まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2012年02月

好きなイラストレーターその2~ミヤスリサ先生~

 やっぱり東方の人気投票はアリスきたな、
思いの外ランクアップしたけど、
元々このキャラはTOP5ぐらいにいるのが当然だと思うんだよね。
流石に2位、
しかも絶対1位に約300票差で肉薄するほど上がるとは思わなかったけど、
こういう波乱があったほうが人気投票は面白い。

 人気投票といえばエロゲではよくやる企画で、
それだけキャラが重要ってことですよね。
ゲームを選ぶうえでヒロインの占める割合はかなり大きいです。
先日もそんな話を書きましたが、
この頃過去ゲーを漁るうえでよく声優買いをします。
昔はメーカー買いなんてのもしましたが、
よりよくこの世界を知ってくればさらに細かいところで選ぶもので、
風音さまや安玖深音さんゲーは結構集まりました。
二人とも作品が多いので大変ですけど、
その分やりたいゲームが尽きないのがいい。
 そして今は原画家買いに走っています、
そんなこと昔からやっているといえばしてるのですが、
今やっているのは
“これまで注目してなかった絵師さん” 
の過去作を掘り出すことです。
珈琲貴族先生もそうなんですが、
初めて見た頃はそうでもなかったものでも、
何度も見てるうちに馴染んできて好きになっていって、
大槍先生の絵も昔は好きになるとは思わなかったし。
そんな訳で今回は
“ミヤスリサ先生”
の話です。
WHITESOFT『猫撫ディストーションExodus』応援中!

 注目しだしたのは『キッキングホース★ラプソディ』、
決定的だったのは『Hyper→Highspeed→Genius』、
だから本当につい最近。
名前自体は絵柄が特徴的だったのもあって、
『魔法はあめいろ?』の頃から知っていて覚えていたものの、
結構クセのあるタッチだったので、
それからずーと作品のチェックだけしてスルーしてました。
これまでスルーしてたのに今更気になりだしたのは、
ミヤスリサ先生の絵柄が好みに変わったとかじゃなくて、
大槍先生の時と同じく長いこと見て慣れて、
その良さが見えてくるようになってきた、
まあ自分の好みが変わってきたでしょうね。
好きなヒロインが出来ればそうなってしまう、
光理も詩子ものばらもみんな可愛かった。
雑誌のイラストとかを見て益々好きになり、
原画を担当してる過去作を掘り出し真っ最中。
 シリウス時代は良作が多くて、
『こいびとどうしですることぜんぶ』
は『キッキン』の保住圭さんとの作品なだけあって、
かなり満足できる甘々な恋愛もの、本当に全部だった。
シリウス後に各ブランドでやっているものでも良作が多くて、
『猫撫』も早く手を付けたい。
 どんなところが好きかと言えば、
もちろん顔は当然として、
特に好きなのは体の描き方かな、
特におっぱい。
同人誌を買い漁って核心を深めたんですが、
すごい特徴的で、
詩子さんはかなり衝撃的でした。
可愛いけどそれだけじゃない、
『魔法はあめいろ?』の頃からそういう独特なところがって、
凄く絵に動きがあるというか存在感があるというか、
それが昔は苦手に感じていた部分でもあったんだけど、
今見ると寧ろそれが好ましいんですよね。

 ゲームを始めた頃から今でも好きな絵師さんっていうのも多いけど、
振り返ってみて再発見することもいろいろありました。
自分の好きな名作と巡り合うには幾多の可能性をあたる必要があるので、
今後もどんどん新しい境地へチャレンジしていきたいです。

※ミヤスリサ先生最新作
2012年2月24日 『猫撫ディストーションExodus』 WHITESOFT
WHITESOFT『猫撫ディストーションExodus』応援中!
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 17:59 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2012年3月発売予定PCゲームの注目ヒロイン

 今月のテックジャイアンは中々興味深い新作情報が多かった、
特に気になったのがみなとそふとの姉妹ブランドのデヴュー作
『辻堂さんの純愛ロード』
は舞台がみなと作品ということで神奈川、
しかも新鮮味のない湘南ときたもんだ、
まあヤンキーもんだからかなー。
ヒロインの名前からして腰越とか片瀬だし、
でもタイトルが「辻堂」なんだから、
どうせならそっち方面も出して欲しいなー、
あの辺は昔に比べれば綺麗になったし、
駅前以外で見るべきところがあるか知らないけど(汗;

 さて発売が当分先のゲームのことはまだいいとして、
問題は本年最初の激戦区となっている3月でして、
ここ2年くらいかな、
それまでの祖父地図ONLY体制から、
特典によって買うお店を選ぶようになったのは。
今後もこの方針を変えるつもりはないものの、
来月のラインナップはその考えを改めざるをえない!
と思わせるくらい悩まされるほどの粒揃い。

 ゲームを選定していく過程で、
最終的には3つに分けられます、
一つ目は今すぐ買いたいゲーム、
二つ目は今すぐプレイしたいゲーム、
そして三つ目がどちらでもないけど欲しいゲーム、
これまでこの区分でやってきましたが、
このやり方だとある矛盾がうまれるんですよね。
それは今すぐ買いたいゲームとプレイしたいゲームが別の時、
さてどうするべきかと…。
 という訳で今はいろいろ購入基準を改正しようかと試行錯誤してるところ、
この辺の細かいところはまだ後日にするとして、
取り敢えず今回は大雑把にヒロインについて。

 3月ゲーは2012年№1ヒロイン候補が多くて困る。

①春木麗cv.野分嵐さん『&’』
…容姿よし、声優よし、キャラよし、作品的にもよし、
 そしてシナリオもメインルートということで期待できて、
 かなりパーフェクト。
『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています!

②有島ありすcv.ヒマリさん『ものべの』
…容姿は見れば見るほど惹かれていく気がする。 
 ヒマリさんは『スズノネセブン』で知って以降、
 まだ当たりが来てないので、
 このありすが当たりヒロインになってくれると期待大!
ものべの - ありす

③リサcv.夏野こおりさん『AngelGuard』
…原画のきみづか葵先生は昔から大好きで、
 キャラデザも声優さんも好み、
 相当いい線いってます。
『AngelGuard』応援中

④フェイcv.谷中麻衣さん『Fortuna Rhapsody』
…女神さまらしい容姿が堪らないですね、
 キャラも良さそうですが、
 声優さんとライターさんが未知数なのがなんとも。
『Fortuna Rhapsody』応援中


 他にも『DRACU-RIOT』の美羽とエリナ、
『ヴァンクル』のエルフィーナとキセキ、
『英雄*戦姫』は可愛いヒロインが選べないくらい多い。
こうしてヒロイン至上主義でゲームを選んでると、
かなりの確率で地雷に当たるのであまりよくないんだけど、
やっぱりお気に入りヒロインがいてこそだからね、
ヒロインさえよければ後悔はしない!!

※全くエロゲと関係ない話ですが、
 第9回東方シリーズ人気投票の25日までなんですよね。
 なんだかんだで気付いたら投票してるんですが、
 今回はアリス一択でした、
 なんとなく今回は上がってるキャラだと思う。
 一番一般受けするキャラデザとキャラクターだと思う、
 だけどTOP5に食い込めないのは2次創作が原因な気がする。


[ 2012/02/23 19:22 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2012年2月末発売の注目PCゲーム

 はぁーうっかりしてたわー、
『ひよこストライク』のお返しキャンペンの〆切って、
先週の金曜日までだったんだねー。
気付いたのが随分たってからならまだ諦めがつくけど、
〆切二日後っていうのがなんとも悔しい。
発売してからもう少し早く手をつけていればよかったなぁー。

 とまぁー先月発売のゲームをやっているうちに、
もう2月のゲームの日が目前です。
今月は延期が多かったので新作の激戦区が来月に以降して、
大分選びやすいです。

2月24日
『はつゆきさくら』SAGA PLANETS
『死神のテスタメント』3rdEye
『ツクモノツキ』Sugerpot
『ホチキス』戯画
『かみのゆ』light

『ネブ*プラス』Navel
『グリザイアの迷宮』フロントウィング
『猫撫ディストーションExodus』WHITESOFT
『太陽のプロミア FLOWERING DAYS』SEVEN WONDER

<PICKUP「新作前に一休みのFD」>
 新作は3月が激しいので、
今月は軽めにってことでFDをやるのもいいですね。
いくつか出る中で、
『グリザイア』と『猫撫』はヒロインとの後日談というだけでなく、
続編ぽいですね、
というか『グリザイア』は3部作の2本目だし続編か、
ムービーを見たらすごい格好よくて凝ってるし、
フミオ先生ファンとしては早くチェックしたいなー。
『太陽のプロミア』はいかにもなFD、
追加ヒロインにアナザーエピソード、
ジゼルが一番好きかなー。
 そうしていろいろ出るFDの中で、
一番の要チェック作品はなんと『ネブ*プラス』、
敢えての西又先生ヒロイン集。
この作品は過去の西又先生原画のNavelゲーで、
人気のヒロインを集めたものなんですが、
選ばれた3人中2人が凄い好きで、
特に桜は安玖深音さんを好きになるキッカケのキャラ、
西又先生のキャラデザ的にもお気に入りのヒロインなので、
ここまで当たりのヒロインばっかだと手を出したくなります。
[ 2012/02/20 18:59 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2012年注目のゲーム声優

 今日はバレンタインですね、
いろんなメーカーさんがHP企画やイベントやってたり、
絵師さんがイラスト描いてたりしていいですね。

 さてチョコを食う以外意味のない日のことは置いといて、
今日は2012年注目のエロゲ声優さんの話。
2011年はメインじゃなくてサブの声優さんとして、
雪都さお梨さん押しでしたが、
メインのほうは決められず、
結局なずなんYearとなりました。

 それで2012年はどうかというと、
既に声優さんが発表されているのを見る限り、
昨年とは少し状況が違うようです。
 声優さんはエロゲを選ぶうえでの重要なファクターとなる訳ですが、
その中でもこの名前があれば、
この人がいるならハズレでも買いますっていう声優さんが何人かいて、
さくらはづきさん、杏子御津さんとかたくさんいらっしゃるんですが、
その中でも特に好きなのが、
風音さま、五行なずなさん、遠野そよぎさん、安玖深音さん、夏野こおりさん
の5強です。
でも昨年の活躍と比べるとなずなんはまだ来てないし、
遠野さんが4月の『星架AA』待ち、
風音さまは人気投票3位になったロリキャラがいるもののそれくらい、
あぐみんは違うタイプのキャラの麗と深雪がいるので期待できる。
まああぐみんはさておき、
他の方々はまだエンジンがかかってないようで、
そうなると今年はこの5強の中での要注目は

夏野こおりさん

です。
 3月までFDや続編の3作でヒロイン、
さらに新作メインを3作品、
しかもどれも3月発売!

3/30『DRACU-RIOT』矢来 美羽
3/30『Angel Guard』リサ
3/30『乙女が紡ぐ恋のキャンパス』烏丸紫月

そのうち2作ではどメインヒロインときたもんだ、
こりゃー2012年がこおちゃんの年になる予感。

 そして今年新たに注目していきたいと思っているのが、

小倉結衣さん

です!!
 おぐおぐには関しては、
藤森ゆき奈さんと二人合わせて次世代の妹声優として注目してまして、
ふーりんとあぐみんとはまた違ったタイプの妹キャラだなーと。
主演作品数が増えているうえにメインをやることも多く、
今年も

3/30『英雄*戦姫』ヒミコ
3/30『Angel Guard』御堂紗織
2/24『ホチキス』芦川ゆきの
4/27『虹翼のソレイユ』リナソエル・エルルーン

など大活躍、
しかもそのうち3作でどメインヒロイン役で。
可愛らしくていい声だから、
いろんなタイプのキャラ声が聴いてみたいな、
妹キャラだけでなくお姉さんもいけるし、
バトルものやるならキリっとしたのもいけるだろうし、
今後の活躍が本当に楽しみ。

 今のところこの二人から、
他だとここ1,2年でよくなってきたし声が馴染んできたので有栖川みや美さんとか、
ヒマリさんとか。
この辺は来年ノミネートするかどうかってところかな、
取り敢えず今年は夏野こおりさんと小倉結衣さんに注目していきます。
[ 2012/02/14 16:35 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

好きなイラストレーターその1~珈琲貴族先生~

 先月のことになるんですが、
TGとPUSH3月号の読者コーナーの普通の御便りとネタ御便り、
両方で採用されまして、
普通の御便りは前々からたまに載ってましたが、
ネタコーナーで採用されたのは初めてだったので、
なんか懸賞が当たったりするよりテンション上がりました。
それくらいレアで記念にになることでした。
 まあエロゲに関することではネタが尽きないくらい、
買いまくってPLAYしまくっているので、
良くも悪くも書くことには困らないんですよね(^▽^;

 それで今日はゲームをしつつも、
ニコ動で第8回MMD杯本選が始まったので、
ランキングに上がっているMMD動画を朝からたくさん見てます。
ニコ動は面白いですね、
いろんな人の才能・個性が見れて、
とても自分じゃ作ろうって頑張れないから、
どれを見ても凄いって感心します。

<今日の本題↓>
 でも今日はそんなハガキのネタとかMMDのことは関係なく、
ここ1,2年気になっている絵師さんの話です。
昨年発売された『CURE GIRL』はPLAYして攻略して、
舞台探訪もしました。
その作品で原画を担当していたのが珈琲貴族先生です。
最初に絵師として意識するようになったのは雑誌の連載、
昔PUSHで連載イラストコラムやっていらして、
確か出世作ともいえる
『フリフレ』の発売前からやってたと思うんですが、
コラムの内容が確か“フェチ暴露”みたいなものだったんですよね。
二―ソがどうとかブルマがどうとか、
太腿がどうとかそういう話。
そういう話やイラストが好みで気にはなっていました、
でも当時は原画をやっているとはいってもロープライスゲーだけだったこともあり、
『フリフレ』も売れたとはいえフルじゃないし、
原画を担当した作品に触れる機会はありませんでした。
 だから『CURE GIRL』は効果は大きかったですね、
基本的にローやミドルじゃなくてフルばかりに手を出す身としては、
非常に有難い作品でした。
 そういう訳で今はロープライスゲーにも手を出しているところで、
先日『フリフレ2』を攻略しました。
これがまた2012年のロープライス賞に推したい具合の出来、
このヒロイン可愛すぎる♪
シチュエーション的に斬新という訳でもないけど、
出会い系やったら来たのが生き別れの妹で、
教師と生徒、兄と妹というWの背徳感、
擦れ違いながらもより絆を深める二人、
何よりこの妹可愛すぎる♪
声優さんがまたよくて、
なんかエロゲ声優っぽさがまだなくて、
ベテランでは出せないキャラクターを作ってるんですよね。
 まあ一番の魅力はやっぱり原画です、
他の絵師さんにはない丸っこくて可愛らしい女の子、
でも体のラインや質は肉感的でエロス。
フェチ前回なコスに私服、
着衣プレイが基本です。
お約束のブルマ―とスク水は出てきて、
背徳感的意味からも制服姿が多目、
私服はどれも可愛いです。
 昨今ロープライスゲーはいいのが多くて、
まだ『制服天使』を積んでいるのでこれからは分かりませんが、
1位になるしろ2位になるしろ、
買って損のない作品ではないかと。
お気に入りのヒロイン1人だけを愛したいという人には、
こういうロープライスゲーは気に入ると思います。
[ 2012/02/11 16:17 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2011年発売PCゲームを振り返る

 先日『どきお』をやっと攻略しましたので、
少しだけ感想を書きます。
 今年は2011年ゲーばかりやっているんですが、
その中では一番泣けました、
『WA2』より泣きました。
シナリオがいいとかじゃなくてさ、
どうしたって泣かせる話を作ってて、
ラスト30分くらいは涙がずーと止まらなず、
どうにかなりそうでした。

 結構『どきお』さんの反則技でグッときたので、
まだ2011年ゲーでやってないのでいろいろありますけど、
今の段階での印象深い作品を振り返ります。

※買っている39本数中攻略済みは15本

 『ワルキューレロマンツェ』はエロかったな、
純愛ものでいかにエロい作品を見つけるかが重要なんだけど、
エロさではかなりいいところいってますね、
シナリオはもう少しってところでしたが。

<ゲーム性『神採りアルケミーマイスター』>
 萌えゲーアワードでも受賞してましたし、
あとはシナリオさえよければ間違いなく大賞だった名作。
今作のエリザスレインさまやメロディアーナさんも大好きだけど、
次回作のメヒーシャにも大注目、
エウシュリーの天使キャラこそ真の天使!

<ヒロイン『WhiteAlbum2』>
 これはもう揺るがないですね、
小木曽雪菜こそ2011年の絶対的な№1ヒロインです。
『WA2』は作品としてはトラウマ多すぎてなんとも言えないけど、
恋愛もの作品としては至高の一品です、
本気の恋を味わいたいなら、
甘さも苦さも痛さも全部ひっくるめて受け止める覚悟があるなら、
お薦めの一本、
特に雪菜好きの人は大変。

<舞台探訪的『CUREGIRL』>
 鎌倉ど真ん中ということで『どきお』もいいけど、
藤沢駅北口が初登場というところで注目の一作。
珈琲貴族先生の描くブルマ―&スク水がいい、
どろどろダラダラ甘々な恋愛。

<世界観『いろとりどりのセカイ』>
 『穢翼のユースティア』も独自のファンタジー世界を築いていたけど、
この作品はなんかふわふわしていて、
塗りのせいかもしれないけど寮に住む人々が変わってるし、
何より主人公にしか見えない真紅の存在が、
この作品のふわふわ感を象徴してる感じがする。

<声優『SugirlyWish』>
 やっぱり2011年は五行さんの年でした、
なずなん最高!
ビバッなずなん!!
詩子さんとか杏奈とか、
なずなんに癒され萌えさせられた2011年でした。

 という訳でそろそろ今年注目の声優さんをまとめたいところ、
本当にエロゲーにおいて声優さんの存在は偉大で重要。
『星架AA』の新ヒロインの声優が遠野さんでよかった、
もう楽しみでしょうがないです。
遠野さん、五行さん、風音さまなど、
個々数年どうにも注目声優さんが変わらないので、
今年はどうなるかなー。
[ 2012/02/08 20:28 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

弾丸撮影ツアー第一弾~関東/神奈川編-新江ノ島水族館-~

 1月後半はダラけていたものの、
2月になってからはまたゲーム漬けの日々に戻っています。
この数カ月で大量に買いすぎたために、
どれから手を付けるかが悩みどころ、
あぁー時間が欲しい…。

 先日いろいろ回ってた時に、
風景でもなくただの動物でもないものということで、
水族館へ海の生き物を撮影しに行ってきました。
エロゲで水族館はそこそこ出てきますね、
すぐ思い出せるのは『ToHeart2』とか『君と恋して結ばれて』とか。
DSC02394_20120205180547.jpg
 今回行って来たのは江ノ島の近くにある、
新江ノ島水族館です。
ここは年間パスポートが2回分の入場料で作れるのでかなりお得です。
水中の生き物を撮るのは初めてだったんですが、
かなり難しかったのです。
せっかく年間パスをかったので、
何回か通って技術力UPをしていきたいですね。

中々迫力のある方々。
DSC02395_20120205181356.jpgDSC02417.jpg

集まり方が会議やボスキャラみたいなのがいて面白かった。
DSC02443.jpgDSC02452.jpg

なんか絵画みたいでした。
DSC02440.jpg

凛々しいペンギン。
DSC02520.jpg

空を飛ぶイルカ
DSC02580.jpgDSC02592.jpg
イルカって生で見るとあんまり可愛くなったな、
どっちかっていうと歯が結構しっかりしてるし、
思いの外体が大きくて怖かったわ、
でも握手してもらいました♪

<新江ノ島水族館グルメ>
※ここにあるメニューは季節によってやっていないものがあります。
ごまふカスタードまんとしんえのしまん
DSC02538.jpgDSC02544.jpg
あっつあつのカスタードがおいしかったです、
両方とも300円。

和らび黒蜜サンデー
DSC02550.jpg
サンデーと名の付く店に唯一あったサンデー、
和と洋のそれぞれの甘さと、
わらび餅の食感がよかった。

クラゲカレーうどん
DSC02495.jpg
クラゲかどうかは分からない程度だけど、
カレーはおいしかった、
でも少しボリュームが足りないかな。

 なんかいろいろブログの方向性に迷っている感じがするなー、
捉え方によっては舞台探訪としての水族館もありだけど、
例えば下田の海中水族館は最低でも外観くらいは出そうな気がするし、
ありといえばありか。
まあこういう話を書くのは引きこもりとしては珍しいから、
偶にはいいかなー、ほとんどゲームの話になりそうだし。

 そういえばここは似顔絵を描いてくれる人がいて、
カラー顔のみで1800円だったのでお願いしましたー、
似顔絵って自分の顔の特徴がどこにあるのかよく分かるなー、
眉と鼻ですね(汗;
[ 2012/02/05 18:47 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『夏色キセキ』の舞台探訪 in 静岡県下田市

 今回はとんだ気まぐれを起こしたもので、
制作発表会に参加した勢いがあったから行ったもの、
もうアニメが始まってもこんな遠出しないだろうなー。
というかそもそも舞台探訪はゲー専なので、
後はアニメ探訪のプロの方にお任せします。

 そもそも下田に行くことにしたのは、
温泉
に行きたかったというのが発端です。
疲れてるんですよ、
だから癒されてる~て感覚を分かり易く味わいたかったんです。
 行く場所は『WA2』関係で群馬や栃木の北関東の温泉郷にするか、
箱根にするかで迷っていたものの、
急遽伊豆の下田に決まりました♪

 舞台探訪のほうはHPに載せてますので、
こっちはそれ以外の下田の名所や聖地候補について紹介します。
<下田観光大体の流れ>
 まずフリーパスでスルっと静岡入りして熱海で伊豆急に乗り換え
DSC02611.jpg
8時過ぎ、1時間少々で伊豆急下田駅に到着
DSC02613.jpgDSC02953.jpg
 まだ店が開いてない時間なので、
神社や寺から周り始め、
商店街を下見。
ペリーロードで漫画の見開きを撮ったら→HP
同じく漫画で下田公園のアジサイ見に行こうって優香が言ってたので、
下田公園へ。
そこで発見できるか不安だったキービジュアルの場所を見つけて→HP
ペリーロードで他にもいい感じの階段あって
DSC02698.jpg
注意してたんですよね。
キービジュアルの階段から見た風景がこれ
DSC02737.jpg

 これで一応ノルマを達成できたので後は気軽に観光、
下田公園を回って地中海水族館へ、
時間がないのでドクターフィッシュは諦めてバスで駅へ戻り、
ロープウェイで寝姿山へ、
それから駅の道でお昼食べて店の開いた商店街を回って、
バスで灯台へ行き水仙祭りを見て、
戻ってきたら最後に町を軽く回ってお土産を買って、
一番の目的の温泉に入り17時の電車でGO!
大体9時間の下田観光でした。

ここからが個々の具体的な話

<寺社・史跡>
 まずは神社とお寺から、
[八幡神社]
DSC02646.jpg
凜子の家の神社に一番近そうな場所、
下田である程度の大きさで似た神社ってここぐらいだよな。
山の上にも浅間と商店街やそこかしこに稲荷とかあるものの、
あっても祠か規模が小さいので。
[宝福神社]
DSC02632.jpg
ロケハンで行ったらしい、
下田では坂本龍馬関係で有名な寺。
[愛染堂]
DSC02839.jpgDSC02842.jpg
ここで絵馬を奉納したみたいだけど、
流石にみつかりませんでした。
寝姿山の頂上にあって、
下田が一望できる絶好のロケーション。
DSC02853.jpgDSC02854.jpg
[下田城址公園]
DSC02773.jpg
あっちこっちに展望台があるので風景を楽しめます
DSC02761.jpgDSC02817.jpg
6月ならアジサイを楽しめるのですが
DSC02755.jpg
今はこの通りなので夏にこそ探訪すべき作品ということですね。
[大砲]
DSC02654.jpgDSC02860.jpg
黒船関係で文化会館や寝姿山の砲台にかっちょいい大砲が展示されてます。
[その他の建物]
DSC02896.jpgDSC02899.jpg
 下田は昔ながらの建物があったりして味のある街並で、
一枚目は安直楼、2枚目はなまこ壁の家です。

<娯楽・観光>
[海中水族館]
DSC02783.jpg
入場料1900円、観光案内所で400円の割引券が売っているので、
実質1500円で入れる。
イルカとの触れ合いやドクターフッシュもいて、
スフィアの面々も楽しんだみたい。
[温泉・足湯]
 足湯できるところはいろいろあって駅前にもあるけど
DSC02777.jpg
このようにオープンなのでゆっくり足湯したい人にはこちら
DSC02891.jpgDSC02893.jpg
ハリスの湯というところがありますのでこちらがお薦め。
 温泉のほうは昔ながらの銭湯の昭和湯に行ってきました。
DSC02959.jpg
入浴料360円、石鹸付けても390円ととてもリーズナブル、
1時間か2時間ぐらいじっくり浸かるつもりでしたが、
久々に入った温泉は熱くて熱くて、
休み休みでも30分が限界でした。
[爪木崎灯台]
DSC02925.jpg
バスで15分ほどのところにある灯台、
ここから須崎港のほうまで遊歩道があるらしいけど、
時間がないのでやめておきました。
DSC02929.jpgDSC02930.jpg
灯台の近くには水仙の群生地があります
DSC02942.jpg
もう終わりの時期だったのでこんなもんでした。

<商店街など街並>
[とうきゅう]
DSC02621.jpgDSC02766.jpg
ロープウェイ乗り場の隣。
[ペリーロード]
DSC02701.jpgDSC02676.jpg
[駅前ローソン]
DSC02917.jpgDSC02916.jpg
一枚目はロケハンでの写真を再現、
駅前3店舗あるようで、
1店は下田開国博物館の先で確認しました。
作中で出てくるローソンが個々なのかどうかは不明。
[マイマイ通り]
DSC02957.jpgDSC02957.jpg
DSC02764.jpg
[その他]
DSC02809.jpgDSC02782.jpg
DSC02956.jpgDSC02958.jpg
1枚目は水中水族館近く、2枚目は水族館を見下ろせる展望台、
3枚目は駅近くの橋の前。
4枚目はハリスの湯隣のCD屋、ここが例のスフィア押しの店か?

<グルメ・お土産>
[下田バーガー]
道の駅一階にあるお店で食べれる
DSC02874.jpg
こちらが下田バーガー、お値段1000円です
DSC02871.jpg
かなりボリュームがあっておいしかったです、
金目侮りがたし。
[黒船やき]
ロロ黒船で売っているお菓子、
確かとまっちゃんが宣伝をしていたはず
DSC02963.jpgDSC02967.jpg
DSC02968.jpg
外はクッキー生地でサクっとしてて中はふわっと柔らかく、
なんとも不思議な触感でした。
[平井製菓店]
DSC02889.jpg
いろんな和風製菓が置いていて、
中でも一番人気は下田あんぱん
DSC02969.jpgDSC02973.jpg
DSC02895.jpgDSC02894.jpg
餡の種類が栗とか牛乳とか桜とか、
いろいろあったものの、
イベントで美菜子が紹介していた一番ベーシックな、
おぐらあんとこしあんにしました。
何個も食べたくなるほど良い甘さでおいしかった。
[富士山サイダー]
DSC02779.jpg
富士山のおいしい水で作ったサイダーです。

<番外編>
[小木曽商店]
DSC02897.jpg
名前に釣られただけです(笑)。
干物の老舗みたいです。

 下田は中々見どころの多いところでした、
伊豆全体で考えたらもっとあるんだろうけど、
流石に日帰りじゃー他の町までは行けないので、
3泊4日か1週間ぐらい時間をかけて観光したいですね。
[ 2012/02/01 11:46 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ