まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  マンガ

インターネットはちょっと不自由なぐらいがちょうどいい

 美琴はビリビリカッコ可愛いなー、
今回の『シスターズ編』はシリアスだっていう話だから心配もあるけど、
そのずば抜けた正義感でそんな空気をブチ破って欲しい。
あと注目すべきは新キャラの巨乳ちゃん、
これまでの常盤台といえば婚后さんだったけど、
みさきちゃんのパイスラは規格外だわー、
ぬふふ、楽しみが増えました。

 おっぱい繋がりということで、
本日は好きなエロ漫画家を紹介します。
『ひだまりスケッチ』で乃莉ちゃんが、
勉強に集中できずネットサーフィンしていたっていう話がありましたが、
私もよくやることがあるのに集中できず、
ネットばかりしています。
そういう時はいつも同人誌漁りをしていまして、
同人誌からいいエロ漫画家さんが見つかることが多々あるので。
ただ今回紹介するのは、
とらのあなの売り上げランキングの上位の作家さんばかりです。

<たかやki先生>萌え度☆☆☆

なんといってもキャラ絵が可愛くて一番好み、
そしてライト内容と絵だけどエロい。
エロ漫画では『恋糸記念日』がアニメ化までしていて、
一般誌ではやっぱりエロい『ひょうい☆ドン!』と、
ただただ女の子の可愛さをお楽しめる
『ユカとマリと委員長』が連載中。

<Hamao先生>萌えエロ度☆☆☆

最高にエロ可愛くて一番のお気に入り。
ヒロインが魅力的。

<Hisasi先生>エロかわ度☆☆☆

表情がエロい。
エロ漫画としてのクオリティはかなりのもの。

<鬼月あるちゅ先生>エロエロ度☆☆☆

初めて買ったエロ漫画、
モンハンの同人誌が堪んなく良いんだよなー、
今のクオリティでまた書いて欲しいな。


<らんち先生>ヒロイン度☆☆

話のテンポというかヒロインの見せ方がいい。

<キチロク先生>肉度☆☆
 まだ単行本はだされていませんが、
女の子が肉感的で好きです。

 どの作家さんも個性があっておススメです。
エロ漫画って短いからこそ話のもっていき方に個性が出ていて、
それがまた可愛さやエロさとかに繋がるんだよね。
あとエロ漫画とは関係ありませんが、
森圭治先生の『こまらぶ』 はいつ連載が再開するのかな?
単行本が出るのをずーと待ってるのに、
忘れた頃に調べても全然出る気配ないし。
まあメインのお仕事が忙しいんでしょうから、
気長に待つしかないですけどね。
スポンサーサイト
[ 2013/04/22 17:05 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

一般書店で買えるゲーム原画家さんの漫画

 『VERITA』を攻略して今は『終末論』をやってるんですけど、
これは今までやってきたエロゲの中では最高レベルですね。
ポイント別に見ていけば他にもいい作品はあるけれど、
総合的にみて今年一番はもはや揺るがないかと。
まだ一週目も終わってないところなのに、
それでも序盤だけでこれはいい作品だと判断できる出来でした。

 先日の4コマ漫画のことを描きましたが、
それで気になったのでちょっと近所の普通の本屋に寄ったときに、
ゲームの原画をやっている絵師さんの漫画を探してきました。

DSC02299.jpg
左から
ぎん太先生の『絶対☆アイドル』(2008年発売)と
むにゅう先生の『朝まで授業chu!』(2010年発売)です。
ぎん太先生が漫画を書いていたとは、しかも「ドラゴンJr」で。
昔は読んでたことあるけど、かなり意外な雑誌だなーというか懐かしい。
話はアイドルものだけどまさかの“男の娘”もの、
状況的には某『アイマスDS』みたい。
Tablet Online

むにゅう先生のほうは、
“エロい”
の一言に尽きますねー、内容どうこう言う前に、
流石はむにゅう先生だと。
絵のタッチ的にとても柔らかそうですね。
ひとりでできるもんっ

まあ絵師さんが好きな人にはいい感じなんではないかと、
漫画を楽しみたいのなら、
普通に週刊誌とかで連載している方のを読めばいいですからね。

 たまにはこうして漫画を漁ってみるのもいいですね、
他だと既に雑誌のほうで読んだことあるし、
知ってるやつしか見つからなかった。

・奈月ここ先生『マリッジロワイヤル』(「電撃G's magazine」に連載中)
・龍牙翔先生『D.C.II 〜ダ・カーポII〜』(「コンプティーク」にて連載)

 他だとエロゲの方ではないですけど、
天広直人先生の『初恋マジカルブリッツ』とかがありました。

 今度アキバに行った時にもっとじっくり探してみよう、
敢えてネットでは調べないで現地での出会いを楽しみに。
同人誌とかで探せばもっといろいろありますけど、
それだと
「えっ、この人が漫画を」
という意外性がないので、
あくまで一般誌で連載していた商業ものを発見したいですね。

※ちなみにここでいう絵師というのはイラストレーターという意味ではなくて、
 エロゲに関わった人という意味合いで使ってます。
[ 2010/06/11 23:58 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

気になる四コマ漫画

 月間の漫画雑誌とかにたまに見てみると、
「あーこの人漫画を描いていてしかも連載してたんだー」て思うことが何度もある。
実際ゲームばかりな私は、
同人とかを含めてゲーム以外での絵師さんの活動をあまり知らない。
そこで最近知った人を前から知ってる人合わせて紹介。

DSC02285.jpg
名前見るまで誰だか気付かなかったですよ。
こもわた遙華先生のSDキャラ以外の絵ってほとんど見たことないし、
『G's』で連載してるのは読んでたから知ってたけど、
オリジナルを描いていてしかも既に単行本まで出てるとは。
HIRUIKAHARIYAMA.gif
<こもわた遙華先生のHP>

4コマ漫画の雑誌では芳文社が一番かな?
一迅社も芳文社ほどじゃないけど結構最近キテルと思うんですよねー。
他に一迅社系の雑誌に連載している絵師さん。
・森圭治先生『こまらぶ』(「まんが4コマKINGSぱれっと」にて連載中)
…もうそろそろ単行本を出して欲しいなー。
 ずーと待ってるんだけど、去年もこんなこと行ってた気がする。
 そろそろかなーと期待してます。
pinkish berry
<森圭治先生のHP>

芳文社系 
・☆画野朗先生『もこもこBOX』(「まんがタイムきららキャラット」にて連載中)
…まさか漫画を描いてるとは思わなかったです。
 ほのぼのほわほわでかわいくて和みます。

 絵師さんの描く漫画もいろいろで、
ストーリー系なら龍牙翔先生やフミオ先生はいい感じだった。
ただたまーに絵や構成が微妙な方がいるから、
そういうの読んでるとなんか複雑で、
漫画家さんって凄いんだなーとしみじみ思ったりします。
[ 2010/06/08 23:52 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

アキバで衝動買い2010冬

 劇場版なのはとFate見ましたーヾ(=^▽^=)ノ
でも一回だけでは判断できそうにないので、
もう一回見てから感想を書こうと思います。

 先日アキバに行ったら、
2010年初のアキバだったからか、
いろいろ爆発しまして久々に衝動買いというか、
大量に漫画を買っちゃいました。


漫画他
ほとんどがアニメの影響ですね(;^_^A
上の三冊は藤村さん関係ということで、
『乃木坂春香』は表紙買いです、
『はなまる幼稚園』は原画展をやっていたのでその影響で。
ちなみに抽選のくじを引いたらサイン入りコミックが当たりました\(^▽^)/バンザイ
『戦国ランス』は一巻目を買ってますからね、
『ムダヅモ』はアニメ化するそうなので、
ニコ動の影響でつい(汗;)。
『なのはViVid』は3期見たことないのに映画化とかわいい表紙に釣られて、
藤真拓哉先生のイラストは見たことありますけどいいですよねー(*´∇`*)
そしてある意味今回一番の衝動買いが『ほしうた』!

買い物を終えて帰ろうとしたら、平積みされているのを見つけて、
表紙がフミオ先生だったので“あーよくあるアンソロジーか小説かなー”
と思い確認するためによーく見てみると

漫画:フミオ

うん?

原画家みずからが手掛けるオフィシャルコミック

………………。

うんっ!!

ってこれ本人が描いてるじゃないですかー!!!!!

知らなかった、まさかこんなものがコンプエースに連載してるだなんて。
ゲームのコミカライズはよくあることだけど、
原画家本人がやるのは珍しいのではないだろうか、
実際他に思い当たらない。
まあフミオ先生は同人誌で漫画を描いているし、
描けてもおかしくないけど、
これは原作の絵好きにとっては嬉しいだろうなー、
実際私もこれには感動(゚ーÅ)

それで肝心の中身ですが、
読んでみたらどうもくららメインの話みたい、
原画家の漫画としては作画も安定していていい感じだけど、
ありさのキャラが崩壊している気がするんだがー(汗;)。
まあそれは華麗にスルーするとして、
これはありですね(ー)ニヤッ
たまにはこういうのもいいなー。

さらに数年ぶりに同人誌と初の同人ゲーも購入、
最後にいつも通りのTG&PUSH!!。
書籍で諭吉さんにご登場願うのも久々だわー、
まあこんな買い物、今後滅多にないだろうけど。
[ 2010/01/28 20:38 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

漫画家 都桜和先生

 気付けばもうクリスマスまで2週間、コミケまで18日、
2010年まで21日になっているなんて、今年もあっという間
だったなー。こういう時期なんでそろそろ今年を振り返ろうかなー
と思うんだけど、去年もやろうやろうと思いつつ、
気付けば2009年、そして2009年も終わろうとしている…。
まあそのうち今年のアニメやゲームを振り返ろう。

 今週末、ついにネットで話題のあのアニメの2期が配信スタート!
タイトルは『するめいか 2枚目』、
まあニコニコ好きですからー、アニメというほどのものじゃないけど、
見てる人がコメントで反応するのが楽しんだよね。
これで毎週の楽しみが増えるなー、
さらに雑誌『コミックバーズ』での短期連載がスタートして、
この作者さんは実況の人というイメージがあったのにいつの間に
かプロの漫画家か、人気が出れば本格連載もありうるだろうし、
人生何があるかわからないね。
アニメ自体は、前よりはぽくなったかな、
声優さんもうまくなってるし。

『コミックバーズ』って名前初めて聞いたからどんなのか調べたら、
意外と歴史ある雑誌でビックリ。まあ名前を変えたり会社を移ったり
しているみたいですけどね、なんとも波乱万丈な雑誌(泣;)。
代表的作品は、これ以外作家さんも漫画も分からなかっただけなんだけど、
『Rozen Maiden』が連載していたらしい。
PEACH-PIT先生というと『Prism Palette』しか読んだことないんだよね、
当時ブロッコリー関連の漫画・アニメが好きだったもので、特に『GA』
とか『デ・ジ・キャラット』とか。

同じ4コマ漫画ということで、この間メロンに行った時に
新カードを作るために何か買おうと面白そうなのないかなーと探してたら、
都桜和先生の『うらばん!』第二巻が平積みされてまして、
“これだー!!”と手に取りましたよ。
でも一巻を買っていなかったうえに、メロンでは売り切れでして、
けど他で売ってるだろうと購入、1年以上振りに漫画の単行本を
買いました。
音楽繋がりということで今年流行った『けいおん!』を連想する一方で、
タイトル的にはゆずソフトの『○らばん』が思い浮かぶ(笑)。
作品的にはいつもの都桜先生で、ゆるくてほのぼの癒し系な感じ。
『けいおん!』や『○らばん』と比べるとそこまで音楽してるって
感じじゃないです、まあ楽器を演奏している女の子たちの姿がかわいいので、
それを楽しむ作品ですね、和みます(*´∇`*)
都桜和先生HP
[ 2009/12/11 19:21 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ