まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お気に入りのエロゲ声優2010年版

 ついに『ユースティア』が発売されましたね。
でもやりたくてまだ『神採り』を攻略中、
しかもクエストクリアーに必要なアイテムが揃わなくて、
進行速度が遅くなってるので焦る一方ですよ。
さりとて途中で中断するなんてことはできないし、
まあこの2作は2011年を代表する作品になることは間違いないだろうから、
落ち着いてのんびりやっていきます。

 先日勢いで五行さんのことを書きましたが、
それをキッカケにして改めて今好きな声優さんのことを考えたら、
昔と今では浮かんでくる名前が大分違うなーと気付きまして、
ここらでちょっと整理してみようと思います。
ちなみに参考までに今年プレイしたゲームで、
出演していたのが多い順に並べるとこんな感じでした

1位 みるさん    10作
2位 五行なずなさん  8作
3位 風音さま     7作

この3人が上位にくるのが偶然じゃないんだろうなー。
その次に多いのが

4位 松田理沙さん   4作
4位 遠野そよぎさん  4作

でした。

※エロゲよりアニメメインで活躍してる方は除外してます。

声優好きなキャラ(主に2010年作品)
遠野そよぎさん椿 捺菜『涼風のメルト』、志麻 涼子『JINKI EXTEND Re:VISION』
風音さま兼元灯里『のーぶる☆わーくす』、葉月深景『あまつみそらに!』
五行なずなさん月山瀬奈『のーぶる☆わーくす』、織葉朱『アッチむいて恋』
夏野こおりさん華薪 真澄『Orange Memories』
みるさんシャノン『置き場がない』、シャルロット『すてぃ〜るMyはぁと』

他にも出演本数が少ないながらも立花あやさんと森谷実園さんも好きです。
好きなヒロインの数でいえば風音さまが一番多いかな、
上記二人の他に『id』の片瀬桜や『VERITA』のエクリアなど、
出演本数の多さと買う作品にたまたま風音さまが出てるため、
お気に入りのキャラと出会う可能性が大きいんですよね。
でも一番ツボに入るのは遠野そよぎさん、
上記二人の他では『ビタスマ』の轟木めいやロリ系の氷室 紗江『id』、
プレイしたことないのでは大泉栞が気になるなー。

 エロゲにおいて声優さんの存在は、
その作品を買う買わない、
良し悪しを判断する材料としてはかなり大きなウェイトを占めていると思う。
この声優さんが出てるならって理由で購入を決めるのは多いし、
よくよく考えたいところ。
昔なら名前が挙がったであろう、
安玖深音さんや榊原ゆいさんの名前がないのは声を聴く機会が減ったからで、
当たりが悪いのか青山ゆかりさんや桜川未央さんも聴かない気がする。

 それと昨年のお気に入りヒロインの中の人は、

1位 鮎川ひなたさん
2位 いすずあすかさん
3位 遠野そよぎさん

になるんだけど、
キャラが好き=声優さんも好きとは限らなくて、
特に鮎川さんは乃愛のようなキャラを聴くことが稀だし、
だからこの人が出てるなら=買うにならないんです。

 一番最初の出演作品数の話に戻りますが、
上位3人の出ている作品が多い理由は、
風音さまの出てる作品を買うとお二人のうちのどちらか、
もしくわ両方が出ていることが多いからです。
遠野さんも狙ってたら他の人がついてきた感じで、
それでこの4人の声はよく聞く機会が多くて、
必然的に好きな声優の5人に入ってくるという訳です。
風音さんと遠野さんは別として、
みるさんと五行さんはよく聴いているうちに好きになった感じです、
五行さんの場合はさらにほめらしの影響もあるかも。
というか結局みんなほめらじファミリーなんだなー、
あの番組の影響力の大きさを改めて実感した。
スポンサーサイト
[ 2011/04/30 16:41 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

なずなんマジ天使!

 『神採り』を始めて早数日、
楽しみにしていた天使ちゃんが仲間になり、
有頂天になって日々冒険してます。
最初はユエラばかり前線に立たせて戦ってましたが、
今では天使ちゃんの声が聴きたくてガンガン突っ込ませてます。

 元々RPGではサポート・補助・遠距離系の、
まどろっこしい戦い方しかできないキャラが好きじゃなくて、
『スターオーシャン2』でも全キャラ前衛タイプにして、
レナでさえ敵に特攻をかけていたくらいですから。
 そういう訳で天使ちゃんを重宝しているんですが、
声を聞いていてもしかしてーと確認したら、
前作『戦女神VERITA』で、
一番仲間にしたかったのに1週目も2週目も選択ミスって、
中々仲間に出来なかった天使モナルカさんと中の人が同じでした。
 エロゲで天使というと、
どうにもエロいほうに考えてしまいますが、
モナルカとメロディアーナはキリっとしててクールで格好良くて、
さらに慈愛に満ちた神聖さを感じさせる、
神話とかにでてきそうな天使ちゃんなのです。
 2作続けて同タイプの天使の中の人になったなずなんは、
天使声優”といっても言い過ぎではないでしょう。
 昔はなずなんといえば大人しめの後輩キャラとか、
ふんわりしたイメージの声だったんだけど、
最近はNavel系作品や『ましフォ』、『メルト』、『アッチ恋』、
アニメ化された『ヨスガ』なんかの影響で、
ツンなタイプのキャラのイメージのほうが強くなってきた気がする。
でもツンキャラってちょっときつい時もあるから、
瀬奈みたいないやらしい系、
もとい癒し系の声を聴くと落ち着きます。

 なずなんの演じてるキャラで好きなのって、
ツンとふんわりがハーフ&ハーフって感じで、
どっちでもイケます。
ツンがいいから今回のメロディアーナみたいな、
凛々しいタイプもハマるでしょうね。
でもいいキャラは多いのにハマったていうのはいなくて、
その辺が好きな声優ランキングで遠野さんと風音さまに負けてる要因で、
天使ちゃんがメインヒロインなら違ったかも?

 というわけで、
今年は他にも『わるわる』や『HHG』、『カミカゼ』他いろいろ、
注目の五行なずなさん出演作品があるので楽しみしています。
「神採りアルケミーマイスター」応援中!
[ 2011/04/27 19:09 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

TG俺ゲーグランプリ2010

 テックジャイアン6月号にて、
俺ゲーグランプリ2010が発表されましたね。

<萌えゲーアワードについて>
美少女ゲームものの人気投票といえば、
萌えゲーアワード(旧・美少女ゲームアワード)が有名ですが、
あっちはゲームを買った分投票できるうえに、
大手メーカーで参加していないところが多く、
さらに最終的には審査委員による審査で決まるので、
純粋なファン投票という感じではないので、
参考にはなるけど結果に納得しづらい。

<俺ゲーグランプリについて>
 それと比べると俺ゲーグランプリは、
一雑誌の人気投票とはいえ、
エロゲーを買う人にもっとも読まれている雑誌が行っているうえに、
対象作品はその年発売されたタイトル全て、
ゲームと違って投票のためにTGを何冊も買う人はいないと思われるので、
1人一票で投票結果がそのまま順位に反映されると考えると、
結果にも納得できる。

<両投票のいいところ>
 ただ純粋なファン投票がいいとこは限らなくて、
昔の美少女ゲームアワードではなんでこんなのがシナリオ賞? プログラム賞?
ていうのがあったし、
今の審査する形のほうがいい面もある。
俺ゲーもおかしなのが上にきてたりして、
例えばシステムやグラフィック部門にこれが入るか?
ていうのが上位に入ってたりする。
でもキャラクター部門に関しては、凄い票が分かれるものなだけに、
ユーザー投票としては説得力がある。

<投票結果>
 今年は『戦女神VERITA』がどちらでも銀賞と1位をとっていて、
感想は以前も書きましたがこれは納得の結果ですね。
シナリオ・システム・サウンドともに文句なし、
さらに一作としての評価だけでなく、
シナリオやシステムに関してはシリーズ6作品で積み重ねてきたものがあって、
だからシリーズとしての評価といえなくもないかと思います。
他も比較的似ていましたが、
来年は大分変ってくるはずです。
なぜならオーガストやアリスソフト、
ビジュアルアーツ系列が萌えゲーアワードのほうに参加していないので、
上位陣が全く変わってくるだろうなーと予想できるからです。
他にもRicottaやういんどみるも参加してなかったと思うので、
その違いがどう出るかなー。

<来年は?>
 俺ゲーは『大帝国』が『ユースティア』に勝って1位かなーと予想できるけど、
萌えゲーは予想がしづらいんだよなー、
今のまま『ハローグッパイ』が逃げ切るっていうのは考えられないし、
『神採り』は『VERITA』に比べるとシナリオ・キャラ面で弱いし、
全くわかんないな(汗;
Rococoworksが参加してたら賞をとって欲しいって思うけど、
参加してないんだよなー。


 
[ 2011/04/24 13:41 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

TG6月号の注目新作記事

 今年は例年に比べると
“やり過ぎ”てくらいゲームをしてるんだけど、
ここ数日はさらに酷かった。
『大帝国』が話題になってるから、
試しにアリスのSLG系のゲームをやってみたら、
ものの見事にはまってしまい、
飯を食べる以外は一日中ゲーム漬けになっちゃいまして、
ゲーム性の高い作品の怖さを知りました。
 いやーやり出すとどんどん先に進めたくなっちゃうんですよね、
普通のADVならほどほどで切り上げられるのに、
このままだと明日『神採り』をGetしたらどうなるのか不安だ(汗;

 さて今日はTGが発売されたので、
気になった新作記事を紹介します。

<スクープ記事> 
・『SuGirly Wish』HOOKSOFT
…HOOKはシステムや作品性で独自色が強いのが凄いけど、
 今回のロマンティックレシピはネーミング的にもずば抜けてる。
・『ラブライド・イヴ』WHITESOFT
…アリス以外でむつみまさと先生の原画が見れて、
 しかもそれがイチャラブの学園ものというのが新鮮でいい。
・『Stellar☆Theater encore』Rosebleu
…人気があるに攻略出来なかった妹のためのFD。
 ファンのための一品で、妹好きにも堪らない作品になるはず。
・『彼女は高天に祈らない』エスクード
…一番気になるのはゲームシステムがどうなっているのか、
 伝奇ものだからシナリオ的にも要チェック。
・『揺り籠より天使まで』暁WORKS-黒-
…二人原画だからかブランドのイメージカラーのせいか分からないけど、
 浅海朝美先生の絵柄が年々変わってるような気がする。

<その他の新作記事>
・『ランスクエスト』アリスソフト
…プレイのしやすそうなRPGだからやってみたいけど、
 『戦国ランス』の続きみたいだから、
 発売前に攻略しといたほうがより理解が出来て楽しめそう。
・『らぶ2Quad』ま~まれぇど
…鳴瀬ひろふみ先生が原画担当ということで、
 PUSHにて第一報が出て以来待ちに待っていたけど、
 最近ようやく情報公開がされてきて、
 発売予定日も7/29に決まった今夏要チェック作品。

[ 2011/04/21 19:56 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

2011年春アニメ初回感想まとめ

 もう春アニメの遅いやつも大体第1話は放送され、
早いもののだと3話までやってます。
流石にそろそろ見極めがついてきたので、
改めて今期作品の初回を振り返って期待度を付け直しました。

※期待度は5段階評価

期待度作品名感想
日常気楽に見れて笑えて動画のクオリティが高い
STEINS;GATE事件に関する様々な謎とその煽り方、続きが楽しみになる
電波女と青春男独特の空気感の中で、一際際立つエリオの電波っぷり
星空へ架かる橋しっかりまとまった構成になりそうな期待
緋弾のアリアガンアクション+可愛い女の子たち、ちょいエロがいい
DOG DAYS熱いノリで何も考えずに楽しめる
俺たちに翼はない原作の楽しいノリの会話が聞けるのが嬉しい
花咲くいろは苦手なジャンルだけど、クオリティは高い
Aチャンネル女子高生たちの日常、微笑ましい系
アザゼルさん面白いコメディ作品、
SKET DANCE事件を解決していくのが面白い、ジャンプ系っぽさもある
そふてにっゆるい、ゆるゆる
変ゼミアブノーマル過ぎてついていけない
リアルできついかなー、お金は大事だよね

取り敢えず大丈夫だと選んだ数作を見て、
残りは後の評価任せでいい声が聞こえればということにします。
ゲーム選びと似たようなもので、
最低限自分でこれは良作だろうってものを探すけど、
全部自分でやるのは時間の無駄なので、
手が出せなかったものについてはみんなの意見を参考する、
そのほうが効率がいいですからねー。
それで最近は新作の合間に昔の名作をやることも多いです、
名作だと分かっているものをやるのは安心できる。
[ 2011/04/18 19:48 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2011年春アニメ初回感想 その3

 4月の新作アニメ初回チェックもこれで最後です。
今年はアニメを溜め続けてエロゲばかりしていたためか、
少々疲れていたところに新鮮なアニメの刺激を受けて、
週に一度楽しみにしてみるアニメの良さというものを、
久々に実感しました。
ゲームはいつでもセーブ&ロードができるけど、
長い分盛り上がりの波が緩やかで単調になりがちで、
テンションが一定のままゲームを終えることもある。
でもアニメは毎回ふり幅があって楽しませてくれて、
一週間楽しみにした分だけの満足感をくれる、
最高のエンターテイメントだ!
と昔なら言うところだけど、
今でも少しはそう思うものの、
やっぱり毎週必ず見るっていうのはしんどいもので、
ゲームのほうがお手軽なんだよねー。

 最後のアニメチェックは期待できる作品が多数あり、
これは視聴前に考えていた期待度を、
大きく変更することになりそうだ。

◎『星空へ架かる橋』
…これは今後が期待できるお約束通りの1話だった。
 引っ越し・迷子・じこちゅー・転校など、
 しっかりした構成でノリもアニメっぽくて、
 円佳ちゃんが出てこなかったのが残念だけど、
 彼女は特別だから1話でほいっと出さなくて逆によかった。
 2話は舞台とキャラ紹介回になりそうだね、
 そして円佳ちゃんとの運命的な出会い。
 物語が始まるキッカケで考えれば、
 『あかね色』の優姫のようで初は正ヒロインといえるけど、
 出会いの演出が特別でドラマチックなのは、
 全ヒロイン中どう考えても円佳ちゃんで、
 正に対して彼女は真ヒロインといえるかなー。
 3話以降は共通イベントを消化して、
 各ヒロインの担当回を作って、
 クライマックスへ向かっていくんだろうけど、
 それがアニメオリジナルや誰かのED、
 もしくわ有耶無耶のまま終わるものだとしても、
 円佳さえしっかり活躍してくれれば評価は90点越えです!

◎『電波女と青春男』
…布団です巻きの発言電波な挙動不審少女が、
 最後に見せた素顔のインパクトはデカかったなー。
 でも今後もずーとす巻きで、
 偶にしか顔が見れないとなるとなんて残念な美少女。
 でも今年は電波少女のす巻き萌えというものがくるかもしれない、
 確かにす巻き状態での電波発言やもぞもぞする動きは、
 可愛いのは間違いないし、
 エリオの中の人の大亀あすかさんは、
 今後要チェックの声優さんになりそう。
 作品全体としてはシャフトの新房さんによるのか、
 元々の原作からくるものかは分からないけど、
 独特の雰囲気というか空気感があって、
 これは楽しい作品になりそうな予感大。

○『緋弾のアリア』
…くぎみーの個性の強さを再認識させられた、
 ガンアクションはいいんだけど、
 正直1話としては少々インパクトに欠けるかな。
 まあそもそも一番の注目ポイントが、
 原作イラストがこぶいちってところだったので、
 そこそこのアクションと可愛い女の子が見ればそれでいい。
 白雪の谷間と理子の揺れがまた見れるのが楽しみだ。

○『C』
…経済とかお金をかけて戦う話で、
 現代の不況を反映したシビアな話っていうのはよくわかった。
 リアルでちょっと萎える部分もあるけど、
 どういう展開をしていくかまだよく分からず、
 未知数なところが多いので、
 2話以降で主人公が何をするのか具体的な話があるでしょう。

○『アザゼルさん』
…いろいろギリギリだったけど、
 わっかりやすいコメディで楽しい。

○『変ゼミ』
…こういう変態ネタを笑えてこそ楽しめるものってあるよね、
 ただ下ネタのほうじゃなくてアブノーマルなほうなので、
 ガチできつくて付いていけないところがあるかなー。

[ 2011/04/15 20:35 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2011年4月末発売の注目PCゲーム

 いよいよ2011年天下分け目のゲームウィークまで、
残り2週間を切りました。
今月は2週,3週目が3月から流れてきた延期ものによる前哨戦、
そして4/22~4/28が、
3月までの延期ゲーと4月発売ゲームを合わせた大決戦になる!
まあ4月発売ゲーの中からも延期が多数なので、
少しは緩和されているものの、
いずれも選ぶことが難しい良作候補ばかりで、
頭の痛い月です。

延期
○『CURE GIRL』Noesis→5/20
○『サクラの空と、君のコト』→5/20
○『キミとボクとエデンの林檎』→5/27

4月22日
○『Marguerite Sphere』Meteor
○『ヴァニタスの羊』RococoWorks
◎『神採りアルケミーマイスター』エウシュリー
4月28日
◎『穢翼のユースティア』オーガスト
○『relations -sister×sister.-』Aile
○『恋ではなく』しゃんぐりらすまーと
○『大帝国』アリスソフト
○『もろびとこぞりて』CLAPWORKS

<PICKUP「年に一度は大作をPLAYしたい!」>
 以前に紹介しているのが多いので今回は一つだけピックアップ。
どれもブランド的な注目度の高いものが多いのですが、
その中で特に気になっているのがエウシュリーの新作、
『神採りアルケミーマイスター』です。
 基本的にPCゲームで買ってプレイする95%ぐらいは、
余程のことがない限り、
ストレスなくスムーズに進められるアドベンチャーゲームをプレイしてます。
でもここ数年は年に1,2本の割合で、
RPGとかRPGぽいのとか違うジャンルのゲームがやりたくなりまして、
ジャンルがアドベンチャーじゃないのをやってます。
それが今年は昨年の『戦女神VERITA』の高評価を受けて、
また同じエウシュリーの作品を選んだ訳です。
 ゲーム性の高さではアリスの『大帝国』のほうが凄そうだけど、
シミュレーションRPGがギリギリの許容範囲内で、
せめてRPGなら無理すれば攻略できるけど、
本格的なシミュレーションはちょっと苦手で、
これまでアリスゲーはほぼやってきてないし、
『戦国ランス』だってどうしたらいいか分からず放置だし、
そういうゲームにブランクが開き過ぎている身としては、
手頃なRPGについつい手が出るんだよね。
何よりヒロインとか仲間になる天使とか可愛いし、
ファンタジーとかRPG好きなので。
 それで本作については、
『姫狩り』の後継作ってことで問題なし!

 でもプレイするのは『ユースティア』の後かな、
やり込む系は後回しにしないと、
一カ月くらいは他のゲームできなさそうだから(汗;
[ 2011/04/12 21:36 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2011年春アニメの初回感想 その2

 予定の半分くらいチェックして、
なんかもう見えてきたなー。
前の4作と比べると、
今日のは『シュタゲ』以外なんとも言いづらい。
 そーいえば『DD』を見てたら、
鎌倉駅が出てきてビックリした。
鎌倉が舞台なのかなー?

◎『STEINS;GATE』
…これは今期の中で一番作品として期待が持てそう。
 全てが伏線に思えて考えるだけで楽しくなる、
 屋上にいたのは誰で紅莉栖はどうして血まみれで倒れてて、
 あの出来事は現実なのかどうか、
 まゆりに挙げたメタルうーぱにさえ意味がある気がするし、
 バナナやテレビ、
 なんでも疑ってしまって、
 きっと伏線だと思って見るのがまた楽しい。

○『SKET DANCE』
…展開的に面白かった。
 
○『そふてにっ』
…ゆるいテニスものみたいだけど、
 ちゃんとテニスネタが入ってるのがいい。

○『Aチャンネル』
…コメディともほのぼの系とも違う感じがして、
 大ボケのるんや彼女に甘えたり嫉妬するとおるなど、
 キャラそれぞれの個性が絡み合った、
 絶妙なバランスの中でのやり取りが微笑ましくていい。
 
○『30歳の保健体育』
…内容がどうこうより、
 もう下野さんが面白いからいいや(笑)。

 感想がするするっと出てくるのと、
そうでないのがあるんだよなー、
まあしょうがないです。
少しテンション落ちてきたけど、
まだまだ今期の注目作は残ってますよー、
『アリア』とか『星架』はこれからだから、
楽しみだなー。
[ 2011/04/09 15:42 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2011年春アニメの初回感想 その1

 まだチェック予定の一部ですけど、
何本かアニメを見たのでその感想です。

○『DOG DAYS』
…この展開とノリが凄い楽しい。
 『なのは』には殺伐したところがあったけど、
 これはアスレチック馬鹿がどう勇者して、
 救国の英雄となれるのかっていう、
 熱いバトルと可愛い耳っ娘を楽しめばいい、
 そんな単純な作品な気がします。

○『俺たちに翼はない』
…たった12話の1クールだから、
 正直ストーリー的には端折るところが多くて難しいと思う。
 キャラが多いから1話はキャラ紹介回になってしまい、
 内容的には知らない人には意味が分かんないかもしれないけど、
 方向性は見えてきた。
 話的には難しいから、
 一つの場面を大事にしてテンポのいい会話劇にさえなっていて、
 雰囲気だけでも楽しめればいいと思っていたけど、
 1話から昼・夕・夜でスクランブルさせているところからして、
 そうやって3人同時に進めて、
 最後のほうの収束点へもっていくのかなー?
 期待しているのは無駄に吠えたり叫ぶやつら、
 あそこシーン大爆笑しましたから。

○『日常』
…なんか無性に楽しくなるアニメでした。
 『けいおん』ほど波はなく、『らきすた』よりハイテンション、
 『あずまんが大王』のようであって、
 ボケ倒しのツッコミ不在。
 気軽に見れる作品としていい感じ。

○『花咲くいろは』
…一人の少女がこれまでと違う環境で、
 価値観の違いや恋なんかに悩みつつ、
 旅館の仲間やお客さんとの出会いとふれあいの中で、
 成長していくという話だと思う。
 アニメーションとしてのクオリティは流石のP.A.という出来で、
 今期の話題作足りうる綺麗な作品だと思う。
 普通に良作になるだろうし、
 一般の人でも楽しめる感じがする。
 何より主人公の御花役のかな恵ちゃんがいい♪
 はまり役な気がする。

 1話では判断しきれませんが、
今のところどれもいい感じですね。
他の作品にも期待しています。
[ 2011/04/06 19:39 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

虹食リスト「たこ焼き」

<『Rewrite』の新ムービー>
 Rewriteのムービーってガチだったんですね。
そう言われてみれば確かに公式だけじゃなくて、
げっちゅ屋のような外の情報サイトにまで、
情報が出てるのはおかしいと思ったけど、
一体どんな作品になるんだろう(^▽^;)

<春アニメがスタート!>
 いよいよ春アニメが本格的にスタートしましたね、
今のところまだ『DD』しか見ていないのですが、
やっぱり録画したのと生で見るのとは全然違うなーと改めて実感しました。
いつまで続くか分かりませんが、
この久々に燃え上がってきたアニメへの情熱と、
テンション上がって楽しくてしょうがなくなるこの勢いで、
他の作品もガンガンチェックしていきますよ♪

<虹食リスト「たこ焼き」>
 そして今日の更新はアニメのこととは関係なく、
虹食リストの話です。
今回の食べ物は「たこ焼き」です。
たこ焼き
 お祭りや学園祭の定番フードでゲームでの登場の多い食べ物ですが、
そのもっとも優れている点は、
お手軽に食べれる“あっつあつ”の食べ物だということ。
いろいろある食べ物の中でも、
これほどいいリアクションの見れる物はそうはないです。
いつもそうという訳ではありませんが、
「おいしい」以外の分かり易い反応が返ってくる可能性が大きい、
はずなのですが、
実は今回HPで紹介した4作品中、
そういうリアクションを確実にしているのは一つだけなんです(汗;
それが『夏ノ雨』というわけで、
ここで注目すべきは、
この素晴らしき「あつー!」を聞かせてくれる、
翠の中の人の声優さん、
正直別名義が多すぎて最近はプレイして初めて気付くことが多いけど、
この方は他の作品でもいい
「あつー!」「はふはふ」を聞かせてくれることが多くて、
ちょっと昔の作品を漁りたくなってきました。
 熱い食べ物を食べているからこそ楽しめるものがある、
たこ焼きはそれを実感させてくれる至高の一品なのかもしれない。
虹食を探す新しい意味を見つけることが出来てよかった、
これからはそういうことを含めて探究していきます。
[ 2011/04/03 19:30 ] 虹食 | TB(0) | CM(0)

2011年の4月1日

 1年に一度のお楽しみの日が今年もきましたね、
事前に頑張って準備して楽しんで、
その盛り上がりはまさにお祭りのようです。
 そう今日は4月1日エイプリルフール、
自粛したところも多いみたいですが、
それでもチェックするのが大変なくらい、
エイプリルフールネタを頑張っているところはたくさんあります。
 これまでは後でまとめサイトを見て、
こういうことやってたんだーて確認したりしてたけど、
今回はちゃんとHPを回ってチェック!
見たのはもちろんエロゲメーカーのサイト、
傾向的に今が旬の『魔法少女まどか☆マギカ』ものが多かった。

○ねこねこソフト
『魔法少女まじかる☆マギカ』
…てっきり原作のキャラ原案をされてる、
 うめ先生の双子のお姉さんかと思ったら、
 双子のお姉さんの双子のお姉さんがキャラデザだったんですね、
 どうりで似てる訳だ(笑)。

○ニトロプラス
『魔法少女そにこ☆マギカ』
…他にもアニメ化ネタが2本あったけど、
 一番作りこんでるあるのはやっぱりこれ。
 ニトロが作ってる段階で反則なのに、
 ニトロネタをしっかり入ってるし、
 結局そに子のPVなんじゃないかって気がする。

○Alcot
『魔法少女かな☆マギカ』
…全然違和感なかった(笑)。
 よくよく見て『鬼ごっこ』だって分かったけど、
 雰囲気とか似てるし。
 でも不満なのが主役が加奈だってこと、
 まあ配役や人気的に当然だろうけどさ。

○Baseson
『魔法少女はわわ☆あわわ』
…もう遊び過ぎ、
 はわわの人とあわわの人はまだいいとして、
 貂蝉は流石にきついわー(汗;

 どれもHPからムービーからして頑張ってて、
ネタでこんなにやれるっていいなー、
ねこねことか設定までしっかりしてるし(笑)。
 他にもフロントウイングの『実写版ジブリール』や、
ランプとゆずの格ゲー『M∞M RADE』、
はむはむの『亜平』Softhouuse-sealの『第二科学部』とか、
いろいろあって他は一枚絵ネタがいろいろあった。
 一般ではアニメを作って声優まで使った『WORKING!猫組』、
RewriteはOpが公開されているし、
keyというブランドやスタッフや作品の雰囲気的にありえんけど、
ネタとしてはやり過ぎなクオリティ(゚ー゚;A

 今年のエイプリルフールも多いに楽しませてもらいました、
2chでの企画もいつもガチで凄いと思うんだけど、
今回は何かしてるのかなー?
[ 2011/04/01 20:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ