まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2012年01月

【速報】『夏色キセキ』製作発表会

 今日『夏色キセキ』の製作発表会のほうに行ってきました!
DSC02610.jpg
アニメ絵は初めて見ましたが、
結構カラフルだなー、
ティザーイラストは淡い色だったからそのギャップのせいかもだけど。
放送時期も発表されまして、
2012年4月よりTBS系列で放送スタート!!
なんだそうです。
その時に先行PVを見たんですが、
雰囲気の良さそうな友情ものという感じでしたね。
あとは夏色の明るい風景も印象的です、
さらにその中で元気に走り回る優香や夏海。
紗季が子供(cv.あやひー)に「お姉ちゃん魔女なの?」
と言われていたりと、
様々な物語の謎も感じさせる映像でした。
女の子4人組のアニメといえば『たまゆら』が思い浮かびますが、
それとはまた違ったものになるでしょう。
なんせ中の人である声優さんをモデルにしてる作品ですから、
大分中の人の性格や癖とかがキャラに反映されているらしく、
一味違った友情ものになりそうです。
なんといっても監督があの水島さんですから、
そんでもってタイトルが『~キセキ』ですから、
一体どんな“キセキ”を起こすのか放送が楽しみです。 
 でもこういう情報は他の参加者、
よっぴーさんが既にツィツターとかで流していると思うので、
まほろんだからこその注目ポイントをピックアップ

<舞台探訪-静岡県下田について->
 舞台が下田であるという情報は前から流れていたと思いますが、
その具体的にどういうところが出るのかっていうのは恐らくまだでしょう。
そこで監督や出演者の会話から拾えた情報をまとめると、

[その①-キービジュアルの階段-]
まず上のファイルにあるアニメのキービジュアルのモデルとなった場所、
どうやら既に聖地巡礼をスフィアの4人はしているらしく、
まんま同じ並びで写真を撮っているんですよね。
1月14日にスタッフと一緒にロケハンに行ったそうで、
スライドでその時の模様を紹介していました。
流石にどこかはわかりませんでしたが、
下田の同じような階段がある場所は探せばあるでしょう。

[その②-絵馬奉納のお堂-]
 寝姿山にある愛染堂です、
どうも絵馬を奉納したそうなんですが、
ここも何か関係あるのかもしれません。
かといって凛子は神社の娘ではあるものの、
この山にお堂以外に社があるのかどうか?

[その③-作中に登場するローソン-]
 PVにも入ってましたが作中には下田駅周辺のローソンが出るらしく、
スフィアも一緒に計3店舗を回って、
Lチキや煮込みハンバーグ温玉のせパスタとかを食べたそうです。
アニメが始まればコラボとかもする予定だそうで、
どんなメニューが出るか楽しみ。


[その④-龍馬ゆかりの寺-]
 ロケハンでも行った宝福寺は龍馬と関係ある場所らしい、
でも特にそれ以上の情報なかったなー。
作中で出てくるのか不明だけど、
ロケハンで行ったなら無関係なハズはないでしょう。

[その⑤-海に通じる水族館-]
 下田海中水族館というところにも行ったそうで、
ここも要チェックですね、
かなりいろいろ話をしていたので。
ここにはイルカがいるらしく、
触ったーとかそんな話と、
“海中”と名の付く水族館ですから中々特色があるし、
何よりわざわざロケハンしてるから間違いなく出るでしょう。

<その6-商店街のスフィア押しのCD屋->
 商店街ではCD屋があるらしく、
その店の周辺で足湯ができるところがあるらしい。
その周辺をロケハンしてるから、
この商店街も出そうだな。
作中で4人組みの音楽グループが出てくることから、
このCD屋も要チェックだな。

<番外編-下田のグルメとお土産->
 この辺の内容は製作発表会後の公録でした話なので、
ラジオで聴けると思いますが念のため。
下田は金目鯛の漁獲量が日本一らしく、
その金目を使った下田バーガーが名物、
あと金目せんべいもあるらしい。
他は下田あんぱんというあんぱんがあるんだけど、
これが夏海の好物らしく、
ネットでの取り寄せもできます。
それ以外だと、
下田といえば「カイコクシテクダサイ」
ということでペリー絡みの名物がいろいろで、
黒船的なお菓子とかを紹介していました。

 PVが短くて一瞬だったので、
PVからはほとんど情報が拾えませんでしたが、
水島監督がスフィアのプライベートなところまで迫って、
ネタを拾いキャラに反映しているとのことなので、
スフィアファンには堪らない作品になることは間違いなし。
OP・EDもスフィアが歌うとのことで、
CDは4月25日に発売するそうです、
まだイメージソングしか聴けてないけど、
どうせならそれも入れて欲しいなー、
中々いい曲だったんだよね、
せめてアルバムには収録してくれないかなー。

 プロデューサーの斉藤さんが地域密着の作品を作りたいと選ばれた下田、
都会の喧騒を離れてリラックスするにはかなりいい場所ですよ、
海が近くて温泉があって、
是非観光がてら行ってみたいなー、
スフィアの4人も温泉入ったみたいだし、
いいですよねー温泉♪

スポンサーサイト
[ 2012/01/29 23:57 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

弾丸撮影ツアー第一弾~関東/神奈川編-野毛山動物園-~

 ここ1週間で4本も映画見ました、
しかもどれもアニメじゃないという奇跡(笑)。
まあしょうがないんだよね、
アニメ映画の新作暫くないからなー、
その代りエロゲを大量に衝動買い、
もう少し気が触れてるんじゃないかってぐらい、
あぁ~一切外出やめてエロゲだけしてようかなー、ふふふ。
実際にそうなるとヤバいから意識的に外出してるんですけどね、
そういう訳で今日も撮影旅行の話。
 
 舞台探訪のための撮影ばかりだっただから当たり前ですけど、
基本的にこれまで風景写真ばっかりで、
いわゆる“静”のものしか撮ってない。
という訳で普段はまずモチーフにしない“動”のもの、
動物を撮影しに横浜の野毛山動物園へ行ってきました。
ここは1時間少々で回れる広さで気軽に行けるし、
何より無料なのが凄い助かる、
まあ動物園はどこも入園安いけどさ、
上野だって500円くらいじゃなかったかな?

※動物園が出てくるエロゲってすぐ出てこないなー、
 遊園地や水族館なら分かるけど。

DSC02334.jpg
入ってすぐのところにいる、
野毛山のマスコット的なレッサーパンダさん、
檻も柵もなくて凄い撮影しやすかった、
やっぱりかわいいですね。

 レッサーさんの他にも亀やワニ、
キリンにダチョウに鳥類いろいろ、
トラやライオンまでいて、
全部撮影したもののどうにもうまく撮れなくて、
生きて動いているものを撮影するのってこんなに難しんだーと痛感、
気に入るものが撮れなかったのでまた挑戦して、
生き生きとした姿を写したいです。

<野毛山グルメ>
 野毛山の名物はないかと探したものの、
売店に売っているものは少なく、
唯一“野毛山”の名を冠している食べ物が野毛山ソフトでした。
DSC02353.jpg
おいしいけど普通のソフトクリームですね、
動物園に乳牛がいる訳でもないですし(汗;

<野毛山からの風景>
 野毛山は立地的に横浜の海側全域から内陸のほうまで見渡せて、
動物園の向かいには展望台があり、
ランドマークタワーやマリンタワー、ベイブリッジなど、
数々の名所が一辺に見れます。
DSC02362_20120128221722.jpg
展望台です。
DSC02372.jpg
ランドマークタワーはいい形してます、
モチーフとしては撮ってて楽しいですね。
港町の歴史の深い横浜には他にも面白いところが一杯で、
いつもは山手のほうしか行ってなかったけど、
これからは駅の西口のほうも見て回っていいかもなー。

[ 2012/01/28 22:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

弾丸撮影ツアー第一弾~関東/神奈川編-今泉・北鎌倉-~

 今日から連投で更新します。
というのもここのところ写真撮影目的でいろんなところへ行ってまして、
2次元系の話題ばかりを扱ってきた当ブログですが、
まあ舞台探訪などにも繋がる活動としてカメラいじりを位置づけているので、
趣味の話として晒していこうと思ってます。

 ぶっちゃけ、
写真を撮る楽しさを見つけたいんですよ、
なんか舞台の写真を撮るだけに疲れたというか、
うまく写せないのがどうにももどかしくて。
 という訳で技術力UPのための撮影旅行、
その第一弾です。
 最初に選んだその場所は“鎌倉”です。
元々鎌倉は全域を把握するために隅から隅まで回るつもりでいたので、
今回もそういう計画を立ててました。
毎年毎年この町を舞台にした作品はたくさん出ますから、
知っておいて損のない所なんですよね。
 本当に隅から行こうと思ったので、
市街地のず~と外から、
北鎌倉の裏側の大船の裏山からのスタート!
急な坂を上り住宅街を駆け抜け大船高校をスルーして、
その先にある六国見山の展望台へ。
DSC02216.jpg
 鎌倉に限らず神奈川には、
恐らく他の県にも、
“富士見”と名の付く地名が多くあって、
関東平野というだけあって平野なので、
富士山を遮るものが何もなくて、
空気が澄んでいる日はくっきり見えることが多い。
ちょっと高台に上るか、
上らず平地からでも撮ることが出来て、
凄くいいモチーフになる。

DSC02213_20120127222309.jpg
 東側を見ると鎌倉市街地が遠くに見える、
天気のいい日は初島も見えるらしい。
こういうところから町を見下ろすと、
700年前の鎌倉攻略が如何に大変だったかが伺える、
完全に山に囲まれているからな。

 予定としてはこの後に今泉から抜けて北鎌倉に入り、
十二所のほうまで見に行ってから材木座まで出て、
市街地を北上して源氏山をぐるっと回って鎌倉山に入り、
深沢ほうに抜けて大船へ戻るコースを考えていました。
 ところが前半で思いの外体力を消耗してしまい、
六国見山から今泉台と山を上っては下りて上っては下りてを繰り返したため、
北鎌倉へ着くころにはもう体力的に限界で(汗;
自転車なら回り易いだろうなーと思ったんです、
完全に鎌倉の山を舐めてましたわ。

 という訳で今回はここまで、
鎌倉の本格的な撮影はこれからですね、
最後に鎌倉のグルメを紹介します。
DSC02239.jpg
鎌倉と言いながら“江ノ島名物”のたこせんべい、
大仏へ行く途中でお店をみかけました。
なんか前にあおちゃんのラジオでもネタに出てきたので、
ついついふらふらと引き寄せられてしまいました。
お土産用のやつより薄い気がするけど、
少しあっつあつでおいしかった。
あとは長谷寺の寺まんじゅうなんかも食べました、
隠された名物の発掘も楽しそう。

<オマケ>
DSC02241_20120127225125.jpg
物凄いどうでもいい写真ですが、
深沢のほうで見かけてどうしてもツッコミたくて、
中華料理屋の看板でしょうけど、
どうしてわざわざ徐行という言葉を入れて、
しかもギョーザがおみやげなのか、
珍百景かなんかで面白看板特集もあったけど、
普段見ている町の中にも面白いものは溢れているのかもしれない。
[ 2012/01/27 23:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『WHITE ALBUM2』の舞台探訪 in東京&成田

 今回は2011年№1とも言われている、
『WHITE ALBUM2』の舞台探訪です。
前々から感想を書こうと思ってましたが、
昨年の『ユースティア』以上に酒がないとやってられない作品なので、
やばいことも書きそうなのでやめておこうと思います。
ただ言えるのは、
恋愛を描いたものとしては至高の一品であり、
雪菜が2011年の№1ヒロインになったとだけ申し上げておきます。

 さてまずは本編から拾える本作の舞台情報についてまとめておきます。
作中で何度も言っていることから東京都内がモデルだと思われます、
主な登場する町は路線の順番で、
 南末次町(吉祥寺)→末次町駅(?)→岩津町駅(?)→峰ヶ谷駅(?)
→笹窪駅(名前のみ)→御宿駅(新宿)→成田空港→ストラスブール(フランス)
               →新橋駅→有晴(お台場)
という感じで、
まあ半数は分かっていない状態です。
不明な末次町と岩津町と峰ヶ谷はそれぞれヒロインの家の最寄駅なので、
なんとか特定したいところですが、
少なくとも岩津町は都内っぽくないんだよね、
峰ヶ谷もかなり微妙。
他に千晶の家があろうという千葉県に近い東有川という場所や、
朋の事務所の最寄駅の阿佐田橋というところがある。

<御宿駅とその周辺>
 他の路線へ乗り継ぐターミナル駅であり、
プレゼントの買い物や飲み会などもここでするし、
なんといってもアルバイト先があるので『CC』での登場回数が多い町。
『IC』でのハグ&キスのやっちまった現場がないか探したけど発見できず、
取り敢えず駅と公園だけ撮ってきた。
seiti241.jpg
宿として出てきた背景が全て新宿にあるのか分かんないけど、
これからも探していくしかないな。

<成田空港>
 撮影したかった成田エクスプレスの車両が既に新車両と交代してて、
いきなり躓いたけど、
どうやら昔の車両は長野で今も現役みたいだからいつか撮影しに行きたい。
DSC02151.jpg
 ここはなんとか撮りたいのはなんとかなった。
最初第1と第2で間違えたりして、
撮影に時間はかかったものの目的の場所を発見
DSC02175.jpg

<新橋駅>
 作中では駅名とか触れていなかったものの、
背景にある路線図や雪で遅れるというアナウンス、
お台場へ行く路線ということで特定。
お台場のほうはまだ調査できてないので、
今後する予定、
でも背景どおりにパレットタウンの観覧車とフジテレビを収められる場所が、
探しても中々見つからないんだよなー。

<南末次町駅(吉祥寺)>
 作中ではもっとも登場頻度が多く、
関連する背景も多いものの、
今のところ駅以外の場所が分からない。
学園も大学も主人公の家も小春のバイト先もここが最寄駅で、
一杯背景あるのに見つからなくて、
唯一分かってる駅でさえ改修で様変わりしてて、
かなり残念な探訪先。
でもここで春希や雪菜たちがーて思いながら町を散策すれば、
それはそれで楽しめる。

 もっと発見できると思ってたのに思いの外難しくて、
あとはストラスブールにでも行くしかないかなー。
[ 2012/01/24 16:41 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(4)

2012年の舞台探訪とか

 今日は朝から2012年最初の舞台探訪する予定でしたが、
出発しようとしたら雨が降り出しまして、
天気予報確認したら東京は降水確率80%!
来週からは天気がいいみたいなので、
泣く泣く諦めましたORZ

 まあでも私がそうやって頑張らなくても、
最近はエロゲの新規開拓をしてくれる人がいますから、
大丈夫かなー。
但し関東ではいないんだよね、
例えば東と西でそれぞれろ支部を作り、
エロゲの舞探を活性化させる会を発足させてもいいんじゃないかと、
アニメのように何もしなくても賑わうのと違い、
やっぱりエロゲ舞探は弱いからなー。

 まだ今年は3本しかやってないのでネタが集まってなくて、
来週行って来たら、
ゲームの感想と合わせて紹介するつもりです。

 エロゲの舞台探訪情報っていろんなところで拾えるもので、
公式HPの情報からブログやツィッター、
雑誌のインタヴューとかいろいろ。
アニメと比べると分かりづらいけど、
だからこそ探し甲斐もあると思う、
何よりエロゲが好きですから、
その舞台のでモデルとなっている場所へ行けるのは何より嬉しい。

 モデルとなっている場所は分かっているけど、
追加情報待ちなのが
・『少女神域∽少女天獄』Lass→鎌倉市
・『ひとなつの』ハイクオソフト→鎌倉市
・『ゆきうた』ねこねこソフト→北海道

 まあ今後も南関東を中心に舞台探訪活動していきますので、
よかったらHPのほうを見てください。
そのうち町ごとのまとめを作りたいです、
作るつもりはあるんですけどねー、
取り敢えずもっとゲームしないと、
もうやりたい作品が多すぎてヤバい。
[ 2012/01/21 20:49 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

2012年1月末発売の注目PCゲーム

 ふぁー2012年もエロゲーは最高なんだなー。
まだ新年明けて2週間少々でありますが、
他のことなんて何もせずにエロゲだけしていたい、
そう思うくらい充実してます。
 とはいっても1本目がトラウマになるくらいの衝撃で、
2本目、3本目が凄いぬるま湯ゲーになっていまして、
まあそれがちょうどよくて気持ちいいんですけど。
あのレベルの作品はマジで年に一本で十分、
他が本当に恋愛ゲーとして甘いなーて実感できてしまうからね、
耐性が付き過ぎるというのも困りものです。
 そして気付けば今年最初のゲームの日が近づいている、
もう予約のデッドラインは過ぎているものの、
まだ間に合うところはあるから今からでも再考せねば。

1月27日
[FD・続編組]
『真剣で私に恋しなさい!S』みなとそふと
『同棲ラブラブル』SMEE
『ティンクル☆くるせいだーす PSS』Lillian
『BUNNYBLACK2』 ソフトハウスキャラ
[純粋な新作]
『学☆王』Lump of Sugar
[延期で流れてきた組]
『ひよこストライク!』Ex-iT
『スタドル!』abelia

<コミケで体力消費したファンのための月>
 今月はラインナップを見た限り、
作品やブランドファンのためのって感じがする。
『まじこい』と『ラブラブル』なんて前作やった人にとっては神ゲーだろうし、
『クルくる』なんかもぱじゃま時代からかんなぎれい先生好きとしては、
クルルや委員長たちにまた会えるのは嬉しいな。
『ひよこ』は延期で流れてきた作品だし、
純粋に“2012年”の新作というと『学☆王』でしょうね。
Lumpファンとしては萌木原先生の作品が楽しみなところだけど、
この『学☆王』設定とか雰囲気とか中々楽しそうな作品、
さらにヒロインたちが可愛い♪
4人ともかわいいけど、
個人的にはアンネマリーかなー、
声優さん的には光莉と海月が注目されてるけど、
外見的にはアンネマリー、
中の人的には比奈夕が好き。

 でもなんだかんだ言っても、
2012年は2月と3月が最初の激戦区、
4月もいろいろあるけれども、
まずは2月と3月を戦える体力を極力温存しておきたいところ。
[ 2012/01/16 17:50 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2012年年内発売予定の注目PCゲーム

 やっと終わった―、
元日から始めた2012年最初の一本をなんとか攻略しました。
もしかしたら感想を書くかもしれませんが、
内容がないようだけにひどいことになりそうで、
感情が高ぶったら書くかもなー。

 さてさて、
今年も順調にゲームライフをスタートしまして、
暫くはこのままの勢いでゲームを満喫したいところです。
もうアニメは今期3,4本に抑えて、
目標は年間プレイ本数3ケタ越え、
最低でも50本以上は攻略したいですね。
 そんな訳で今月もゲームのチェックをしなきゃなりませんが、
まあまだ週末まで決断先送りで大丈夫でしょう。
ということで今日はもっと先を見て、
今年発売予定でまだ発売日が出てない作品で、
注目作をPICKUP!

<ゲーム選びのポイント>
 9年間のゲームライフで辿り着いた結論、
 重要なのは2点、
可愛い気になるヒロインと良質なエロス、
この2点が合格なら良作判定していいくらい。
エロゲーなのにエロに拘ってないなんて問題外!
エロが欲しくてエロゲを買っているのに、
エロがイマイチでは満足できないなー。
もちろんヒロインが可愛いのは前提条件なので、
一番重要なファクターは絵師さんになります。
可愛いヒロインと良質なエロスを最低条件として、
可愛いヒロインには絵と声と性格(ヒロインのシナリオ)も含まれて、
+αで神シナリオと高いゲーム性とかあればなおよし!

『ウィッチズガーデン』ういんどみるOasis
…やっぱこ~ちゃ先生ですよね、
 こ~ちゃ先生原画のゲームはういんどみるでしかできない!
 萌えエロはもう片方の新作のほうみたいだけど、
 それでもこ~ちゃ先生を選ぶなー、
 『結い橋』の頃から大好きなので。
 単独原画の完全新作は3年振りですから期待大です。
『大図書館の羊飼い』オーガスト
…取り敢えず学園ものなら順当でしょう。
 みんながどういってもべっかんこう先生の描く女の子と、
 オーガストの作風が好きなので安牌。
『1/2 summer』ALcotハニカム
…なんだかんだハズレがないブランド、
 これまでの積み重ねの安心感、
 せせなやう先生キャラデザのヒロインが可愛い。
『レミニセンス』てぃ~ぐる
…『暁の護衛』シリーズが大好きならば大当たりな作品、
 どうも世界観が繋がっているようだし、
 衣笠彰梧の書くテキストは面白いし、
 何よりトモセシュンサク先生の描く女の子が好き。
『十六夜のフォルトゥーナ』Lapis lazuli
宮坂みゆ先生久々の完全新作、3年振りかなー。
 シスター服がいいんですよね。
『プリズム◇リコレクション!』クロシェット
…やっぱりクロシェットはしんたろー先生のためのブランドだと思うんです、
 もっとしんたろー先生の描く女の子が見たい!
 『あまつみそらに』も『かみぱに』も
 個人的には大好き。
 大きいおっ○い好きだけど、バランスが壊れない程度で。

<新作を期待するブランド>
rootnuko
…1作目、2作目とミステリー要素があったり、
 シナリオにこだわったりしてたので、
 3作目もよりこだわっていって欲しい。
 そしてやっぱり原画のアマクラ先生が描く女の子が好き。
RococoWorks(2011年解散)
…もう解散してしまったんですがね、
 tarteの頃からのファンとしては、
 またなんらかの形で再起して欲しい。
[ 2012/01/13 19:06 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2012年冬アニメの初回感想その1

 この冬アニメはマジでいい♪
まだ予定の半分しかチェックできてないけど、
当たりばかりでどれでもかなりよかった。
そんな冬の新番組の初回感想です。

『ゼロの使い魔F』
…1期からリアルタイムで追ってきた身としては感慨深いものがあった。
 始まりがこれまでで一番続編ぽくスタートしたな、
 そしてルイズのデレ度があんまりに上がってて別キャラかと、
 そういやー前期ではついに…だったもんなー、
 まあ個人的にはルイズよりシエスタのほうが好き。
 原作のほうもいよいよクライマックスまでもう少しということで、
 ゲームのシナリオも『ゼロ魔』も、
 ヤマグチ先生には無理せずしっかり療養して、
 のんびりやっていって欲しいなー。

『偽物語』
…西尾ワールドと新房時空が交じりあって化学反応を起こし、
 独特の演出やセンス、世界観を生み出した感じだなー。
 新房監督作品は他にもいろいろあるけど、
 ここまで見応えがあって面白いのはそうそうない、
 それから渡辺明夫先生のキャラデザがまた良くて、
 妹がエロ可愛かった、まあ片方しか出てこなかったけど。
 いつもの実写表現がなかったのが意外、
 まあたまたまかもしれないけどね。

『アクエリオンEVOL』
…『創聖』を見てないけど、
 こんなにぶっ飛んだ作品とはなー。
 典型的なボーイミーツガールものって感じで、
 男の子と女の子があそこを破って合体しちゃう話だね、
 こりゃー思いの外今後が楽しみ。
 一番意表を突かれたのは香菜ちゃん、
 まさかあそこまでボーイッシュな演技ができるなんて、
 本当に凄い、これはありです。

『戦姫絶唱シンフォギア』
…こりゃーまた意表を突かれた。
 ツヴァイウィングばかりに注目してたから、
 この二人がメインで話が進んで、
 なんかバッタバッタと敵を倒し、
 この二人が歌うなら音域合うだろうなーとか、
 そんなことばかり考えてたから、
 思いの外シリアスな1話で、
 しかもまさかのあおちゃんメインで、
 そしてこのあおちゃんがまたヤバい。
 もう急激に注目度が上がってますよ、
 まさかの水樹さんと高山さんだけでなく、
 あおちゃんの歌までとは…。
 今後の展開や楽曲が楽しみだ。

『探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕』
…もはや原型を留めてない壊れっぷり、
 まさかここまでやるとはね、
 探偵であったことまで忘れるとかやり過ぎでしょ(笑)。
 元々アルセーヌ様派だったけど、
 おバカで無邪気さアップでシャロの可愛さアップしてるなー、
 もうこのままでいんじゃないかとも思ってしまう。
 『GA』や『でじこ』などブロッコリーアニメ好きとしては、
 今期№1の期待作だ。

 どれでもかなりよくて、
楽しくってしょうがない。
 
[ 2012/01/10 18:45 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2011年のアニメを振り返る

 ぼちぼち冬の新番組がスタートしましたね、
まあまだ一つもチェックしてませんが。
主にニコニコ動画で見るからどうしても初動が遅れるんだよね(汗;
最近やっと秋アニメを大体見終わったぐらいで、
だから新番組を見る前に、
2011年の冬~秋までで印象的だったアニメを振り返ります。

<2011年冬>
 まだ少し積んでるのがあるものの見た中では、
一番面白かったのは『GOSICK』、
ただ事件の謎を解くだけのミステリーじゃなくて、
主人公の生い立ちや謎が明らかになっていたり、
バックボーンとしてストーリーがしっかり絡んでいて、
何よりヴィクトカ役のあおちゃんが凄いよかった、
『まどか☆マギカ』でもいい演技してたな。
『これゾン』は毎回ユーの妄想声が変わるのが斬新だった、
『ドラクラ』は主題歌が印象的で、
くぎみーよりほっちゃんのキャラのほうが好きだった。

<2011春>
 春は数が多いだけあって大豊作、
中でも『Steins;Gate』は今年一番の辺りだった。
もう毎回ドキドキして見てました、
ラストの引きが絶妙で、
毎週放送日が楽しみでした。
タイムりープ系でいいのかな、
そういう時間絡みの話って構成うまく作れば面白くて、
好きなタイプの作品です。
『DD』はとにかくまっすぐだったなー、
『日常』はぶっとんでたなー。

<2011年夏>
 夏はまだかなり積んでるんですよね、
見ている中では『ゆるゆり』かな、
とにかく可愛かったなー、
特に櫻子と向日葵のカップルが、
この組だけ他とは雰囲気違うよなー親密度が違う。
『アイマス』はいいアニメ化だったんじゃないかなー、
ダンスや歌ってる時の作画がすごかった、
好きなキャラはみんな可愛いけどみきみき派かなー。

<2011年秋>
 秋は一杯見て、
中でも『WORKING'!!』は頭一つ出てたな。
一期以上に恋愛要素が高くなっていて、
その他の方々どうなるかと思ったけど、
しっかり個性をいかした楽しい話になってました。
山田兄とか杏子さんの舎弟とか新キャラも出てきて、
益々賑やかになっていて面白かった。
『F/Z』は作画が凄かったけど、
シナリオ的にどうなるかは春の再開待ちだな。
『ましフォ』はエロゲのアニメとしてはよくまとまってると、
最初のほうは思ってたけど、
もっと人気の妹とかメインのヒロインを立てたほうがよかった気がする。

 まあこんなもんでしょうか、
他にも見たのは一杯あるもののコメント難しいのがあるし、
例えば『星架』なんてやるせなさしかない後味があったり、
悪くはないしいいところ一杯あったものの、
終わり方って大事だなーで痛感させれました。
2011年の一押しは『シュタゲ』かな、
だから劇場版が楽しみー、
TVとはまた違った風になるそうですから。

[ 2012/01/07 20:25 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2012年冬の新アニメ

 明けましておめでとうございます、
本年もよろしくお願いします。

 さて、
年が明けたってことは何が起きるかという、
冬の新番組が始まりますね。
もう昨年の積みアニメは当分スルーでいいや、
やりたいゲームが多すぎてそれどころじゃないし、
優先順位が完全に
ゲーム>アニメ
になってるんだよね、
でもしっかりチェックはします。

作品名製作会社監督構成キャラデザ
偽物語シャフト新房昭之東冨耶子渡辺明夫
ゼロの使い魔FJ.C.STAFE岩崎良明ヤマグチノボル藤井昌宏
妖狐×僕SSA-1 Pictures.大槻敦史吉岡たかを.足立慎吾
BRSdavid production津田尚克根元歳三飯塚晴子
輪廻のラグランジュXEBEC佐藤竜雄(総)
鈴木利正
管正太郎乘田拓茂
小林千鶴
あの夏で待っているJ.C.STAFE長井龍雪黒田洋介田中将賀
パパのいうことを
聞きなさい
feel.川崎逸郎荒川稔久豆塚隆
キルミーベイベーJ.C.STAFE山川吉樹白根秀樹長谷川眞也
ミルキィホームズ第2幕J.C.STAFE
アートランド
森脇真琴ふでやすかずゆき沼田誠也
アクエリオンEVOLサテライト
エイトビット
河森正治(総)
山本祐介
岡田麿里石田可奈
丸藤広貴
戦姫絶唱シンフォギアサテライト伊藤達文金子彰史小池智史
アマガミSS+PlusAIC小林智樹木村暢合田浩章


 今期は難しいですね、
どれが安牌なのか、
見るまで分からないのばかり。
『ミルキィ』のような続編ものは一番安心かな、
前期同様にバカなことばかりしてくれれば。
続編ものということでは『ゼロ魔F』も、
まあどういうオチをつけるにしろ、
これまでのシリーズを見てるなら悪くはならないなー。
『偽物語』は『化』でほぼ出番のなかった妹たちがメイン、
まあ可愛ければいいなーて、
他のキャラも合わせて可愛ければ当たりかな。
よめないのは『ラグりん』や『アクエリオン』などのロボもの、
シナリオがどうあれ、
バトルシーンがしっかりしてて見応えあればいいかなー。

 一応上の12作は初回だけはチェック、
でも最終的には3~5作まで絞りたいな、
4月まではゲームに集中したいので。
ぶっちゃけ一日中ゲームだけしてたいくらいなんだよな、
年末に大量に買いこんでしまったし、
やりたいゲームが一杯あるのに新しいのが次々に出て、
あぁーアニメ見てる場合じゃないなー。
[ 2012/01/04 16:49 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ