まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2012年06月

6/23 らぶ*しゅな公開録音に参加してきました

 今日も先週末のイベントの話、
やっと遠征がひと段落したので、
あとは只管内職あるのみです。
DSC05610.jpg

 ロックンバナナ系のイベントへの参加は約2年振り、
しゅなの二人に会うのもなんだかんだで久しぶりな気がする。
今回はしゅなの二人がメインパーソナリティをやっているラジオ、
『らぶ*しゅな』初の公録イベント、
中々盛り上がる構成で楽しかったです。
初っ端から謎ムービーの公開、
どうやらプライベートで行った小田原・熱海旅行の模様のようだが、
なぜか某ラブプラス風のデート仕立てで、
しかも二人とも妹キャラで「お兄ちゃん大好き」と告白、
こりゃー堪んないですよー。
残念ながらこのムービーは会場限定だそうで、
勿体ないなー、
まあ二人にとっては恥ずかしい黒歴史になりそうですが。

 ムービー上映会の後はライブパートに突入、
『雀極姫』から『妹恋』の曲、
『ストパニ』のカバーと盛り上がってきて、
しゅなの代表曲で締め、
やぅぱりこの曲が一番盛り上がる、
2年前にも聴いたなー曲名忘れたけど。
 みんながノッてきたところでゲストのおぐおぐ登場!
可愛く歌った後にもう一人のゲスト藍川珪さんが加わり、
凄い熱い歌で最高潮に、
やっぱり曲名は分かんない、
というかもうそんなことはどうでもいい!
酒がそこそこ入ってたこともあって、
とにかくも楽しもうぜって感じだった。

 ムービーとライブで場を温めた後、
やっと本日のメインイベントの公録がスタート!
内容はネットで配信するだろうからいいとして、
個人的にテンション上がったのが、
しゅなの二人がコスプレをしてきたこと。
朱音さんはなづき役として出演した『俺の彼女のウラオモテ』の制服、
ゆきんこはリズ役として出演した『プリズムリズム』の制服。
特にリズは大好きだったので、
この制服自体は前にランプさんのイベントで中家さんが着てるの見てたけど、
リズ役のゆきんこが着てるのはまた違いまして、
いやー眼福でございました。
 あとはおぐおぐがみんなソフトドリンクなのに1人だけ酒で、
しかも最後には飲み切ったところが、
流石大人ですな。

 2時間半はあっという間でした、
朱音さんとゆきんことおぐおぐはそんなに変わってなかったけど、
藍川さんは成長してましたね。
昔キャララに出てた時とは大違いの堂々としたキャラになってて、
ボケキャラの多い中、
立派に先輩にツッコム姿は某キレ芸の女芸人のようでした。
 赤坂グラフティーでのイベントは人数が多くて4,50人で少数ながら、
妙な一体感があって楽しいんですよね。
また機会があったら参加したいなー。
スポンサーサイト
[ 2012/06/27 23:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『輪廻のラグランジェ-鴨川デイズ- 』初日舞台挨拶へ行ってきました

 ここのところ舞台探訪の旅を立て続けにしていましたが、
明日でやっと一区切りが尽きそうです、疲れました。
毎朝始発で出発して夕方まで探索して、
家に帰りつくころには真っ暗。
そんな苦労の甲斐もあってそこそこ成果は出たかな、
まだ本命の探索が残っているのでなんとも言えませんが、
現地調査は、
ネットの画像やストリートヴューで見る以上に得るものがあるな、
実物を自分の目で感じるのが一番だ。
DSC05311.jpg


 今日は昨日に引き続いて先週末のイベントについて、
『輪廻のラグランジェ』の第2期放送に先駆けて、
OVAの上映会&初日舞台挨拶というイベントだったのですが、
まずツッコミどころとして、
このOVAは2期の前にテレビ放送しなくて大丈夫なのかってこと。
だって内容が完全に1期と2期を繋ぐ内容で、
これを知らずに新シリーズを見ると混乱をきたしそうなレベル。
だって季節の移り変わり的には1年近くたってるし、
最終回のあとみんながそれぞれどうしてたかって話なのに、
まさか2期の冒頭でパパッと近況説明するのかなー、
やっぱりOVAは見ないとダメだね。
まあ主だった内容はシリアス分の全くない、
メインからサブキャラまでの普段の日常って感じで、
笑える楽しいものでした。

<初日舞台挨拶>
 イベントには20:45の2回目の回に参加、
席が入口横のC列だったので、
出入りするキャストが見れる絶好の位置でした。
総監督の佐藤竜雄さん、
それからキャスト陣4人、
石原夏織さん、
瀬戸麻沙美さん、
茅野愛衣さん、
そして金元寿子さん。
メイン3人は知ってたけど、
イメージと全然違うからアステリアがひーちゃんだとは思いもしなかった。
 5人が入場してイベントがスタートした訳ですが、
問題はまだ上映前ってことと4人が若手の新人だってこと、
1回目と違いOVAのことをちゃんと話せないせいか、
ネタバレをしないようにと探り探り、
あれだとかこれだとか代名詞ばかりの話で意味が不明。
でもどうやってか伝えようと身振り手振りして動き回る夏織ちゃんが、
もう何この可愛い生き物って感じで、
他の3人も一緒になってキャイキャイし出して、
なんですかこのもうコメントなんてどうでもよくなる可愛さは。
結局一番まともそうなコメントしてたのは、
声優歴の一番長そうなひーちゃんでした、
以外としっかりしてるんだなー、
このメンバーでは大人のレディーに見える。
 夏織ちゃんはちっちゃくて年相応に可愛らしくて、
麻沙美ちゃんとひーちゃんは飛び抜けて背が高いために、
なんか落ち着いて見えた。
まあ一番動じてなさそうなのはかやのんでしたけど、
というかあの不思議ぽやぽやおっとり空気はなんなんだ、
恐るべきかやのんゾーンでしたぞ。

 内容がないよーなトークショーでしたが、
一応夏織ちゃんがジェームズさん、
麻沙美ちゃんが郵便システム、
監督はデータ伝送、
ひーちゃんはまとめのように個々のキャラについてとか、
見どころは言っておいてくれてたので、
ジェームズさんのシーンでは会場のあちこちから笑い声が。
 なんとも笑える楽しいOVAでしたが、
本編は打って変わってシリアスなんだろうな、
予告を見る限りまた大変なことになってそうだし、
2期が楽しみなような不安なような、
もちろん見ますけどね。

※OVAの鴨川押しが凄まじいです、
  もっと本編でも鴨川を出して。



 
[ 2012/06/26 20:39 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略初日舞台挨拶へ行ってきました

 ここのところ忙しくて更新できてませんでしたが、
ネタには欠くことがなくいろいろありました。
本当は今日も埼玉への遠征の予定でしたが、
朝から雨が降っていたので、
万全を期すために延期してのんびりしてます。
実はこの埼玉遠征は延期が2度目で、
先週も行こうとしたら雨で、
でもだからといって焦ってはいい写真が撮れませんから、
ここは慎重にならないと。

DSC04872.jpg

 先週末はイベントが盛りだくさんでした。
その第一弾が『ベルセルク』の劇場版2作目の初日舞台挨拶で、
その時初めてキャストが誰なのかを知りました。
まず最初に登場したのが監督の窪岡俊之さん、
それから本作のメインキャスト陣、
ガッツ役の岩永洋昭さん
グリフィス役の櫻井孝宏さん、
キャスカ役の行成とあさんの3方、
司会はアニメ系イベントではお馴染みのよっぴー。
 まず岩永さんは声優さんじゃなかったんですね、
見た目からしてガッツのように体格よくて、
しかも3人並ぶとちょうど段々になってて、
リアルガッツでした。
今回は見せ場てんこ盛りのガッツさん、
中でも100人斬りのシーンは鬼気迫るものがあって、
岩永さんいわく1万Kカロリーは消費したんじゃないかってくらい、
そのくらいの熱の籠った演技をしたらしく、
行成さんには立ち上る白い湯気が見えたとか。
でもそんな熱の入った演技もほとんどがモノローグでカットみたいでしたが(汗;
 行成さんは吹き替えメインの声優さん、
どおりで名前を聞いたことない訳だ。
行成さんもかなりのプロ魂を見せてて、
主にガッツに対していろんな表情を見せるキャスカ、
笑ったり怒ったり悲しんだり、
彼女の過去にも触れる大事なエピソードもある。
だからこその気合いの入りよう、
一度OKの出たシーンでも今の自分ならもっといい演技ができると、
撮り直しをお願いしたシーンがいくつもあったとか。
 監督は本編一番の見せ場について触れて、
ドルドレイ攻防戦には制作に3カ月もかかったとか、
あのシーンを見た後なら納得のお言葉。
 そうじゃなくても見どころの多い本作、
ただただ戦闘がとうとかじゃなくて、
メイン3人の心の動きがしっかりと描かれていたり、
セックス&バイオレンスだったり、
これはっ! て思うシーンが一杯ありました。
 戦闘ならやっぱドルドレイ、
難攻不落の要塞をどうやって落とすのかってところ。
 お色気なら某二人のヒロイン、
おっぱいモロ出しになって揉みしだかれていますから、
なんともエロかったです。
 キャラクター的には普通メインキャストを上げるところですが、
このドルドレイ攻略でのMVPはなんと言ってもアドン隊長、
もうこの方が出てきてしゃべるだけで場の雰囲気がどうにもおかしくなって、
力ちゃんが演じているというだけでも面白くてしょうがなくて、
もうノリノリでこのちょっとおバカなキャラやってるだろうって感じがしました。
まず一々やけに長ったらしい必殺技名を言ってから攻撃するところとか、
しゃべり方がどう聞いてもふざけてお茶らけてる時の力ちゃんで、
3度のメインの戦い全てに出てくるから、
しゃべる度におかしくってしょうがなかった、最高です。

 最後は大どんでん返しがあったりして、
『黄金時代篇』の完結編がどんな話になっているのか、
楽しみでしょうがない。
本当にこの劇場版シリーズはヤバいです、
絶対お薦めです。
[ 2012/06/25 10:47 ] アニメ | TB(1) | CM(0)

2012年夏の新アニメ

 台風が凄いですね、
梅雨の季節ではありますが最近天気が崩れることがあまりなかったので、
そういうものがやってくるっていうのをすっかり忘れていました。
お陰で予定が狂って大変です、
今週から来週にかけては各地へ探索へ出る計画なので、
早く過ぎ去ってくれることを祈るしかありません。
あとはヤルセナイザーにでも頼んで吹き飛ばして貰うしかないかなー。

 ついこの間春アニメが始まったと思ってたのに、
もう夏アニメの季節が来てしまった。
アニメディアやネットから情報を収集して思ったのが、
今期は春や冬以上に絞るのが難しいぞってこと。
そのために初回チェック作品が相当な数になってしまいました、
これを3,4作品ぐらいまで減らしたいところ。

作品名製作会社監督構成キャラデザ
ゆるゆり♪♪動画工房太田雅彦あおしまたかし中島千明
DOG DAYS’セブン・アークス西村純二都築真紀坂田理
ソードアート・オンラインSAO Project伊藤智彦足立慎吾
人類は衰退しましたAIC ASTA岸 誠二上江洲 誠坂井久太
恋と選挙とチョコレートAIC Build喜多幡徹高山カツヒコ合田浩章
TARI TARIP.A.WORKS橋本昌和橋本昌和関口可奈味
ココロコネクトufotable大沼心(総)
川面真也
志茂文彦赤井俊文
カンピオーネ!ディオメディア草川啓造花田十輝石川雅一
織田信奈の野望Studio五組
×マッドハウス
熊澤祐嗣鈴木雅詞高品有桂
はぐれ勇者の鬼畜美学アームス久城りおん金月龍之介塚田ひろし
輪廻のラグランジェ season2XEBEC佐藤竜雄(総)
鈴木利正
菅正太郎乘田拓茂
小林千鶴
じょしらくJ.C.STAFF水島努横手美智子田中将賀
境界線上のホライゾンサンライズ小野学浦畑達彦藤井智之
トータル・イクリプスixtl
×サテライト
稲垣隆行原由美子
えびてんAIC Classic岡本英樹柿原優子渡辺敦子


<続編もの>
 人気作品の第2期が4作品も!
一番楽しみにしているのは『ゆるゆり♪♪』ですが、
『DD’』も一期が案外楽しめたので期待してます。
気になるのは監督が交代しているところ、
いくら都築さんが脚本書いてても監督によって雰囲気がガラッと変わりますから。

<小説原作もの>
 昨今多くなってヒット作もよく出るラノベ原作もの、
今期は
『ソードアート・オンライン』
『ココロコネクト』
『人類は衰退しました』
『カンピオーネ!』
『織田信奈の野望』
『はぐれ勇者の鬼畜美学』
『トータル・イクリプス』
など他にもいろいろ。
どれもこれも気になるところ、
『カンピオーネ!』は『DD』の草川監督なところ、
『はぐれ勇者の鬼畜美学』は異世界を救った勇者のその後って発想が面白い、
『トータル・イクリプス』はロボのアクション、
『織田信奈の野望』は作画と塗りが凄く好みでよくて、
何気にラノベ原作の中では一番期待してる、
スタッフ的にどうなるのか読めないけど(汗;
『ソードアート・オンライン』は無難に良さそう

<その他>
 あとはゲーム原作とオリジナルと漫画、
『TARI TARI』はP.A.だし舞台江ノ島だし、
安牌だと思う。
『恋チョコ』は原作がエンタメ作品として面白かったから大丈夫、
テーマとかも分かり易かったし。
選挙戦で見世物として家族問題で物語としてしっかり盛り上げて、
構成さえやまとめ方をミスらなきゃ期待できる。

 今期はどれも一癖も二癖もあるものばかりで、
実際に放送を見ないとなんとも言えないものだらけ。
だから初回で切るのもちらほらありそうで、
期待半分不安半分ってところです。
[ 2012/06/19 20:12 ] アニメ | TB(1) | CM(0)

2012年6月末発売の注目PCゲーム

 ぼちぼち夏アニメ情報が出揃ってきてますね、
個人的には春より充実した濃いラインナップな気がします。
次回あたりまでには情報を整理しておきますが、
今のところ続編ものを除けば、
P.Aの新作の『TARI TARI』は興味深いです、
舞台が江ノ島ですし、
まあまだ『花咲くいろは』を積んでるのでそっちを先にチェックしときたいですけど(汗;

 アニメだけでなくゲームも良ゲー臭のするものばかり、
梅雨のじめじめを吹き飛ばす勢いのある作品がたくさん。

6月29日
『らぶらぼ』bolero
『fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase』La'cryma
『1/2summer』Alcotハニカム
『初恋1/1』tone work's
『紅蓮華』エスクード
『えれくと!』アストロノーツ・スピカ
『波間の国のファウスト』bitterdrop
『Princess Evangile ~W Happiness ~』MOON STONE
『アステリズム-ASTRAYTHEM-』チュアブルソフト
『アオリオ』ad:lib
『フォルト!!S~新たなる恋敵~』Ciel
『×××な彼女が田舎生活を満喫するヒミツの方法』Lime vert
『Lime vert』Luxury

<PICKUP「新ブランド」>
 ねこにゃん先生が戯画以外で原画を描くということで、
エスクードの『紅蓮華』は気になりますね、
キャラの中では人気の二人より会長が好き、キャラデザがいい。
他にFDとか『fortissimo』のエロゲ化もいいですが、
今月は新興の二つのブランド、
tone work'sとbitterdropを要チェック。
 tone work'sはビジュアルアーツのスペシャルなブランド、
絵師は恋泉天音先生以外はVA初、
ライター陣は魁先生を始め一度は関わりのある方々、
この化学反応が何を生むのか?
絵師的にはえっちくて、
ライター的には魁先生を始め泣きゲーぽくて、
この組み合わせはつまりHで良シナリオのエロゲーになるのでは?
となんともエロゲーとしての良さが期待できます。
 bitterdropは絵師さんが思わず釣られてしまう面々、
オダワラハコネ先生が原画を担当した作品にハズレはないイメージだし、
ひなた睦月先生にとりしも先生というのは面白い組み合わせだ。
ヒロインの面では心配がないので問題はシナリオ、
佐藤心さんの作品ってこれまでやったことないので、
どんな話になるのか読めないんだよね。
でもなんか面白うそうな題材だし、
雰囲気的にこれは良作になると思う。

 そろそろ溜まり過ぎたアニメを消化しようと考えたけど、
こうも良ゲーばかりが出るとやっぱりゲームが先かなー。
[ 2012/06/16 13:37 ] ゲーム | TB(1) | CM(0)

『辻堂さんの純愛ロード』の舞台探訪 in 江ノ電沿線

 この頃はゲームのお試しプレイばかりしてます。
積みゲーの数があまりにも多いので、
序盤だけでもプレイして雰囲気を掴むことで、
攻略順番を決めるために。
最後までやらないと次のゲームを始められないってことにすると、
永遠に少しもできそうにないのがたくさんありそうですから。

 今日の舞台探訪作品『辻堂さんの純愛ロード』はまだ発売されてないので、
もちろん未プレイですが、
探訪はしてるけど体験版しかやってないっていうのは結構あります、
追いつかないんですよ(汗;

 それではまず一箇所目の撮影場所
<江ノ島>
DSC03000.jpg
江ノ島の鳥居前です、
何度も来てる場所だと新しい発見って難しいから、
撮影ポイント以外は撮らないことが多い。

<鎌倉高校前駅>
DSC03005.jpg
神奈川聖地巡礼のメッカと勝手に思ってる場所、
実際そのくらい多いですから。

<七里ヶ浜>
DSC03009.jpg
海沿いの道は車が多くて撮影しにくい。

<小町通り>
DSC03031.jpg
小町通りということは分かっていたのに、
この場所を見つけるのに予想外に時間がかかった。

 これで溜まってた舞台探訪ネタは終わりなので、
月末にはまた撮影の旅に行ってきます。
[ 2012/06/13 12:06 ] 舞台探訪 | TB(1) | CM(0)

『おたくまっしぐら』の舞台探訪 in 秋葉原

 今日の話はまたまた舞台探訪、
しかも解説はあんまり必要なしの『おたくまっしぐら』。
だって秋葉原ですし、
ゲーム買えば舞台探訪MAPがついてますから。
でもまあこのゲームが出た頃とは大分変ってるところもあるので、
その辺の思い出を語りつつ場所を解説します。

<秋葉原駅電気街口>
DSC03113.jpg
駅周辺が一番変化が激しいな、
元々の風景の輪郭とかは同じなんだけど、
アキハバラデパートがなくなったりラジオ会館がなくなったり、
時計の位置も移動してたはず。
奥のオノデンが残ってるのがまだ救い。

<セガ 秋葉原 1号館>
DSC03114.jpg
ここは店自体は同じだけど、
微妙にリニューアルしてるんですよね。
ソフマップとかへ行くとき必ず前を通るし、
信号渡ってすぐのところだし真っ赤だから目立つ場所。

<外神田1丁目総武本線高架沿い>
DSC03118.jpg
ここはそれほど大きな変化はなし、
SEGAの横の道を入っていったところです。
表通りはなんかとはまた雰囲気が違って、
密度は濃いって感じがするなーこの辺は。

<パソコンショップイオシスアキバ路地裏店前>
DSC03124.jpg
ここも不思議と変わってない、
表通りの変化ばかりに目が行くけど、
こういう路地裏に入ると、
変わらないものはあるなーて実感する。
この辺はあまり普段は来ないなー。

<ソフマップ秋葉原パソコン総合館>
DSC03125.jpg
旧ヤマギワソフトが入っていた場所は、
今はソフマップになってます。
いつもソフマップへ行く途中に前を通って、
イベントがよくあるのか、
よく早朝に列が出来てたなー。

<トレーダー秋葉原店前>
DSC03131.jpg
まさかメッセサンオーが潰れるとは思わなかったな、
トレーダーに吸収されちゃうとはね。
この辺はビル自体は同じで中身が入れ替わった感じ、
まあ店名が変わったぐらいにしか思ってないけど。
だってよく行ってたのは表の店より、
路地裏のイベントやってる店舗のほうだったから。

<ガチャポン会館>
DSC03133.jpg
ここは昔から秋葉原の名所だな、
いかにもマニアックな感じの店だし。
いつもここではガチャガチャせずに店内を横切るだけ、
キュアメイドカフェへ行くのに。
もうガチャガチャはイベントぐらいでしかやらないなー。

 こういう昔の作品の探訪はこれはこれで面白い、
秋葉原のどこがどう変化したのか比べながら見て回れて、
あの頃を懐かしむことが出来るから。



[ 2012/06/10 14:37 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『姉SUMMER!』の舞台探訪 in 沼津

 春アニメが大体8,9話まで進んできて、
いよいよ佳境に入ってきますね。
ネタとしては『咲』、
話としては『Fate/Zero』、
アニメとしては『氷菓』
が楽しみです。
『氷菓』はこの間の温泉回が素晴らしいサービス回でよかった、
あんまり京アニ作品はそういうサービスがないから大変貴重です。
いつもアニメのクオリティの良さばかりに目がいきますし。
 夏アニメ情報もボチボチ出てきますし、
ここのところアニメ<ゲームだったけど、
最近はアニメ>ゲームになりつつあるな。

 今日のネタはまた舞台探訪、
あるてみす。の『姉SUMMER!』の探訪で沼津に行ってきました。
DSC01888.jpg
 でも実は行ったのが去年の10月(汗;
アニメが出る前に公開したかったところだったんだけど、
東海MAPを作るのが面倒で中々記事を作れず、
結局まだMAPは未作成(汗;
まあそのうちそのうち。

 沼津は全然散策してなくて、
少々駅前を撮ったくらい
DSC01892.jpg
DSC01883.jpg
また機会があったら静岡方面に行きたいな、
今のところ自力で旅行で行ったもっとも西の地がこの沼津、
これからはもっと先へ行ってみたいなー。
[ 2012/06/07 17:55 ] 舞台探訪 | TB(1) | CM(0)

マイテレカコレクション

 ゲームを購入を決めた後、
どの店で買うのか絞る最大のポイントは各お店に付く店舗特典。
その中でもここ3年ほどは、
というかソフマップ絶対主義から脱却し、
特典絵柄でお店を選定するようになってからは、
基本的にテレカのお店しか選んでないです。
 昔からコレクター性の高いアイテムが好きで、
ポスターやポスカをファイルに入れて収納してるのはもちろん、
チラシをA4ファイルで保存したりと、
ファイルを買い足すごとに、
分かり易く増えてるなーて感じられるのが好きでした。
 ゲームの特典については当初重きをおくことはなく、
ゲームはソフマップで買うものだって決めてっかかっていました。
でもソフマップの特典からテレカの姿が減り、
布物を増えだしてからは考えを改めるようになります。
いつしかテレカの枚数が増えなくなって、
場所をとる抱き枕カバーとかばかりになって、
これは違うなーと思い始めて、
それからは毎回店舗を選んで買うようになりました。
 今回手持ちの中でお気に入りのテレカを選んでみましたが、
やっぱり選ぶようになったここ数年のが多くなりましたね。

DSC03345.jpg
大体ゲームの特典テレカですが、
PUSH!!の通販が2枚、
えつの通販が1枚、
エウシュリーのコミケ物販のが2枚、
ソフマップの萌え札交換のが1枚と、
6枚は買ったり交換したものが交じってます。
ソフマップのテレカみたいにお店の制服を着てるのっていいですよね、
昔はソフマップにいくとよくそういうポスター見かけたけど、
最近ってあったかなー?
 絵柄的におっぱい露出が多目だなー、
分かってはいたけど(汗;
昔はもっと落ち着いたチョイスだったのに、
いつしかエロゲじゃないとないような絵柄のものばかりに。

 レア度の高い抽選ものとかもいろいろあるけど、
やっぱり自分で選んだテレカのほうが、
絵柄的に納得なんですよね。
でも中にはこれはいいなっていうのもあります、
最近だとこれとか
DSC03876.jpg
それにしても2011年の俺ゲーアワード記念テレカなのに、
なぜ『神採り』じゃなくて『戦女神』なんだろう?
もちろんこれはこれでありですけどね。
[ 2012/06/04 15:32 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『Imitation Lover』の舞台探訪 in 渋谷

 この頃次にプレイするゲーム何にするかって、
悩むことが多い。
新作を出た順に崩していければいいけど、
どうしても舞台探訪とか考えて優先順位つけちゃうから、
やりたいゲームがどんどん積まれていく、
もどかしい日々を送っています。

 今回の舞台探訪は泉まひる先生原画の作品、
『Imitation Lover』です。
泉まひる先生はジャケ買いしたい絵師の中ではかなりの上位、
この人が原画やっている作品なら、
例え地雷でも絵のために買いたいってくらい。
『Imitation Lover』はそんなことないですけど、
かなり衝撃的な作品でした。
主人公とヒロインの関係とか繋がりが、
これまでやってきた作品にはなかったもので、
ただの純愛ものをやっていた当時には刺激的でした。

 肝心の探訪は、
主人公と響が初体験するラブホがある町のモデル渋谷、
駅のほうも出てくるんだけどモアイ像があるなんて知らずスルーしちゃったので、
今月末にでも撮りに行ってきます。
 さて撮影場所は109前の交差点です
DSC03540.jpg
あんまり近くで撮るとバランスがおかしくなるので、
横断歩道が背景どおりになるように大分下がって撮影してください。
DSC03555.jpg
多分このぐらいがちょうどいいと思う。
東京って結構変わっていく街だってイメージだけど、
6年たっても渋谷はそんなに変わらない。
駅のほうを振り返ると、
東口のほうにヒカリエが見えて、
それが変化らしい変化かな。
DSC03558.jpg
[ 2012/06/01 16:51 ] 舞台探訪 | TB(1) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ