まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2009年10月

2009年春・夏アニメ最終回感想

 11月を前にしてやっと春・夏アニメを大体見終わった。まだのも
あるけど、その辺は年末でもいいかなと。秋のほうも溜めておくの
とすぐ見るのとに分けたので、これでなんとか来月はゲーム攻略
に集中できるかなーという感じ。あと2ヶ月で出来れば今年の積み
ゲーだけでなく、去年のやつも少しは手をつけておきたいところ。
 そういえばすっかり忘れてましたがこの間の日曜日はDPだった
んですよね、仕事で行けないことが大分前から分かってたので全
く調べてませんでした(汗)。まあ行けないイベントについて調べて
も楽しいことは一つもないので、こう悲しくなったり虚しくなったりや
るせなくなったりはしますが、切ない気分になるくらいならどんなこ
とがあったのか知らないままでいたほうが幸せですよ(泣;)。

『咲-saki-』
→のどかのセリフはどうみても告白です、ごちそうさまです(*'ー'*)
  どこもかしこも百合だけど、なぜかゆりんゆりんな感じがしない
  のがいいなー、それにメインもサブもモブもかわいい娘が多す
  ぎて困る作品でした。
『ハヤテのごとく!!』
→様々な伏線を残して来期へ含みを残しつつも盛り上げて綺麗に
  終わる最後より、ハヤテらしい笑える最終回でした。本当に今
  期の出来はよかったので、是非3期もやって欲しいなー。
『戦場のヴァルキュリア』
→前半や中盤までは戦略RPGらしく、組織されたばかりの義勇軍
  が正規軍や名将を相手に勝っていくのが面白かったけど、後半
  はもはや戦術が全く意味をなさない戦いになって、ラストバトル
  なんてもはやこれなんのアニメだっけというトンデモ展開でした。
『ティアーズ・トゥ・ティアラ』
→シナリオがしっかりしているし、構成もうまくまとまっていたから
  終始安定してましたね。ラストバトルは『うたわれるもの』みたく
  まあ普通に戦ったら勝てそうにない化け物で、ただの精霊を相
  手にするよりRPGぽくてよかった。
『狼と香辛料Ⅱ』
→“もうお前ら夫婦だろう”
  というくらいのイチャイチャぷりで、特に最終話のやりとりはもう
  二人はそういう関係なんだよなーと解釈してもいいんだよね?
  商人同士の戦いより、二人のやり取りのほうが面白かったよ。
『CANAAN』
→毎回毎回アクションシーンが凄くて、街中や広いところではア
  クロバテックな派手な戦いなんかもしてたけど、一番はやっぱ
  りカナンVSアルファルドの紙一重の戦い、特に最終話のカナ
  ンは強すぎる、あの動きは銃弾を刀でふせぐ五右衛門並だよ。
  後半ではいろいろキャラが死んだけど、なんだかんだで彼が
  生きていてよかった。
スポンサーサイト
[ 2009/10/30 19:42 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

TG・PUSH!!12月号の注目新作記事

 なんか最近ゲームをやらなくても、TGやPUSH!!を読んで満足して
しまっているかもしれない。そしてゲームを買って積んでおけば完
璧! とまでは言いませんが、そのぐらい最近やってないし、ここ
のところ集中できないんだよなー、やっぱりアニメのせいかな(汗)。

<新作>
『AXL006(仮)』AXL
→タイトルはまだ未定とのこと、今月から漫画の連載がスタート!
『輝光翼戦記天空のユミナFD(仮)』ETERNAL
→那由他をメインヒロインの据えて、新キャラ二人とゲストキャラを
  迎えてのファンディスク。
『俺サマのラグナRock』あかべぇそふとつぅTRY
→いくらなんでもブランド増やし過ぎ(゚ー゚;A なんかあかべぇの将
  来が心配になるなー。
『Green Strawberry』LOVERSOUL
→『ステステ』と世界観が同じというのは気になるけど、それより
  はいおく先生の画風のほうが、昔と大分変わってるような。そ
  れともキャラデザや塗りの問題なのかなー?
『WHITE ALBUM2-introductory chapter-』Leaf
→2部構成なんですね、しかも2部は来冬予定で1部は全体の2
  割でしかないとは。そういう部分はかなり私の好みです、シナ
  リオが丸戸さんということでまた違った『WA』が楽しめそうで期
  待が高まります。
  下川代表のインタヴューも載ってます(TG・PUSH!!両誌)。
『あまあね』PeasSoft(PUSH!!掲載)
→これは今までの同ブランドのゲームで一番好みかも。
  基本妹ゲー派ですが、こういう姉ゲーならいいなー。
『Cure Mate Club』あちゅ・わぁくす(PUSH!!掲載)
→出てきてるビジュアルは某夢倶楽部風ですが、実際は普通に
  ADGだそうです、『WA2』もヒロインがアイドルと見せかけてそう
  ではないそうですし。

<TG PREMIUM『SHUFFLE! Essence+』>
 ただ新ヒロインが加わっただけかーと思いきや、よくよくスタッフ
を見ると

キャラデザ:西又葵、鈴平ひろ
企画・シナリオ:森林彬

“シナリオの森林彬さんって誰、あごバリアさんは!?”
て感じなのですが、どうやら元々シナリオ・設定に穴がありすぎ
たために、これまでのアニメ・漫画・FDを踏まえたうえでの新シ
ナリオだったんですね。つまりあごバリアさんのシナリオを、森
林さんが書き直して設定を考えて穴を埋めたのが本作というこ
となんですね。これでやっと『SHUFFLE!』は終わりかーと思いた
いところだけど、どうにもまだ何かあるかのような含みを残して
るのが気になるなー。
そういえばあごバリア先生は仕方ないとして、原画の鈴平先生
が本作についてどう思ってるか気になるなー、なんでインタヴュー
受けなかったのかなー。

<付録-書き下ろし小説『メルクリア~水の都に恋の花束を~』>
 導入としてでもいいけど、結構ボリュームがあってもうこれだけ
で満足してしまうかも。

<スタッフインタヴュー>
『コミュ―黒い竜と優しい王国―』
ディレクター:憲yukiさん、シナリオ:日野亘さん、衆堂ジョオさん
<絵師さんインタビュー>
氷川へきる先生「ジャイ子連載100話到達記念!!」
→8年前に某アニメ情報番組で松来さんが『ぱにぽに』を紹介し
  てたのをキッカケで氷川先生の作品を読んだけど、それと比
  べるとこのジャイ子の手抜きっぷりは凄いな、もう開き直りす
  ぎ(笑)。
真広雄海先生(PUSH!!掲載)
→元々ロボ絵が好きなんですね、ということは『メカミミ』はある
  意味理想的な作品なのでは?
斎藤なつき先生(PUSH!!掲載)
→魔法変身ものといったらこの人ですよねー、そういうヒロイン
  ものがやりたくなったらTriangleってくらいブランドとしての特
  徴にはなっているのかと。
<声優さんインタヴュー>
大波こなみさん、民安ともえさん、茶谷やすらさん、藤森ゆき奈さん
[ 2009/10/27 20:04 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2009年秋アニメ2話目以降の感想

 最近アニメのことばかり書いてる気がするなー(;^_^A
まあそれもしょうがないです、だってここ何週間かゲームをせず
にアニメばっかり見てますから(^▽^;)アハハ
 でも11月にはそれも落ち着くかと、大体の新番組を2話以上
チェックしたので、そろそろゲームのほうに戻ろうかと。アニメば
かりに集中していたとはいえ、今月も新作買ってますからねー、
やらねばなりませんよ。

『とある科学の超電磁砲』
…メイン4人のバランスがとてもいい。暴走する黒子と締めるビ
  リビリはもちろん、佐天さんも頑張ってる。それに比べ初春は
  まだまだ、いじられてるだけではダメ! もっと自発的に前に
  出ないと(笑)。
  なんだかんだで一番見ててテンション上がるんだよなー、何
  がどうしてそうなるか分かんないけど、好きなんだなー。

『生徒会の一存』
…5人の会話のテンポや掛け合いが楽しくていいな。そしてそ
  んなメイン4人の女性陣を食うリリシアは流石。でもそれでも
  存在感を出す杉崎は流石のイケメン。

『そらのおとしもの』
…2話ではとんでもない展開とオチの話になったけど、世界観
  の核心に触れるとちょっとシリアスになってそういう緩急がいい。

『聖剣の刀鍛冶』
…セシリーに成長する要素があっていいなー。これは2クール
  アニメっぽい、最初から主人公が出来上がってるなら1クー
  ルでいいけど、セシリーはまだまだ。

『FAIRY TAIL』
…このノリとテンポが楽しい。それに新たなナイスおっぱいさん
  も登場したしなー(*´∇`*)

『真・恋姫†無双』
…毎回登場する新キャラ数が微妙なうえに、この展開はやっ
  ぱり旅をだけして、結局行き着くとこは桃園の誓いとなりそ
  そうな気がする。でもそれでいい、本編と同じことをしなくて
  も面白おかしくコミカルなのがアニメ版『恋姫』のいいところ。

『にゃんこい』
…加奈子にしろ凪先輩にしろキャラ濃いわー、普通なヒロイン
  な楓の存在が霞む、やっぱりかわいいだけでは…。

『けんぷファー』
…なぜか主人公がお色気担当になっているのだが、一体どう
  しろというのだろう(汗)。まあーありですけど(^▽^)

『こばと。』
…もうこばとの存在だけで癒される、作品の内容からして癒し
 だし、こばとの歌がもっと聴きたい。

『DAKER THAN BLACK~流星の双子~』
…なんかいろんな組織が絡んでいて意味不明だけど、契約者
  たちの戦いや、物語の世界観などとても面白そうだから、前
  作を知らないとはいっても見ないのは勿体無い気がする。そ
  れに本作の主人公の蘇芳が今後どうなるか気になるし、何
  よりかわいいし、前作の主人公とどう絡んでいくのかも見所
  かな。
 
『11eyes』
…これは改めて原作を振り返るにはちょうどいいなー。原作を
  知ってるとあの場面でのあのセリフの意味とか考えて、 ゲ
  ームやってた頃と違う見方ができていい。

 他のも今チェック中で、結局どれも切れなかった、ここまで多
いのは初めてだよ。それはどれも面白いからだけど、その良さ
をどうも伝え切れていない感じがして残念な感想だなー、まあ
いつものことだけどね(^▽^;)アハハ
[ 2009/10/24 20:21 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『劇場版テイルズ・オブ・ヴェスペリア』の感想

 先日『劇場版テイルズ・オブ・ヴェスペリア』を見に行ってきましたー。
原作を全く知らなくても本編の前日譚ということで普通に楽しめました。
エンディングを見終わった直後に思った感想は

“原作やりたい!”

でしたねー。なんせ話が本編前の話で、これから物語が始まっていく
ところ、この後のユーリとフレンがどうなっていくのか気にならないはず
がない。

<映画と原作>
 映画オリジナルキャラの隊長がいいオヤジさんでよかったです、まあ
セリフの端々でフラグを立てていたのが、映画のキャラですからね。
 部隊の華のアイヒーブ姉妹は、名前を叫んだり、泣いたり悲鳴を上げ
たりとあまりいいところがなくて、メインの女性キャラだけどヒロインポジ
ションでもないし戦闘でもあまりいいとこなかったし散々でしたね。
 かといって原作キャラが活躍したかというと、パンフの表紙にも出てく
るエステルとリタはワンシーンだけで、もっと見たかったなー。レイブン
は要所々々で出てきたのでまだ出番があったほうかな。
 小ネタとしてユーリが助ける可愛い可愛い幼女が、かなり意味ありげ
なぬいぐるみを持っていて、どこかで見たなーと思ったら
『テイルズ・オブ・ジ・アビス』に出てくるミュウでした(笑)。そんなものを
持ってるから、その幼女がなんか特別なキャラなのかと勘違いしちゃ
いましたよ、まあネタですよね(笑)。
 総括しちゃえば本作はユーリとフレンの成長物語で、本編に繋がるお
話で、二人のための物語でしたね。二人がよく喧嘩して、殴り合いまで
している青臭さと、旅立つユーリと見送るフレンの笑顔、あの隊長との
出会いなど“成長”を感じさせるものがいろいろとあったなー。

 そして物語は本編に繋がっていく、EDのスタッフロールはいつもしっ
かり見てるんですが、今回は不可能でした。だって横でゲームのOPム
ービーが流れていて、どうしてもそっちに目がいってしまう。映画を見た
うえでOPムービーを見ると感慨深いものがありますね。 

パンフレット
ちなみにパンフレットには↑の普通(800円)のやつと豪華版(2500円)
がありまして、ハードカバーにして声優のインタヴューを付けただけで
値段が3倍以上に(^▽^;)
[ 2009/10/21 19:04 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2009年秋初回感想その2

 チェック作品が多くて大変だった今期のアニメも大体初回を見終
わって、あとは放送の遅い『キディーガーランド』を残すのみ。14本
も見るなんていうのはこれまでにないことで、ゲームをしてる時間
がないくらい忙しい(汗)。

<今期のオアシス>
こばと。
…これは今期一押しのメルヘンなハートフル系ですね。こばとの天
        然ぷりと、CLAMP先生風のSD絵がかわいいなー。

<様子見>
DAKER THAN BLACK-流星の双子-
…結構殺伐とした話のなのかなー、前半は微笑ましかったのに後
  半はこの作品世界での現実って感じでシリアス。まあ前作見て
  ないとさっぱりです(汗;)。
さきめきこと
…百合ですね、乙。
  百合だけど、私の注目キャラはあえてノーマルなきより、すごくい
  いキャラしてると思うんだよね、地味でいかにもサブだけど。

<今後の展開に期待>
真・恋姫†無双
…前作のまんまでした、雑誌のインタヴューでも
  “チェンジ”ではなく“グレードアップ”
  と監督さん答えてたし。原作のようになることは全く期待してない
  ので、とにかく楽しければそれでいい、せっかく新キャラも増えた
  し大勢で賑やかせばそれでよし!
生徒会の一存
…確かにあの会長のかわいい演出は小説では不可能だなw
  映像作品ならではのボケとコスプレ・水着のサービスカット、
  これからもメディアの違いを見せ付けて欲しいです、生徒会
  室から、あくまで生徒会室から。

<ヒロイン的に見たいアニメ>
乃木坂春香
…春香可愛すぎる(*´∇`*) 
  ここまで完璧な子はそうはいないよ、
  アニメのヒロインとしては最高レベル。
  理想的な女の子ですね、もうアニメの
  内容とかどうでもいいです、春香が見
  れればそれでいい!
FAIRY TAIL
…ノリがよくて楽しい作品だな。
  そしてなにより、『RAVE』と同様にヒロインのルーシィが
  ナイスおっぱい(*`д´)b OK!
  アクションやストーリーより、ルーシィだな( ̄ω ̄)

というわけで今期はキャラ的には注目すべきところが多いというの
がよくわかりました。性格的なところも含めれば

春香、ルーシィ、セシリー

かな。豊作で何よりだーヽ(=´▽`=)ノ
[ 2009/10/18 19:53 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2009年10月発売の注目PCゲーム

 最近はアニメのチェックが忙しくてゲームを全然していないので
すが、何もしなくてもゲームの発売日はやってきてしまうもので、
気付けは今月もゲームの日まであと2週間(汗)。今年は毎月のよ
うにヤバイヤバイといっていたような気がしますが、今月は本当の
本当にヤバくて、恐らく今年最大! どれもこれも本命の嵐、いく
つか延期したからまだいいけど。

延期
○『ひだまりバスケット』eufonie→12月11日
○『幻月のパンドオラ』Q-X→12月25日
○『恋色空模様』すたじお緑茶→2010年3月26日

延期作品を見る限り、12月もヤバそう;;

10月22日
①『コミュ ~黒い竜と優しい王国~』暁WORKS
10月23日
②『らぶでれーしょん』SMEE
③『ハチミツ乙女blossomdays』ルピナス
10月30日
④『Skyprythem』Armonica
⑤『夏いろペンギン』Little Princess
⑥『さくらテイル』Fizz
⑦『SHUFFLE! Essence+』Navel
⑧『とらぶる@ヴァンパイア! -あの娘は俺のご主人様-』タクティクス*ラグジュアリー
⑨『装甲悪鬼村正』Nitro+
⑩『キスと魔王と紅茶』ま~まれぇど
⑪『幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT.』Alcot
⑫『ましろ色シンフォニー』ぱれっと

<PICKUP>
 今月はどれか一つを取り上げるのが難しいので、最近考えがま
とまってきたこれからのゲームを選ぶ基準を紹介します。今年買っ
たゲームや欲しいゲーム、過去好きだったやつから改めて思った
のが

〔その1〕特別な設定に弱い
…妹とか幼馴染、先輩、後輩とかありますが、そういうのはあくま
  で“主人公にとって”じゃないですか、でも生徒会長、アイドル、
  姫なんかは“みんなの”存在、そういうのがいい。

〔その2〕ギャップ萌

〔その3〕1,2があってさらにキャラデザ(容姿)

〔その4〕1,2,3があってさらに声(声優)

〔その5〕1,2,3,4があってさらにストーリー、これで完璧!

結局あの作品はよかったーて思い返す時に心に浮かぶのは一人
のヒロイン、実際他のヒロインのことは大体スルー。ヒロインみんな
かわいくて好みなゲームはダメ、この一人というのがいればいい、
という風にこの頃考えています。
これまで漠然とこれがいいと感覚で決めていたけど、例えば絵師
さんにしろ、声優さんにしろ、なんか自分にジャストフィットする人が
いるなーというのに気付きまして、逆に好きなのに、深いところま
でこない人もいて、このまま突き詰めていって自分の中での最高
のゲームを見つけ出したいです。

ちなみに今月のゲームで気になる設定は、アイドル、生徒会長、
大統領ですかね、特に大統領はレアだなー。
[ 2009/10/15 19:27 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

電撃G'smagazine11月号

 いろいろと釣られて久々に電撃G'smagazine11月号を買ってし
まいました。付録の沙耶クロックにも惹かれたんですが、なんと
いっても『Angel Beats!』情報と連載がスタートしたイラストストー
リーは読まなくてはならないと思いまして。 

DSC01547.jpg

<付録>
 まず時計は表紙とほぼ同じ大きさで、瑛理華のトレカより小さ
い掌サイズ、豆電池で動きます。意外と重くて、どうやらプラス
チックではないようです。投げるのにはちょうどいい大きさなので、
いざという時は使えるかも?

<また声優変更か>
 これはツッこまざるを得なかったのが、『プリンセスラバー』移
植情報が載っていたのですが、PS2版ではアニメ版ともPC版
とも別の人になるみたいですね。基本的にはPC版の声優さん
でいくみたいですが、なぜかシャルロットと聖華は違くて、なぜ
風音さまでも柚木涼香さんでもなく遠藤綾さん? まあ最近活
躍してますが、大丈夫かな。

<増えてます>
 久しぶりに見たら『おひめさまナビゲーション』のキャラクター
大分増えてるなー、最初は2,3人くらいだったのに、いつの間
にか9人+先生になってた、七尾奈留先生の絵を見る機会が
少ないのでいろんなキャラ絵を見れて嬉しいけど、企画が企
画なだけに、奇抜なデザインが多い気がする。

<秋といえば>
 イラストコーナーがリニューアルして、その第一回のKINGが
『東方風神録』のボスキャラ

             “秋姉妹

でした。実はいうと東方キャラの中で結構注目しているのが彼
女たちで、デザインは抜群にいいと思うのですよ。でもセリフが
少なかったりキャラ弱くていろいろと地味で、人気投票でも50
位前後と不遇な扱いで、まあかくいう私も東方を知って1年以
上の間その存在をしらなかったんですけど(汗)。

 そしてなんといっても一番のビッグニュースは

<『Angel Beats!』の制作会社とスタッフ公開
            &
  麻枝准×ごとPによる
        イラストストーリー連載スタート>


製作は『true tears』のPA works 、
監督は『瀬戸の花嫁』などのコメディ系作品を手掛けている岸誠二さん、
そしてOP・ED曲の作詞・作曲はもちろん麻枝准さん。
作品全体的にkeyゲーのようなギャグを入れて楽しい作品にし
ていくとのことなので、テンポのいい話になりそう。
でもアニメ本編の前日譚をイラストストーリーにする
など、1クールアニメでは収まりきらない部分がどう
しても出ててきてしまうみたい。
まあいくら麻枝さんでも、アニメの脚本は初めての
チャレンジだからいろいろ大変だろうし、仕方ない。

[ 2009/10/12 19:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2009年秋アニメ初回感想その一

 今期スタートのアニメの8割ぐらいは第一話が放送されました
ね。チェック予定のアニメも半分見終わって、いつもならこれは
継続して見るとか3話ぐらいで見切りをつけようとか考えるとこ
ろだけど、今期はそれが一つもない! 見るアニメ見るアニメ
良作臭がしますね、まあ2話、3話でやっぱり残念となるかもし
れないけど、取り敢えず1話はよかったです。

<一番のおススメ・期待作>
○『とある科学の超電磁砲』
…テンション上がりました、こんなに美琴かわいかったんだなー。
  原作を読んだことないので『禁書目録』との時系列がわかん
  ないけど、知らなくてもあまり不都合はなさそう。
  『禁書』と比べると、黒子は元々実力ありそうだったけど、
  「おねえさま~」て美琴に抱きついてばかりいたイメージだっ
  たので、問題を起こしそうな美琴を嗜めて、ジャッジメントとし
  ての職務をこなす姿はなんだか新鮮だった。
  新キャラの二人はまだまだこれからだな。ただレベルOの涙
  子は本作のキーになりそう。
  美琴は、『禁書』ではいいとこがなかったイメージだけど、今
  回は最初から格好よかった。『禁書』では初っ端から当麻に
  レールガンを防がれるし、防がない当麻をぼろぼろにするし、
  学園都市に7人しかいないレベル5だけど順位の上のやつ
  が相手だった全く勝負にならないし。まあ誰しも弱点はある
  ものだし。
  1話で一番驚いたのは美琴たちって中学生だったんだね、
  てっきり当麻と同じくらいかと思ってた。
 
<期待の良作候補>
○『にゃんこい』
…これは予想外に楽しいラブコメでした。設定や登場人物のキャ
  ラクターがいいんだよね、猫アレルギーで嫌いなのに猫を飼っ
  ていて猫の呪いで猫語がわかり、猫に100個いいことをするっ
  ていうのが面白い、しかも好きな女の子は猫好き(笑)。
○『けんぷファー』
…よく動くバトルものでした。主人公が男になったり女になったり、
  より、ほっちゃんとゆかりんの元やまなこ二人の中の人ネタよ
  り、まさかの元祖しずかちゃんがネタキャラをやっているほうが
  衝撃的でビックバーンでした。
○『そらのおとしもの』
…面白いけど、1話でドラえもんの独裁スイッチ的展開になってど
  うなるかと思ったよ、イカロス万能すぎる。
○『聖剣の刀鍛冶』
…剣は折れても心は折れぬセシリー、でも弱いよなー。秘められ
  た力がーてことにもなりそうにないから、ルークの刀頼りだな。
  でも“聖剣”なのに刀ってなー、剣じゃないじゃん(笑)。中世ヨー
  ロッパ的世界に刀というのが浮いてるなー。
○『11eyes』
…原作よりゆかがヒロインぽくて安心した。本編シナリオにどうク
  ロスビジョン絡めていくのかがポイントかな。
○『あにゃまる探偵キルミンずぅ』
…ぬこもきぐるみもかわいかった。もう展開とか話はこういう作品
  では関係ないよね。
[ 2009/10/09 22:39 ] アニメ | TB(0) | CM(2)

最近注目の声優さん「佐本二厘」さん

 あーなんか秋ってダレなー、夏や冬と比べると快適だからなー。
 つまり年がら年中ダレれているわけですが、特に最近は新旧の
ラジオチェックばかりしているので、聴くだけっていうのは人をダメ
にしますね(汗)。

遠野そよぎさん、五行なずなさん>
 毎年大体年の初めにこの声優さんを注目していこうと決めて気
にするようにしているんですが、今年は遠野そよぎさんと五行な
ずなさんで、特に二人が出てるゲームは買うようにしていました。
メインとサブか両方サブか稀に両方メインというのがあって、これ
は買いですね(『Stellar☆Theater』)。『天神乱漫』も一応二人共
さブだったけど、これはこれでよし。二人の名前を気にするように
してるから、よく出てるイメージがあるけど実際はそんなことなく
て、でも去年と比べると出てるほうなのかな。
 個人的には今年№1は遠野そよぎさんなので、シンシアもまひ
ろもみんな好きです。五行さんは、前半もいいけど、後半での瑛
とか愛理もいいですね。特に愛理はツンデレだし、風音さまがサ
ブなのに、どメインが五行さんというのがある意味凄い、しかもツ
ンデレキャラ(笑)。

立花あやさん>
 途中から気になってたのがCircus3人娘、特に立花あやさんは
Circus作品以外への出演も目立ってきて、まだまだこれからだ
けど今一番頑張って欲しい、応援した声優さんです。

佐本二厘さん>
 何気にずーと気になってたのがふーりん、もうあの声を聞いて
いると脳みそとろとろになっちゃう(*´∇`*)
 どのキャラがいいかって挙げればキリがないけど、例えば

○『夜明け前より理理色な-MC-』のエステルさん
○『夏ノ雨』のひなこ
○『マジスキ』のシェーラさま
○『ナツユメナギサ』の歩

など全部いいし、これから出るやつでも

○『キスと魔王と紅茶』の優菜
○『ひだまりバスケット』の妹

とか、可愛すぎるでしょ(^ー^* )フフ♪

 ふーりんを知ったのは3,4年前ですかね、準にゃんとかすもも
がキッカケです。前はミコトのようなやわらかめの優しい感じの
キャラをやってるイメージが強かったけど、ツンデレラこと厳島
貴子さんをやっていることを知り、さらには『かみぱに』なんか
でもツンデレキャラやってたし、こういうのもいいなーとニヤニヤ。

 まあラジオばっかり聞いていると余計に声優さんはスゴイと
改めて感じまして、声を聞くだけでも癒されます。4人ともレギュ
ラーでラジオをやったり、やってたりしてます。
[ 2009/10/06 19:27 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2009秋のラジオ新番組

 …ん? 
 あー気付いたら10月になってた(笑)。
 まだ9月だーと思ってたらもう10月なんですね、リアルタイム
で見てないけどたくさんの春・夏アニメが最終回を迎えて、早
いとこは既に秋の新作アニメが放送スタート!! かく言う私
けんぷファーにゃんこいはチェック済み、あともう何本か見
たら感想を書こうかと。
 ただアニメもいいけど、新番組に合わせて始まったり始まっ
てたりしてますね、ラジオ。例えば

①『にゃんこい!ラジオ ~常高陸上部~
  パーソナリティ:井口裕香さん、小林ゆうさん
…やっぱりゆうさんは面白すぎる(笑)。井口さんがどれだけ
  ついていけるかだなー。
②『彩陽・めぐみのささめきらじお
 パーソナリティ:高垣彩陽さん、高本めぐみさん
…とても静かで初々しい感じ、テンション高いのや個性的な
  のが多いのでたまにはこういうゆったりしたのも。
③『ラジオ けんぷファー 賢二と愛の わくわく臓物ランド』 
 パーソナリティ:内海賢二さん、中島愛さん
…今期の大穴、ある意味期待のラジオ。私が知る中では一
  番の歳の差コンビで、超大御所の内海さんと、若手新人
  のまめぐというのが凄い! まめぐも頑張ってるけど、内
  海さんのためのラジオでしょ、レギュラーのラジオは初だ
  そうだし、この声を聞くためにもアニメ・ラジオ両方チェック
  していこう。
④『真・ラジオ恋姫†無双~○△×○△×○△×のこと~
  パーソナリティ:黒河奈美さん、西沢広香さん、後藤麻衣さん
…ひろりんとなみしゃの間に割ってはいるまいか(笑)。
⑤『とある“ラジオ”の超電磁砲 01
  パーソナリティ:豊崎愛生さん、伊藤かな恵さん
…2009年大活躍の二人が、ついに一緒にラジオまで始め
  ちゃったという感じですかね。
⑥『ブラスミラジオ とよとよ!
  パーソナリティ:豊口めぐみさん、豊崎愛生さん
…愛生さんはラジオ出過ぎ(汗)。まあいろんな人との絡み
  が聞けるし嬉しいのだけど、今度はめぐぅとか。めぐぅの
  ラジオは8年前から聞いてますよ、愛生さんは最近いろ
  いろ出てるけどまだまだルーキー、あるいみ楽しみな
  二人です。

新番組じゃないけど、関連番組
①『乃木坂美香の麻衣ふぇあれいでぃお!ねくすとっ!!
  パーソナリティ:後藤麻衣さん、偽まるさん ゲスト(17,18回)能登麻美子さん

 アニメを十本以上チェックするうえにラジオは継続が多い
中、さらに面白いのが始まって聞くラジオが増えて大変。
面白いからしょうがないんだよねー。
[ 2009/10/03 19:37 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ