まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HPにメールフォームを追加

 月末ということでHPを更新しました。
今回は利用者がHPや舞台探訪について質問できるように、
メールフォームを設置しました。

 難しく考えなければ簡単にできるものではあるんですよ、
FC2もそうだけどそういうサービスはどこでもやってるし。
でも勉強がてらやってる身として、
どうにか自分だけの力でできないかと考えてしまって(汗;

 入力フォームの形をつくるだけなら
「form要素」を使ってHTMLで問題なくできたので、
楽にできそうだなーと思ったんですが、
実際にメールフォームを動かすにはそれだけじゃダメだったんですね。
「CGIプログラム」というものが必要なようで、
確かにWebサイト制作の勉強を始めた頃に、
そういうのがあると読んだことあった気がするけど、
「HTML」、「CSS」、「JavaScript」の三つは、
まだ初歩の初歩なんだなーと実感させられました。
流石に今のレベルではプログラムを組むなんて無理なので、
そういうのが必要なんだと分かっただけでもよかったことにします。
 
 という訳でHPについての質問は随時受け付けてますので、
ご質問がある方はそちらからお願いします。
 次回はなんとか舞台探訪以外のコンテンツページもなんとかしたいところ、
もう構想は練ってあってデザインも決まりつつあるから、
あとは形にするだけなんだけどなー。 
まほろんの星屑HP
スポンサーサイト
[ 2011/01/31 09:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2010年発売のPCゲームを振り返る

 2011年のエロゲのプレイ・購入方針を決めるためにも、 
2010年にプレイしたゲームを振り返ります。
購入した40本中、プレイした11本の中で、
印象に残ったところをPICLUP!

<シナリオ部門>-特になし。
…プレイした中ではずば抜けて凄いのはなかった。
 敢えてあげるなら『恋チョコ』、
 選挙という題材によるドラマ性と面白さがあった。

<ゲーム性部門>-『戦女神VERITA』。
…何周しても飽きのこない面白さがあった。

<ヒロイン部門>-『谷田部乃愛PARA-SOL』。
…久々に惚れたと言えるヒロインだった、もうお気に入り。
 円佳はもう少しだったんだけど次点。

<主人公部門>-朝霧海斗『暁の護衛-罪深き終末論-』
…普段お茶らけてるのに、いざという時の格好よさ、
 笑えるうえにシリアスさもあるメリハリのある作風は、
 そんな最強の主人公がいたからこそ。

 改めて振り返ってみると、
日常+非日常というか、
平和な学園生活ものじゃないのを気に入ったのかな。
まあもうただの青春ものには飽きがきてるのかなーという感じはする、
そういう意味で今年は、
『穢翼のユースティア』
が楽しみだなー。
メインのティアが過去2作に比べると弱いのが気になるけど、
この春一番の期待作!
やっぱりどんなに大げさでもいいから、
現実ではありえないという、
ドラマチックな展開が欲しいんだ、
エンディングを見た後に最高にハイになって、
満足感に浸れるぐらいの。
[ 2011/01/28 18:12 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2010年の懸賞・キャンペーンの当落状況

 今日話題作だからという理由で
『ソーシャル・ネットワーク』を見に行ってきました。
まあ天才の凄さと、
凡人の惨めさを痛感させられる映画で、
神とミジンコ以上の差があるけど、
同じくサイト作りをしてる身としては、
頭が悪い分もっと努力しなきゃなーと考えさせられまして、
あーいう人の頭ってどうなってんだろう?

 先日色紙が届いたのに前後して、
電撃HIMEのテレカが当たってまして、
それで改めて昨年の懸賞・バナーキャンペン等の、
当落状況を振り返ってみました。
 2009年はバナーキャンペンの当たり年で、
抽選ものだけで10個も当選することができました。
そして2010年はというと、
残念ながらバナーキャンペンの抽選ものは
“0”
でした。
前年が当たり年だっただけに、
かなり寂しい感じではあるのですが、
参加者が増えて倍率が上がってしまったことが原因なら、
仕方ないです。
まあその分雑誌の懸賞のほうでは、
・サイン色紙×2
・テレカ×2
・クリアファイル×1
その他にも、
これまでほとんど勝ち残ったことのないジャンケン大会で、
3度も残ったり、
キャンペーンのくじが当たってサイングッズ貰ったりしたし、
別のとこで運を使った感じかな。
 さてさて今年はどうなるかなー、
どこで運を使うことになるのか、
楽しみのような不安なような。
[ 2011/01/26 04:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コミケ79最後の戦利品

 ゲームとアニメに忙しい日々ですが、
月末はちょっと別のことで忙しくなります。
今年はWeb関連のスキルアップを目標に掲げてるんですが、
実践で覚えようということで、
毎月HPのコンテンツを何かしら更新しようと思ってます。
取り敢えず今月はまだできてないコンテンツページに手をつけたいな、
構想は固まってきてはいるんだけどなー、難しい(汗;

 今日は前回のコミケ関連のものが届いていたので紹介します。

 月音先生サイン

 こういう直筆のイラスト色紙はほとんど持ってないので嬉しいですね、
私は無難に新作のメインヒロインをお願いしましたが、
前作も含めて好きなキャラを選べたので、
みんなどのキャラを描いて貰ったか気になるなー。
ちなみのこの娘は4月28日に発売予定のひよこソフトの新作、
『サクラの空と、君のコト』
のメインヒロイン桜乃 佳奈多です。
本作は前作とはがらりと雰囲気を変えていて、
月音先生の萌え絵を前面に出したものなので、
楽しみにしている作品です。
[ 2011/01/25 11:18 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『キッキングホースラプソディ』の舞台探訪in柏

 現在『せかじょ』に続いて『ぶるわー』を攻略中で、
衝動的に書きたいこととかいろいろあるんですけど、
ここは冷静にコンプしてから感想をまとめて、
そのうえでゆずソフトの5作品を振り返りたいと思ってます。

 それで今日は昨年末に行った、
Alcotハニカムの最新作『キッキングホースラプソディ』の
舞台探訪についてです。

 これは本当に奇跡的な発見で、
柏という町はこれまで知ってはいたけど、
一度も行ったこともなかったんですが、
昨年8月にいったKOTOKOさんのライブが、
たまたま柏でやってたんですよ。
それで駅前が印象に残っていた上に、
千葉興業銀行が→木葉興行銀行になってたり、
ビックカメラが→~デンキになってたり、
新生銀行が→新月銀行になってたりと、
いじってるのが分かりやすかったのも発見できたポイント。
柏駅前

 他も同じ方法で見つからないかと探したけどダメで、
分かりそうで分からない。
柏周辺をもっと探索しようか迷ったけど、
正直事前に確認できてないとこを現場で発見できたことって、
今までなかったからしなかったけど、
一応町のことを把握しておくことは後々役に立つこともあるので、
していて損はないかな。
[ 2011/01/22 22:35 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

『世界征服彼女』の感想

 2011年が始まって約3週間、
本年1本目のゲーム『世界征服彼女』を攻略したので、
その感想です。
『俺つば』の感想がまだだけど、
いつか書こうと思ってるんだ、
今はゲームにアニメと忙しいからムリ。

<概要>
 『世界征服彼女』は2010年に発売されたNavelの最新作で、
FDを除けば完全新作としては4本目くらいかな。
デヴュー以来このブランドのゲームはFDを除いてほぼプレイしてるけど、
本作はそのどれもとタイプが違う。
言うなれば“キャラゲー”といっていいんじゃないかな、
ヒロインたちの魅力で成り立っている作品だと思う。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<シナリオ>
 シナリオは一貫していて、
ヒロイン5人誰のルートへ入っても関わってくるのが、
世界征服者であり主人公の幼馴染の闇野夢子。
なんせこの夢子と主人公の関係というのがまた特殊で、
非常に依存度の高い関係性だからこそ、
恋愛するには彼女は避けて通れない存在になっている。
友人、感情、家柄、トラウマとかそれぞれの問題を絡めつつ、
パターン化された展開が待っている。
ただ最後がどうなるかはヒロインそれぞれで、
その辺はキャラクターをいかしてて面白い。
一番楽しかったのは主人公がヒロインのことを意識し始めて、
好きだとわかってから、
独り脳内で悶々とし過ぎ。 
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<ヒロイン>
 本作の一番の魅力はヒロインにあると思う、
『俺つば』はキャラよりテキストの面白さに惹かれたけど、
今回はキャラだな。
最初は「死んでください」とかばっかり言ってた椿子が、
デレた時の甘さはかなりやばかった。
夢子は元々近い関係なだけあって、
恋人になった時というより、
普段から面白いやつでかわいい。
菜子はリムのようにデレ過ぎなかったのがいい、
あんまり表情豊かになり過ぎるともはや別キャラだから。
亜子さまはどこまで真っ直ぐでこっちが照れるくらい、
桜子はやわらかい雰囲気かな。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<声優>
 籐野らんさんの声で久々にヒロインらしくてよかった、
なんか最近脳内では完全にネタキャラの声になってたからなー。
森谷実園さんは明日香より好きなタイプの声で、
かわいらしい声にかなりやられました。
五行なずなさんはとにかく凛々しかった、
青山ゆかりさんは終始ぶっ飛んでた。
メインでは森谷実園さんがよかったけど、
サブでは大花どんさんと木村あやかさん、
特に木村あやかさん演じる椿子のママは、
攻略可だったら椿子攻略中でも、
浮気してしまいそうなくらいかわいかった。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<その他>
 西又先生の絵ってなんだかんだいって中毒性というか、
独特な魅力がある気がする、とても個性的な感じ。
でも流石に今回のキャラデザには少々ツッコミどころが、
メインの5人どれも過去の作品かそれ以上に気に入ったけど、
なぜみんな同じ触覚なのかが疑問。
触覚などという特徴的なものをみんな同じにするのはどうかなー?
あと女の子の名前がアルメンドラ以外最後に「子」が付くのもさ、
昨今「子」が付く名前の子なんて少ないから特徴的なのに、
みんな同じにしたら個性が出ないよ、
まあみんな「子」の付く名前にするのも大変だったろうけど。
 あとは主人公がちょっと変わってて、
まあ『俺つば』の主人公も特殊だけどそれとも違う。
彼の性格は本人自身と友人が言ってる通り、
コミュニケーション力と人付き合いの少なさからくる、
KYさと思い込みの強い自己中な気がする。
だから場面で場面で「なんだこいつはー」て、
その発言にイラッとくることもある。
でも根本で彼は優しく面白いやつで、
ただ経験値の少なさからくるものだから、
ある種共感できるリアルさがあるように思う、
まあそんな部分を気にさせないほど優しすぎるんだけどね。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<最後に>
 同じことの繰り返しになるかもだけど、
西又先生の絵って不思議な魅力があるんだよね。
それで絵に釣られて買ってゲームをプレイしてみると、
そこそこ面白くてハズレがないから、
これからも新作が出たら買っちゃいそうだな。
本作の関連で既に2度小田原に舞台探訪してるけど、
ゲームを完全攻略したのでまた行きたくなってきた。
次回作が楽しみだなー、
今度は王雀孫さんがシナリオ書いてくれるのかなー。




 
[ 2011/01/19 19:16 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2011年1月発売の注目PCゲーム

 今年最初のゲームの日まで2週間を切ったので、
そろそろ何を購入するか決断しないといけないんだよなー。
お店や作品の人気によっては、
一ヶ月か遅くとも3週間前には予約しとかないと、
手に入らない場合があるんだよね、ネット通販だと。
でも今月はそういう作品ないので、
のんびり選べる。
 正直本命の
『グリザイアの果実』

『ヴァニタスの羊』
が延期してしまったために微妙なラインナップではあるものの、
大手がない代わりに注目の新興ブランドが目立つ月となった。

1月28日
・『星の王子くん』Leaf
・『アネカノ』Chococo
◎『黙って私のムコになれ!』ensemble
・『妄想ぷろとこる!―姫×巫女×ロボ―』Triangle
・『アクロウムエチュード CANVAS4』F&C FC01
・『AQUA』SORAHANE
◎『BLOODY†RONDO』3rdEye
◎『極道の花嫁』GALACTICA
・『妹ぱらだいす!』MOONSTONE Cherry
・『朧小町』Concerto

<PickUP『極道の花嫁』>
 LeafやF&Cといった古参のメーカーもあるものの、
私が気になってるのは3rdEyeSORAHANEといった、
新ブランド。
中でも体験版をプレイして好感触だった、
極道の花嫁GALACTICAには期待してます。
 話を要約すると、
 「極道院は昔凄い極道の家だったけど、
  今はその名を残すのみの一般家庭。
  主人公悠一くんは自分の家が極道だったというのが嫌で、
  一般人として暮らしていたんだけど、
  周囲の状況がそれを許さず、
  組の再興のために担ぎ上げられた主人公の元に、
  分家の朝緋やフランチェスカが嫁にきて、
  主人公を鍛えつつ取り合う話」
とまあこんな感じの話です。
最初は極道なんて嫌だ、
一般人として暮らしたいと言っていた悠一くんも、
朝緋たちの影響を受けて、
どんどん男らしくなっていて、
ヤクザにも怯まず立ち向かっていく。
最終的に組を再興するかは、
プレイヤーの選択次第だと思う、
まあプレイしてみないと分かんないよね。
 極道やってるシリアスさあり、
嫁たちが主人公を取り合うラブコメチックさあり、
その中で見せるヒロインたちのギャップが本作の見どころかな。
 
[ 2011/01/16 13:08 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『White -blanche comme la lune-』の舞台探訪in旧岩崎邸

 今年も充実してるなー、
アニメもゲームも楽しくてしょうがない、
まあ去年のだけど(汗;
 それで『イカ娘』を見たんですが人気が出るのも納得、
2010年のマスコット部門賞をあげたいぐらい、
イカちゃん可愛いでげそ♪

 さて月発売のゲームについても書きたいけど、
その前に先週行ってきた舞台探訪について。
まだ試行錯誤中なのでHPのほうに町の案内とか、
撮影ポイントへの行き方を載せられてないので、
取り敢えずはブログのほうで紹介ということで。
まあ私の取り敢えずは1年先ってこともありうるし、
途中で飽きるかもしれないんだけど、
そうならないよう今もwebの勉強中なので、
今年はどんどんコンテンツを増やしていきたいなー。

 この年末年始で新しく、
川越、柏、秋葉原、横浜などいろいろ旅した中で、
敢えて今回は先週行ったばかりの、
ねこねこソフトの新作『White -blanche comme la lune-』
の舞台探訪についてです。
 発売は2月25日だったものの、
公開されていた体験版で場所が特定できたのですぐ訪問。
seiti154.jpg
御徒町駅から歩いて数分のところにある旧岩崎邸庭園は、
昨年1月に行ったら閉園時間で入れなかったので、
そのリベンジの意味でも前々から行きたい場所でした。
 まだお正月という時期でしたが、
龍馬人気のお陰もあってか人はそこそこいました。
館内が撮影禁止なのは残念だったけど、
その辺は脳内に焼き付けておくしかない!

 これだけで後は何もないですね、
それじゃ少し体験版について、
最初はどんな尿ゲーだよって焦りましたが、
いわゆるいつもの“ぽんこつ”さんだったんですね。
もう夏野さんのロリキャラがたまらないです、
全体的にロリですね、ロリロリです。
[ 2011/01/13 18:38 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

2011年冬アニメ

 年が明けて10日がたち、
続々と今期の新作アニメがスタートしてますね。
もういくつかチェックしたんですが、
相変わらず秋アニメのほうは積んでます、
10作ぐらい丸々1クール分(汗;
まあゆっくり消化していく予定です。

 さてこの冬の新作についてですが、
今のところチェックする予定なのが

・『魔法少女まどか☆マドカ』
・『インフィニットストラトス』
・『夢喰いメリー』
・『GOSICK』
・『ドラゴンクライス』
・『これはゾンビですか?』
・『フラクタル』
・『レベルE』
・『お兄ちゃんのことなんて
  全然好きじゃないんだからね』
・『フリージング』

の10作品。
今回はアニメ雑誌を買ってないし、
よくHPを見て調べてもいないから。
実際に見てから知ることが多かった。

 既に見た4作品についての感想を軽く、
『お兄ちゃんのことなんて全然好きじゃないんだからね』は、
タイトル的に「なんだこれ?」て最初は思ったけど、
デレデレな妹がツンを演じて兄の気を引こうとする、
ブラコン妹の話っていうのが単純なツンデレと違い面白そう、
何より中の人がキタエリというだけで面白い。
『インフィニットストラトス』は、
王道をいく熱い話になりそうなので、
最後まで見ると楽しそう。
『夢喰いメリー』は、
他の作品と比べるとさっぱり分かんないんだけど、
主人公の謎、メリーの謎、世界観の謎、夢と現の謎、
とにかく謎だらけだからもっと見てみないと。
『GOSICK』は、
推理して事件の謎を解いてるところからしてミステリーぽいですね。
探偵ポジションのヴィクトリカは、
パイプを銜えている姿からさながらホームズのようで、
そうすると主人公はワトソンかな。

 正直最初の印象とはあてにならないもので、
話が進むにつれてどう化けるか予測できないんだよね。
だから今のところ爆発的にくるなってものがわかんないけど、
何かが起きると期待はしています。
[ 2011/01/10 13:14 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『のーぶる☆わーくす』発売記念イベントへ参加してきました

 ここのところ映画をよく見に行くんですが、
アニメがやってないので邦画や洋画ばかり。
でもそのどれもがそこそこ面白くて、
こりゃー本格的に映画鑑賞が趣味になりそうです。

 さてさて本日は新年一発目のイベントとして、
『のーぶる☆わーくす』の発売記念イベントへ行ってきました。
このイベントは事前にネットで応募して抽選というシステムで、
特に混乱もなくスムーズに入場できてました。

 出演者は
司会:瀬戸千晴さん
声優:青葉りんごさん、
ゆずソフトスタッフ:Famishinさん(ディレクター・音楽)
            ろどさん(ムービー他)

 時系列的には
麻夜による噛み噛みのイベント中の注意事項

麻夜の紹介で中の人(青葉さん)が登場してキャラソンを熱唱!

他の3人も登場して自己紹介

すぐ応募の際募集した質問コーナーへ

ジャンケン大会

イベント終了

 ゆずファンとしては、
ろどさんとイベント初登場のFamishinさんに会えたのが何より嬉しくて、
開発の裏話とかはテックとかのインタビューでも読んだけど、
こうして生で聞くとまた違いますからね。
 終始楽しくて、
1時間50分くらいと短かったものの充実した時間でした。
ただ解せないのが、
まあイベントに顔出しできるかどうかとか、
問題があるんだろうし、
青葉さんはキャスティングしやすかったんだろうけど、
もっとゆずに縁のある声優さんに来て欲しかったなー。
イベントをやってくれただけでもありがたいし、
青葉さんはトークがうまいから盛り上がるけど、
基本ボケ役だからツッコミ役の人がいたほうがいい、
司会の人のじゃ弱かったなー。
 質問コーナーもそこそこ盛り上がったけど、
ジャンケン大会はさらに激しかった。

・サイン入りポスター
・サイン入り天神乱漫スリムポスター
・サイン入りパンフ
・E×Eの声優サイン入りポスター
・ろどさんお手製のTシャツ
・長光麻夜イラスト色紙
・兼元灯里イラスト色紙

私はもちろん全敗でした(泣;

 最後に一つ気掛かりなことがあって、
質問コーナーで好きなキャラのアンケートをとったんだけど、
まだ未プレイだから判断が難しかったものの、
悩んだ末にメイドの瀬奈さんを選んだら、
まさかのメインで灯里さまが一番の不人気に(汗;
ぶっちゃけ灯里はパーフェクトヒロインだと思ってるんだ、
個人的には。
攻略してみないと分かんないけど、
キャラデザ、設定、声その他もろもろからしてそういう印象で、
こういうザ・ヒロインみたいな娘って気に入ることが多くて、
期待している娘ではあるんだ。
でもメイドで巨乳でちょっとエロ妄想気味で、
声優が五行さんというコンボが炸裂してるから、
瀬奈を選んじゃうのもしょうがないんだけどね。
 という訳で、
早くプレイして攻略したいなー。
[ 2011/01/07 23:41 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『世界征服彼女』の舞台探訪 in 小田原市

 新年早々ではありますが、
お正月のうちにプレイしたので、
Navelの最新作
『世界征服彼女』の舞台探訪をしてきました。

 今回はお勧めルート順に紹介します、
<その一「小田原駅」>
まず最初のポイントは小田原駅東口。
ここは昨年の10月に撮ってあったので今回撮影しなかったんですが、
駅を出てすぐなので一番分かりやすいポイントです。

<その二「錦通り商店街」>
 次のポイントは東口を出て、
中央の通りを進んで1分くらい歩くと左手にある、
錦通り商店街の入り口です。
seiti149.jpg

<その三「お堀端通り商店街」>
 錦通り商店街入り口の反対側にあるので、
小田原城へ向いながら撮影できます。
seiti150.jpg

<その四「青橋」>
 錦通り商店街の撮影がすんだら、
小田原城址公園の北側へ向います。
すると線路を渡る橋(青橋)があるのでそこを通って反対側へ行き、
ちょっと駅側へ戻ると絶好の撮影ポイントです。
seiti151.jpg

<その五「小田原城」>
 橋を再び渡りそのまま正面の城址公園に入り天守閣を目指します。
すると売店や動物がいる本丸広場に出るので、
天守閣がうつるように下がって撮影します。
seiti152.jpg

<その六「御幸の浜海岸」>
 最後はそのまま中を通って正面入り口から出て、
御幸の浜へ行く案内があるのでそれに従って海へ出ます。
seiti153.jpg

<その他のポイント>
 舞台探訪とは直接関係ないのですが、
小田原が舞台だった関係でなのか、
コミケで小田原の名物である蒲鉾のパッケージデザインを西又先生がしていて、
イベント限定だったので店頭では売られていませんが、
その蒲鉾を売り出した蒲鉾の老舗みのや吉兵衛さんが、
錦通り入り口にあるのでお土産にはちょうどいいかもしれません。
 
 という具合に新年1発目の旅は、
手応えのあるものになって非常によかったです。
今年は幸先がよさそうです。

※ちょっと書き忘れていましたが、
 これからは舞台探訪アーカイブさんに倣って、
 “聖地探訪”という呼称に代わって“舞台探訪”
 という用語を使うことにしました。

 

 

[ 2011/01/04 23:51 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

明けましておめでとうございます2011

 新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

 さて新年の挨拶がすんだところ、
今日届いていた年賀状を紹介します
年賀状
いつもの2ブランド、
ゆずソフトさんとPeasSoftさんです。
他はこれから届いてくれるといいなー、
年初一番の楽しみですから。
 
 2011年一発目の更新ということで、
いろいろお知らせと本年の抱負を一つ。
まずやっとHPのリニューアルのほうがひと段落つきまして、
まだ出来てないページや、
ディスプレイサイズやプラウザの違いによる表示の問題など、
改良点は多いものの、
それは今年の課題の一つということにして、
当分はこのスタイルでいきます。
 それとHPの改造に合わせて、
本ブログも改良がしやすいシンプルなテンプレートに変更しまして、
なんとかこの1年でリニューアルしていきたいと思ってます。
 抱負としてはお知らせと被る部分がありますが、
もっと向上心をもっていろいろチャレンジしようということで、
ネット関連の勉強をして資格とか取りたいですね。
あとはJavascriptのほうもなんとかして、
動きのあるサイトを作りたいなー。

[ 2011/01/01 15:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ