まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ

2015年冬アニメの初回感想

 昨年はかなり視聴するアニメが増えて、
毎期10本以上は見ていました。
そして2015年になって最初の番組改編期、
この冬も良作アニメが大漁です。

<期待枠>
『アイドルマスターシンデレラガールズ』
…非常に丁寧にキャラ描写をして作っていていいですね、
  元々とときんとしまむらさん押しでしたが、
  健気に頑張る姿とあの笑顔で益々ファンになりましたわ。
  1話からキャラの魅力がしっかり出せていたので、
  今後も彼女たちのいいところをもっと見せて欲しいです。

『艦これ』
…戦闘シーンとか出撃のところなんかは、
  映像化の一つのイメージということでこれはこれでOK。
  期待したいのはキャラクターをどう見せていくか、
  赤城さんは凛々しいまま吹雪の憧れでいるのか?
  それとも普段はすきのある可愛いところを見せてくれるのか?
  吹雪さんが運動音痴の問題児から、
  一航戦の直衛を務められるほどまでに成長する話なんだろうけど、
  そういうシリアスパートじゃないところに期待したいなー。
  取り敢えず1話では睦月ちゃん株が急上昇!

『冴えない彼女の育てかた』
…最初タイトルを見たときは主人公の彼女が冴えないから、
  彼女をプロデュースしてイメチェンさせる話かと思ったけど、
  そんなパッとしない話ではなかったです(汗;
  1話はキャラ紹介と個々の関係性を見せる導入エピソードでしたが、
  丸戸先生自身が脚本に関わってるだけあって引き込まれる構成でした。
  最後にはタイトルの意味も理解できたし、
  物語を牽引していくキャラが立った娘とそれに引っ張られるモブのような娘とか、
  話はエロゲーにありそうな設定だけど、
  この面々でどんな物語を紡いでいくのかは興味が湧く。

<続編枠>
『デュラララ!!×2承』
…前作が面白かったので楽しみ。
 
『アルドノア・ゼロ』
…意表をつかれた2期の開幕でした。
  姫は引き続きキーパソンでも出番が減りそうなのが残念。

『探偵歌劇ミルキィホームズTD』
…1,2期はカオス過ぎて、
  3期は大人しすぎた。
 そして4期は 一部主要キャラを入れ替えて、
  原作とアニメの成分が合わさっていい塩梅になった気がする。
  G4もアルセーヌ様も好きだったから残念だけどね。

<テンプレ枠>
『銃皇無尽のファフニール』
…最近よく見る展開、
  「キャッ女の園に男が一人で…」
  ていうパターン。
  ツンツンしてる娘がどうデレるのかが一番の楽しみかな。

『聖剣使いの禁呪詠唱』
…前世の記憶とか主人公が特殊な力とか、
  中二全開な世界。
  原作絵をしっかり再現してるのがいいな。

<熱血枠>
『新妹魔王の契約者』
…前情報ではただのエロ枠かと思っていたけど、
  想像以上に熱いバトルものでした。

<空腹枠>
『幸腹のグラフティ』
…深夜に見るのはあまりに辛いグルメアニメ、
  無性にいなり寿司が食べたくなる。

<オリジナル枠>
『ローリング☆ガールズ』
…カラフルな色使いとか躍動感のあるアニメーションとか、
  ご当地ものとしても気になる作品。
  ほぼ初対面と思われる4人がどう仲良くなっていくのか、
  亜李ちゃん演じる望未が元気いっぱいでいいね、
  ただ団子屋の娘なのに好物がメロンパンってどうなの(汗;

『デス・パレード』
…アニメミライの一発ネタとしては面白かったけど、
  毎週やって面白くなるかは不安が残るところ。

『ユリ熊嵐』
…想像していたユリと違って唖然としてしまいました。

 今期はどれも面白そうだけど、
やっぱり触れておきたいお気に入りのおっぱいヒロイン♪
『冴えない彼女の育てかた』の詩羽は入浴シーンがよかったし、
『新妹魔王の契約者』の妹ちゃんはいいおっぱいだったし、
『アルドノア・ゼロ』はやっぱり姫だな。
でも正直ヒロインとしてビビッときてる娘がいないですね。
前期のアイーダさまもいるからまあいいんだけれど、
おっぱいを抜きにして考えれば、
『デレマス』のしまむらさんか、
『冴えない彼女の育て方』のモブみたいな娘かな。
 まだ見れてない作品もあるので、
そっちでのいい出会いを期待しつつ、
2話以降も要チェック!!
スポンサーサイト
[ 2015/01/12 19:32 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『攻殻機動隊ARISE border:4』前夜祭&初日舞台挨拶に行ってきました

<艦これ速報>
 大和さんの建造から半年と少し、
春イベの前に海外艦を迎えてから、
チャレンジすること凡そ9回目か10回目ぐらい。
開発資材がガンガンなくなる様を見て、
もう無理だと諦めかけていましたが、
夏イベの勢いで大型建造をしたらついに…
2014y09m02d_214447434.jpg
ビスマルクさんが来てくれました(泣;
これで大体欲しい艦は揃いました、
後は翔鶴くらいかなー、
任務が進まないし。

<『攻殻機動隊ARISE border:4』前夜祭>
 さあここからが本編です、
9月5日に新宿で行われた、
『攻殻機動隊ARISE border:4』の世界最速上映会の話です。
正確には出演者・スタッフ挨拶付3,4話上映会になるんですが、
どこよりも早く攻殻の新作を見れるという要素が一番大きいでしょう。
でも実はこの日はborder:3までしか見ませんでした、
というのも翌日border:4は見に行くことになっていましたし、
このイベントがやっている時間に、
『ストパン』新作の舞台挨拶付チケットが発売されるからです!
幸い声優さんたちの挨拶は上映前だけだったので、
黄瀬総監督、工藤進監督、新垣樽助さん、小野賢章さん
にはお会いできました。
でも肝心の舞台挨拶は会話の一方通行というか、
多分よっぴーのうまい司会に慣れているからかもしれませんが、
司会の方が質問を投げっぱなしでほとんど拾わず、
「はい、次。はい、次。」
と会話のキャッチボールが出来てなくて、
トークの盛り上がりに欠けたのが残念、
挨拶自体が10分少々と短かったうえにそれだから、
残念だったなー。

<『攻殻機動隊ARISE border:4』初日舞台挨拶>
 そして今日はまずborder:4を鑑賞。
それから司会が誰か少々不安になりつつ待っていると、
よっぴーの登場で一安心。
続いてゲストの
黄瀬和哉総監督、冲方丁さん、工藤進監督、
坂本真綾さん、茅野愛衣さん、小野賢章さん
6人が登場。
監督から語られる製作の大変さ、
総監督、監督、冲方さんが共通して言ってたのは大変だったってこと。
なんせあの大人気シリーズの新作、
この物語が後のシリーズに繋がっていく訳ですから、
黄瀬監督の「疲れた」は実感が籠ってました。
人気シリーズに関わる重圧という点では出演者も同様で、
特に草薙少佐役のまーやさんはこれまでのイメージがあったから、
「border:4でやっとすんなり草薙素子役って言えるようになりました」
という言葉に人気キャラ演じた苦労が伝わってきました。
最後に攻殻初登場のお二人、
正確にはかやのんはborder:3でちらっと出ていましたが、
本格的な出番はborder:4からということで、
凄い緊張していて可愛かった。
あらすじにもあるので書きますが、
かやのんと小野さんは二人で一人みたいなキャラなのに、
収録が別々だったうえに、
面識が全くなくて、
「小野さんって、どの小野さんだろう?」
とかやのんが思ってしまっても仕方ないです、
この業界小野さん多いですからね。
 声優さんのそんな裏話も面白いし、
脚本の冲方さんと工藤監督のツーカー話とか、
border:4のサブタイが
「Ghost Stands Alone」
だからこそAloneじゃないキャラをって話なんかは、
冲方さんからじゃないと聞けないから興味深かった。

 本編のラストで衝撃の告知
“2015年 新劇場版!”
を作るらしいです。
攻殻はこれで終わるどころか、
さらなる展開をしていくとかで、
ニューヨークにいる石川社長はやる気みたい。
でも具体的な話は一切なくて、
素子役はまーやさんなのかとか、
どういうスタッフでいくのかとか、
まだまだ先のことになりそう。
 何にしてもまずはborder:4、
まだの見てない方は是非劇場の大スクリーンで楽しんでください。
攻殻にあまり詳しくないので全然わかりませんでしたが、
border:4のテーマは攻殻へのオマージュということで、
これまでのシリーズを見てきた人には、
ニヤリとするシーンが一杯なんだとか。
この機会にTVシリーズとかを見てみようかなー。

<入場特典>
DSC09834.jpg
border:2と3をみれてないから、
1と4×2というアンバランスな状態に。
なんせ上映期間が2週間しかないから、
やっているのに気付かないとすぐ終わっちゃって、
悔しかったなー。
[ 2014/09/06 18:20 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『シドニアの騎士』宇宙最速上映会へ行ってきました

 今期のアニメは、
1話を見た当初はそんなに期待していなかったけど、
結構当たりが多いかもしれない。
昨日見に行った『シドニアの騎士』もそんな中の一つで、
こんなに面白くなるとは思わなかった。
 正直放送前のPVを見た段階では、

「微妙なCGものだなー」

という印象で、
見る気は全然ありませんでした。
でもニコ動で配信されているのを見つけて、

「まあ試しに一回くらい見るか」

という軽い気持ちで見てみたら、
思いの外面白くてビックリした。
CGに違和感があるんじゃないかと思ったが、
キャラ絵がシンプルなお陰か、
全然そんなことはなく寧ろ表情が自然ですごく良い♪
毎回毎回見せ場があって、
伏線の貼り方とか次回への引きがうまくて、
劇場で1話から4話まで一辺に見てそれを改めて感じた。

<上映会でのキャストトーク>
 4話上映した後によっぴー司会のもと、
6人のゲストが来ての座談会となりましたが、
全員がメインじゃなくて、
あまりに微妙すぎる面子で、
3話以降のネタバレがひどくてどう書けばいいか非常に困る(汗;

司会  :吉田尚記さん
出演者:豊崎愛生さん、大原さやかさん、佐倉綾音さん
     森なな子さん、斉藤壮馬さん、 五十嵐裕美さん

まあ半数がお通夜ムードだったということで、
そして豊崎さんがおっしゃっていた通り、
作中での人間関係がどうも複雑なようで、
いろいろと想像させる。
半数が残念なことになっているだけに、
なんとも言いづらいトーク内容で、
まあこれはこれで斬新で面白かった。
てっきりメインキャスト勢揃いかと思いきや、
5月末にやる次回以降では出来そうにない試みでありですね。

 あとはよっぴーのセールストークが凄い絶妙で、
BDを買わなきゃ―て気にさせられて、
さらにそれに乗っかる豊崎さんがまたうまくて、
そしてそのトークの中に作品に対する思いや声優としての姿勢も見えて、
一層『シドニアの騎士』を応援したくなりました。
まあ個人的には生のあやねるを見れたのが一番嬉しかった、
いやー凄い可愛かったなー、
それから五十嵐さんは小っちゃくて可愛かったー、
森さんは元タカラジェンヌなだけあってスラッとして美人だった。
 演技的なところでは豊崎さんの話が一番興味を惹かれた、
あの男でもなく女でもないしなとせを演じるのが、
比較的楽だっていうのが意外だった。
声的には出しやすい感じなんだそうで、
豊崎さんの話はこういう役者としての真面目の事が多かったな。
まあ大原さんの小林を除けば、
未だアナウンサー役のあやねるを筆頭に、
ネタ方向へ走ってしまう役どころでしたからねー、
仕方がない。
 
 そしてイベントでは次回以降の予告をしていましたが、
残念ながら第2回以降には行けそうにないので、
全3回に参加して集めるこのカードは無駄になりそうです。
DSC04419.jpg
上映会の全てに参加しなきゃならないのは少し難易度が高かったな、
まあ宇宙最速じゃなくても毎週ニコ動で見れるのでそれで我慢ですね。
なんだかんだで今期で一番楽しみなアニメになってきているので、
5話以降が待ち遠しいなー。
ただ次は誰が死亡フラグを立てるのか、
この先が凄い心配。

 最後にまだ最新の4話を見ていない人へ、
1話から3話まで手に汗握る展開で毎回ワクワクさせられたけど、
4話の緊迫感と盛り上がりは序盤のクライマックスとして最高潮になるので、
期待した以上の面白さになることは間違いないですよ♪
[ 2014/04/28 21:02 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『たまこ』と『そらおと』の初日舞台挨拶へ行ってきました。

 やっとGWになって時間ができました、
2週間振りの更新です。
流石GWはどこも混んでますね、
特に東京はあっちこっちから人が集まるとあって、
うんざりするぐらい人が多かった。
中でもこれはGWには限らないかもしれませんが、
休みの日の映画館はひどいものだ。
新しく公開された映画が多かったから特にひどかった。

 今回は久しぶりに初日舞台挨拶へ行ったんですが、
これはただ休みだったからというだけでなく、
『そらおと』はまだしも、
『たまこ』は題材的に舞台挨拶でもないと行きづらかったからだ。
その辺のことは、
舞台挨拶の模様と映画の感想を交えつつおいおい語っていきます。

<『たまこラブストーリー』舞台挨拶>
 1年振りに聴いたたまこの声に、
最初こそ違和感はあったものの、
すぐにあの頃が戻ってきた。
正直この映画化の話を聞いた時は、
見に行くかどうか非常に迷った。
なんせTVシリーズはデラの存在や、
うさぎ山商店街のアットホームさを前面に出した、
ほのぼのとした地域振興アニメといった感じで、
恋愛の部分は大分ぼかされていた。
それがこの劇場版では、
うやむやにしていた恋愛の部分に触れようというのだから、
かなり戸惑いもした。
ただ見れば納得する内容だった、
「あーいつもの京アニ流恋愛劇場だ」
と。
 この映画は京アニが作るアニメの信者じゃないとガッカリするかもしれない、
正直京アニが作る恋愛ものは、
『CLANNAD』のようなゲーム原作のものを除くと、
中身がない恋愛ものだと思う。
感動とか考えさせるような内容とか、
そういったものが物足りないかもれない。
『たまこラブストーリー』は『中二病』や『境界の彼方』のような、
こそばゆくて初々しくて、
微笑ましくて見ていてニヤニヤしてしまうような、
そういう恋愛ものだ。
恋愛に中身があるんじゃなくて、
舞台挨拶で洲崎さんたちもおっしゃっていた、
「恋愛をしたくなる」
そういう見せ方をしているものだと思う。
京アニが描く恋愛もので素晴らしいのは、
演出やキャラ描写のような見せ方で、
絶妙な表情や陰影の入れ方からカット割り、
そういったことで雰囲気を作るのが凄くうまい。
あんまり濃くはなくいき過ぎない、
甘酸っぱくて思春期な初々しい恋愛描写、
それが京アニの恋愛ものだと思う。

 舞台挨拶での話は、
洲崎さんがお薦めのシーンとして上げた、
「テンパるたまこ」
のところは、
まさに京アニらしい演出で、
見ていて非常にニヤニヤさせてもらった。
テンパると言えば、
こういう場に慣れてない山田監督が、
しゃべる度にテンパってあたふたするのが可愛かった♪
個人的にはみどりちゃんが好きなので、
メインとなるたまこともち蔵バリに活躍する彼女を見れたのは嬉しかった。
みどりちゃんの見せ場はたくさんあるけど、
やっぱりたまこと一緒の時が一番いい顔してるなー、
もち蔵とやり合ってのも可愛いけどね。
またあの雰囲気を味わいたいから、
あと2,3回は見に行ってもいいかもなー。

 『たまこ』の感想が長くなったので、
『そらおと』の話はまた次の機会に。
[ 2014/04/27 14:35 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

2014年春の新番組感想

※来週から暫く多くて週に一度程度の更新になる予定

 ニコ動見て艦これして、
掲示板を回ってニコ動見て、
艦これしてニコ動を見る。
 最近はどうも自堕落が過ぎるなー、
これだからネットは依存度が高くて怖い(汗;
だからある程度使用に制限があったほうがいい。
 この前TVで株について話していたことが、
そのままネット利用の在り方にも当てはまる。
「株は時間を決めてやったほうがいい」
というものだ。
なるほど、
これぞ至言だ。
時間を決めずにやるといつまでもチェックし続けて、
いつか日常生活にも支障をきたすことになる。
ネットもやりたいようにやっていると、
いつまで経ってもやめることができず、
ダラダラと次のサイトへ次のサイトへ、
次の動画へ次の動画へ飛んでいく。

 ここのところあまりにもネットに依存し過ぎてたので少々反省、
暫くは時間を決めて利用するようにしたい、
動画についてもアニメ本編の視聴メインでいこう。
 という訳で今日は春の新番組の一言感想です。
いやー今期も中々読めなくて判断しづらい作品が多くて困る、
1話では視聴を継続するか決めかねるので、
3話ぐらいまでは付き合いたいところだ。

『悪魔のリドル』
…雰囲気はいい感じで主人公が格好いい。
 
『一週間フレンズ。』
…1話で十分満足しちゃいそうな濃さでした。

『彼女がフラグをおられたら』
…ヒロインを攻略していくハーレムものなのかなー?

『健全ロボ ダイミダラー』
…このくらいのちょいエロはいいね。

『極黒のブリュンヒルデ』
…いつグロ展開になるのか怖いけど、ヒロイン可愛い。

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』
…画面が凄く濃い。

『ノーゲーム・ノーライフ』
…駆け引き描写次第かな。

『ブラック・ブレット』
…幼女アニメ。

『魔法科高校の劣等生』
…無双なお兄ちゃんとブラコン妹。

『メカクシティアクターズ』
…1話では何も判断できない。

『ラブライブ!2期』
…一期ほどの勢いないけど穂乃果ちゃんガンバ!

『マンガ家さんとアシスタントさんと』
…おっぱいを揉む際の食い込み具合が重要とみた。

 本当に一言だけの感想、
全体としては1話で視聴継続の判断ができる作品がなかったのが痛い。
一応2話以降も見るけど、
今のところ
「これは当たりだ!」
ていう感触が一つもないのが現状。
 こうなってくるとまだ見れてない作品に期待が集まる。

『ご注文はうさぎですか?』

この作品が女の子の可愛さでニヤニヤできるものなら、
と切に願う。
[ 2014/04/13 11:48 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ