まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  雑誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『艦これ』のマイベスト艦隊は…

 ここのところ毎月のように激しい争奪戦となるコンプティーク、
先月はギリギリ入手できたものの、
今月は無理だろーて思ってたら、
DSC00567.jpg
無事入手できました!
ネット通販でも探せばどうにかなるもので、
諦めずに探してよかった。
なんせ今回のコンプは30周年記念号とあって、
付録も内容もかなり豪華。
 まず付録は『Fate』×『ロードス島戦記』のドラマCD、
まだ聞いてないけど経験値さんが脚本ということで、
なんとなくどうなっているのか想像できます。
あとはA1だかB1だか分からないデッカイポスター2枚、
夕立さんが輝いてる。
そして最後が空母ストラップ3種、
これで南雲機動部隊が揃いましたね。
 内容的には艦これの漫画が始まったり、
『Fate』と『ロードス島戦記』の特集と、
30周年に相応しいものになっている。
その中でも悩ましかったのが、
「コンプゆかりの絵師さん&艦これ絵師さんサイン色紙プレゼント」

「艦これ人気投票“提督たちの艦隊”」
の二つです。
色紙は昔から好きな絵師さんのも欲しいけど、
艦これのやつも気になるし、
正直選べる気がしない。
 そしてさらに難しいのが好きな艦娘選び、
6隻をどうやって絞るか、
空母だと最初からお世話になってる赤城と蒼龍もいいけど、
現在主力の加賀と飛龍も入れたくなる。
戦艦はずーと金剛型ばっかだからいいものの、
あとは何を入れるか。
今のところまず間違いなく選ぶと決まってるのは北上さまぐらいかな、
彼女はどうしたって外せない、
我が艦隊の唯一無二のオンリーワンだからね。
駆逐艦だったら潮ちゃんは外せない、
こうして艦隊を考えるのも楽しくなってきたな。
人気投票の締め切りまでまだ時間はあるから、
イベントを攻略しつつじっくり考えておこうかな。
スポンサーサイト
[ 2013/11/13 20:43 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

コンプティーク2013年11月号『艦これ特集』ほか

 先月のコンプ争奪戦には慢心ゆえに敗北いたしましたが、
今月はネットをくまなく探しなんとか予約でGETしました。
DSC00503_20131014190550360.jpg
でもそもそも11月号は10月号ほど倍率が高くなかったんだと思う、
どう考えてもあれは異常だった(汗;
今月号は内容的にみても巻頭特集とはいえ、
それほどのことが載っている訳でもないし、
付録もドラマCDと艦これ別冊小冊子ほどではなかった。
DSC00505.jpg
まあ未那のクリアファイルはメチャクチャ可愛くってよかったです。
他に気になったところは、
まず来月号が30周年の記念号で内容も付録も凄いという広告、
艦これストラップ×3と艦これコミック、
TM×ロードスのドラマCDとサイン色紙プレゼントなど、
いやー楽しみな内容だな。
だけどこれは今月号の見どころじゃないですね(汗;
それ以外だと艦これ特集の一航戦栄光の軌跡とか、
艦娘のバックボーンの話や用語解説は面白かったかな、
歴史好きとしてそういう話がもっと出てくると嬉しい。
「らき☆すた神輿」の登場した土師祭のレポもよかった、
未だに衰えることのない人気っぷりが凄まじい。
あとは全体的にみて、
コンプは初音ミクとTMの雑誌になったんだなーて、
本当にその二つのことばっかりな感じがした。

 コンプのついでに他の漫画雑誌も購入、
DSC00516.jpg
 『電撃だいおうじ』は、
いわさきまさかず先生の表紙に釣られて買ったら、
たまたま創刊号でゲスト漫画をヤス先生が描いてたり、
いわさきまさかず先生が『今日子さん』と新作のW連載してたり、
中々豪華な内容でした。
ギャグ漫画が中心で楽しい作品が多かった、
お気に入りは柚木涼太先生の『hshsさせろ!!』と、
大沖先生の『わくわくろっこモーション』です、
『なぎよん』とか新作アニメの4コマも面白かった。
 『きららキャラット』のほうは、
頭の4作がどれもアニメ化作品、
四コマとしても流石の面白さで、
この良さをアニメでも出来ていればと思ってみたものの、
これは四コマ漫画だからこその良さなのかもしれないなー、
このテンポ感をアニメでやるのは難しいんだろう、きっとそうだ!

 偶にはこういう漫画雑誌を買うのもいいですね、
定期的に買うと大荷物になるのでしませんが。
[ 2013/10/14 20:29 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

テックジャイアン2013年9月号注目記事

 アニメもいいけどやっぱりエロゲ♪
とTGを読んでるといろいろなゲームをしたくなるし欲しくなる。
でもたくさんあり過ぎてどれをやるか迷ってしまう。
好みのヒロインが出てくるゲームをやりたいけど、
ヒロインだけで決めてしまうと地雷を踏む可能性が大。
かといって話の面白さやゲーム性で選ぼうとすれば、
好みのヒロインと出会えないかもしれない。
「好きになった人が好みのタイプだ」
という言葉の通り、
自分の好みはこうだと決めつけず、
多種多様なジャンルに手を出すときなのかもしれない。
正直やり過ぎてマンネリ化してる感がなきにしもあらず、
ここらで新しい世界を探しに行くのもいいかなー。

<新作スクープ記事>
『アストラエアの白き永遠』FAVORITE
…冬の雪国が舞台だからか、
 これまで以上にふわふわした感じがする。
 ビビビッとくるものがまだないな。
『あまたらすりドルスター』seal-QUALIA
…おっぱいはいいねー。
 でもおバカ要素が薄ければただのおっぱいエロゲーになる!
 そんな予感がするけどなー。
『ましかりっく⇔スカイハイ』Whirlpool
…ファンタジーものいいねー、あとおっぱい。
 魔法がどうシナリオに絡んでくるかが肝。
『新世黙示録 Death March』ザウス
…まさはる先生原画作品を心待ちにしていた身としては複雑な心境、
 なんせホラーは大の苦手で『バイオ』さえ無理。
 くぅーヒロインが可愛いだけに悔しいけどやっぱホラーは無理(泣;

<美少女ゲーム抱き枕カバーコレクション>
…どこのメーカーも抱き枕カバーを作り過ぎ(汗;
 絵柄的にリッカちゃんのが欲しいけど、
 抱き枕カバーを集めようっていう気には一切ならないなー。
 そろそろこういう布もの製品に変わる、
 新しいコレクターズアイテムが出てきてもいいと思う。

[ 2013/07/25 13:19 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

テックジャイアン2013年7月号の注目記事

 今期のアニメは当たりが多い♪
でもアニメ以上に楽しいのがゲーム!
ここ2週間は暇さえあればずーとやってます、
手を付けずに数年積みっぱなしだったのにも手を付けて、
タワー崩しに燃えています。

 そして旧作だけでなく新作への興味も倍増!!
今月なら『レミニセンス』とか『月あかり』とか、
エロゲ化した『DCⅢ』などいろいろ、
やりたいゲームは10本近く、
あとは順番をどうするかという問題だけ。
もう悩ましい日々、
さらに今月のTGでは気になる作品スクープ記事がいろいろ。

◎『南十字星恋歌』すたじお緑茶
…るちえ先生待望の新作、
 実は『こいそ』をまだ積んでるので、
 この作品が出るまでには攻略しときたいところ。
 期待のヒロインは香乃梨と魅月かな。

◎『銃騎士Cutie☆Bullet』エフォルダムソフト
…一瞬前作の続編かFDに見えたけど可愛いから何でもいいや、
 それにしてもリアルではありえない制服デザインだよな(汗;
 注目のヒロインは王女さまだな、
 王女さまフェチなので期待しています。
 でもここも前作積んでるから早くやらないと(汗;;

○『うそつき王子と悩めるお姫様-Princess syndrome-』Whirlpool
…パッと見どの娘がメインか悩むところだけど、
 やっぱりお嬢様だよね。
 注目なのはもちろんお嬢様。

こうして気になるヒロインを比べると、
やっぱりみんな巨乳なんだよね。
まあ見た目から選ぶとこうなる、
ヒロインとしての可愛さは、
実際にプレイして会話しないと分かんないから。
[ 2013/05/26 21:11 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

テックジャイアン2012年7月号の注目記事

 先日テレビを見てたら、
某Hな番組でたかはし智秋さんを見かけまして、
思わずズッコケそうになりました。
普通声優さんがそういう番組に出てるのは違和感がありそうですが、
全然そんなことなくて寧ろ自然というか、
その他大勢の女性陣よりキャラが立ってることもあり、
メインMCのイジリ―さんにも対抗できるレベルでした。
改めてたかはし智秋さんのエロスっぷりを実感、
最近アイマスMADをよく見てたこともあって余計に意識しちゃって、
来月のアイマスライブ行こうかなー。

<テックジャイアンスクープ記事>
 今月号のTGは、
まず注目はLump of sugarの最新作『花色ヘプタグラム』、
待ちに待っていた萌木原先生原画の作品ということで、
当然の期待作。
『恋色マリアージュ』は、
これまでま~まれぇど作品って『こんねこ』以外は買っていることもあって、
気になってはいるものの問題は原画家さん、
またみけおう先生じゃないんです。
Lump=萌木原先生なのと同様に、
ま~まれぇど=みけおう先生なので、
お布施はしたいけど今後は描いてくれないのか心配になります。
『恋がさくころ桜どき』は、
和泉つばす先生ゲーですね。
ぱれっとはたまひよ先生1体制、
くすくす先生を加えた2シフト体制、
そして和泉つばす先生を加えた3シフト体制と移行して、
安定感は半端なくなってきました、
安心安全のぱれっとブランドです。
あかべぇのミマス代表が指揮をとる新ブランドは、
ミマスさんには悪いけど押している『JOKER』より、
『Schatten!!』原画の川原誠さん、
評判の高い『アルテミスブルー』のシナリオの井上啓二さんコンビの、
『創世奇譚アエリアル』のほうが気になるなー。

<その他気になる記事>
 続報関係では、
まず久々に載っていた『プリズムコレクション』。
特別目新しい情報もないけど、
やっぱりしんたろー先生はいいなーとしみじみ。
それからういんどみるといったらこの人!
こ~ちゃ先生の最新作『ウィッチズガーデン』の新情報がやっときた、
前はラフだったのにもう立ち絵が出来ててテンションが少しハイ♪
今度のヒロインはどの娘もいいなー、
メインもサブも好みのキャラデザです。
作品としては街の雰囲気見ると『カンパネ』だけど、
魔女って設定をみると『はぴねす』を想起させるなー、
やっぱりどみるはこ~ちゃ先生ですね。
 『ザ・クリエイターズナウ』では、
菊池政治先生のロリ等身じゃない絵を久々に見た気がする、
絵奈は元々『マテリアルブレイブ』でロリ等身じゃないっぽいけど、
メインがあれじゃー勘違いもしますって(汗;
ラノベの絵としては『まよチキ』のようなロリはありだけど、
エロゲとしては普通の等身のほうがしっくりくるかなー。

 今日紹介した注目記事は、
来年発売予定の『恋がさくころ桜どき』以外は、
そのまんま今年後半の注目作ということになりますね。
特に絵師さんは要チェック、
萌木原ふみたけ先生、
川原誠先生、
しんたろー先生、
こ~ちゃ先生、
もちろんさそりがため先生とちこたむ先生も、
絵買いをして後悔することなんてありませんから、
迷うことなく突撃すべきです。
[ 2012/05/26 18:47 ] 雑誌 | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ