まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2009年1月発売のPCゲームPickupその1

 今月はかなり注目作があったんですが、その中で特に気になっ
たのがういんどみるとしては第10弾、ういんどみるOasisとしては
第2弾の作品となる『祝福のカンパネラ』です。そこで本作につい
て個人的に注目してるポイントをまとめてみました

<プロモーション>
○ゲーム発売前のキャラクターソングの発売と、Mju:zによるキャラ
  ごとのプロモムービー
○Webラジオ(パーソナリティ:後藤麻衣さん、成瀬未亜さん)
○TECH GIAN スーパープレリュード 祝福のカンパネラ
○コンプティークにてコミック連載
○全国で体験版配布会
○祝福のカンパネラ × メイドカフェぴなふぉあ タイアップイベント

 かなり宣伝に力をいれているのが感じられますねー。

<声優>
 サンプルボイスを聴いてみましたがメインもサブもかなりいい感
じですヽ(=´▽`=)ノ サブに関しては女性キャラの半分がういんど
みる作品でヒロインを務めた方々だし、他にも九条信乃さんとか
河合春香さんとかも出てるし、男性陣も井伊由田那さんとか紀之
さんもいい声してますよ(*゚▽゚)ノ メインの中ではミネットが可愛す
ぎてヤバイな(;*´Д`)'`ァ'`ァ あれー、自分はそんなにロリが好き
というわけでもなかったハズなのに、最近ちょっとおかしいかもし
れないなー、まあいいか(=v=)ムフフ♪

<ゲーム性>
 冒険ファンタジーということでクエストという形でRPGぽいイベン
トがあって、それっぽい戦闘や宝探しがあるみたい。まあ実際ど
うなってるかはゲームをやってのお楽しみということにしておこう
かなー。

 あまり本編にはふれませんでしたが、こういうファンタジーもの
は好きですねー。昔はファンタジー小説を読み漁ってましたから、
たとえちょこっとでもそういう雰囲気があるとワクワクします(^▽^)
発売もいよいよ明日、30日の秋葉原をかわきりに各地でこーちゃ
先生のサイン会をやるので時間のある人は是非行ってみるとい
いですよ、私も仕事がなければ行ったのなー、はぁー。



 ゲームのお薦めポイントとか書きたかったけど、プレイしてないと
難しいなー。私がゲーム購入の基準にしているのはまず絵が好み
か、これは最近かなり幅が広がってるものの、こーちゃ先生の絵は
昔から好きなのでいいし、ストーリーもファンタジーと好みだし、この
2点がベースであとは加点方式で特典が何かとか、ゲーム性はど
うとか、声優は誰だろうとか。必要なスペックはあまり気にしていな
くて、もしダメなら新しいPCに買い換えるとか自作のバージョンUP
をすればいいだけだし、それまでソフトには眠っていてもらうことにな
るけどね。

 こーちゃ先生のインタヴュー記事を読むと中々面白くて、ファンタジ
ーが好きなんだなーというのが伝わってきます。キャラのネーミング
はいろんな国をイメージしてつけられたみたいですが、某姉妹だけ
は元がお菓子からきてるそうです(笑)。
スポンサーサイト
[ 2009/01/29 19:43 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

Purple software最新作『メモリア』

 今年はのんびりゲームをしようと思ったのに、いざ始めてみる
と夢中になって早く先がやりたくてしょうがなくなっちゃうんだよ
ね、まあいいことだけど(汗)。

 情報収集能力UPのために今月からはゲーム雑誌を2冊購入、
一冊はいつも通りのTGで、今回はTGにPurple softwareの新作
情報がのっっていたのでそれについての話。
purple_b_20090126104549.jpg
 まずPurple softwareのトップページを見て下さい。いやーこれ
はヤバイでしょ、今まで耳っ娘属性にそれほど興味のなかった
私でもノックダウン寸前の可愛さですよ\(o⌒∇⌒o)/ ニヤニ
ヤしっぱなしで、しあわせーな感じなんですが、それとは別の感
情も沸いてきて涙腺が刺激されるんですよ。本作がデヴュー作
となる皐月徒兎はTGでイラストを描いてたので名前は知ってま
したが、ほかのことはよく知りません。ただこの新作のキャラク
ターを見た時、元々のキャラデザがベースになっているといって
も、あの人に師事していたのかなーと感じさせるものがあった。
purple_b_20090126104549.jpg
 記事によると『メモリア』の企画はPurple softwareのデヴュー
作が出た頃からあったらしく、『ぷりりん』や『明日君』の企画が
進行する裏で密かに進められていたらしい。本来なら『明日君』
のあとが本作だったのかもしれない。しかし2007年の2月21日
に原画を担当していた岩崎先生が亡くなられて、『ぷりりん』に
もスタッフコメントをのせていたし、発売して間もない時期に、メ
ーカートップページで訃報を知った時はただただ愕然としました。
あれから2年、幻の作品となっていたかもしれない『メモリア』が
世に出ることになって本当によかったなーと思う。描いているの
は岩崎先生じゃないけど、企画やキャラデザをしていたという点
で本当の最後の作品ということになんじゃないかなーというのも
注目ポイントだし、毎度毎度進化し続ける演出面でも期待したい
です\(^▽^)/
purple_b_20090126104549.jpg
 もう少しメーカーについての話。実をいうと今までいろいろなブ
ランドのゲームを買ってきましたが、その中でもPurple software
が断トツに多くて、知るキッカケは『夏色小町』で、ハマるキッカ
ケは『秋色恋華』、それからはずーと買い続けていてます(^▽^)/
支持し続けている理由は安定して良作を出し続けている信頼と、
必ず1人は特別好きになる娘がいるってとこかな。まあ大抵恋愛
もののゲームをしていればかわいいなーと思ったり、気になるな
ーて思う娘はそりゃーいるけど、特別気に入るほどってなるとそー
はいなくて、それがPurple software毎回1人はいるんだよね。た
だそれがメインと少々外れているのが難点で、妹とかサブだった
りするんだよなー(-_-)ウーム
purple_b_20090126104549.jpg
 今回はシナリオが『秋色恋華』、『あると』、『明日の君と逢うた
めに』の北川晴さんと比高海さん、恐らく主題歌はいつも通り橋
本みゆきさんだろうし死角なし(ー) フフ
purple_b_20090126104549.jpg
 TG3月号には『メモリア』のイベントCGやプロデューサーの石
川泰さんのインタヴューがのっています。他にも
・『Primary』(スカイ・フィッシュ)の情報とインタヴュー
・『きっと、澄みわたる朝色よりも、』(propeller)の情報とインタヴュー
・『魔法使いの夜』(TYPE‐MOON)のシナリオ:奈須きのこ先生と原
 画:こやまひろかず先生のインタヴュー
・みなとそふとのタカヒロさんの連載がスタート
・『スマガ』の書き下ろし外伝ストーリーが連載スタート

 さらにAlcotの二つの姉妹ブランド情報やフロントウイングの新作
情報など、今月号は中々すごい。
 
[ 2009/01/26 19:15 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

コットンソフトは見えないとこもこだわる

 まずはこれを見て下さい
DSC01039.jpg
さらに
DSC01038.jpg

 流石コットンソフトとしか言いようがない、もう脱帽ですよ。
ここまでするメーカー他にあったかなー? 
 しかも初回版の特典が
DSC01046.jpg

 こんな感じですから(*^▽^*) 今年はねこねこも復活作も
あるかもしれないし、ねこねこ&コットンを応援していきたい
ですねー。

[ 2009/01/24 10:55 ] ゲーム | TB(0) | CM(2)

2009年1月スタートのラジオ

 うーむ、ニコニコで去年発売されたPCゲームのムービーや曲
をまとめたものを見たんだけど、これは方針転換をせざるを得な
いなーと考えさせられた。40本以上買って2008年のゲームをい
ろいろおさえていたつもりだったし、買ってないのもチェックして
いたつもりだったけどそれでも良さそうなゲームをスルーしてし
まうんだよね(゚ー゚;A まあ40とか50とはいっても、大体発売され
ているPCゲーム全体としては一月分ぐらいでしかなく、つまり
12分の1、さらにチェックしたのを入れてもそりゃー全てを知るの
は難しいよなー。 自分の知ってる中で神曲を選ぼうとしたけど、
やってない作品にいい曲が多くて、これはどうなんだろうと思っ
たのですよ。というわけで、今年の目標というか指針としては浅
く広くゲームについて情報を集め、その中でも気になるのをしっ
かりPLAY! まあ攻略ペースは去年より落ちて積みが増える
のもやむなし、どーせ積むことが趣味みたいなもんだし気にしな
ーい気にしなーい\(^▽^)/

 若干声優オタ気味なので、ゲームだけでなく今月スタートした
ラジオのほうもチェキーV(^▽^)V

①『Radio Cross Days』
パーソナリティー: のみなづき蓮さん、
           遠野そよぎさん、柚木かなめさん
…柚木かなめさんが出てるだけで既に面白いですから(笑)、前
  作で酷いめにあってるお二人と新ヒロインとの間の軋轢がど
  なるのか(笑)。三人とも普通にトークが面白いうえに、ゲーム
  のキャラがキャラなのでそういったものがあいまってさらに面
  白くて(*´∇`*) 一番のお薦めです。

②『ラジオ トータル・イクリプス』
パーソナリティー:中原麻衣、生天目仁美
…知っている人は知らない人は知らない『マヴラブオルタネイテ
ィヴ』のスピンオフ作品としてTGに連載されている小説。お
  二人が演じるメインキャラ以外にも声優が公開されていて、
  能登さんとか、小野Dとか杉田さんとか、結構豪華。全年齢
  向けでゲーム化されるという噂、詳しくは知らないけど声優が
  つくというのはそういうことでは? 肝心のラジオのほうは、
  元々仲のよいお二人なうえに、生天目さんですから、少々百
  合な感じで、中原さんが大変なことに(笑)。

③『天神乱漫オーラの滝』
パーソナリティー:榊原ゆい、みる
…ゆずソフトではお馴染みの二人、残念ながら今回はメインヒロ
  インではないどころかゆいにゃんに関しては珍しくも男の子で
  すから、みるさんのキャラは攻略できないのかなー「(´へ`; 
  トークがどうこう言うよりまずお二人の声が好きですから、それ
  が聞けるだけでも幸せですよ(*´∇`*) 共演はそこそこでしょ
  が、それほどプライベートでの付き合いはないらしくまだギコち
  なさもありますが、打ち解けてくればかなりの強力なコンビとな
  るはず、これからが楽しみヽ(=´▽`=)ノ
 
[ 2009/01/23 18:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2009年冬アニメの初回感想その一

 もう今期のアニメも大体1話放送されたかな、2話、3話とや
ってるのもあるだろうし。まあそんな時期になってもまだ全部
をチェックし終わってないんだけど(;^_^A 2週間近くかけてや
っと『真恋姫☨無双』をクリアーしたので、あとは感想をまと
めるだけだなー。溜まってた新作アニメを見て、次のゲーム
にいくかーヽ(=´▽`=)ノ

①『WHITE ALBUM』
  先入観があるからか、どうも最初から病的なものに見え
  てしまうな。主人公の彼女が特にヤバそうだし、演出と
  かも独特だし、彼女がアイドルという設定と携帯がまだ
  ない時代というのがもう擦れ違うフラグだし。メイン二人
  を歌手としても人気のある水樹奈々と平野綾にしてると
  こもうまいな。面白いかどうかはともかく、キャラデザが
  あの吉成鋼さんなところなど、注目ポイントがいろいろ。

②『鋼殻のレギオス』
  原作を知らないためか、1話だけでは何もわからないな。
  恐らく2話以降に解説が入るんだろうけど、世界観とかが
  さっぱりだなー。なんか砂漠っぽいとこにドームみたいな
  ものに覆われた都市があって虫っぽい怪物に襲撃され
  ていてそれをやっつけている。やっぱりわかんないなー、
  似たようなタイプの話はあるけど、安易な想像をするより
  次回を楽しみにしていよう。敢えて情報は入れないで、
  なんだろうと思いながら見ることにしよう。

③『黒神』
  うーん、単純なバトルアニメなのかなーと思いきやいきな
  り登場人物が次々と死んで…。なんかドッペルゲンガー
  的なものがいて、3人のうちメインは1人で他はそのメイン
  に会うと死ぬみたい。主人公側のキャラが少ないんだよ
  なー、これから増えるかもしれないけど学校の友人とか
  出てこないのかなー。

④『まりあ☨ほりっく』
  これはとてもいい美少女(笑)ですね、かなこもそうだけど
  声優のチョイスがいいな、今期チェックする唯一のギャグ
  担当(笑)。難しいのに疲れてたからこういう楽しいのがあ
  りがたいなー、男性が苦手なかなこと美少女(笑)のやり
  とりが面白いな、リアクションが一々オーバーだし(笑)。

 
[ 2009/01/20 20:34 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『Like a Butler』のキャストが公開

 『真恋姫』もやっと終わりそうだ、もうすぐだっていうのに終
わりが見えてくると早く次のゲームがやりたくってじれったく
なるんだよね、もっと落ち着いてPLAYしたいよ(;^_^A アニメ
はまだ新作のチェックが終わってない、まあなんだか微妙な
感じはするんだよねーまだ半分しか見てないが。正直秋か
ら続いてる『CLANNAD AFTER STORY』とか、『とある魔術
の禁書目録』のほうが楽しみだし、ただ1話で判断すべきじゃ
ないから一応まだきらない、特に『鋼殻のレギオス』なんか
はいろいろわかってからだろうし。

 ゆずソフトのHPで『YUBESHI!』の通販が始まってたの
で早速注文しました(^▽^)/ 

 『Like a Butler』のキャストが公開されていて、二人は予想
通りだったけど松田理沙さんがメイドのほうだったから微妙に
ハズレかな? 意外だったのはセーラ、まさかこの人とはと
いう感じで、確か『G線上』でも出てたけど真っ先に浮かんだ
のが『パティにゃん』、まあ想像してみると確かに合ってるよう
な感じ、サンプルボイス待ちかな
AXL新作第5弾「Like a Butler」2009年2月27日発売予定!

 キャストといえば『マジスキ』もいい感じで、サンプルを聴い
てみたらかなりヤバイね、特にかなで、これは予想外の萌え
キャラですわーヽ(=´▽`=)ノ 他にはニースかな、実は誕生日
が同じで、なんか親近感が沸くんですよー、乙女座じゃなくて
みずがめ座ですがセンチメンタリズムの運命を感じずにはい
られない(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
マジスキ

・『アンバークォーツ』マスターアップ
・『ふんわりコンプレックス』→2/27に延期
・『トキノ戦華』まだマスターアップしてない
・『Tiara』→3/27に延期…そして伝説に

 『Tiara』に関してはWebコミックの『てぃありゃ』がお休み中な
ので定期更新が続いている『セリオン学園広報部』だけが楽
しみだなー、発売されるまで終わらないだろうからその点はい
いのだろうけど、それはそれでどうなんだろう。

[ 2009/01/17 18:28 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2008年に活躍した声優

 新作アニメのチェックはまだまだこれから、ゲームは『真・恋

 姫†無双』を攻略中です。魏を終えて、呉も最後の戦いを残す

 のみであとは蜀ですね、一番楽しみなところ(^▽^)/ 前作の

メインなだけあってシナリオ・ヒロイン両面が安定しているでしょ

うから、まあ全て終わったら感想をまとめます、感動と驚きと

興奮と涙と、いろいろある作品ですねー。

 今回は声優さん特集ということで風音さま、他にも活躍して

いる方は多数いらっしゃいますが、2008年で考えるとまぁー

この方かなと。気になりだしたのはアニメにもなった『あかね

色に染まる坂』からです、けど注目するようになったのはお得

意のツンデレキャラでなく『かみぱに』の幼馴染キャラ、ツン

じゃなかったです。

 2007年のエロゲ最多出演声優なだけあって、やった作品

の多くに出てて、去年も同じく。はっきりいって全部をやるに

はかなり大変な量で、まあサブで出てるのやジャンルがいろ

いろだからなー。風音さま曰く積みゲーしてやらないのは別

にいいらしい、買ってくれさえすれば。ほめらじを聴き始めた

頃はなんてわがままな人だろうと思いもしたが、実は結構面

白いし空気も読むし愛すべきキャラの人だなーと。

 風音さまが出てる中で特に好きなのが

  • 柊歩-『ホワイトブレス』
  • 小日向はやみ-『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』
  • 七海美菜-『明日の君と逢うために』
  • 片桐優姫-『 あかね色に染まる坂』
  • 貴船未緒-『E×E』
  • 片瀬恵-『 かみぱに!』
  • 鷹守ハルカ-『超昂閃忍ハルカ』
  • 孫権-『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』
  • 朱鷺戸沙耶-『リトルバスターズ! エクスタシー』

 最初が『WB』でもう4年半か、歩もツンデレ系かな。よく名前

を見かけるようになった2007年以降がほとんど、2008年もの

はまだやっていないのが多いけど(;^_^A 沙耶は面白かったよ

なー、あれが嫌いという人もいるだろうけど、あーいうキャラもで

きる風音さまはサイキョーだなヽ(=´▽`=)ノ ツンデレキャラで人

気の人なら、デレをやればかわいいのは当たり前、今年はどん

な活躍をするのか楽しみ(=v=)ムフフ♪

[ 2009/01/14 18:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2009年1月発売の注目PCゲーム

 ぽこすか戦記2のHPが3ヶ月振りに更新していた。小まめに
チェックしてるけどまだ始まらない、『ツンな彼女 デレな彼女』
が 3月27日に延期している状態では仕方ないのよね、気長に
待 つしかないね。延期といえばついに『さくらさくら』が名前の
とお り桜の咲く季節まで発売が延びました、ある意味期待通り?
他にも『Flyable Heart』も、まあ1月は集中してたからリストが少
なくなって助かるといえば助かる、他の月に回ることで買う可
能性がまた変わってくるし。

1月22日

 

①『才気煥発才色兼備の君たちへあっぷりけ-妹-

1月23日

②『ふわりコンプレックス』戯画

③『トキノ戦華Studio e.go

④『TiaraSymphony

⑤『アンバークォーツコットンソフト

⑥『星徒会大戦 天空のユミナ ETERNAL

1月30日

⑦『魔王と踊れ!2catwalk

⑧『祝福のカンパネラういんどみるOasis

⑨『スズノネセブン!クロシェットlumie

⑩『俺たちに翼はないNavel

 ②は麻雀よりも多数の絵師が参加してることに注目。③は戦

闘はいいとして、キャラデザが久々に好み。④は今度こそでる

のかなー。⑤弥夜子もいいが、サリナ嬢に期待。⑦マリーがい

い、マリーが気になるなー、RPG要素は難しくないといいなー。

⑧やっぱこーちゃ先生だね。⑨おっぱい。⑩長年待ったからや

っぱり気になる。

 多分半分くらいは買うことになりそう、でも今月延期したのが

2月や3月にでるから、もっと絞らないとダメかもしれない(汗)。

[ 2009/01/11 18:29 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2008年秋アニメの感想

 多少ネタバレチックな内容がありますので注意してください。 

 ふぅー結構溜まってるとおもってたけど、実際見てみるとあっ
という間だったな。とはいっても『とらドラ』『あかね色に染ま
る坂』
はまだでして、前者はまだやっているからゆっくりでいいし、
後者は一応最後まで目を通すいう感じかな、もうアニメと原作が
全く別物だからね、それぞれ独立した作品として楽しんだほうが
いいかな、あまり元にこだわるといろいろツッコミたくなるし(汗)。
声優が違うとキャラの雰囲気も変わってくるし、シナリオリニュー
アルしてるから“あの場面がアニメで見れる”というのもないし、
ただ作画のクオはそんなに悪くないので動く湊や優姫が見れる
という点ではよかったな。

 お薦めの作品は『かんなぎ』『とある魔術の禁書目録』だね。
やはりラノベ原作に当たりが多い、後者に関しては話のテンポが
よくて日常の会話もノリがよくて楽しい。主人公のキャラクターが
悪くないし、インデックスなど出てくる女の子たちがみんなかわい
いし、今後の展開が楽しみ(^▽^)/ 前者についてはマンガ原作、
監督があの有名な山本寛さんですから、期待を裏切らない面白
さで、飽きさせない演出、10話はやってくれたなーて感じでしたね。
2クールぐらいやって欲しかったです、ナギさまはもっと面白いこと
をしてくれそうなのに、まあ他にも個性的な面々が多いので楽しか
ったのになー。

 『カオスヘッド』は取り立てて言うこともないかな、良くも悪くもなか
ったし。『ケメコデラックス』もお薦め、最後の終わり方が明らかに2
期がありますって感じだったから、またやるなら見たいな。ムチャク
チャな言動のケメコと中の人とのギャップがかわいかったり、幼馴
染が無駄に巨乳だったり、母が痛いし、妹も後半テンションがおか
しかったし、デタラメなとこがいいのかな。

 『ガンダム00』はかなり痛い作品だった、もう逆に笑ってしまうくら
いで、まだ見ていられるのは怖いものみたさと、スミルノフ大佐のよ
うなマトモな人や、主人公の刹那も比較的マシだからかな。ただミ
スターブシドーはきついな、ライセンスとかいう制度もあれだし、こと
ごとく殲滅して欲しいです。『CLANNAD AFTER STORY』はてっ
きり1クールで終わると思ってたよ、今月から『ムント』のTVが始まる
し。これはいうまでもなくいい、もうオチは分かっているからそこまでど
ういくのかが気になる。ただ完全に渚ルートなので、他のヒロインたち
の出番がほとんどないのがかわいそう、特に風子は最後あたりには
だしてくれるのかな? でもやっぱメインは渚なので仕方ないし、朋也
くんのがんばりっぷりに画面を越えて思いが伝わってくる感じで、この
二人が仲良く元気でいてくれればいいかなー、できるだけ長い間幸せ
な時間が続いて欲しいね。

 最後に『ef - a tale of melodies.』については原作と比較すればツッ
コミたいとこがたくさんあるので、まあアニメとしてのシナリオの構成や
演出がああーなったのだと納得している。最終話はやっぱり泣けるも
ので、本当どうしてあーなったのかと原作以上に考えてしまった。その
点だけは省かれた数々のシーンのなかで納得しきれてない部分で、
ミキを助けるために飛び出したのと、意味もなくボールをとりにいったの
では、後者に関してはあまりにも意味がわからなくてやるせなさばかり
が募る。他の点に関してはまあいいかなと、アニメ版は『memories』も
そうだったけど屋上をとにかくキーの場所にしていて、だから名シーン
といえば屋上という感じで一貫していた。演出的に抽象的になる場面
も多くし、ハッキリどうなったのか言ってない部分もあるのでそういうの
は原作をやって補完するしかないところ。
 一番よかったとこはゲームでは描ききれない豊かな人物描写や様々
なキャラクターの表情が見れたことかな、微妙な変化とか。
 
 『ef』に関してはあのシーンを入れて欲しかったとか、『memories』と
の比較してのあれこれとかありますが、製作にminoriが加わってます
し、原作のほうでもラストのアニメパートを担当してますし、何より声優
が同じなので、原作厨にとってはいろいろある作品でもアニメとしては
すごくいい、ただ演出上わかりづらいとこもあるかもなので、やっぱり
ゲームもやるべきかなと。

 まだ半分続いてるし、今期もチェックするの多いから忙しいなー。ま
た良作に出会えることを期待しておこう\(^▽^)/

 ちなみにスルーした作品では『喰霊 -零-』が気になる、原作よりも
前の話だけど評判が上々みたいなのでDVD借りてみようかなー(*´∇`*)
 
[ 2009/01/08 17:42 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2009年の抱負

 ふぅーそんなもん何も考えてるわけないですよ(゚∇^*) アハ♪ まー敢

えていうならですよ、今年こそは挑戦の年として去年できなかったこ

とにチャレンジしたいところ。でも何をしようかというのがハッキリしな

くて、漫画を描いてみるとか、小説を書いてみるとか、動画を作って

みるとか、音楽とか。

 年末の特番のラジオでは大抵の声優さんが去年一年を挑戦の年

といってたんだけど、まあ私の場合は毎年“するつもり”になってしま

うんですよね(汗)。ユーザーとしてゲームをしたりアニメを見てるだ

けじゃなくて、何か特技を作りたいよなー。

 そして結局初詣も聖地詣でも出来てないなー、写真を撮るなら朝

早くじゃないとダメなんだよね、ただでさえ人が多いところだから(汗)。

[ 2009/01/05 22:22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2009年冬アニメをチェッキv( ̄ー ̄)vチェキー

 お正月も三箇日が終わってしまい、そろそろ2008年から2009年

に頭を切り替えなきゃなーと思い始めた今日この頃ですゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

ゲームは相変わらず積んでいるものの、今月も大量に追加される

のは避けようもない事実(^-^*)ウンウン まあそれはもういいのですよ、

積みゲーが趣味のようなものですし、それよりもアニメですよ、これ

は見逃したらアウトですからちゃんとチェックしておかないと。とは

いっても、去年のアニメを録り溜めしているという状況(;-o-)σォィォィ・・・

そういう理由もあって1話を見る新アニメは少な目です、しかも出来

によってはその先面白くなることが感じられない限りそれまで。まぁ

まずは去年のやつを見ないと、チェックから洩れた作品でも気にな

るのがあるし(;^_^A

①『WHITE ALBUM』セブン・アークス

…元がPCゲームということ以外はよくわからないですね(;^_^A 

  Leafにとっては意味ある作品みたいだけど、「浮気」がテーマと

  いうのが凄いなー(^▽^;)

②『ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~』GONZO

…実は1期がまだ途中(゚ー゚;A 見ておかないと。

③『鋼殻のレギオス』ZEXCS

…ラノベ原作で名前を知ってるぐらいです。ラノベ原作にハズレは少

  ないですから、きっと大丈夫。

④『空を見上げる少女の瞳』京都アニメーション
…前から気になっていたものの手が出せずにいたので、このリメイ

  クは嬉しいですね(^▽^)/ ただ京アニのオリジナル作品とあって

  これまでのものとは違うだろうから不安も少し。

 他にチェックする予定なのは『アキカン!』、『まりあ†ほりっく』、

黒神』、他のは後の評価に任せるということで、とても合理的な作

戦(*゚▽゚)ノ 今回はどうかなー、ジャストミートなものがないからとに

もかくにも1話を見て判断するしかないなー。

 

[ 2009/01/04 22:10 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2008年を振り返る~ニコ動編

 昨年はいろいろブームがありましたが、多くジャンルにわたって
流行った代表的なものを紹介します。本家に限らずブームの発端
になったのを4つほど、まあ見てて面白いというタイプではなく、あ
る意味一発ネタですね、音楽系は強いな。



上半期に流行



下半期に流行

 派生MADの数は流石だなーてところ。他にもブームになった
のはいろいろ、ヤンデレCDIKZOゆっくりニコニコ動画流星
キラッ☆ 今年は何がくるか全く予想ができない、まあそれ
がニコニコの面白いところだね\(^▽^)/

 お正月のゲーム情報
・『魔王と踊れ!2』新年のご挨拶ボイス公開! マリーの声が聞ける
・「新年明けまして!俺の嫁シーツ争奪ヒロイン人気投票」 
 …ねこにゃん先生原画のヒロイン№1を決める戦い!!
・各メーカーサイトがお正月TOP絵を公開 メッセサンオーのHP参照

※去年の12月16日でAcaciasoftが活動停止してたんだね、一昨
  年『夏めろ』をだして以来新作の情報が全く上がってこないなー
  て定期的に見に行ってたのに。しろ先生は他で活躍できても、
  Acaciasoft的な作品にはならないだろうから、残念だな。
[ 2009/01/03 19:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

また『空の境界 第6章忘却録音』を見に行っちゃいました('-'*)

 やっぱり凄いなー、これで2009年も頑張れそうだ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 

原作ファンにとっては違う部分とか鮮花ばかりの内容に賛否両論

だろうけど、アニメーションとしての作画や動画のクオリティーは認

めざるを得ないハズだよ(ー) フフ

 今ニコ動では同人サークルが出した東方アニメが話題になって

るけど、この『空の境界』のようなクオのものを見ればまあ同人の

2次創作だし、それをちゃんと明記してるからいいじゃないかなー

と思えるんじゃないかな。プロとアマチュアは違うし、『ほしのこえ』

のようなレベルならまた話は違うけど、『空の境界』と比べるという

のも酷かな(汗)。プロの声優が出てるとはいっても、やっぱアニメー

ションがどうかで決まるよね、アマチュアにしてはスムーズに動いて

ていい感じだと思うなー、素直に応援したくなる。

 話を戻すと6章に関しては客の入り具合がイマイチなのかなーと

劇場に行ってみて感じた。どうも空席が多いし、立ち見もいなかった。

これまではもっと混んでいた印象があったのに、時期のせいとかい

うなら去年もこの頃やってたし、個人的にはこれまでの章の中でも

好きなほうなんだけど。話としても一番分かりやすいほうじゃないか

な、初めて見る人にもいいのかもしれない、とはいってもこの章は他

と空気がかなり違うからなー。空いてるから当日いっても座れそうな

感じ。

 

 昨日に続いて今日も年賀状が、オーガストのは大きいから別に

したのかもなー。

DSC01017.jpg 

 コミケで配られてたと思われるプロモCDも入ってた

DSC01020.jpg 

エステルさんもいいし、新ヒロインのシンシアが堪らないなー(*´∇`*)

[ 2009/01/02 23:40 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

新年のご挨拶ですver.2イエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ

どーもーあけおめ~ことよろ~ィェィv(゚▽^*)ノヽ(ー゚ )ノヽ(゚ )ノヽ( )ノヽ( ゚)ノヽ( ゚ー)ノヽ(*^▽゚)v
というわけで年初めは年賀状の紹介からスタート。新しくきたのは
RococoWorksぐらいですかね。

DSC01004.jpg
DSC01007.jpg
DSC01009.jpg
DSC01013.jpg
DSC01015.jpg

 去年はバッジだった枕も今年は普通に年賀ハガキですね。気に
なるのはピ―スソフトの年賀状の下のほうに『ツンな彼女デレな彼
女』の発売日が26日と書いてあること、あれー1月23日じゃー
なかったっけ? まあ1月は欲しい作品が多いのズレてくれたほう
が助かるけど、残念だなー(ー。ー)フゥ

 今日は『ボルシチ』とかの聖地詣でをしようかと思ってたけど、あ
そこはカウントダウンイベントやってたから混んでそうなんだよね、
正月中には行きたいなー。
[ 2009/01/01 11:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ