヒィヤ!」ときたもんだから、
いつくるのかなーと思ってたらまさかの『AW』がトリとはね。
やっぱりどう聴いても「ヒィヤ!」って言ってるよなー、
あとサビ前のところはハッキリと「オバマ ガ トーライ」
って言ってたし、なんかそんなところも面白くて楽しめました。

 ライブの最後はKOTOKOが『AW』の2ndOPで締めて終了、
夢のようなひとときでした。
これだけの神曲&名曲を一遍に聴ける機会ってそうあるものじゃないし、
参加アーティストも凄い豪華だし、
前々から歌を聴きたかったLiaさんに川田まみさん、
昨今活躍のめざましいLiSAさんや黒崎真音さんまで、
20周年を記念するに相応しいスペシャルな内容でした。
でもよかったのは曲やアーティストが凄かったからだけじゃない、
このイベントには普段参加してるゲーム系にはない一体感があったからです。
例えばなぜか曲によってほとんどみんなが同じ色のサイリュームを振ってて、
どこかに何色っていうサインが出てるのかと探したけどなくて、
サイリュームを持ってなかったのでいつも通り手を振るしかなったけど、
でもそういう一体感が凄いよかった。
またこういうアニメ系のイベントに行ってみたいなー。

[ 2012/10/22 19:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『マルドゥック・スクランブル 排気』を見に行ってきました

 いつの間にやっていたらのやら、
気付いたら完結編がやっていたという(汗;
 そうなんですよ、
一昨年第一部を見てから2年、
そういえばあの映画の続編どうなったのかなーて調べてみたら、
ちょうど新作がやっていたものの、
2部じゃなくて第3部。
最初は2部と3部が同時上映なのかと思いましたが、
まあそんな訳はなく、
実は去年もう公開してたんですね、
第2部『燃焼』
DSC06705_20121013223806.jpg
そういうことならと、
事前に2部を鑑賞してから、
第3部『排気』
DSC06706.jpg
を見に行きました。

 正直第3部は他の2部よりもよく分かんなかった。
1部はなんか主人公が組織に助けられて、
ウフコックとコンビ組んで事件に挑んでいって、
2部は事件の捜査を進めて楽園へ行ったりカジノ行ったり、
そして全てが終結する今回の話は、
ようはもろもろの問題に片が付いたんだろうけど、
見終わったあとの置いて行かれ感、
インタヴューでも原作をかなり凝縮したっていってたけど、
こりゃー読まないと、
なんか凄かったねとしか言いようがない。
カジノの話が長いのはバロットの心理描写上必要みたいだから、
カットできなかったのは理解できるけど、
林原さんもサイバーな世界とのギャップの話をしてたから、
そういうのもありなんだろうなーと思うけど、
やっぱり原作読まないと付いていけない、
省かれている部分が相当あるだろうし。

 オリジナルの映画化じゃなくて、
原作ありきで作るのはいろいろ難しいと思うんですよ、
特に今回のように60分3部作なんて制約の中でだと。
これはパッと見て分かるようなエンタメ作品ぽくないから、
原作を読んでから改めて鑑賞したいですね。

 
[ 2012/10/13 22:57 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

竜翼のメロディア タイアップCafe & Bar 竜の膝裏亭 出張版へ行ってきました

 夏アニメ終わっちゃいましたね、
中々豊作の夏でした。
ヒロイン的には結構ぶれたけどね、
信奈はちょっと動揺し過ぎだしデレ過ぎだし、
アスナはヒロインらしいヒロインで、
紗羽は安定してたかな。
でも秋アニメはなんともいえないんだよな、
気になる作品は多いけど。

 秋アニメもいいけどやっぱりゲーム!
ということで月あかり夢てらすで行われているタイアップ企画、
竜の膝裏亭 出張版へ行ってきました。
 整理券ないから入るまで待つかなーて思ったら、
中はがら空きでゆっくりできました。
入ってまずドリンクを頼もうとしたら、
メニューが多くてビックリ!
メインだけじゃなくてサブのドリンクまであって、
かなり迷った。
アルコール度数が1~4まであってそれ基準にしようかとも思ったけど、
ここは安定のメインヒロインの姫ドリンクにしました。
DSC03323.jpg
爽やかな柑橘系だけど結構アルコールきついですね、
ほんのり酔いたいなら1度数のドーラぐらいがまろやかでいいかも。
グラスとセットで頼んだのでグラスをGet、
DSC03334.jpg
あとコースターも
DSC03346.jpg
フードはコット肉のハンバーグが面白そうだと頼んだら、
DSC03317.jpg
完全に市販されているレトルトハンバーグの形と味で、
せめて手作り感あってボリューミーな感じには作れなかったのかな、
ちっとも2次元飯っぽくないし。
 でも普通に美味しかったのが姫様のアイス
DSC03329.jpg
これは普通においしかった、
メニューの裏にこのアイスに関するショートシナリオが載っていて、
楽しく美味しく頂けました。

 他には店内にドーラや制服が飾られてたり、
作中のCGがペタペタ貼ってありました。
照明が少し暗くて撮影はしづらかったけど、
雰囲気はいい感じでした。
恐らくメニューの中ではカレーが無難に良さそうだな、
もう明日で終わりだから今回のは無理だけど、
この店でまたなんかやる時は行ってみたいな。
[ 2012/10/07 20:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

DreamParty東京2012秋の会場へ行ってきました

 大きな物販のイベントっていろいろあります。
まず冬と夏に行われるコミックマーケット、
これはちょうど休暇シーズンということもあって、
年に1,2回は参加しています。
エロゲ以外の企業ブースのほうが多いし、
同人のほうが凄いし、
何より人が多すぎるのがいけない。
 コミケが戦争と言われるのに対して、
遠足と言われているのがDreamParty、
通称“ドリパ”です。
こっちは春と秋という微妙なシーズンにやっているので、
ここ数年参加できずにいました。
参加人数はぼちぼちで、
コミケのように人が多すぎて流されることがない、
何よりエロゲメーカーメインなのがいい!
そういう訳でコミケより好きなイベントなのですが、
なんだかんだと都合がつかず、
2010年の春から2年半、
5回もスルーせざるをえなかったのですが、
先日久々にドリパに行ってきました。

 2年半ぶりということで奮発して、
DSC06705.jpg
初めてアーリーチケットを買いました。
いつも始発で行くところ、
7時過ぎに家を出るというまったりスタート、
DSC06704.jpg
入場券の額が3倍になっちゃうけど、
この余裕と始発より早く入れることを思えば悪くない。
ただ、
久々に来たら我が目を疑う光景が広がってたんだよね、
それがこれ
DSC03348_20121001190648.jpgDSC03349.jpg
DSC03350_20121001190646.jpgDSC03351.jpg
人がいない!
いくらなんでも少なすぎる!
もう9時ですよ、
いつもなら6時半までの始発組でこの広場の7,8割は埋まってたはず、
それをシャッフルして入場のハズなのに、
これじゃシャッフルする必要がない。
普通に入ってる人とアーリーの人数がそんなに変わらない、
これはいくらなんでも…。
あーもしかして場所が変わったのかな、
広場が一部工事中だったし、
始発組は別の場所で待機してるんだよね、
きっとそうだ、
じゃなきゃドリパがマジでヤバい(汗;
 ただもしかしてって心配はしてました、
イベントの1週間前になってもまだアーリーの200~400番台売ってたから、
600枚しかないのに未だに捌ききれてないのかと。
イベント自体には台風の影響で参加できませんでしたが、
今後のドリパは大丈夫なんだろうか?

※ちなみに狙いは戯画のサイン会と、
 藤原々々先生の複製原画、
 あとはガチャでもしつつのんびり回る予定でした、
 はぁー残念、次はどうしようかなー。
[ 2012/10/01 19:18 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ