まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美少女ゲームアワード投票最終日

 ただいま『eden*』2周目をプレイ中で、大体3分の1まで進ん
だかな。まあ最後までやるかどうかわからないですけどね、ま
たあの切ないシーンを見ることになってしまうし。ゲーム攻略
後の虚しさは『ef』ほどじゃないけど、少なからず影響が出て
る感じで、minoriの感動ものは精神に与えるダメージが大きく
て、こんなに泣いたのは『リトバスEX』以来だよ(泣;)。

 美少女ゲームアワード2009の投票もいよいよ今日が最終日、
1年間かけて溜めた投票コードを使って投票するのが年に一
度の楽しみだったりする。今年は例年とはいろいろ違ってて、
特に面白いのが投票した時にその作品が現在何位かわかる
ようになっていて、まあ私が入れたのはことごとく十何位とか、
二十何位とかだったけど(汗)。ただFDとロープライスは最初か
ら2位とは圧倒的票差で1位でした、間違いなくそのまま逃げ
切るかと。キャラデザ賞はキャラが多いからよくわからないな、
主題歌賞は多分ユーザー支持賞とかとってるとこだな。大賞
は後半いろいろ出てきたからちょっと読めないんだよなー、前
半の流れだと『真恋姫†無双』がとリそうだけど、例年後半に
発売したのがとってたりするからな、私みたいに最後の最後
でどっと票を投入するなら8月9月の結果が重要になりそうだ
けど。

 ちなみに票をいれたのは
・『コンチェルトノート』
・『真恋姫†無双』
・『ほしうた』
・『暁の護衛~プリンシパルたちの休日~』
とかに入れました、どれに何票いれたかは秘密ですけど、一
番票を入れたのはTOP10にすら入れそうにないのが残念、去
年は『G線』を応援して見事1位だったけど、今年はどうかな。
 
スポンサーサイト
[ 2009/09/30 17:28 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

人気投票 驚きの第二位!!

 最近は注目の人気投票で多くて、思い出した時は投票しに行っ
てます。ちょうど昨年の今頃も『ENGAGE LINKS 』の人気投票をし
ていて、ヘレンさんはかわいかったなー。
 
①『幼馴染は大統領』~10/30まで
…この間アキバで投票しましたが、HPのほうは多分それを含ん
  でないだろうから実際の数値はわからないけど、今のとこプー
  チンが勝ってる。ただ2位と僅差だから、もしかしたらあと一月
  のうちにまだ何かあるかもしれない。

②『恋色空模様』~9/17終了
…意外というか、妹なんだ。私が好きなのと真逆いってるんだよ
  なー。はっきり言ってツンデレの妹はないと思うんだよ、でも声
  が夏野さんなら別か。『そらいろ』とか『しろくま』で体調が悪い
  ために夏野さんと別の人になったみたいだけど、夏野さんじゃ
  ないとダメなんだよなー。

③『Pia♥キャロットへようこそ!!4』~9/11終了
…やっぱり朱美さんの圧勝でした。キャラデザが変わっても人気
  は相変わらずでしたね、最初は前より幼くなったような気もした
  けど、キャラデザ的にはお姉さん風になったのかな?

 そして先日終わったばかりの『ましろ色シンフォニー』の人気投
票は笑撃のオチでしたね。1位は中間発表と同じく桜乃、まあ妹
キャラで声があぐみんですから、妹キャラに定評あるといってもす
ももと麻衣以外思いつかないのですが、サンプルを聞いた限り今
までにない新タイプの妹さんということで、1位になったのも納得
です。そして問題の第2位、私が入れたのも彼(彼女?)でして、
まあ下僕の一人としてはほめらじであんな振りをされれば入れる
しかないでしょうと。風音さまいわく『ましフォ』は
ぱんにゃに萌えるゲーム
なんだそうですから、2位というのも納得(笑)。というか非常に空
気を読んだ結果になったかと、もしも1位になりでもしたら逆に困
るでしょ。だって書下ろしテレカがヒロインじゃなくてぱんにゃって、

真のヒロインはぱんにゃだーー!! うりゅうりゅー♪

って開き直ってもいいけどさ。それにしてもぱんにゃはかわいい
なー、ラジオで風音さまが「うりゅー」と力強く言ってるのしか聞
いてなかったから、サンプル聞いてビックリした。
「うりゅー」ていう鳴き声聴くだけで幸せな気持ちになれる、自然
と笑みがこぼれる。恐るべき「うりゅー♪」。
[ 2009/09/27 19:55 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

TG・PUSH!!11月の注目新作記事

 『eden*』攻略しました!!!

 先週発売したばかりの『eden*』ですが、もう終わってしまいまし
た(泣)。感想はそのうち、多分2週間かそこ先になるかと。というの
も私にしては珍しく2周目をやるつもりでして、まあ短いからという
のもあるのですが。今すぐ感想を書いてもとてもじゃないが冷静に
は書けず、多分感情の赴くままにひどい内容になることは必至(汗)。
それは自分としても不本意で、素晴らしい作品を作ってくれた
minoriさんに対しても失礼ですから、まあじっくり2周目をやりつつ
改めて『eden*』について考えてみようかと。

 今月大分頑張って選んだ甲斐あって、今後は冷静にゲーム選び
ができそうです。

 ネットはただでたくさんの情報が見れていいけど、書籍のほうが
いつどこでも手軽に見返せるし、ネットにはない情報やダウンロー
ドせずに体験版等が手に入るのも有難い。やっぱり私は昔から本
の虫なんだなーと改めて思う、辞書も電子より紙が好きだし。ただ
かさばるのが難点だなー。

 11月号のTG・PUSH!!は作品的にというより、“ブランド”的に気に
なるのが多くて、このメーカーの新作きたかーというのがいろいろ。

<注目の新作記事>
ファンディスク系
○『愛佳でいくの!!~Leaf Amusement Soft Vol.5~』Leaf
○『アリス2010』アリスソフト
○『D.C.II Fall in Love ~ ダ・カーポII ~フォーリンラブ』Circus
続編系
○『花鳥風月(仮)』Silver Bullet
◎『ほしうた~Starlight Serenade~』フロントウイング
○『はるかぜどりに、とまりぎを。2nd Story ~月の扉と海の欠片~』スカイ・フィッシュ
○『キュアフル!』戯画
○『らぶデス4』TEATIME
○『すくぅ~る・らぶっ!3~未来へのアレグレット~』ディザベル
完全新作系
○『bitter smile』戯画
○『アッチむいて恋』ASa Project
○『ひのまるっ』WHEEL
○『ゆにばる!PARANORMAL GIRLS STRIKE!!』APRICOT
○『id[イド]-Rebirth Session-』root nuko

 なんかFDとか続編ばかりだな、だから新作が目立つというも
のだけど。
 まずFD系はそのブランドのファンにとってはかなり楽しそうな
内容、アリスのやつはコンテンツがいろいろで、特に『ランスⅡ』
は19年前の作品のリメイクだし、人気の「ランスシリーズ」だか
ら期待できそう。Leafのは、今まで培った技術をいろいろ詰め
込んで遊んじゃおうという感じか、残念ながら未だに『ToHeart2』
をやってないしアニメも見てないからキャラがわかんないんだよ
なー。Circusはいつも通り(笑)。
 続編系では、“えーこれの続編やるのー”とか“まだやるんだ”
なんてのもあるけど、なんといっても一番の注目は『ほしうた』、
なんで続編を? て感じだからなー。
 確かに含みを残して終わったシナリオだけど、それが逆にい
いというか、自分の中ではもう終わった作品だからな。サブの
メイン昇格も、あの3人はサブポジションというイメージでヒロイ
ンぽくないし、そもそも先生とメイドはまだいいとして、亜里砂
には好きな人がいるから本編をやっていると彼女のヒロイン化
はないなーと思うんだけど。好きな絵師№1のフミオ先生の作
品ができるのは嬉しいけど、複雑な心境ですね。
 新作系は、まず『アッチむいて恋』は夕凪先生の画風がどん
どん自分の好みになってきて嬉しいです、画力も上がってる気
がする。ねこにゃん先生の新作も気になりますが、アマクラ先
生が原画を担当するroot nukoのデヴュー作も、ミステリーとい
うことで雰囲気的に怖そうだけど面白そう。

 まあ情報公開されたばかりの作品より、取り敢えず来月発売
のゲームですよね。
[ 2009/09/24 19:48 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『恋文ロマンチカ』の発売記念イベントへ行ってきました

 先週のゲーム日は、久々に“ゲームを買うため”に朝のアキバで
並びました、約2年振りかな。
 あの頃は平日だろうが雨の日だろうが関係なくあっちこっちの店
の前に人が並んで、早目に開く店(メッセサンオー)の紙袋を持った
人が通り過ぎるのを見ながら開店を待っていたなー。
 今年は何度かゲームを買う以外の理由でゲーム発売日の朝にア
キバに来たことがあったけど、かなりの人が並んでいた記憶がある。
だから今日もかなりの人がいると思ってました。でも実際はちょっと
遅いかなーという時間にきても一人だけでした…多分アキバで一番
長い列ができる店だと思うんだけど、開店直前になっても30人くらい
しかいなくて、カウンターの奥に積まれた何百ものゲームの山がどう
なったのか心配になる。まあ発売日だけでなく、土曜日にも列がで
きるし、今月は3週と4週に発売日分かれたからしょうがないのかな。

 今回いつも通販で購入しているのにわざわざアキバまで買いに行
ったのはサイン会があるからでして、ユーザーハガキが必要なため
現地購入が一番だろうと。朝の人の少なさから余裕だなーと1時過
ぎまでネカフェで漫画を読んで会場へ行ってみると、既に列形成して
まして、“あれー、配布は1時半のハズ”ではと疑問に思いつつ列に
加わると、アキバイベントでお馴染みの方々もやってきて、周りから
聞こえてきた話によるとどうやらまだスッタフさんたちが来ていないよ
うで、勝手に伸びてしまった列をどうにかする人がいなかったみたい
ね。結局100人以上集まってしまい、今更解散というわけにもいかず
前倒しで配布を開始して、1部と2部がありましたが、自分は1部を選
びました。その時点で300枚くらい整理券が残っていて、1部終盤の
頃でも150~200くらい、少なくとも100枚くらいは余っていて、まあ普
通400枚は多すぎ、来た人がほぼ貰えるから有難いのだけど。

 時間を空けて来て下さいといわれたので暫くアキバのショップを回
っていたら面白いものを見つけて、Alcotの新作『幼馴染は大統領』
の「大統領選挙ポスター」がいろんなお店に張ってあったんです。せ
っかくなので各ショップで1回ずつ投票しまして、もちろんプーちんに。
でも本名のイリーナウラジミール・プチナと書かないと無効票になって
しまうのかなー、全部プーちんと書いてしまったから心配だ。

 サイン会のほうは1時間くらい待ちましたが無事もらえました、その
間スタッフの方が代わる代わる製作の裏話を語ってくれまして、話は
あまりうまくなかったですけど退屈せずにすみました。まあスタッフの
方の話よりも、ぷらっと来てほんの数分だけ告知して帰っていったう
いんどみるとABHARのいつもの二人森澤由菜となきうささんのほうが
インパクト強くて印象に残ってるけど(汗)。
 イベントに関して一つだけ残念だったのが、イベントの売りの一つが
“ギン太さんが袴でサイン会”だったハズなのに、座っているためによ
く見えずそれをいかせていないのが何とも勿体無い。
[ 2009/09/21 19:43 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2009年秋アニメ

 またこの季節がきましたね、冬→春→夏、そして“秋”!! 
年に四度ある番組改編期、まあ年度で言えば三回目だけど、
2009年としては四回目だから、秋は四回目でいいよね。
 しかも今回は私が見ていた春・夏アニメのほとんどが終了
するとあって、暫くは“積みアニメ”を片付けるのと新作のチ
ェックで忙しくなるから2,3週間はゲームを休まざるをえない
な(『eden*』は別w)。
 今秋はチェックしていた春・夏アニメ約10本の大量終了に
伴い、いつもより初回を見る作品を増やしてみました\(^▽^)/
アニメディア10月号によると続編を含めて35本の新作があ
る中、約三分の一をまず1話を見て、できることなら第一印
象だけで判断したくないので4話くらいまでは頑張りたいと
ころ。

※表の放送局/放送開始日は放送開始の早い局/日付です。
※詳しい情報は、各アニメサイトをご参照ください。

作品名放送局/放送開始日
にゃんこいTBS他/10/1(木)~
けんぷファーTBS他/10/1(木)~
とある科学の超電磁砲TOKYO MX他/10/2(金)~
生徒会の一存テレビ愛知他/10/2(金)~
聖剣の刀鍛冶AT-X他/10/3(土)~
そらのおとしものチバテレビ他/10/4(日)~
真・恋姫†無双AT-X他/10/5(月)~
乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪読売テレビ他/10/5(月)~
あにゃまる探偵キルミンずぅテレビ東京他/10/5(月)~
11eyesチバテレビ他/10/6(火)~
こばとNHK-BS2/10/6(火)~
ささめきことテレビ東京他/10/7(水)~
FAIRY TAILテレビ東京他/10/12(月)~
キディーガーランドテレ玉他/10/15(木)~

その他にも第2期シリーズとして始まる『クイーンズブレイド』、
『DAKER THAN BLACK』、『WHITE ALBUM』、『アスラクライン』
などがあるけど、1期を見てないから微妙なんだよな。

 各作品について一言
 (まあよく知らない作品についてはなんとも;;)

③今期安牌のうちの一つかな、安心して見れる。

④狗神煌先生のイラストが好きで原作を買って読んだけど、
  アニメ化する意味があるのかよくわからない作品なので、
  ある意味楽しみ。

⑤こういうファンタジーらしいファンタジーは久々('▽'*)ワクワク

⑦時系列的には前作の続きになるのかな? 主人公も関羽から
  新キャラの劉備にバトンタッチ、恐らく全体的にコメディータッチ
  でありながらも原作に少しずつよっていくのではないかと期待。

⑧乃木坂姉妹が見たいだけです(*´∇`*)

⑨『マクロス』シリーズなどの河森 正治監督が原作者として名を
  列ねてるというだけでも興味深いけど、その内容がメカが出て
  こないどころか可愛いきぐるみっ娘が出てくるなんて…そんな
  意外性が逆にいい。

⑩これは多分アニメ向けだと思うので、中々期待できるのではな
  いかと。いつもはゲームのアニメ化は“原作クラッシャー”とか
  言ってるけど、これに関しては逆に原作ブレイクした感じに期待
  したいな。

⑪CLAMP先生ですね。こばとに癒されたいので見ます(^ー^* )フフ♪

⑭キャスト表を見るとエクレールとリュミエールが再登場するみた
  いだから、それだけでも見る価値あり! 舞台が前作の50年
  後だけど、そんなの関係ない前作でお馴染みの面々がメイン
  キャラに名を列ねているのが、本作の主人公二人を食ってしま
  わないか心配ではある(汗)。でも恐らく一番の見所のアクショ
  ンシーンではきっと若手二人が大活躍してくれるハズ! どん
  な話になっているのか楽しみ。

  原作を知らないのもあるのでなんとも言えないんですけど、7割
がた大丈夫なんじゃないかと。なんといいますか、長年アニメを見
てきた“勘”というやつです。でも本当に7割よくて見続けたらゲー
ムの攻略がさらに遅れそうだなーハハハ(汗)。
[ 2009/09/18 19:16 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『空の境界第7章殺人考察(後)』他を見に行ってきた

先週ついに最終章を迎えた『空の境界第七章』と『センコロール』
を見に行ってきました\(^▽^)/ 一章の公開から欠かすことなく
毎回劇場に足を運んでいたので、劇場版の完結は嬉しいけど、これ
で終わりかと思うと寂しくもあります。この感想を書いたら、また原作
を読み返してみようかなー。

<『空の境界第七章』の感想>
 本章は一言でいうならそれまでのバトル要素や伝奇的要素などの
本作を装飾するものを控えめにして、“式と幹也のラブストーリー”と
いう本筋を剥き出しにした、『空の境界』の総まとめであり、二人の
物語のゴールなんだと思う(一言ではないな;)。
 アニメージュのインタヴューで奈須さんも本作のテーマについて
“式と幹也の物語、ありきたりのラブロマンスです”
と語っているし、七章の印象について聞かれた幹也役の鈴村さんも
“シンプルに考えていくと、「式と幹也のラブストーリー」にたどり着く
 と思うんです”
と語っていて、実際自分が見終わったあとも同じようなことを思った
ので共感する部分が多かったです。
 まあ“式と幹也のラブストーリー”というくらいですから、本章の見
所は一章や三章を超える、奈須さんが全章の中で一番派手という
アクションシーンではなく、武内さんと奈須さんが心配した里緒が式
をグショグショにしたりビリビリ破いたりした扇情的なシーンでもなく、
二人の恋の行方、その結末ではないかと、なんだかんだでアクショ
ンシーンは何度も見たくなる楽しさがあるけど、物語のラストとして
は恋の話のほうが盛り上がる気がする。
 原作の話はほとんど覚えてないけど、確か一番長いのは第五章
だったはず。なのに七章はそれを超える1時間58分という長さ、しか
も全編夜の街が舞台とあって色彩が暗く、殺人鬼が徘徊している緊
迫感と時折挿入される食い荒らされた人肉の赤さで増していく恐怖、
心臓が終始ドキドキしっぱなしでした(汗)。
 恋の話といっておきながら、七章の雰囲気というのはそういう感じ
で、あと目が疲れました(笑)。
 結論としては、こういう興奮は劇場じゃなきゃ味わえないよなーと
改めて思いました。もちろんDVD化はするけど、あくまで劇場用とし
て作られた作品は劇場でこそ其の本来の魅力を発揮するんじゃな
いかと。

<『センコロール』の感想>
 そしてもう一本は作画・撮影・脚本・演出などを一人で手掛けたこ
とで話題の『センコロール』です。監督の宇木敦哉さんを見出したの
は新海誠さんと同じくシンク取締役竹内宏彰さん。この人の経歴も
凄いけどこの際置いといて、本作の特徴はCGを使わず全編手描き
だというところ。EDを除いた25分の本編のために描いた原画はなん
と約1万3千枚、さらに脚本やらいろいろなことをしつつ2年半で本作
を製作したというのだから本当にすごいと思う。
 さて肝心の作画ですが、予想以上に綺麗でビックリした。直前に
『空の境界』を見ていたので、比較してしまいガッカリさせられるん
じゃないかと心配したけどそんな不安を消し飛ばすクオリティ。もち
ろん作画が綺麗でキャラが浮いたり、ところどころ気になるところは
あるけど、細かな動きからダイナミックな動き、キャラの表情や見せ
方まで、宇木さんのこれからを期待させる出来でした。
 本作の注目ポイントは音楽をミクや『化物語』で話題のryoさんが
担当しているところにあるけど、他に私的にありゃりゃと思ったのが
声優さん。特にメインの二人で、お二人ともTVアニメで活躍されて
いる人気の声優さんで、しかも本編を見る前に誰が声を担当して
いるか確認していたのに「若手の役者さん?」と疑問に思うくらい
声優らしくない演技で意外だった。そのぐらい自然な演技で、こう
いう風にもできるんだとビックリしました。
 最後に、東日本で唯一見れるテアトルダイヤでの上映は10/2ま
でだけど、DVDが10/28に発売されるので見逃した人も大丈夫! 
豪華ブックレットに特典DISC、描き下ろしBOX付きで税込み5460円!
でも映画はやっぱり劇場で(*゚▽゚)ノ
[ 2009/09/15 19:52 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

映画を見に行ってきました!!

 先日前々から気になっていた2本の映画をやっと見に行けまし
て、いやー凄かった(* ̄∇ ̄*) 早速感想を書こうとしたんです
が、時間がなくてまとめるのが間に合わなかったんです;
それで今回は困った時のニコニコ動画ということで、最近見た面
白い動画を紹介します。まあニコ動の動画を紹介する時は、基
本的にネタがまとめきれなかった時ということで、ネタに困った
時はみんなにこにこニコニコ動画ということで(^▽^;)アハハ…

 今回は珍しく東方系ではなくネタものです。というのも
「もっと評価されるべき動画をご紹介致します」という動画で紹介
されていたものの中でも特に面白かったやつをPICKUPしたから
なんですよね
 このうp主の埋もれた名作を発掘する能力は本物ですヾ(=^▽^=)ノ


これは腹筋ブレイカー過ぎる(笑)。最初から最後まで笑いっぱな
しで、これを見てるだけで腹筋割れるんじゃないか?というくらい。


つられて笑ってなんか楽しい気分♪


ゲームクリエイターの奇才は高橋邦子だけじゃなかったんだ(驚)!

他にも楽しい動画が一杯で、なんといっても
「もっと評価されるべき動画をご紹介致します」
が一番のおススメ動画です。
[ 2009/09/12 19:04 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

9月発売の注目PCゲーム

 どうも頭の痛い日々が続くなー。
 9月と10月の発売予定のゲームリストを見てると頭が痛い、も
う気になる作品が多すぎて絞るのが一苦労(汗)。昨年か一昨年
の自分だったら2ヶ月で20本とか買ってるかもしれない、そのく
らいたくさんの注目作が集中していて、こうして発売作品の把握
をしていると購入本数が増えそうで怖い怖い(゚ー゚;A 

9月18日
○『そらいろ』ねこねこソフト
○『ウィズアニバーサリー☆COMPLETE』FAVORITE
○『ももいろガーディアン』アリスソフト
◎『Princess Party Camellia 』サーカス
○『夏いろペンギン』Little Princess→10/30?
○『eden*』minori
○『だっこしてぎゅっ!』タクティクス*ラテ
○『Distance -ディスタンス-』Silksoft
○『姫×姫』Etoiles
○『ANGEL NAVIGATE』Aries
○『恋文ロマンチカ』チュアブルソフト
◎『プリ☆さら~ドキドキ×らぶらぶWファンディスク』アトリエかぐや
9月24日
○『ボクがワタシになった理由~女装計画~』暁WORKS-黒-
◎『W .L .O .世界恋愛機構L .L .S.』あかべぇそふとつぅ
9月25日
○『Nega0』ETERNAL
○『魔法少女の大切なこと。』めろめろキュート
○『シグナルハート』purplesoftware
○『はぴとら-HappyTransportation-』ブルームハンドル
○『トロピカルKISS』Twinkle
◎『ハルカナソラ』Sphere
○『夏ノ雨』CUBE

※Sofmap.comの発売日・特典情報より

<PICKUP「ファンディスク」>
 いろいろあるんですけど、『eden*』や『トロピカルKISS』は前にも
取り上げたし、ここは敢えて「ファンディスク」ということで。
 ただでさえ本数が多いんだから本編でさえないFDは除外すべき
だと昔なら思ったろうけど、今年は『けおりなMC』や『暁FD』をやっ
て馬鹿にはできないなーと実感させられたので、いやでも興味を惹
かれてしまうんですよね。
 主なところで4つ、まず
①『プリ☆さら~ドキドキ×らぶらぶWファンディスク』
…アトリエかぐやの看板絵師Choco-Chip先生の2タイトル
  『さらさらささら』と『プリマ☆ステラ』のFD。エロに期待です!
②『Princess Party Camellia 』
…今年3月に発売された『Princess Party 』が早くもFD化、人気の
  サブキャラ椿先生がヒロインに昇格、この先生は面白いけどロリ
  過ぎじゃないかなーと思ったり思わなかったり、某『禁書目録』
  の小萌先生がヒロインになるようなものでしょ、いやーかわいいけ
  どさー、本当に大人の女性ですか(笑)。
③『W .L .O .世界恋愛機構L .L .S.-LOVELOVESHOW -』
…ここは毎度毎度FDを出すよね、こっちも本編は今年3月に出たば
  かりなのに相変わらず仕事が速いというか、ファン的には有難い
  だろうけど。
④『ハルカナソラ』
…サブの二人がヒロインに昇格したけど、実際買う人の8割は穹の
  ために買うんじゃないかなー、そのくらい人気だったし。委員長好
  きとしては嬉しいFDだけど、『ヨスガノソラ』は穹が強すぎるから
  なー、大多数のファンは「これはソラのためのゲーム」だと思って
  買うのではないかと予想、あの妹は衝撃的だったから…。

 FD化するのは9割がた人気作だろうから、5月の売り上げでは
『タユタマ』のFDが『天神乱漫』に勝ってたくらいだし、今月もFDが
波乱を起こしそう。特に『ハルカナソラ』、穹シナリオは本編の後日
談みたいだから、『ヨスガノソラ』をやった人はあのエンドあとどうな
ったのか気になるだろうし、やっぱりどう考えても「ソラゲー」だよなー。
本編のような重さもなく、穹と思う存分イチャイチャできるだろうし、
かなりヤバイゲームになるのでは(=v=)ムフフ♪
 
[ 2009/09/09 19:50 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『フォルト!!』の感想

 ここのところゲームについては書いていませんでしたが、ちゃ
んと攻略してましたV(^○^)V 『さくらさくら』のあとゲーム性を
求めて『魔王と踊れ2』に同梱されていた『魔王と踊れ』をやる
ものの、RPGの戦闘に疲れ、癒しを求めて今日感想を書く
『フォルト!!』をやって、今は『ナツユメナギサ』をやってます、も
う羊が可愛すぎて困る(*´∇`*)

<Ciel5年ぶりの新作>
 Tony先生としてもPCゲームの原画は5年振りということで待
ちに待っていた人が多かっただろうけど、同時期に発表から10
年もファンを待たせた『仏蘭西少女 』が発売されたこともあって、
話題性はもっていかれて影が薄くなった間は否めないです。で
も私は明るめの作品のほうが好きなので仏蘭西幼女よりもテ
ニス少女を選びました('-'*)フフ

<ライトユーザー向け>
 本作の感想を一言でいうと“ライトユーザー向け”かな。
そして多分『仏蘭西少女』はヘビーユーザー向けだろうと思う。
どの辺がライト向けかというと

○シナリオが1部を除きライトで短い
○ヒロインは二人だけでプレイしやすい
○作品の雰囲気が明るい

などが挙げられます。

<あらすじ>
 テニス部で仲間たちと仲良く夏を過ごす話かな、別に大会で優
勝とか、テニスを主題とした作品でもないようなので、あくまで仲
間と過ごす場としてテニス部があるという感じ。
 そうなるとテーマ、コンセプトというのは何かというと“三角関係”
だそうです。これだけきくと「ナイスボート」的なものを連想しそう
ですが、スラップスティックなラブコメを基調としているそうなので
決してそういう重い展開にはならず、一部シリアスなルートがあ
るものの、気軽に楽しめる作品です。

<二人のメインヒロイン>
 買う前はヒロインは4人かと思ってましたが、雑誌のインタヴュー
でシナリオの逆神紅夜さんが先輩と先生はサブとハッキリいって
いて、あくまで本作のテーマである三角関係は
“主人公×藍×澪”
が中心です。
 藍は天然で着替え覗かれてもへっちゃらなちょっと変わった娘
です、澪はお兄ちゃんが好きだけどツンな妹で、ツンな妹はちょ
っときつい(汗)。伊達先輩はなにかと主人公をからかって遊んで
くるお姉さん、対する先生は一番年上なのに一番子どもっぽくて、
個人的にはこの人はもっと先生らしい感じにしたほうが存在感を
出せたんじゃないかと思うけどなー。

<ショートショートなシナリオ>
 シナリオに関しては、サブキャラがとてもかわいそうなことに。
分岐して30分で終わるとは思わなかったなー、専用ルートとは
いっても、サブにオマケで付けた程度だから、まさに星新一さん
の『ショートショート』のようで、でも星さんの作品のほうが…。
 メインの二人は、まず澪はよくある近親相姦の話で、なぜここ
だけシリアスなんだろうかと、そして妹がデレデレし過ぎです。
 藍ルートは本作のテーマである主人公×藍×澪の三角関係
の話で、まあ三角関係ものとしては重くなく、かといってコメディ
タッチなノリでもなく、澪が邪魔しつつもイチャイチャしてる感じ。
公開されているイベントCGでビンタしてるシーンがあったから
某『Gift』のようなやりとりが、とドキドキしてましたが杞憂に終
わりましたね。
 メインでさえ2時間くらいでしたから、インタヴューの感じからし
て一番重要そうな藍ルートはまずテニスの試合が熱いわけで
もなく盛り上がらず、三角関係も重くせずライトにしたので盛り
上がらなかったなー。
 なんだかんだでシリアスさを気にしていた澪ルートが一番ドラ
マ性を感じましたね。ただ主人公の過去とかいろいろ都合がよ
過ぎるのではないかと、まあよくある設定だけど、何か大事な
ことを忘れてるのはよくあることだし。

<物語の舞台は?>
 学校や主人公の家があるのは神奈川県の横浜市みたいで
すね、合宿所があるのは最寄駅が三崎口っぽいから三浦半
島の海沿いのどこかにあるのかな。

<ネタ>
 テニスものということで定番の『テニプリ』ネタはありましたが、
別に面白くないかな、主に先生が漫画を読んでテニスの勉強
をしているのでそれ関係で出てくるくらいだし。
 となると一番強力なネタはやっぱり主人公のグラフィックが、
その立ち方から表情までモロ某『テニス王子』ということ、
これはあからさま過ぎる(汗)。さらにヒロイン4人の名前が全員
現役、もしくは元プロテニスプレイヤーの名前をもじったものだ
というのが…もちろん主人公の親友も同様で、あの
「もっとあつくなれよぉ~!」
の人ですね(笑)。

<最後に>
 結局のところTony先生原画の美少女ゲームができるなら、
別にいいんじゃなかなー。シナリオがどうだろうと、それら全て
をカバーできるのがTony先生の絵ではないかと。 
[ 2009/09/06 19:47 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

私のゲーム選びの基準

 うむむむむ、7月に結構な本数ゲームを買ったせいか予算のほ
うが厳しくなってきた(汗)。9月、10月と欲しい作品が多すぎて非
常にヤバイ、厳選に厳選を重ねねばならない状態で日々頭を悩
ませています。

 今年はほとんど直感で買っていた昨年と違い、直感で候補に
入れた後さらに吟味するという2段階でやってきたけどそれでも
足りないかもしれない。

 美少女ゲーム歴6年半の経験から、過去何度も購入基準とい
うものを考えてきましたが、最近の傾向から鑑みて改めてまとめ
てみました。

<購入候補に選定>
 まず“これは欲しい!”と思うかどうかは最初のインパクトで決
まる、前述した通り直感でリストアップ
・「原画」…これは一番重要ですよね、これまでいろいろなタイプ
       の作品をやってきたので、そろそろ“これだ!”という
       のを見極められるようになりたいところ。
・「声優」…ヒロインのキャラクター付けるうえで重要な要素です
       からね、この声優さんならこういうキャラかーてわかっ
       たりするので、声で一喜一憂することは多い。
・「エロ」…やっぱりエロゲですからこれはかなり重要! ヒロイ
       ンはかわいいだけじゃダメ、エロくないと。

この3点で候補を決めて、さらに「ジャンル」、「メーカー」、「音楽」
などで購入を確定する。

 しかし、今年いろいろやってきて思ったのはこの方法で選ぶと、
買ったものの積んでしまったり、攻略しても“まあこんなものか”
と満足できなかったり、物足りなさが残ることがままある。

<最終的な決め手>
 そうなると最後はやっぱり

「シナリオ」

ですよね、それと「世界観」。結局絵や音楽、声があっても基本
的には文字を読むゲームなのだから、読み進めていくのが楽し
かったり、続きが気になるシナリオじゃないと。直感の3点がよ
かったやつは「良作」にはなれど「名作」にはなれない、という
結論に達したわけです。
 というわけでそのうちこれはいいシナリオだったーてゲームの
ライターさんを今後の参考のためにまとめる予定です。

<必ずしもシナリオが大事でもない(購入後)>
 ここまで書いてきておきながら考えを翻すことになりますが、シ
ナリオが一番大事というわけでもないかと。例えば“楽しかった”
“面白かった”という点でいうなら、テンポがいい、ギャグセンス
がいい、雰囲気がいいなど、他にもいろいろな要素があります
から。

<まだまだ模索中>
 まあまだ考察中のことなのでまとまりがなかったりするのもや
むをえないかと、今もどうなんだろうなーと思いつつキーボードを
打ってるくらいですから(汗)。シナリオが一番じゃない理由は他
にもあって、
“恋愛ものなんだからヒロインとの恋愛が楽しければいい”
“ヒロインがかわいければそれでいいじゃないか”
というのがありまして、確かにそうかなーと。ただそこにシナリオ
が付いてくればなおいいと、例えばシナリオがイマイチだと目当
ての娘しか攻略しない可能性もあるかな。ヒロインが5人いると
して、全員タイプが違うはずだから“これは!”と思う娘は基本一
人に絞られるだろうから、話が面白くないとあまり他のヒロインを
攻略しようってならないのではないかと、あと長いのも微妙。

<今月の難問>
 さあそこで今の話になるわけで、もう候補は選んである、ただ
全部買うと確定はしていない状態。未だに悩みつつも特典から
店舗を見定めて、よし買うぞーと意気込んでいる感じ。特に困っ
ているのは『eden*』、どのシオンも可愛すぎてどうしようもない
なー、だからといって特典のために複数買いはしたくないし、困
った困った(*´∇`*)

 うーむ、考えをツラツラと書いていたら無駄に長くなってしまっ
た、もっと文章を短くしないといけないなーと考えていた矢先に
これとは(汗)。やっぱりちゃんとまとめないとダメなんだなー。      
[ 2009/09/03 19:17 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ